2020年07月06日

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー 』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜欲のない男と欲にまみれた男「自分の物は自分で守れ」


人9.jpg

引用元:https://eiga.com/movie/91028/gallery/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

映画化もされた世界的ベストセラー「インフェルノ」の出版秘話から生まれたミステリー。情報漏えいを防ぐため各国の翻訳家たちを完全に隔離した実話を題材に、発売前の小説の流出危機が描かれる。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「クライムエンタテインメント」
「ミステリー」
「サスペンス」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    レジス・ロワンサル


キャスト


出版社の社長エリック・アングストローム  (ランベール・ウィルソン)
9人・2.jpg

アレックス・グッドマン        (アレックス・ロウザー)
9人・3.jpg

カテリーナ・アニシノバ     (オルガ・キュレリンコ)
           『オブリビオン』『007慰めの報酬』
9人4.jpg


あらすじ

9人・1.jpg

ミステリー小説「デダリュス」完結編を世界で同時に発売するため、洋館の地下室に9か国の翻訳家が集められる。彼らは外部との接触を禁止され、毎日20ページだけ渡される原稿の翻訳作業に没頭していた。ある夜、出版社の社長(ランベール・ウィルソン)のもとに、「デダリュス」の冒頭をインターネットに公開したというメールが届く。そこには、指定時間内に金を支払わなければ次の100ページ、要求を拒めば全てのページを流出させると書かれていた。
シネマトゥデイより

9人.jpg


感想

一癖二癖ある私好みの作品でしたね^^
ラストの結末が「これでもか〜」と畳み掛けてくる感じ。終わりなき結末なわけです。後から考えると何回?ひっくり返す?みたいな^^

それは想定内の展開から犯人像を絞り込ませ『思っていたよりも意外性はない展開だな』と思わせ、伏線を匂わせる描写というよりも『全て見せます嘘偽りなく』手品で言えば種明かしを分かやすく見せます。みたいな^^

そして何度となく騙されてしまう展開にどれが本当?

ですが結果、それすらもマジック〜なわけです。

妥当な犯人像は徐々に意外な犯人像になり、脅迫犯人が殺人事件を解決する展開に発展していく…

ここで伏線とも言える『オスカル・ブラックに会わせてほしい』はほんの一瞬脳裏をかすめただけで強く印象に残らない。この『薄っすらかすった感』が絶妙だったな!と鑑賞後に思い出すことになるのです。
まっ!伏線だからそんなものなのでしょうけれどもね!

最後

『私は文学を愛してます』『ページを開けば世界があふれ出す』『風が吹いた 生きようと試みるべきだ』真犯人の目的は果たして何なのか?
『才能があると証明したかった』たったそれだけだったのに・・・
これは、文学を軽視する者への『文学を愛する者たちの復讐劇』といえるのではないでしょうかね。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:13| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

『悪女/AKUJO 』R15きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜愛した男はただのケダモノ⁉


悪女.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87892/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
始まりは、幼いころに父親を殺され、犯罪組織の殺し屋として育てられたヒロイン・スクヒが、初めて愛した男の復しゅうを果たすために単身ライバル組織に乗り込むさまを描く
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「超オススメ」
「アクション」
「ヒューマンドラマ」
「ラブストーリー」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督    チョン・ビョンギル


キャスト

スクヒ    (キム・オクビン)
悪女8.png
引用元:http://akujo-movie.jp/


ジュンサン  (シン・ハギュン)
悪女9.png
引用元:http://akujo-movie.jp/


ヒョンス   (ソンジュン)
悪女6.png
引用元:http://akujo-movie.jp/

クォン幹部  (キム・ソヒョン)
悪女7.png
引用元:http://akujo-movie.jp/



あらすじ

スクヒ(キム・オクビン)は犯罪グループの殺し屋として成長し、やがて育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)に好意を抱くようになり結婚する。だが、まもなくジュンサンが対立する組織によって殺され、スクヒは復讐(ふくしゅう)を実行する。その後彼女は国家組織に身柄を拘束され、10年後の自由と引き換えに国家専属の暗殺者となる。
引用元:シネマトゥデイより


感想

最近観たリュック・ベッソン『ANNA/アナ』
ANA.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/
の興奮がまだ余韻にあるのですが、それ以上の感動があったと思うくらい、自分でも驚くばかりです。

アクション映画は大好きです

過去記事にもアップしていますが
『LUCY/ルーシー』
ルーシー.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/80434/

『コロンビアーナ』(製作、脚本)
コロンビアーナ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/57114/

『The Witch/魔女 』
魔女.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89763/gallery/


が私のおすオススメ映画ですが
また一つオススメ映画追加です^^

『The Witch/魔女 』を観て、それ以上の作品はないのではないか?そんな思い込みで先延ばしにしてしまい、今に至ります。そして少しだけ後悔みたいな(;^ω^)
だからこれからは漢字2文字のショッキングピンクには要注意です。

主人公が女性しかも美しい。スレンダーでありながらパワフル、しなやかで強靭。そんな強い女性に魅力を感じてしまうのですね〜。

強烈なアクションからのスタートで、しかも主人公の視点でのカメラワーク。そして主人公の顔は見えない。次から次へと男達を倒していくスピードは息を吞む展開。冒頭アクションシーンの終盤にやっと見せる『殺し屋』スクヒの少女ともいえる『あどけなさの残る顔立ち』これは『007』の冒頭シーンのインパクト以上のものがありました。

見どころは、良作といえるアクション映画のへのオマージュ的な描写が一つにとどまることなく至る所にエッセンスを散りばめているところですね

本当の敵は愛した男
悪女4.jpg

ペットボトルがアクセルを踏む
悪女3.jpg

花嫁が狙撃
悪女5.jpg


アクションには妥協する事なく挑んている。美しきヒロイン、キム・オクビンがノーCG、ノースタントマンで挑んだ超絶スタイリッシュ・アクション
キムは撮影を振り返り、「走行中のバスのドアの外で戦うシーンでは、(体が)道路とすれすれの距離にありました」「監督から、『アクションですべてを表現しよう。この映画の武器になれ』と言われました」「やればやるほど危険なシーンが増えました(笑)。リアルに撮るために、カメラが近くにありました。どうしても動作が大きくなるので、よくカメラとぶつかりました。あとから、刀も持てないほどの痛みで、手が震えました」「死ぬような思いで撮りました」と生々しい言葉で、壮絶な体験を語っている。
シネマトゥデイより
こんなコメントをみたら期待せざるを得ないでしょう。

一人の少女であり、一人の女性であり、一人の母親。
悪女2.jpg

そんな顔を見せてくれるヒロインが普通過ぎる成長を見せてくれる事で親近感すら感じて、アクション映画なのに…ヒューマンドラマを観ている気にすらなってしまうのです。『悪女』なんて似合わない…そう思えるほど。

最後

とめどなく続く戦いの末、全てを失い生きている自分に何を思うのか。
罪悪感を手放した男の『本当の想い』を感じながら生きるのか。
それとも『悪女』として生きるのか。
ラストシーン…意味するものは・・・

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 22:24| Comment(0) | 映画 超オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

『ANNA/アナ』PG12きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜ラスト5分・鳥肌立ちまくり〘これだから映画はやめれれない〙


ANA.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
ソ連の諜報(ちょうほう)機関KGBの女殺し屋の活躍を描く。ロシア出身のモデル、サッシャ・ルスが殺し屋を演じ、5分で40人を倒す格闘シーンなどをこなした
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「超オススメ」
「アクション」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督    リュック・ベッソン『ニキータ』『レオン』『LUCY ルーシー』



キャスト


KGB/殺し屋のアナ    (サッシャ・ルス)ANA2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/

KGB/アレクセイ・チェンコフ(ルーク・エヴァンス)
ANA9.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/

CIA/レナード・ミラー (キリアン・マーフィ)
『TIME』『レッドライト』『インセプション』
ANA10.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/

KGB上司/オルガ    (ヘレン・ミレン)『黄金のアデーレ』
ANA8.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/

あらすじ

1990年、ソ連の諜報(ちょうほう)機関KGBで国家にとって危険な人物を抹殺するため育成された殺しゾ屋のアナ(サッシャ・ルス)は、モデル、コールガールなど複数の顔を使い分け明晰(めいせき)な頭脳と抜群の身体能力を駆使し、腕利きの暗殺者に成長する。あるとき、CIAのわなにはめられたアナは、捜査官のレナード(キリアン・マーフィ)から信じがたい取引を迫られる。
シネマトゥデイより

ANA3.jpg

ANA11.jpg

ANA5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/

感想

いやいやいやいや、4回いいましたね^^ゾクゾク、ザワザワ、最後鳥肌が追い打ちをかけてくる。私が女だからでしょうか?そんな気がします。リュック・ベッソンが私が思う事を意図してこんな仕上がりにしたのか否か、女性に対して賛歌ともとれるラストシーンに最高に感激をしてしまいました。

だから今まであまり気にかけなかったのですが『ニキータ』これから鑑賞したいと思います。そして、あ〜〜時間が足らない!と思うわけです^^感動作を観ると紐付け作品が増えて観たいものだらけになってしまいます。

『LUCY/ルーシー』
ルーシー.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/80434/

『コロンビアーナ』(製作、脚本)
コロンビアーナ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/57114/
2つは私の大好きな作品でしてその影響で今回は鑑賞したわけですが、それを上回る展開で最高にいい気分です^^

作品の内容は、KGBスパイであるアナは自由を求めて仕事をこなしていく日常に5年後の未来が確信の持てるものではない事を『確信』して人生に悲観的になっていく中CIAの罠で思いがけない方向に進んでいくことになる・・・

KGBスパイの強引な勧誘(笑)でもそうであるが、会話に無駄がない切れ者、クール、頭脳明晰を印象付けるアナそれでもって美人なわけですから目が離せないわけですね〜

淡々と仕事をこなしていくものだから、色恋沙汰は無縁なのかと思いきや、そこはクールに決めてくる(≧▽≦)だからいいね!いいね!となるのです。

序盤、アナ上司オルガの首を絞めたくなるほど憎らしいと思えるのですが、終盤、同じ女性でありKGBの中の”1つのコマ”という立場である事を考えると、上司と部下という関係よりももっと違う、例えるなら『007』のボンドとⅯの様に信頼関係を築き上げた2人になっていく描写がイイ感じでした。

そんな2人が仕掛けるラスト5分の目くらまし。

意図したわけではなくても、いい男2人を結果手玉に取り自分の夢を掴み取るまで諦めない。最後『してやったり』何故か私は心の中でつぶやくのでした(=^・^=)
ANA1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/

最後

アクションに関しては折り紙つきで評価云々は野望とおもいますが、スパイものでありがちな裏の裏を読む展開に観客を飽きさせない。
時系列の交差も複雑に絡み合い、ボーと鑑賞している暇を与えない。常にスリルを側面に携えているそんな感覚で鑑賞する事でしょう。



ルーシーの黒髪はイマイチぴんとこなかったのですが、この作品のアナはモデルという事もある為なのか、完璧過ぎるぐらい綺麗でしたね〜(*´▽`*)

ANA12.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92630/

そして最後、髪型をもって美しさを表現するあたり、詰めは完璧〜^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:10| Comment(0) | 映画 超オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

『カツベン! 』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜出るわ出るわ贅沢過ぎる旬の俳優・お得感満載見れば納得(*´▽`*)


カツベン.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88605/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
「活動写真」と呼ばれていた時代に独自のしゃべりで観客を沸かせた「活動弁士」を主人公に据えた青春活劇。約100年前を舞台に、活動弁士を目指す青年と彼を取り巻く人々を描く。
シネマトゥデイより
鑑賞後、きっと得した気分になることとお思います。ぜひどうぞ^^

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「コメディ」
「時代」
「時代劇」
「ラブストーリー」
「伝記」
「オススメ映画」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    周防正行


キャスト
 
染谷俊太郎  (成田凌)
栗原梅子   (黒島結菜)
カツベン2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88605/

館主夫妻  (竹中直人、渡辺えり)
茂木貴之  (高良健吾)
山岡秋聲  (永瀬正敏)

あらすじ

偽の活動弁士として泥棒一味の片棒を担ぐ生活にウンザリしていた染谷俊太郎(成田凌)は一味から逃亡し、とある町の映画館にたどり着く。そこで働くことになった染谷は、今度こそ本当の活動弁士になることができるとワクワクするが、そこは館主夫妻(竹中直人、渡辺えり)をはじめ、スターを気取る弁士の茂木貴之(高良健吾)や酒好き弁士の山岡秋聲(永瀬正敏)などくせ者ばかりだった。
シネマトゥデイより

カツベン4.jpg

カツベン5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88605/

感想

時代は明治、大正時代、世界ではチャップリンが人気を博していた時期。サイレント映画を日本独自の手法で楽しませてくれた『活動弁士』子供の頃にテレビでチラッと見た記憶はあるが、特別気になるほどの存在ではなく、映像技術が乏しい昔だからね〜なんて軽い感覚でとらえていたものでした。

今回改めて見てみて「フイルムを手でまわすのね‼」(いや、足かもしれない(笑))「弁士によって作品の内容がかわっちゃうのね〜⁉」「映画より、俳優よりも弁士の方が人気者」なんて驚く事実ばかり。

私が物心ついた頃は既にカラーテレビの時代、白黒ですら記憶に乏しい…ですがこの作品映画好きなら少なからず魅力的な何かをかんじるのではないでしょうかね^^

子供時分にその時代のスターをまねて遊び、将来は自分もあんな風になるんだ‼とそんな少年少女は沢山いたでしょう。そんな少年少女の一人『俊太郎、梅子』

子供ながらにも、熱を帯びて山岡秋聲(永瀬正敏)を真似る、幼き俊太郎には好感が持てるのです。あんな風に目をキラキラさせて夢を語る少年を見たならば、「君ならなれるよ絶対に‼」と応援したくなるのが人情でしょう(≧▽≦)

がしかし夢を見る俊太郎少年は間違って純粋な想いとは別世界に足を突っ込んでしまう事で、夢の職業だった活動弁士を汚してしまう結果になるのですね〜あ〜なんて未来なの〜と思う序盤・

ここまではそれなりに『小さなクスッ』を所々に取り入れながら展開していく流れに、とりわけ新しい驚きなども感じられるものはなく…ウ〜〜ンと鑑賞中^^

見どころはこれからでしょう、俊太郎が尊敬する山岡(永瀬)の代役で弁士として舞台に立ったその時から、周りの目がみるみる変わっていく様子を見ると、ドヤ顔になりそうな自分がいる事に気づき笑ってしまいそうになるのですね〜
そうよ、彼は才能ある弁士なのだからね‼と(笑)


そして弁士の声の張り、色つや、何人の声を持つのか?今なら声優というのでしょうが、ある意味即興ともとれる芸当、舞台俳優とも言えるぐらいな存在…黄色い声が飛び交うのも納得です(@^^)/~~~

見どころは弁士の存在に限らず、これでもか〜と贅沢な俳優の起用に嬉し悲鳴です。今が旬の『いい男』の共演。夢見る少年と少女の再会からのラブストーリーの行方。そこに終盤の終わりなきコントの様なコメディ感。相乗効果爆裂です。

床板が腐ってる 足を突っ込むこと2回

「ダメです、ペダルが〜」
*壊れた自転車を漕ぐ         俊太郎
カツベン1.jpg

*それをリヤカーで追いかけるヤクザ  安田
*それを人力車で追いかける警官    木村(竹之内豊) 
カツベン3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88605/
3人とも走った方が早いって〜〜 ってな感じ(≧▽≦)

*鉄砲の球は絶対に人に当たらない絶対法則。

最高に笑えたのは
*『タンス野郎』って、いったいなに??? 箪笥は生きている???
 声出すほど笑えます(^ω^)


最後

鑑賞中、俊太郎の弁士としての将来も気になるところですが、平行して梅子との恋の行方も最後の最後まで引っ張る展開にハラハラさせられるのです。大体こんな流れでしたら同じ夢を語り合える2人は結ばれる結末が用意されているだろうなんて、王道的な展開を希望を少し含ませながら、推測するからで・・・


そして 幸せは『キャラメルの味』と例え 
『人生には次回作がある』としめくくります^^


同じようにちょっとしたお得感を感じた作品
「破門ふたりのヤクビョーガミ」もぜひどうぞ

破門.jpg
引用元:http://hamon-movie.jp/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 22:32| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

『YESTERDAY/イエスタデイ』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜メインは⁇ビートルズじゃない⁈


イエスタデイ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90371/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
自分以外はバンド「ザ・ビートルズ」を知らない世界になった青年の姿を描くコメディー。

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ラブストーリー」
「ファンタジー」
「オススメ映画」
「サクセスストーリー?」
「コメディ」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    ダニー・ボイル


キャスト

ジャック     (ヒメーシュ・パテル)
親友のエリー   (リリー・ジェームズ)
イエスタデイ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90371/


エド・シーラン  (エド・シーラン)
イエスタデイ1.jpg 
引用元:https://eiga.com/movie/90371/

あらすじ

イギリスの海辺の町に暮らすシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)に支えられてきたが全く売れず、夢を諦めようとしていた。ある日ジャックは、停電が原因で交通事故に遭遇。昏睡(こんすい)状態から目覚めると、この世には「ザ・ビートルズ」がいないことになっていた。
シネマトゥデイより

感想

ビートルズがメインじゃない物語、こんなパラレルワールドを想定するなんて『なんて大胆な‼』^^
鑑賞前は主人公ジャックのビートルズの回想的な何かの物語なんだろうな〜なんて思っていたので予想外の展開に横っ腹にボディって感じで、最後じんわりと温かいものが胸元に拡がっていく感じがするのです(*´▽`*)

クイーンの映画『ボヘミアンラプソディー』
ボヘミアンラプソディー.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89230/gallery/30/

こちらの作品一発ノックアウト的な作品でドストライクでしたが、今回の作品は気づかれないように『そっと』ビートルズにラブコールを送っている感じがなんとも憎いね〜と笑みがこぼれるボディ系です(≧▽≦)

数あるパラレルワールドの中から選択できる状況で、ビートルズが存在しない世界に飛び移ってきたことは、彼の人生において『ありえないだろ〜』(; ・`д・´)的な表現が出来るかと思われるわけです^^シンガーソングライターである主人公ジャックにとってはビートルズは神と呼べる、崇拝する存在と思われるからです(≧▽≦)

最初はビートルズの楽曲で自分がここまでビックになるなんて想像しなかったジャックなわけで、人気者になれるなら…なんて、ちょっとの欲がでて盗作する、そんな序盤です。

大好きなビートルズの歌を、悩み、苦しみ、途中泣き崩れそうになりながら歌う姿がとても印象的で正直な彼の姿に好感を持てるでしょう。

イエスタデイ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90371/


イエスタデイ6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90371/


鑑賞している側から見ればビートルズの歌がヒットしないなんてことは想像できない、いや、創られたものであってもそれは想定外ですからね^^ヒットするはずなのですね。

そして、しまいにはエドシーランから『いつか 追い抜かれるとおもっていた、ジャック、君はモーツァルトだ‼』なんて言わせてしまう、ちょっとしたコメディ感を所々に散りばめた作品なんです。

ビートルズを脇役にしながら(笑) エドシーランを脇役にしながら(笑) ジャックを中心に作り上げる作品のレベルは高評価に値するものだと思います。そして何よりビートルズの曲が流れる度に鳥肌が立つ快感を同時に感じられる事に感動するでしょう(@^^)/~~~

最後

鑑賞後きっとあなたは『ビートルズ』を聴くことに…
(#^.^#)

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



posted by ゆらり at 00:31| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする