2018年03月20日

『バーフバリ 伝説誕生 王の凱旋』(R15)きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜インドならではの魅力全開〜^^




バーフバリ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82491/

バーフバリ2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87037/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回はこちらの2本セットでのオススメ映画です。最近忙しく映画を観る時間もとれず、エネルギー枯渇状態です。そんな中私の久々にヒット作をアップしたいと思います^^


私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!


「アクション 」


監督   S・S・ラージャマウリ 


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆
音楽    ★★★★☆



キャスト



シヴドゥ  バーフバリ    (プラバース)      
女性戦士アヴァンティカ   (タマンナー)
デーヴァセーナ       (ラーナー・ダックバーティ)



あらすじ


多数の兵士が、赤児を胸に抱いた老女を滝へと追い詰める。彼女は自分の命と引き換えに、その小さな命を救おうとする。村人に助けられて一命を取り留めた赤ん坊はシヴドゥと名付けられ、たくましい青年へと成長する。滝の上の世界に憧れを抱いた彼はある日、美貌の女性戦士アヴァンティカと運命の出会いを果たす。

ある日、シヴドゥは自分が今や人々の語り草となっている伝説のヒーロー、バーフバリの息子だと知る。彼は父親の家臣カッタッパから父はある人物の裏切り行為により命を落とし、王座を追われたという話を聞く。かつて父バーフバリはカーラケーヤとの戦いに勝利し、国母シヴァガミから王位継承者として認められ……。

シネマトゥデイ より


感想


内容といい、映像といい、ロードオブザリングを思い出させる映画でしたね^^
ですがインド色が色濃く出ていてそれがまた良かったのですね〜そして思うのです…「インドの俳優さんは、みんなこんなにイイ体格をしているのでしょうか」
見とれてしまうぐらい鍛え上げられた体に、終始目を奪われてしまいました(≧▽≦)アハッ!!

バーフバリ7.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87037/gallery/18/


この作品の魅力は多々ありますが、アクション映画なのですがとても映像が美しい、戦闘シーンでありながら荒々しい場面すら優雅な感覚の描写、カメラワーク、映像技術が一種の芸術作品を作り上げているような感じすらするのです。


また、お決まりのダンスシーンはやはり美しいのです。ミュージカルと違った独特の魅力は一度見ると癖になりますね〜^^優雅でありまた甘美、とても不思議な雰囲気を堪能できること間違いなしです。


バーフバリ6.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87037/gallery/12/


そして、主役もさることながら美男美女であり、美しさもさることながら強者であるのです。更に芯のある強さを持つ女性がとても印象的な作品なのです。


バーフバリ4.jpg
引用元http://eiga.com/movie/87037/gallery/8/

バーフバリ5.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87037/gallery/21/


日本の歴史上でもありますが、政治の裏で活躍していたのが女性であった事のように、この作品の大きな中心的な存在はバーフバリを取り巻く3人の女性であったと思えるほどでした。バーフバリのカリスマ的人間性の裏には芯の強い女性の存在は欠かせない、国を背負うものの宿命ともいえる同じ考え方を持つ大きな存在とでもいえますね^^


ただ何故か笑ってしまうことも何か所かありまして〜
いくらなんでもあり得ないよねぇ〜的な…
ですが、妙に納得しながら見てしまっている自分もいるのです^^
その上三流的なカメラワークといいますか、音楽といいますか、2時間もののサスペンスドラマのようなカ所もありまして…
ですが、妙に気に入っている自分もいるのです^^



最後


この作品の最大の魅力は結局のところ『本来あるべき人間の所在』のような気がします。
バーフバリは自分に忠実であり、素直な心のあり方を指し示す手本のような人間像であり、多くの人の心の中にある『本来の自分を映し出している』そんな存在であり憧れの存在なわけです。
彼のように自分自身を表現できるってとても素晴らしい。
魅了的な国王なわけです^^


バーフバリ8.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87037/gallery/16/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 23:11| Comment(0) | 映画 超オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

『グレイテスト・ショーマン』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜グレイテスト・ショーを堪能アレ!


グレイテストショーマン.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86306/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


今年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回は待ちに待った映画を観てきましたよ〜^^
『いい人』以外、代名詞が見つからない主役ヒュー・ジャックマンのミュージカル作品です。



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!


「ロマン
「伝記」
「ファンタジー」


監督  マイケル・グレイシー  



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★
音楽    ★★★★★



キャスト



P・T・バーナム      (ヒュー・ジャックマン)
妻チャリティ・バーナム  (ミシェル・ウィリアムズ)
オペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)
フィリップ・カーライル  (ザック・エフロン)


あらすじ


P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は妻(ミシェル・ウィリアムズ)と娘たちを幸せにすることを願い、これまでにないゴージャスなショーを作ろうと考える。イギリスから奇跡の声を持つオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)を連れてアメリカに戻った彼は、各地でショーを開催し、大成功を収めるが……。

シネマトゥデイより


感想


この作品は映画として観るものではないですね〜^^
お題の通り『グレイテスト・ショー』そのものです。
ヒュージャックマンはミュージカル俳優になりたかったらしいのですが、彼のおかげで新たにミュージカル興味を持つものもいるのですから(私のように^^)ミュージカル俳優と言ってもイイのではないでしょうかね^^

グレイテストショー3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86306/



いきなり『ショー』から始まるスタートに≪目が見開き≫≪頬が緩み≫笑みがこぼれます。そして『人間の声』って、なんて魅力的なんだろう〜とワクワクしっぱなしになりますよ〜 ストーリーはとても分かりやすく、テンポよく進む展開は映画として重視するよりも『ショー』としての魅力を十分満足できるものなので『歌』『音楽』『ダンス』を堪能してください。

グレイテストショー.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86306/



とにかくミュージカルなのでセリフを喋るのではなく『唄う』のですが、全ての役者が歌が上手!!(当たり前でしょってツッコミがありそうですが、なんせ感動屋なもので・・・(^▽^;)
子役の子供達ですら表情が豊かなので驚きをかくせません(≧▽≦)



体に響く音の波動はとても刺激的で何とも言えない心地良さと胸の中心が熱くなる感覚を覚えるでしょう。そして1人1人のメロディーが重なり合ったその瞬間、言葉では言い表せないぐらいの感動に・・・最後エネルギッシュなダンスを魅せられてしまったらイスに座っているももどかしく、イライラしてしまうほどです^^(踊りたくなってくる〜ってね^^)


グレイテストショー2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86306/gallery/8/



唄って、踊って、自分を表現している人を見ると、とても楽しそうで魅力的に見え自分も同じように踊りたくなる衝動にかられます。
こちらの作品もそうでした(過去記事もどうぞ)
『ハートビート』『ピッチパーフェクト』『タップザラストショー』


最後


踊りが得意な人はムズムズ(≧▽≦)と、そうでない方もそれなりに(^▽^;)とても楽しめるショーです。
ぜひ劇場に足を運んでもらいたい作品です^^



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 22:01| Comment(0) | ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

『スリー・ビルボード』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜 重〜い内容ですが後味爽やか


スリービルボード.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87781/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
前評判が気になり、内容が重いのを承知で鑑賞^^
予想外の音楽と共にスタートする展開に少し驚き、最後爽やかな締めくくりにも意外な後味が残る作品でした。



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「ヒューマンドラマ」




監督   マーティン・マクドナー 


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


キャスト


ミルドレッド (フランシス・マクドーマンド)
警察署長   (ウディ・ハレルソン)
ディクソン  (サム・ロックウェル)

あらすじ


ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。
シネマトゥデイより


感想


色々な要素が絡み合う、深く重く濃厚な内容に帰りの車は気分がどんより かな〜なんて予想していたのですが、そんな心配は無用でしたね。


まだまだ人種差別が当たり前の南部なのですね、日本人の私にはなんとも露骨なまでの差別的な言葉に耐え難い想いが多々あり、やるせない気分になる作品でもありました。ミルドレッド (フランシス・マクドーマンド)がとった行動は結局のところ自分の過ちを修正するべく、他人に責任を負ってもらうことでしか解決策を見いだせなかった…ですが、それも現実は何も変わらないのを承知で。


人は何か失敗をした時に、『次はこうしよう』そう思える事なら前進できるのでしょう。ですが、取返しのつかない『命との引き換えの失敗』においては否応なしに‟その時”から抜け出すのは容易ではない。


ミルドレッドも同様で憎むべきは犯人なのに、やり場のない怒りをぶつける場所を間違えてしまったのかもしれない。自分を責めつつ、持て余した感情を広告を出す行為にすり替えて。

スリービルボード2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87781/


ミルドレッドがとった行動は良かったのか?そんな疑問が湧いてくる場面が多々あるのです。子供を失った母親の感情はある程度理解できるものですが、許容範囲を超えた彼女の行動に全て賛成できるものではなかったからです。人種差別をしている警官ディクソン(サム・ロックウェル)を非難しながら、傍から見れば彼女も同じような事をしているのです…


スリービルボード3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87781/



作品の中において正解は見当たらず、結末も見えないままフェードアウトしていくのですが、最後ミルドレッドとディクソンの会話の内容に「道々考えよう」あの言葉の意味がこのドラマの全てを物語っているように感じ、修正可能な現時点で2人がこれからの新たなスタートを前向きに始めようと考えている…そんな気がしてなりませんでした。


最後


自己中心的な行動に気分も落ち込み疲れて帰るようだな〜なんて考えていました。ですが、同じ穴のムジナであるミルドレッドにディクソンが終盤、微妙な変化を魅せるのです『人間としてどうなのか?』怒りと共に生きてきた2人がふと違和感に気づく、少ない会話の中に彼らの変化が見て取れる『和解』そして『受容』…それと同時に私の心配が安堵に変わり、心も軽く、そして爽やかな後味が残るラストシーンでした^^




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 18:04| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする