2021年02月24日

PG12『ヤクザと家族 The Family』 (2021)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜「綾野剛の熱量に圧倒」行き場のない怒りの行き着く先に驚愕



ヤクザ.jpg

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
一人のヤクザの生きざまを三つの時代に分けて描くヒューマンドラマ。ヤクザになった男が大切な仲間や恋人と出会うも、暴力団対策法が施行されたことにより波乱が起きる。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ヒューマンドラマ」    

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆
音楽    ★★★★★

監督  
 
藤井道人
『新聞記者』『デイアンドナイト』『宇宙でいちばんあかるい屋根』
藤井道人.jpg
引用元:https://eiga.com/news/20210129/28/

キャスト

山本賢治      (綾野剛)
ヤクザ7.jpg
引用元:https://eiga.com/news/20210105/5/

柴咲組組長の柴咲博 (舘ひろし)
ヤクザ5.jpg
引用元:https://eiga.com/news/20210129/4/

工藤由香     (尾野真千子)
ヤクザ11.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/93189/

中村努      (北村有起哉)『すばらしき世界』『本気のしるし』
ヤクザ3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/93189/

細野竜太   (市原隼人)
ヤクザ14.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/93189/special/

木村翼    (磯村勇斗)
ヤクザ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/93189/gallery/

ヤクザ8.jpg


あらすじ

1999年、覚せい剤が原因で父親を亡くした山本賢治(綾野剛)は、柴咲組組長の柴咲博(舘ひろし)の危機を救ったことからヤクザの世界に足を踏み入れる。2005年、ヤクザとして名を上げていく賢治は、自分と似た境遇で育った女性と出会い、家族を守るための決断をする。それから時は流れ、2019年、14年間の刑務所暮らしを終えた賢治だったが、柴咲組は暴力団対策法の影響で激変していた。
シネマトゥデイより


感想

監督が藤井道人なんだ…観に行かなくっちゃ。と漠然と思い少し遅くなってしまいましたがどうにか上映終了前に見ることができて安堵しております(*'▽')
 観られて良かったです本当に。

『目は口程に物を言う』と申しますがまさにこの作品の綾野剛がそうでありました

舘ひろしがこんな風に言っております
初共演となった綾野については「綾野君の目が非常にいいんですよ。一緒に芝居をしている時、彼の目が非常に色々なことを訴えかけてくるんです、愛に飢えたような目をされる俳優さんだと感じました。すごく良くて、一緒にお芝居をしていて、何度も泣かされたという感じです。素晴らしい目をお持ちの俳優さんだと思います」と、印象を明かす。
引用元:https://eiga.com/news/20210129/4/

ヤクザ12.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/93189/special/

綾野は
「集大成であり、最愛といえる作品に出合えたことで、役者を続けていこうと思え、役者を続けさせてもらえる喜びを感じています。同時にまだまだ生かされているだけだと結実したのがこの作品です」と思い入れの強さを語り、さらに、「ただ単純に日本映画として届けるつもりはなく、アジア映画の代表としてこの作品を届けたい」と自信をのぞかせた。
引用元:https://eiga.com/news/20210105/5/

こんなコメントを見てしまうと役者としての作品に対する熱量の凄さを感じるのであります。ですから観たくなること必至かと思います^^

先日みた『すばらしき世界』の役所広司も素晴らしかったのです、オーラをかもし出し存在感その者がすでにヤクザでして、綾野剛も負けず劣らずチンピラからの〜ヤクザになっていくあたり、成長(笑)する様が見事に山本広賢治のヤクザなのでありました。

ですから、木村翼(磯村勇斗)に
現場に綾野剛さんがいないんです。山本賢治としてずっと存在している・・・
と言わせてしまうぐらい存在自体が「山本」というぐらい役に集中していたのでしょう(≧▽≦)

ヤクザ9.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/93189/specil/

こんなことを言っていると綾野剛だけが凄いのか?と思われてしまいますが、そんな事ではありません(ー_ー)!!
脇役の皆様の迫力もそれ相応の相対する『ヤクザ』でありまして・・・
お互いを威嚇する表情、言葉遣いがWそれWをものがたっております^^

ヤクザ13.jpg
引用元:https://eiga.com/news/20210129/4/

ヤクザじゃ飯を食っていけねぇ〜という言葉通り、ヤクザに対する世間一般の考え方と風当たりがこんなにも強いのもだったのか?と現状を知らない私は驚かされてしまいました。

携帯電話すら契約出来ない?ヤクザの子供は幼稚園に入れない?本人はまだしも家族に対するものは人権侵害?とすら思えるものなのです。

一度ヤクザに入ってしまったら、まっとうな生き方をしようとしても『八方ふさがり』じゃ〜〜どうすればいいの??

そんな蟻地獄のような負のスパイラルにおちいってしまう社会のシステムはいかがなものか?問題提起をしているそんな作品です

これはヤクザに限った事ではなく『犯罪者』への考え方も世間は冷たいのであります。

世間の冷たさ誹謗中傷を槍のごとく体中に受け立ち直る術を失くしたヤクザの怒り、やるせなさ、その矛先は...
驚きのラストシーン…それはとても『はかなく美しい』最後でした。


最後

時代は変わってきているんですよ…
劇中、何度も何度も言っていた
急激な時代の変化についていけない人は振り落とされてしまいそう。

二極化と騒がれている昨今。
だからこそ、新たな社会システムが必要な時代になってきたのではないのかと考える毎日です。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜
みn

最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

【関連する記事】
posted by ゆらり at 18:00| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

『すばらしき世界』 (2020)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜最高のキャスティングにまるで川が流れるような描写『哀しくも美しい世界観』際だつ脇役魅力全開


すばらしき.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92069/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
『ゆれる』『永い言い訳』などの西川美和が脚本と監督を手掛け、佐木隆三の小説「身分帳」を原案に描く人間ドラマ。原案の舞台を約35年後の現代に設定し、13年の刑期を終えた元殺人犯の出所後の日々を描く。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「実話」    

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆
音楽    ★★★★★


監督  
 
西川美和
西川監督.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92069/interview/

キャスト

三上 (役所広司)『蜩ノ記』『三度目の殺人』『関ヶ原』『十三人の刺客』
すばらしき1.jpg


テレビディレクターの津乃田  (仲野太賀)
プロデューサーの吉澤     (長澤まさみ)
すばらしき2.jpg

スーパーの店長 松本 (六角精児)『銀魂』『銀魂2』
すばらしき3.jpg

市役所役員 井口   (北村有起哉)『本気のしるし』『ヤクザと家族』
弁護士夫婦      (橋爪功、梶芽衣子)『破門ふたりのヤクビョーガミ』
やくざ組長の姐さん  (キムラ緑子)

あらすじ

下町で暮らす短気な性格の三上(役所広司)は、強面の外見とは裏腹に、困っている人を放っておけない優しい一面も持っていた。過去に殺人を犯し、人生のほとんどを刑務所の中で過ごしてきた彼は、何とかまっとうに生きようともがき苦しむ。そんな三上に目をつけた、テレビマンの津乃田(仲野太賀)とプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、彼に取り入って彼をネタにしようと考えていた
シネマトゥデイより

感想

私の大好きな役所広司(別名 役者広司^^)が主役ですから見ないわけにはいかないわけで、速攻劇場Gotoです(自粛制限中ですが…)
最初に言っておきますが、監督色がこれでもか〜〜と出ておりまして、一癖も二癖もあり好みはわかれるのかな?なんて思う訳なのです。

ですが、もう何年も前に観た『ゆれる』(2006)なんて今でもラストシーンのあの一瞬を忘れることが出来ないぐらい、監督は個性的な役者の魅力を最大限まで引き出すことに長けた人なのだろうと、今回の作品を観ながらほくそ笑むのでした。
ゆれる.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/1759/photo/

実話を元に作られた作品を多々観てきましたが、やはり感動域まで達する作品はみな一様に役者が当事者にどれだけ近づけるかが勝負(笑)だとおもっています。
そしてこの作品その点においては文句なしのパーフェクトと言っていいのではないかとおもうのです


受刑者三上(役所広司)を見た瞬間に『うわ〜〜本物だ〜〜』(笑)ってね^^

三上(役所広司)の圧倒的な存在感はさることながら、個性的な脇役の魅力を余すことなく表現していることに深いため息とともに満足感を得られることとおもいます。

普段、脇役の名前は(印象に残らない方、出番が少ないなど)はブログ記事には省略するのですね、ですが今回は三上同様にインパクトが強すぎて、みな取りこぼすわけにはいかないそんな思いで名前だけでも、とアップしました^^

昨日観た作品を思い出しながらブログ記事を書いているのですが、しばし鳥肌がたちます(; ・`д・´)

特に印象に残ったことは『音楽』バックに流れる音楽が最高に良かったです。
大きな動きをするわけでもないこの作品、短調になりがちな内容だけにこれといった「見せ場」などなさそうなのですね。

ですが、音楽が作品全体をまるで川の流れのようにとどまること、よどむことなくストーリー展開する潤滑油のように…最後には、まるで美しいラブストーリーを観ているかのごとく錯覚してしまいそうになります。

西川監督がこんなことを言っています
津乃田が大浴場で三上の背中を流しながら語りかけるシーンや、キムラ緑子が扮した暴力団組長の妻・マス子が三上に「やけど空が広い。不意にしたらあかんよ」と伝えるくだりからは、そこはかとない“愛情”を感じる。決して数は多くないにせよ気遣い、思ってくれる存在がこの世の中にいるということを、三上は徐々に噛み締めていく。このことこそが、三上にとっての幸福といえるのではないだろうか。
引用元:https://eiga.com/movie/92069/interview/

そう、男女におけるラブストーリーだけではなく、人間の奥底から湧き出る『愛』そのもののラブストーリーなんです。
『背中を流す』ただそれだけで涙が止まりません(*´Д`)

また、仲野も
「日本映画界の大黒柱である役所さんが目の前にいて、僕が憧れてきた日本映画を支えてきた超一流のスタッフさんがいて、西川組という場所自体が中学生の頃から憧れてきた聖域そのもの。色々な現場で経験を積んで、ようやく辿り着けた場所。これまでに自分自身が積み上げてきたものが試される瞬間というのがいっぱいあったし、それ以上に僕という人間そのものが試されている瞬間もあった気がします。
引用元:https://eiga.com/movie/92069/interview/

序盤から終盤にかけ津乃田の変わりゆく様に目を見張るようでした。内面の心の動きが手に取るようにわかることに驚かされてしまいました。
最初は「仲野太賀」???と違和感を隠せなかったのですが、最終的にとてもいい演技と評価したくなることに『申し訳ございませんでした』と謝っておきます(≧▽≦)

津乃田も三上も自分を偽ることなく「純粋なまでの優しさ」を表面化していく様にハートを撃ち抜かれる気分になることでしょう。

最後

こんな映画を見るたびに「犯罪者」を許していいのだろうか?みたいな疑問と否定の自問自答と葛藤を繰り返すのです。
解決できない問題を常に提示され困惑する始末です。
あなたならどう思う・・・

関連作品もぜひどうぞ
『悪との距離』
悪5.png
引用元:https://f4.tv/aku/index.html

『私たちの幸せな時間』
私達の幸せ1.jpg


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 20:03| Comment(0) | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

R15『 ばるぼら』 (2019)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜エロティシズムな芸術的映像・とても奇妙な世界観



ばるぼら.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90280/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
1973年から1974年に「ビッグコミック」で連載された手塚治虫の異色作を実写化したドラマ。謎めいた少女と暮らす小説家の行く末を描く。
メガホンを取るのは、手塚治虫の息子で『星くず兄弟の新たな伝説』などの手塚眞。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「夢の世界」 

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆
音楽    ★★★★☆

監督  
 
手塚眞

キャスト

美倉洋介      (稲垣吾郎) 『十三人の刺客』『半世界』
ばるぼら      (二階堂ふみ)
ばるぼら3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90280/gallery/

四谷弘行      (渋川清彦) 『半世界』「フィッシュストーリー」
                 『ルームロンダリング』
ばるぼら4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90280/gallery/

ムネーモシュネー  (渡辺えり)『カツベン』
ばるぼら1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90280/gallery/

あらすじ

原作は1973年に発表され、芸術とエロス、オカルティズムなど様々なタブーに手塚氏が挑んだ意欲作だ。
異常性欲に悩まされている耽美派の人気小説家・美倉洋介(稲垣)は、新宿駅の片隅で酔っ払ったホームレスのような少女ばるぼら(二階堂ふみ)と出会い、自宅に連れて帰る。大酒飲みで自堕落なばるぼらだが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出すことができない。彼女を近くに置いておくと不思議と美倉の手は動き出し、新たな小説を創造する意欲が沸き起こるのだ。あたかも芸術家を守るミューズのような存在のばるぼらだったが……。
(映画.com速報)


感想

2時間の枠にはめる映画と思うと、ちょっと物足りない時間枠だったな〜なんて思える作品でした

全てが魅惑的な世界観で流れていく描写に、夢の世界をみているような感覚になるでしょう。夢というと、とても美しい素敵なイメージがわいてくるかもしれませんが、そうとは限らない…

それは

禁断の世界かもしれない
みたくない自分の内側かもしれない
俗世間から逸脱した、堕落していく自分かもしれない
なので主演の2人も表現することが難しかったのではなかろうか?なんて思えるものでした。

とくにばるぼら(二階堂ふみ)はつかみどころのないキャラクターでフワフワした雲のような存在感を上手く演じていたそんな感想です。

そして2人のからみを、まるで「絵画鑑賞」をしているかのような演出にため息が出てしまう。言葉通りの体当たりの演技にいやらしさなんて微塵も感じる暇さえありませんでしたね〜とても美しかったです(*'▽')

裸体一つをどう表現することが芸術になるのか?いまだに分かりませんが(笑)

この作品はオカルト的な描写が=夢見る世界のような(踏み込んではいけない世界)を強く印象付け非日常なモノであり幻想的な感覚を刺激して、芸術的に感じるのかもしれませんんね

見る人によって感想はそれぞれだと思うのですが、面白かったという部類の作品ではないので退屈と思える方もいるかと思います。
私は手塚治虫の頭の中をちょっとのぞいてみた?そんな感じの感想にいたります。


最後

手塚治虫の漫画は、線が強く男性的なイメージが強いモノでしたが、この作品の配役のイメージもあり思う以上に柔らかくソフトタッチな仕上がりに、映像音楽に仕上げる過程でこうも変わるものなんだ〜なんて妙に感心してしまいました(@^^)/~~~

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 21:11| Comment(0) | 夢の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

『本気のしるし ≪劇場版≫』 (2020)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜『愛』はどこだ〜〜


本気1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/93252/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
星里もちるのコミックを原作にしたドラマを再編集した劇場版。不思議な雰囲気を醸す女性と出会ったばかりに、破滅の道をひた走る男の姿を追いかける。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「サスペンス」    

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★☆☆☆


監督  
 
深田晃司

キャスト

辻一路   (森崎ウィン)『蜜蜂と遠雷』
本気5.jpg
引用元:https://realsound.jp/movie/2019/12/post-456858.html

葉山浮世  (土村芳) 
本気6.jpg
引用元:https://realsound.jp/movie/2019/12/post-456858.html

葉山正  (宇野祥平) 『罪の声』
細川尚子 (石橋けい) 
藤谷美奈 (福永朱梨) 
脇田真一 (北村有起哉)『すばらしき世界』『ヤクザと家族』
本気3.jpg
引用元:https://www.atpress.ne.jp/news/187358

あらすじ

ある夜。日常が退屈なものにしか感じられずにいた会社員の辻一路(森崎ウィン)は、踏み切りで立ち往生していた葉山浮世(土村芳)という不思議な雰囲気を漂わせる女性の命を救う。その後も非常識な行動を取り続ける浮世をなぜか放っておけず、彼女についていくうちに離れることができなくなった一路。いつしか彼は、思いもよらない事態に陥ってしまう。

シネマトゥデイより


感想

前もって言っておきます、長いです^^
そしてイライラさせられる事になるでしょう(*'▽')

覚悟して観ましたが
劇場で鑑賞でなかったら多分途中で電源Off、切ってしまったでしょうね^^
長いからというわけではないのです、そして短気なわけという訳でもなく本当にイライラするんですよ〜〜

主演の2人もこんなことを言っています
主演の2人はオーディションで役を勝ち取った。森崎は「台本をいただいた時は、はてなマークが続いた。辻君は優柔不断だが、僕は物事をスパスパ決めるタイプなので、自分の役に対して突っ込んでしまった」。土村も自分が演じる浮世役に「最初は違和感しかなかったですが、興味をそそられるキャラクターでした。プレッシャー半分、ワクワク半分でした」と振り返った。
(映画.com速報)

始まるや否や
以前観たドラマ『きみが心に棲みついた』をフッと思い出してしまった( 一一)
君が.png
引用元:http://www.tbs.co.jp/kimisumi/
この作品も鑑賞後、よく最後まで観られたなという達成感を感じ
そしてまた、あのパターンか⁈と少し恐怖を覚えたわけです(; ・`д・´)

人間の心理とは怖いもので、思い込みというものは人の心を支配する強大な魔力であるかのようです。
「全ては自分が悪いから」最後はそうなる

あ〜〜イライラ極限
え?そこでそう言ってしまう???
その心理は?
何か大喜利ですか???
みたいな(@^^)/~~~

そんな事の連続展開、いつまで続くの?
が…中盤までくると、まるでガマン大会を最後まで見届けてやろうじゃないの!
なんて意味不明の自問自答を繰り返している自分に笑いがこみ上げてくる始末

私も頭の中で『警報が鳴りっぱなし』何なんだ何なんだ???ってね^^

主演2人の演技は絶妙に良かったです。
なんとも煮え切らない辻君に嘘をつき続ける浮世
自分の周りには存在しない人物像が「リアル」だけど「つかみきれない」
矛盾しているがそんな風に表現するのがちょうどいい、そう思えるのです。

地に足のつかない「浮世」そんな彼女をほっておく事の出来ない優柔不断な「辻君」もまた然り類は友を呼ぶの2人…似た者同士かと…

そんな2人を脇役がイイ感じで固める配役は良かったです

浮世の夫でこれまた理解しがたい人物「正」
登場しょっぱなから「問題あり」そんな不安要素を強く印象づける
本気7.jpg
引用元:https://tokushu.eiga-log.com/movie/51208.html

ヤクザまがいの「脇田」これまた絶妙にスパイスの効いた配役でアクセント的な役割を見事に演じています。
人間の深い心理を突いてグイグイ迫ってくる辺り「うわ〜痛いところ突いてくるわ〜」なんてワクワクするでしょう^^
本当2.jpg
引用元:https://www.amazon.co.jp/


最後

そこに足を突っ込んだらダメだ!何がひきつけるのか?
そう心の中で警報がなっているのに怖いもの見たさか?いや違うな…

謎を解きたい、なんでそう嘘をつく?なんでそう考える?なぜなぜ?
浮世の不可解きわまる、その頭の中をのぞいてみたくなる

ですが不可能でしょう、だって自分の心の中ですら難解なのですから(;^ω^)
自分の常識、他人にとっては非常識〜〜ってね


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします





posted by ゆらり at 21:43| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

『新感染半島 ファイナル・ステージ』 (2020)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜ゾンビの速さに後れを取るな!!


新感染.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/93278/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
韓国発のパニックホラー『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後を描いた続編。パンデミックを逃れて香港に渡っていた元軍人の主人公が、ある任務のために「半島」に戻りサバイバルを繰り広げる。
シネマトゥデイより


それでは


作品紹介
いってみよ〜う^^


「アクション」
「ヒューマンドラマ」
    


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督  
 
ヨン・サンホ

キャスト

ジョンソク(カン・ドンウォン)『MASTER マスター』
              『華麗なるリベンジ』
              『私たちの幸せな時間』
新感染5.jpg

あらすじ

「半島」を襲ったパンデミックから4年。香港に逃れた元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、任務のために半島に戻ってくる。その任務とは、3日以内に大金を積んだトラックを回収し、半島を脱出するというもの。ジョンソクと仲間はウイルスにより凶暴化した人間たちから逃れ、トラックを回収。しかし民兵集団に襲撃され、トラックも奪われてしまう。
シネマトゥデイより

感想

苦手なホラーやゾンビ系なのですが…
私の一押しの俳優「カン・ドンウォン」見たさに勇気を出して観てまいりました。

私が最初に観た韓国映画が『MASTER マスター』それ以来彼のファンになってしまいました。
マスター.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86811/

いや〜〜〜カッコイイに尽きます!
久々にスクリーンでお顔を拝見したものですから見とれてしまって序盤内容が頭に入ってきませんでしたよ^^
あの鼻筋の通った整った横顔、終始カッコイイわ〜〜と心の中でつぶやいていました(^ω^)

そんなもので映画の内容はこの際どうでもいいな〜なんて考えてしまう始末(;^ω^)
ですが、そんな心配もつかの間、徐々に作品の中に引き込まれていくことになるのです。

前作とは話の内容は全く別ものになっていまして…見終わってフッとジュラシックパークを彷彿とさせる描写に妙に懐かしさを感じたほどです。

前作と同様にゾンビは沢山出てまいりまして、ゾンビに噛まれたら自分もゾンビになるみたいな暗黙の了解的な事もそうですがそうですが…
とにかく速い、走るのが速いんです。見つかったら最後。
途中CGがどこまでなのか分からなくちょっとゾクゾクしました。

新感染6.jpg

そんなゾンビのスピードに負けず劣らず、カーアクションが笑えるぐらいに速いのですよ〜^^道路と呼べるものではなく劣悪なのですがね。

それでもってゾンビを、これでもか〜と車で蹴散らしていくのを観て以前みたマッドマックスを思い出して、あの時は観ていられなくて途中リタイアしたんだっけな〜と。今回は人間じゃなく、ゾンビだから( 一一)なのかしら?なんて。

そして、15・6歳の女の子が運転しているのだから目が離せません。
どんな運転技術を見せてくれる?
そう思った矢先にぶっ飛びます、笑えます、想定外で!

そしてどんな困難も乗り越える車でして、もう絶対に廃車状態だよね・・・
しかしどんな状況でもポシャらな〜〜い(*'▽')

新感染2.jpg

また、作品の主軸的な家族愛、弱きものを助ける、そんな流れは前作同様に…
お金の為だけにゾンビ島に行ったのでは、内容として薄っぺらい感じで終わってしまうけれども、最後ずっしりと重く大切なもの『愛』を取り戻すことが出来て心の重荷も消えてなくなった。
ある意味英雄的な主人公に仕上がっている感じです。

新感染4.jpg

最後

『ゾンビ感染する』恐怖のさらに上をいく『ゾンビから逃げられるのか』
種類の違う恐怖だから、ホラーとはまた別の作風で安心(笑)してみていられます。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 18:24| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする