2018年12月25日

『来る](PG12)きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜不思議な映像がホラーを軽るくする?



来る.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88644/


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ホラー」



物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督    中島哲也 



キャスト



田原秀樹    (妻夫木聡)
田原香奈   (黒木華)
野崎     (岡田准一)
比嘉真琴   (小松菜奈)      
比嘉琴子   (松たか子)
津田大吾   (青木崇高)


あらすじ


恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に「知紗さんの件で」との伝言を残していく。知紗とは妊娠した香奈が名づけたばかりの娘の名前で自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった、来訪者がその名を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が謎の死を遂げる。それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、不安になった秀樹は知人から強い霊感を持つ真琴を紹介してもらう。得体の知れぬ強大な力を感じた真琴は、迫り来る謎の存在にカタをつけるため、国内一の霊媒師で真琴の姉・琴子をはじめ、全国から猛者たちを次々と召集するが……。


感想


非常にドキドキした映画鑑賞でした^^何故なら初めてのホラー映画を映画館で見るという初めての体験だったからなのですね〜
苦手なホラーはほとんど(いや、全くと言った方が正しいかな?(;^ω^))見る事が出来なかったのですが、なぜかこの作品はCMの時から非常に気になっていまして・・・映画は基本1人で見ると決めているのですが、今回ばかりは、かなり勇気が要ったので息子を誘って見に行ってきました^^


他のホラー作品を鑑賞したことがないので、何とも表現しずらいのですが、思ったよりも『怖くなかった』というのが率直な感想ですね^^
見終わってみて、なんというか胸の辺りに『ドロドロ』した『モヤモヤ』した『恐怖』の様な影を落とす事なく「サラッと」見終えたそんな感じでしょうか。
ホラーってスッキリしない感覚がいつまでも残るのが定番かと思っていたのですが、意外でした後味スッキリの軽さに構え過ぎていた自分何だったのだろう?なんて思うぐらいなのですからね〜(≧▽≦)


田原秀樹 (妻夫木聡)が「ホラー作品」には違和感のある、明るいのですが、ちょっとイタイ感じの軽い男であり、作品の明暗のコントラスト的に『「来る」闇の部分』をより鮮明に映し出すキャラであったこと。また同じ様に、比嘉琴子(松たか子)が淡々と冷静で無感情の人間像ということも、同じ意味で明暗を映し出すキャラで『動き』を持たせ観客を一定の場所へ留まらせることなく『刺激的な』描写で退屈することはありませんでしたね。


そして脇を固める俳優さんがキャラが濃くて、見応えがありましたよ。癖が強いというか存在そのものの主張が強い?だからでしょうか?とても印象に残るのですよね(≧▽≦)

来る4.jpg
引用元:https://eiga.com/news/20180925/4/1/01/


中でも印象に残った映像がありまして〜グラフィックデザイン的な映像が何度となく出現してくるのですが、心の内側から噴出する何か「闇の様なもの」それはマグマを思わせる映像であり「今と昔を感じるギャップ」で非常に刺激を受ける映像でしたねぇ。それは映像にしずらい人間の内面の何かをダイレクトに感じさせてくれるもので、一見ミスマッチの様な映像がホラー映画の印象を軽くポップなものに感じさせてくれたのです。


最後

感想ということではないのですが、ホラー映画が見られなかった親子が最後まで席を立たずに見られたという、妙な達成感がありまして『そこかい!?』という感じなのですが(≧▽≦)、そこでして…大変満足して帰路に着いた感じでありました^^
映画館を後にする2人の感想は安堵感と共に、月並みではございますが『面白かったね〜』というものでありました^^




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 22:51| Comment(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

『ルームロンダリング』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜コメディって奥が深い⁉



ルームロンダリング5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88288/photo/

こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「コメディ」



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督    片桐健滋    



キャスト


八雲御子        (池田エライザ)
御子の叔父 雷土悟郎  (オダギリジョー)
春日公比古       (渋川清彦)


あらすじ


幼いころに父が亡くなり母は行方をくらまし、さらに祖母がこの世を去ってふさぎ込んでいた八雲御子(池田エライザ)。そんな御子に叔父の雷土悟郎(オダギリジョー)は、住むところとアルバイトを紹介してくれた。アルバイトは、いわく付き物件に入居する“ルームロンダリング”の仕事だった。自殺して幽霊になった春日公比古(渋川清彦)と生活するようになった御子は、彼のデモテープをレコード会社へ送るよう頼まれ……。
シネマトゥデイより


感想



DVDのパッケージの軽さからそれほど期待せずに、いやいやほとんど期待せずにレンタルしました。
だからでしょうか?思った以上に高評価でしたよ^^


まず初めにルームロンダリングの意味を解説する前置きからの挿入で
「な〜〜るほど」と妙ちくりんな始まりからして噴いてしまいそうになり
軽〜いコメディ感が…掴みはオッケーといった具合です。


そしてオダギリジョーの雰囲気がこういった役柄にドっハマりなのにはいつも感心させられるわけで・・・そんなもので彼を見る度に「有頂天ホテル」での役とのギャップが面白くどっちがいい?みたいな感覚になるのです^^


序盤、八雲御子(池田エライザ)と雷土悟郎(オダギリジョー)の関係性がわからない状態でのストーリー展開なので何となくミステリー要素も加わって『???』更に興味が湧いてくる展開です。
ルームロンダリング2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88288/


そして池田エライザの、つかみどころのない八雲御子を上手く演じていたのがイイ感じで、コメディだからなのか心に傷を負った少女を無理矢理軽く見せるわけでもなく、かといってシリアスすぎるものでもなく、人生あまり期待しない方がいいかもね〜ぐらいの軽さで、見る側に負担を感じさせない…そんな演技に好感が持てるのです^^


ですが今の世の中『どうにでもなれ〜』なんて思って生きている人はいくらでもいるでしょう、その気だるさの様な、無力感的な空気感が不可解な2人の関係でより強烈に感じる上、オダギリジョーの軽い演技が更に拍車をかける事言うことなしでしたね〜



そして何より準主役の幽霊達の存在がとってもイイ感じなのですよ。呪縛霊ってこんな見方をすると面白い〜なんて思ってみたりして…そんな存在が見える人にはとんでもないことなのでしょうがね^^

ルームロンダリング1.jpg


ルームロンダリング3.jpg


ルームロンダリング4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88288/


最後

終盤に謎が次々と明かされる展開に、これってシックスセンス??と思わせる事に少なからずガックリするのですが、次の瞬間、頭の中が『???』で一杯になり『え?違った?』なぜか・・・これ以上はネタバレになってしまうので内緒にします^^ですので興味がありましたら鑑賞してくださいね。

不思議と
あるわけないだろう〜が、いや、あってもおかしくないかもね〜と思うわけです。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします




posted by ゆらり at 22:53| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

『ボヘミアンラプソディー』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜もうこれは映画じゃないね!



ボヘミアンラプソディー.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89230/gallery/30/こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「伝記」



物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★



監督    ブライアン・シンガー 



キャスト


フレディ・マーキュリー    (ラミ・マレック)
ブライアン・メイ       (グウィリム・リー)
ロジャー・テイラー      (ベン・ハーディ)
ジョン・ディーコン      (ジョー・マッゼロ)


あらすじ


1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わってクイーンとし
て活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ
シネマトゥデイより


ボヘミアンラプソディー1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89230/gallery/30/


感想


すでにこれは映画ではありませんね〜劇場にコンサートを見に行ったと錯覚すること間違いなしでしょう。
そして悲しくもないのに泣けてきてしまうのです。帰りの車の中でも泣き通し、今まさに昔買ったクイーンのCDを聴きながら、ブログ更新しているわけですが、余韻という類ではなく、も〜〜涙が自然にあふれてきてしまうのですよ〜困ったものです(´Д`)

ボヘミアンラプソディー5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89230/gallery/30/


映画館にはクイーンがいます。以前にも書きましたが、映画って実話だから良作になるものでもないとおもっていまして。いかに役者が本人になり切り本人以上のリアル感を表現できるかが大きなポイントと思っているのです。フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックは見た目は激似というほどのものではなかったのですが、ですが、ですが、ラミはフレディそのものなのです。そういう表現しか見当たりません、だから驚きますよね^^


こちらブライアン・メイに激似のグウィリム・リーとラミ・マレック
ボヘミアンラプソディー3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89230/gallery/30/


私がクイーンを知ったのは中学3年、洋楽に興味を持ち始め、毎週日曜の洋楽ランキングの音楽番組(ラジオ^^)を楽しみに聞き始めた頃
その時フレディの魅力的な歌声に感動、ですが、あの容姿とかみ合わないことに驚いた記憶がありますね^^ なんでこんなオッサンがあんな素敵な歌声なの??(失礼いたしました(-.-))ってね。まだまだ青かったのでしょうかね。彼の魅力をわかっていなかった?みたいな(;^ω^)

ボヘミアンラプソディー2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89230/gallery/30/


当時は海外のアーティストの映像を見る機会がほとんどなく、深夜テレビぐらいしか地上波で流さなくて〜でも親に怒られるので見られなかったし、ひたすらラジオ、ラジオ、でしたから情報もそんなになくて雲の上以上に別世界の人でしたからフレディを感じるなんて無理な話でした。ですからこの映画で彼をとてもとても身近に感じることに感動するわけなのです。


もう感想どころではない状態です。地に足がつかない状態とでもいいますか?
CDを聴き始めてかれこれ6時間エンドレスでかかっています
明日は仕事になるでしょうか?不安がつのります(´Д`)
ブログも思うようにキータッチが進みません( ̄▽ ̄;)
怠慢ということではなくなんだか胸のあたりがクイーンで一杯です。
今日はもうごちそうさまでした(@_@)
後日、気になったらリライトしたいと思います^^



最後


ロングランになりそうですが油断しないでくださいね。
この作品はぜひ劇場で!オススメします。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 20:55| Comment(0) | 映画 超オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

『ルイの9番目の人生』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜貴方はすでに騙されている



ルイ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83861/


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「サスペンス」
「ミステリー」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督    アレクサンドル・アジャ    



キャスト


少年     ルイ・ドラックス   (エイデン・ロングワース)
ルイの父親 ピーター・ドラックス  (アーロン・ポール)
ルイの母親 ナタリー・ドラックス  (サラ・ガドン)
担当医   パスカル        (ジェイミー・ドーナン)
                  フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
                  フィフティ・シェイズ・ダーカー

あらすじ


生まれてから毎年命にかかわる事故に見舞われてきた少年ルイ(エイデン・ロングワース)は、9歳の誕生日に崖から転落し、奇跡的に命を取り留めるが昏睡(こんすい)状態になってしまう。彼を目覚めさせようと担当医パスカル(ジェイミー・ドーナン)が奔走する一方、ルイの周囲では父親(アーロン・ポール)が行方をくらまし、母親(サラ・ガドン)のもとに誰からのものかわからない警告文が届くなど、不可解な出来事が頻発。さらにパスカルも悪夢に悩まされ……。
シネマトゥデイより


感想


予告篇を見て、ルイの人生に起こる『奇妙な出来事』が非常に気になり速攻レンタルです^^生きていれば人は毎年誕生日を迎えるように、ルイは毎年死の淵をさまようのです( ゚Д゚) 興味湧きませんか〜?湧いてきますよね〜(≧▽≦)
そしてこの作品のポスターを見れば、ルイ(エイデン・ロングワース)の表情に惹きつけられるでしょう。少年にしてすでに魅力的な何かを醸し出しているわけで一枚の写真だけでルイになり切っているというぐらい、謎めいた視線を投げかけているようにすら感じるので『これは見たくなるわ〜』と相成りました^^



ですが、観る前から『ミステリー』『サスペンス』の王道を忘れていたことに( ^ω^)・・・『してやられた〜』と最後になって分かるわけです、序盤にこの気づきに気づくことすら気づかないわけです^^


別に騙そうなんて考えはないのかもしれませんね。ですがミステリーって誰も気づかない盲点を見つけ、誰が本当の・・・なのか少しでも早く気づきたいと思いながらみてしまうのです。そんなもので「あ〜〜騙された!」なんて見当違いの事を言って悔しがる自分がいるのですよ。そして私を見事騙したわね〜なんて鑑賞作品に称賛の想いを感じて『あ〜面白かった、いい作品だねぇ』なんて気分よく自己満足に浸るのがいいんですよね〜。ここまで書かれるとつい見たくなりませんか?ぜひ鑑賞してみてください。


見終わって、ふっと『シャッターアイランド』を思い出しました。

シャッターアイランド.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/53192/


作品の中では騙される要因が多々あり、父親との関係であり
ルイ3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83861/


セラピーの先生との会話であり
ルイ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83861/


主治医パスカルの行動であり
ルイ1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83861/


母親の『言葉』であったり・・・
ルイ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83861/


少年ルイは特別な子供なのか??そんな疑問が頭の中でどんどん増幅してくるのです。それはルイの意図するものとは相反して…
そして終盤になると、成長するにつれてルイの身の回りに起こる奇怪な出来事が「なぜ?」から徐々に「恐怖」に感じ始め、逃れられない現実の環境に昏睡状態となる意味が分かるわけです。


昏睡状態はルイの意図するものかもしれないからです。それはルイの夢の中の出来事を見れば不思議な事ではないですからね。
ルイ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83861/


最後


ルイも多分親に愛される事を望む普通の子供なのでしょう。子供は生きる世界が狭く、自分の環境をたやすく変える力がないわけで、何かに頼って生きていかなければならないそんな現実をわかってしまった以上選択肢は決まってしまうのかもしれません。
ですから生きるわけでもなく、死ぬわけでもない、そんな道を選んだまでで・・・ですが『もう一度生きてみようかな』と新たな人生の始まりを予感するラストシーンに『おかえりなさい』そう言ってあげたくなってしまいました。

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 22:14| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

『恋するシェフの最強レシピ』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜ほっこりして・ニッコリね^^



恋するシェフ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87868/gallery/3/


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ラブストーリー」



物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督    デレク・ホイ 



キャスト


実業家のルー・ジン    (金城武)
見習いシェフのションナン (チョウ・ドンユイ)


あらすじ

やり手の実業家のルー・ジン(金城武)は、上海の一流ホテルを買収する。しかし、彼はこのホテルの料理長が提供する料理に不満だった。世界中の美食を極めた彼の舌を満足させたのは、新しい発想で型破りなレシピを思いつく見習いシェフのションナン(チョウ・ドンユイ)だった。二人は会うことなく、ジンが与えたテーマでションナンが料理を作り続け……。
シネマトゥデイより


感想


ラブコメディということもあり、愛する2人の濃厚なラブロマンスではありません。そしてアジアテイストだからなのか親近感を感じてしまいます。
何とも可愛らしい愛の行方に『がんばれ〜!!』と応援したくなるそんな作品です。


コメディ要素が多く盛り込んであり、笑いどころが多々あるのです、私は家での鑑賞でしたから思いっきり笑いまくるところがありまして〜
勉強中の息子に謝ること数回(^▽^;)でも見ながら気分よくなれること間違いなしでしょうね^^


主人公のチョウ・ドンユイはお世辞にも美人さんの容姿ではありませんし、作品の中でも言われていましたが、「女性の色気」というものから少し程遠いキャラなのです。ですが作品の中でルー・ジン(金城武)の様な資産家なら才色兼備の女性は周りにいくらでもいるのでしょう。ですからあえてちょっと劣っているところがあった方がルー・ジン(金城武)には魅力的に感じるのかもしれませんね。

1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87868/

そんな色気のないションナンは、俗に言う『彼の胃袋を掴んだ』わけで(≧▽≦)
料理好きの私としても料理番組ならぬ料理映画は大好きでして、料理に関するルー・ジンの言葉を食い入るように見て(字幕なので)しまいましたよ〜そしてその説明も、『へ〜そうなんだ』なんて相づちを打ちながら見入っていたわけです。


そしてションナンの作る料理を彼女が作ったとも知らずにルー・ジンがまた美味しそうに食べるわけで( ^ω^)・・・
自分の作った料理をこんなに美味しそうに食べてくれる人がいるなんて〜
『幸せだわね〜』なんて思ってみたりもするわけなのです(≧▽≦)


恋するシェフ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87868/


なんだかんだと2人は気が合うのでしょう。潔癖症のルー・ジン(金城武)も大胆で型破りなションナン(チョウ・ドンユイ)も、お互い自分にはない魅力を相手に見出しているのかもしれませんね〜


最後


ラブストーリは大好きです(#^.^#)
だって幸せな2人を見ているだけで自分も心地よくいい気分になるんですもの^^
だけどヤキモキすることもハラハラすることもよくありますが、その点こういったコメディタッチの作品は絶対に最後ニッコリして終われること間違いないですから、笑いながら幸せ倍増ですよね〜^^
最後まで笑わせてくれる展開に『いいね!』を一つ。




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 20:22| Comment(0) | ラブコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする