2020年11月09日

PG12『 密偵』 (2016)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜疑うべきは敵か味方か


密偵.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86017/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
1920年代の朝鮮半島を舞台に、日本統治下の主要施設を破壊するため爆弾を運ぼうとする団体と、警察との攻防を描くサスペンス。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「サスペンス」    


物語    ★★★★☆彡
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督  
 
キム・ジウン

キャスト

朝鮮人の日本警察官  イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)
『パラサイト 半地下の家族』PG12『タクシー運転手』
密偵1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86017/

義烈団のリーダー    キム・ウジン(コン・ユ)
『サスペクト 哀しき容疑者』
『新感染』『男と女』『82年生まれ、キム・ジヨン』
密偵4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86017/

義烈団の団長    チョン・チェサン(イ・ビョンホン)
『それだけが、僕の世界』『エターナル 』『MASTER 』『インサイダーズ』
密偵3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86017/

東部長              (鶴見辰吾)
密偵2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86017/

ハシモト             (オム・テグ)
密偵5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86017/

あらすじ

日本統治下の1920年代の朝鮮半島、朝鮮独立運動団体「義烈団」を監視する特命を受けた朝鮮人の日本警察官イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に近づく。一方、義烈団は主要施設を破壊するため爆弾を京城へ輸送する作戦をひそかに進めていた。義烈団と日本警察の諜報(ちょうほう)戦が展開する中、爆弾を載せた列車は京城に向かい…。
シネマトゥデイより

感想

この作品のキャストはそそられますよね〜私の好きな俳優ばかりで^^

中盤まで、内容は十分すぎるといえるぐらい、不満もなく展開していく中で、義烈団団長としてイ・ビョンホンが登場するや否や作品に重厚さが追い打ちをかけてやってくることに、驚きを隠せません。

コン・ユとソン・ガンホが緊張感のある演技をしている中、下手な役者は使えないのかもしれませんが(≧▽≦)一人の人間の存在感がここまで影響するのか?と感激してしまうのであります。

作品が一回り、いや二回りといえるぐらいグレードアップする感覚です^^
その人の持つオーラとでも言いますか、周りの空気がガラッと変わるわけですから…配役って重要ですよね〜(^ω^)

そんな意味では脇役でありながら、ハシモトの存在感はすこぶる良かったですね
日本の統治下という設定なので、みんなたどたどしい日本語を話すのですが、演技を超えた表情がそれすらもひっくるめてリアルに感じられる状況を作り出していました。主役の大物俳優と対等に渡り合っていたと評価をしたいぐらいです。

密偵7.jpg
引用元:https://eia.com/movie/86017/gallery/7/

作品は、密偵という題名なので内容は9割把握できるのです。がしかし『密偵』とは何を基準に考えたらいいのだろう…
はたして何に対しての密偵なのか?誰が密偵なのか?
そんな疑問が作品を面白くさせてくるのです。

主人公の状況が刻々と変わる事で、揺さぶられる心の動きが手に取るように分かってしまうわけで、次に取る行動がどんなものか?作品にどんどんのめり込んでいってしまう事になるでしょう。

敵対するイ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)キム・ウジン(コン・ユ)の駆け引きが見どころです。ハラハラドキドキしながら次の手は何だろう?腹の探り合いに鑑賞している私も緊張しっぱなしで疲れました^^

最後

自分自身に偽りなく生きているのか?
何を支えに生きるのか?
信じるものは何なのか?

男達の友情ともとれる『沈黙の約束』

『我らには前進あるのみ 幾度もの失敗を踏み台にして 更なる高みを目指せ』 義烈団


立場を超えた友情 関連作品⇊⇊もどうぞ
 『工作』
工作9.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90883/




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜



posted by ゆらり at 20:45| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする