2019年04月07日

『ビリーブ 未来への大逆転』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜言葉の魔力ふたたび



ビリーブ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89008/

こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


この作品、女性である私にとっては気になるものですから、速攻鑑賞してまいりました^^
女性であるが故に〜的な作品は多々ありまして、そんな中で少なからず今の私にはかなり響く作品でありましたね

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「実話」
「ヒューマンドラマ」
「サクセスストーリー」



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督    ミミ・レダー  


キャスト


ルース・ギンズバーグ   (フェリシティ・ジョーンズ)『博士と彼女のセオリー』
マーティン・ギンズバーグ (アーミー・ハマー)
ドロシー・ケニオン   (キャシー・ベイツ)


あらすじ


貧しいユダヤ人家庭出身のルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)は、必死に努力して名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時在学していた女性は500人中たったの9人で、女子トイレすら設置されていなかった。家事と育児に理解のある夫マーティン(アーミー・ハマー)の助けもあり、ルースは首席で卒業する。しかし女性というだけで法律事務所に就職することができず、大学の教授になる。
シネマトゥデイより


感想


同じ様な作品で私の好きな
『ドリーム』
ドリーム.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86262/photo/

『グレース・オブ・モナコ』
グレース・オブ・モナコ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78313/photo/

があります。
女性であるが故にはだかる大きな壁を柔軟に乗り越えた彼女達は私の大きな希望と憧れの存在になりました。

Rbg85.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89193/photo/

彼女達は、多くの男性に囲まれ性差別的、人種差別的な環境の中それに屈することなく本来の魅力を能力を発揮した人物です。そんな逆境の環境でありながら彼女達を支えていた男性の存在もあったことも忘れる事が出来ません。
今回の作品の中のマーティン・ギンズバーグの様に^^とても素敵なご夫婦なのです。

ビリーブ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89008/

ルースが「これ以上は無理」そう思う時ですら夫マーティンは 『君の夢はこんなことだったのか⁈』そんな問いかけを彼女にぶつける様は、お互いの信頼関係がなせることなのだろう…そんな夫婦関係に羨ましく、憧れを抱いてしまうのでした。

ビリーブ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89008/

映画枠2時間というのは無理があるな〜と思うことが多々ありまして、この作品も例外ではないのですが細かい描写がもう少し欲しいと…
ボヘミアンラプソディーを見て思ったのですが、ラジオで流せる一曲の時間枠、それと同じく人間が集中できる時間があるのもわかるのです、でも作品の展開がアバウト過ぎて背景が掴み切れず状況を微妙に把握できない為に描写が雑に感じてしまうのですよね〜(/ω\)


最後


作品の全体的な流れはありがちな展開なのですが、終盤のルースのスピーチにどんな立場の人間であれ心を動かされない人はいないのではないでしょうか。この『言葉の魔力』に私は憑りつかれておりまして『英国王のスピーチ』『ウインストン・チャーチル』『グレース・オブ・モナコ』にみるように彼らたちの発する『言葉の魅力』に人々は心を鷲掴みされてしまうことになるのではないでしょうか^^

ビリーブ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89008/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします







posted by ゆらり at 09:15| Comment(0) | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

『アジョシ』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜せつなくて・カッコイイ


アジョシ1.jpg

引用元:https://eiga.com/movie/55984/


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!


最近は韓国映画がマイブームになっておりまして( ^ω^)・・・今頃?という気もしているのですが、なぜか日本の俳優さんよりも親近感を感じるわけでして〜飽きるまで見てみよ、と思うわけで…アマゾンプライムで芋ずる式にオススメ映画を観まくっているわけです。
そんなもので、映画館に足を運ばなくなるかな?なんて心配していたのですが、大画面の鑑賞はやはり魅力がありまして、上映開始と共に『あ〜〜やっぱり映画はこうでなくっちゃ!!と興奮する感覚は何度見てもかわりませんね^^


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「アクション」


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督    イ・ジョンボム   


キャスト



チャ・テシク   (ウォンビン)
ソミ       (キム・セロン)



あらすじ



2010年に韓国で公開され、その年のナンバーワンヒット作となり、韓国のアカデミー賞ともいうべき大鐘賞で主演男優賞を受賞したほか、計8部門にノミネートされたアクションムービー。心に闇を抱えながら生きる男と、彼と心を通わせる少女のドラマが展開する。主演は『母なる証明』のウォンビン。『冬の小鳥』で絶賛された子役キム・セロンが少女を演じる。ウォンビンが鍛え上げられ肉体で披露する本格アクションも見どころだ。
シネマトゥデイより


感想


マイブームのキーワードは『韓国』『アクション』『カッコイイ』でありまして。アクションでも残虐な殺しのシーンは苦手なので、この作品もしばらく躊躇しておりましたが、意を決して鑑賞してみました。結果ビンゴで^^ちょっとキツイ所も多々ありましたが作品の出来に大満足。レオンよりも私は高評価でしたね〜アジア圏ということもあるのでしょうか、感情移入がしやすかったのでしょうか微妙なニュアンスが理解しやすく親しみすら感じるほど…



主人公のチャ・テシク(ウォンビン)の少し「綺麗めな顔」が役柄の人格を中和してくれているようで、ひどい奴に思えないそんな効果を感じるものがありました。こんな主人公を演じるのは、顔よりも渋めの個性際立つ俳優さんが演じそうな役柄なのかもしれませんが、髪を切った後のギャップがあってなかなかよかったのではないかと、少しニヤリとしてしまいました( ̄▽ ̄)

アジョシ3.jpg


アジョシ4.jpg

残虐な殺しの場面で、ありがちなパターンでは、冷淡な表情で切り刻むその人間の顔は『魂のない無表情で機械的な』それなのですが、なぜかウォンビンの場合その顔の中に、かすかに人間を感じるものがあるのです。それは可愛さを感じる彼の瞳にそんな魅力があるのかもしれません。またチャ・テシクの過去を知ることが出来る内容に、彼の普通の人間らしい一面を見る事でそう思わせているのかもしれないのでしょうね


アジョシ7.jpg


そして外せないのは、もう一人の主役 ソミ(キム・セロン)彼女の存在はかなりのウエイトを占めるかと…最初の1秒で、彼女の顔に・表情に・雰囲気に・目を奪われることになるなるでしょう。子役なのに〜参りましたよ〜( ̄▽ ̄)

アジョシ6.jpg



最後


この作品の感動するシーンは終盤3回ありまして、2つはテシクとソミが抱き合う美しいラストシーンに誰もが感動することでしょう。そしてもう一つ、何気に映る目玉をくり抜かれた死体を映すワンシーン・・・あの目玉の主は・・・???
『残虐な彼』の心を動かしたのは、やはりソミだった?
『子供と、動物には勝てない』ということを聞いたことがあります…ですがこの作品はそんな事を抜きにして子役キム・セロンの印象は強く残るそんな女優さんでした。

アジョシ2.jpg

アジョシ5.jpg



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします







posted by ゆらり at 01:24| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする