2018年02月25日

『エターナル 』(PG12)きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜イ・ビョンホンの強い想い



エターナル.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87711/

こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回の作品はむか〜し観た‟ある作品”を思い出されるものでした。当時その作品は常識を覆す視点で話題になったものですが、この作品の題名を言ってしまうと完全にネタバレで面白味がなくなってしまうので、書きたくても我慢して感想をアップしたいと思います(≧▽≦)


私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「サスペンス」
「ヒューマンドラマ」
「ミステリー」



監督    イ・ジュヨン


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★☆
映像    ★★★☆☆



キャスト



カン・ジェフン (イ・ビョンホン)
        『MASTER マスター 』『それだけが、僕の世界』
妻のスジン   (コン・ヒョジン)
ジナ      (アン・ソヒ)


あらすじ


証券会社の支店長であるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は安定した職と家族に恵まれ充実した人生を送っていたが、勤務先の不良債権事件によって、何もかも失ってしまう。失意の中、離れて暮らす妻のスジン(コン・ヒョジン)と子供に会うためオーストラリアに行くが、隣家の男性と親しげにする妻の姿を目にする。ジェフンはその場を離れ、家族の秘密を探ろうとし……。

シネマトゥデイより


感想


序盤から違和感だらけのこの作品、主人公の家族状況が把握しきれていないから?と軽い気持ちで鑑賞。そんな謎もしばらくすれば明確になってくるのです。

ですが、なんだろう?なにか変!腑に落ちないというか〜掴み切れないというか〜しっくりこないのです。なにが?と言われても表現しずらいのですよね。「なんとなく・・・」という曖昧な回答しか出せない感じです。


イ・ビョンホンは等身大の中年男性を演じとても役柄にあっていましたし、どこにでもいそうな証券マンを淡々と演じることで幅の広い演技力を感じるほどでした。


ですから違和感を感じる隙もないはずなのです。ですが逆に普通過ぎるストーリー展開に途中「失敗した?」とも感じてしまうぐらい、作品の魅力が感じず鑑賞時間を気になる感もありました。そう終盤までは・・・


エターナル2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87711/


???が続くストーリーは結末が分かると伏線が至る所にあったことに「してやられた〜」的なちょっと悔しい想いをするのです。そして『あ〜あの時ね〜 』『あれ?いつから? 』『あの時はまだだったよね!』 なんて 記憶を思い返す作業で頭の中はフル回転です^^そして最後納得する羽目になるわけです(^▽^;)


エターナル4.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87711/


そんな中、帰国を延ばさなければ…オーディション日程がもっと早ければ…
鑑賞しながら、すれ違いの2人がうまくいったであろう選択を無駄に考えてしまう自分もいるのです。


鑑賞後「素晴らしきかな、人生」をふと思い出し
また、「シ〇〇〇〇ン〇」を観た時の驚きを感じずにはいられなかったですね〜。
(只今上映中ですので↑↑作品名は上映終了後にアップしたいと思います^^)


映画って作品のストーリーとか演出とか色んな要素で評価されるものですが、このエターナルは特別凝った作りでもなく俳優のスキル的なものも要求されるものでもなかったと思う作品でしたが、終盤の意外な展開にグッと面白味がましてくるわけで、視点をどこに置くかでこんなにも変わるものかと感心させられる作品でもありましたね^^


ラブサスペンスとありますが、なるほどね〜と、うなってしまいましたよ。
ただ寿司はあの状況で食べ過ぎでしたね(^▽^;)

最後


上映開始と同時にイ・ビョンホンの日本人に向けたメッセージビデオが流れるのですが。
大切な何かについて考えてもらいたいというメッセージ。
貴方の大切なものは何ですか?
イ・ビョンホンの強い想いなのか?こんなことを言っています。


新人監督のデビュー作にNo.1俳優が出演することは、異例中の異例。今回そんな奇跡が起こりえたのは、他ならぬイが脚本に心底ほれ込んだから。「このような上質なドラマが韓国にも登場する時が来たのか」と衝撃を受けたイは、「何度時間が戻ったとしても、私はこの作品を選ぶでしょう」と言い切る

エターナル3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87711/special/


佇まいから悲哀をまとったイは、「映画を撮影中、日本の方々が見たらどのような反応だろうかと考えていました。日本の皆様にこそ、気に入っていただけると思っています」と力を込める。そんなイの思いが十二分に映し出された本作は、我々日本人に向けた作品といっても過言ではないだろう。



こんな事を言われたら見ておいてよかった〜と思うわけですよ(≧▽≦)


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 14:36| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

『 ドラゴン・タトゥーの女』(R15)きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜ルーニー・マーラ謎の魅力



ドラゴンタトゥー.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/56065/



こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回はダニエル・クレイグ繋がりで気になる作品を鑑賞してみました
ですが、ですが、ダニエルよりもルーニー・マーラにひどく取りつかれてしまいましたね〜^^これがあの作品『キャロル』と同じ人??と、何度もうなってしまうほどに(≧▽≦)

ルーニー・マーラ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/56065/gallery/17/


私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「サスペンス」
「ミステリー」



監督    デヴィッド・フィンチャー


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


キャスト


ミカエル    (ダニエル・クレイグ)『007/慰めの報酬』『007/カジノロワイヤル』
リスベット   (ルーニー・マーラ)『her』『キャロル』『マクダラのマリア』


あらすじ

月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪(しっそう)事件の調査依頼が舞い込む。連続猟奇殺人事件が失踪(しっそう)にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。
シネマトゥデイより



感想



冒頭でもコメントしましたが、ルーニー・マーラの七変化というか演技力の素晴らしさにただただ驚くばかりでしたね〜^^この作品を見るキッカケは最近みた007の影響でダニエルクレイグの作品を観たくなり鑑賞したわけでしたが・・・
いつの間にか彼女に夢中になっている自分がいるではありませんか?(*''▽'')
ルーニー・マーラの素って?どんなの〜?なんて思うわけですね^^


そしてダニエルクレイグも007とは違う現実味を帯びた等身大の男性を演じるわけでして、ふっとラッセルクロウ?なんて思うほどの表情を感じるのですから…それなりの「おじさん」ぽさは、それはそれで魅力的ではありましたが、「タトゥーの女」が強烈なインパクトがあり過ぎで何とも言えない魅力の作品でしたね^^

ダニエルクレイグ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/56065/gallery/14/


ただ、主役の2人が出会うまでが時間がかかり過ぎで内容が本題に突入するまでにちょっとイラッとしてしまうのは私だけでしょうかね〜^^いったいいつになったら2人は関わりをもつのか、どういった経緯で…ってね…ストーリーは日本でいう「横溝正史の推理小説、金田一耕助」のような雰囲気であり、それほど斬新な感じではないのですが、キャストのキャラクターが非常に大きなウエイトを占めているといっても過言ではないぐらいに作品の仕上がりを左右するほどルーニー・マーラが魅力的な演技をしていたと感じます。


そしてドキッとするベットシーンにはリスベットの個性が凝縮されているものを感じましたね。あまりにも唐突過ぎでミカエル(ダニエル・クレイグ)が思う以上に私も驚きを隠せませんでした。余りにも淡々と事を進めていくリスベットの心中を探りたくても理解しがたい‟環境のなせる業”とでも表現するのが的を得ているのか否か分かりませんが…そんな心境になってしまうのです



最後


かなり魅力的なリスベット(ルーニー・マーラ)でしたが、掴みどころのない自由な孤独感を個性として表現する辺りが普通と違って魅力的な一面であった反面、『それは見かけのものだったのか?』と思えるラストシーンに少しホッとする気持ちも否定できない私がいるのです。やっぱり普通の女の子…そしてちょっと切なさがこみ上げてくるワンシーンでもありました^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 23:19| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

『007/慰めの報酬 』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜アクショレベル・どこまでいくの??



007慰めの報酬.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/53186/



こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
鑑賞しました感想を早速アップしてみましたの^^
前作のアクションがパワーアップして戻ってきましたねぇ〜
目を見開いて瞬きすることすら忘れそうでした^^



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「スパイアクション」




監督  マーク・フォースター  



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆
アクション ★★★★★


キャスト


ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)  『ドラゴンタトゥーの女』『007/カジノロワイヤル』
カミーユ     (オルガ・キュリレンコ)
ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)
Ⅿ        (ジュディ・デンチ)


あらすじ


愛する人を失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を追及するうち、新たな悪の組織の陰謀を知る。それは謎の組織の非情な男、ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にして、世界を支配しようとするものだった
シネマトゥデイより


感想



始まるや否やいきなりのハードアクションに、フェードインという展開は全くなく襟首掴まれて作品の中に強引に連れ込まれるという感じのスタートは前回同様で2回目ですから驚きません。カーアクションは当たり前、水上アクション、しまいには小型機を操縦するのですから…なんでもごじゃれ〜〜^^です。
ですが最近目の疲れがひどく(スマホ老眼)瞬きすることを忘れてしまいそうな展開は目の乾燥が気になります(^▽^;)

007慰めの報酬2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/53186/gallery/21/



スマートな会話が魅力の一つのこの作品、ボンドがⅯに対しての表向きの『顔と会話』と相反する『行動』が、手に取るように分かり過ぎるぐらい分かってしまう。それに対してⅯも直球でなくカーブで気遣う言葉かけが「クー(≧▽≦)カッコイ〜〜イ!!」ってなるわけです。ジュディ・デンチが素敵な上司で最高なわけですよ。キレまくっているボンドに手の付けようがないⅯ、こんなシチュエーションがさらにハラハラさせられて面白くなるのです。


前作の続きのこの作品はボンドガールの絡みの要素は過去の記憶と共に『復讐』という形で表現されています。愛する女性を失った悲しみと許せない感情の狭間で揺れる思いが無表情の中にも微妙に感じ取れる描写がいい具合なのですね〜^^
ポーカーフェイスでありながらやるせない想いをいだきつつ自分自身を攻めているボンド。カッコイイの一言で表現するのは無理がある(≧▽≦)


今回の作品のボンドガール的な位置にいるカミーユ(オルガ・キュリレンコ)はボンドとは標的は違うにしろお互いの目的(復讐)が同じ同志のような存在であり、応援してくれる仲間的な存在でもあるのですが、007にはお決まりの美しい女性が必須条件ですから、カミーユも強くそしてやはり美しいわけです^^

007カミーユ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/53186/gallery/7/


最後



前作のボンドの想いをどのように終結するのか?が今回の見どころであったわけですが、彼の想いをカミーユがサラッと代弁してくれたのではないのでしょうかね。まとまらない着地点なのですが、それを『消化できない人間の想いも』ボンドにも持ち合わせているかのような最後でした。そして007のようにシリーズ化する作品はボンドが恋愛をすることがないという設定が魅力の一つなのかと思うわけで、ハッピーエンド的な最後は面白味に欠けるのかもしれません。アイドルが恋人宣言するとマズイみたいな( ^ω^)・・・作戦?(笑)



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 07:00| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

『007/カジノ・ロワイヤル 』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜アクション連続・驚き連発


007.jpg
引用元:ヤフー映画




こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します



2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回の作品はスパイアクション。かの有名な007シリーズですが
初めての鑑賞になります。ショーンコネリーのイメージが強いこの作品は私にとって‟無縁”(^▽^;)のものでしたので、あるレビューを見て、チョット興味が湧いて見てみようかな〜と^^



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「スパイアクション 」




監督    マーティン・キャンベル


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★☆
映像    ★★★☆☆


キャスト


ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)『007/慰めの報酬』『ドラゴンタトゥーの女』
ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)
ル・シッフル   (マッツ・ミケルセン)
Ⅿ        (ジュディ・デンチ)


あらすじ



英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、最初のミッション英して国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、モンテネグロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。
シネマトゥデイより



感想



裏の裏を読むスパイものは大好きですね〜心理状態を読む感覚がスリル満点でドキドキハラハラして興奮してきます^^007は「おっさんクサイ」(笑)イメージが拭いきれず今まで敬遠してきましたが、あるレビューを見て試しに、と思い軽い気持ちで鑑賞したのですが( ^ω^)・・・はじまるや否やアクションの凄いこと目を丸くして見てしまいましたよ^^予想はクールな殺し合いのものでしたから、あんなにド派手な展開になるなんて〜って素直な感想です。


ジェームズボンドがダニエル・クレイグだったから魅力的なものだったのか否か?分かりませんが他の作品3つも早速本日レンタル決定です^^

007.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/33783/gallery/


スパイ作品は肉体派俳優が当たり前の時代なのでしょうかね〜アクションが見どころになればなるほど、必要不可欠な要素の一つなのでしょうね。余談ですが「祈りの幕が下りるとき」のインタビューで阿部寛さんが、体を絞った(減量18`ぐらいだったでしょうか)と、あっさりコメントしていたことに驚きだったのです。
いとも当たり前の事のように言えるスタンスに役者魂を感じますね^^



脱線してしまいましたが( ^ω^)・・・
作品の感想は、やはりボンドガールとの絡みも一つの魅力でしょうか…ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)との最初の任務の為の顔合わせ(列車の中での会話)が非常〜にスマートでありながら、お互いの腹の中の探り合い的な心理をついた内容がゾクゾクしてくるものでしたね。そして個性的なボンドガールが更に作品の深みを増していくのでしょう。綺麗なだけでは物足らない・・・そんな雰囲気の作品なのかと思います。


そしてまた、出来過ぎた人間のような2人なのですが、うなだれながらシャワー浴びる姿が弱い部分をさらけ出している感じで、完璧でない人間の姿を見ているようでグッとくる場面でもありましたね^^




エヴァグリーン.jpg
引用元:ヤフー映画




最後


この作品は続きがあるようで、最後チョット煮え切らない感じで終わる展開なので上映中でなくてよかった(笑)と思うわけです。だって続きが出るまで我慢するのは嫌ですからねぇ〜ジェームズボンドの心の状態がどう変化していくのか非常に気になるところです。
クールで感情に流されないボンドがいともあっさり仕事を辞めてしまうまでになる展開でしたから、次回がとっても楽しみです。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 10:52| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

『エブリシング』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜それは愛と呼べるのか?



エブリシング.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87147/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回のラブストーリーは障害を乗り越えて人生を再スタートするというお話なのですが、衝撃的な事実が明らかになった時、それは愛と呼べるものなのか??(;''∀'')


私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「ラブストーリー」



監督    ステラ・メギー


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★☆
映像    ★★★★★


キャスト


マデリン (アマンドラ・ステンバーグ)
オリー  (ニック・ロビンソン)


あらすじ


生まれつき重病を患うマデリン(アマンドラ・ステンバーグ)は、衛生管理を徹底した家で、医師の母ポーリーンと看護師カーラと暮らしていた。ある日、彼女と同じ年ごろのオリー(ニック・ロビンソン)が隣に引っ越してくる。マデリンは、ガラス越しにオリーとメールのやりとりを重ねるうちに、彼に恋心を抱く
シネマトゥデイより


感想


この作品は、はるか昔(^▽^;)にテレビで見た作品によく似たもので興味を惹かれて鑑賞しました。昔見た作品は滅菌状態の部屋でしか過ごせない主人公が、最後希望を胸に外の世界へ飛び出すというお話。いつ観たか?覚えていないものですが、あのビニールで覆われた異質な空間の映像を鮮明に記憶している自分に驚きます
この作品も、最後同じような展開になるのか?興味深々で鑑賞しました。というか、そうなるのだろうな〜なんて勝手に決めつけて鑑賞していた自分がいました(^▽^;)



ですから終盤にゾッとする展開に驚くことになるわけでして…純粋なラブストーリーは、後半意外な方向に愛の矛先が向かっていって『愛』と呼ぶには不自然なものになり、そしてそれはいつしか『エゴ』としか表現できない類のものに変形している「スリラー作品」ともいえるのかもしれません^^

2エブリシング.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87147/gallery/5/




主人公マデリン(アマンドラ・ステンバーグ)はとても魅力的な女優さんです。美しいというだけでは物足らない表現になってしまうのです。色々調べていくうちに納得しました^^そう彼女は以前見た作品『コロンビアーナ』(過去記事も合わせてどうぞ)で私に例えようのない興奮と感動を与えてくれた少女だったのです。

エブリシング3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87147/gallery/6/




映画を観る中でこういう事があるたび「いつの間にかこんなに成長して私は嬉しいわ〜」とまるで母親のような感情になってしまうのです(^▽^;)
今回に限らず『ヒューゴの不思議な発明』『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(過去記事)のエイサ・バターフィールド もそんな成長を嬉しく感じた俳優なのです。子役だけに留まらず、更に俳優として成長している彼女達を見るととても嬉しくなってきますね〜^^


ヒューゴ.jpg引用元:http://eiga.com/movie/56064/gallery/5/



最後


ゾッとする展開の後マデリンの人生は大きく変わり始めるでしょう。そして希望を胸に可能性が無限に広がっていく人生を予感出来るラストシーンに「あれも愛だったのかもしれない」と思い、いつしか「赦す」日がやってくるのかもしれませんね^^




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 20:43| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする