2017年07月01日

映画紹介ゆらり「オーシャンズ13」豪華キャストが顔をそろえる


オーシャンズ13.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/1924/

「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。

初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します
遠足でのお弁当確認のごとく、映画館では必ずハンカチを用意してからの鑑賞が当たり前。忘れたときの落ち着きのなさは半端ない!!まるでお弁当に箸を忘れた時のようだね^^そんな私が「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでブログを綴っています

私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!

それでは
作品紹介
いってみよ〜う^^



「ロマン」


 物語    ★★★★☆彡
 キャスト  ★★★★★
 ワクワク  ★★★★☆
 スケール  ★★★★☆彡



監督スティーヴン・ソダーバーグ


キャスト



ダニー  (ジョージ・クルーニー)『マネーモンスター』
ラスティ (ブラッド・ピット)
ライナス (マット・デイモン)


あらすじ


カリスマ詐欺師ダニー・オーシャンをはじめ、11人のプロフェッショナルが集まった犯罪チームが騒動を繰り広げる人気シリーズの第3作。
ルーベンが悪名高いウィリー・バンクに裏切られ、そのショックで心筋梗塞で倒れた、ダニー・オーシャンは急遽ラスベガスへやってくる。ルーベンの仇とばかりに昔の仲間と共に『バンクの経営するカジノ強盗計画』を立てる。オーシャンたちは数ヵ月後にある『ホテル“バンク”のプレオープン』を狙う計画を立てるのだが、高性能セキュリティコンピュータ“グレコ”などの最新鋭セキュリティが計画を阻む。さらに、予期していない問題が起こり始め、ついには仇敵、テリー・ベネディクトに協力を求めることになるのだが…


オーシャンズ13-1.jpg


感想


私はこのシリーズ大好きです。マット・デイモンの大ファンとしては、ジョージクルーニー ブラットピット マットデイモン が共演することが最大の魅力かもしれません。それにまして今回は更に豪華キャストで興奮気味でした^^。内容があまりにも現実離れしていて、掘削機で地面を掘る???、天井ぶち抜いてヘリコプターで???って まず『絶対にあり得ないでしょ〜う』という設定からしてコメディを観ている感覚になってしまうほどで。

13オーシャンズ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/1924/gallery/


音楽と共に早いテンポで展開していく作りは実に軽快でワクワクしてきてしまいます。二転三転していく場面展開が拍車をかけてくるのです。極めつけは"想定外の展開"になってしまう場面では 決して 困るわけでなく 深刻になるわけでなく 笑いに変える アメリカンジョークが粋で最高に面白い(≧▽≦)


オーシャンズ13 2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/1924/gallery/18/



水戸黄門や遠山の金さん(かなり古い?)を観ていて「最後 絶対に決まってる結末になるんだよね〜」と同じような気持ちにすらなってくる『結末は大丈夫!!^^』みたいなのりで(≧▽≦) 今氣が付きましたが、水戸黄門が高視聴率だったのには、こんな理由があったのですね。視聴者にとっては裏切らない結末で、安心して見ていられる「アっハッハッハッハッ〜(by水戸黄門)てなかんじでしょうかね(^▽^;)


最後

男同士の悪あがき的な、女性の絡みが少ないのも楽しめる要素なんですよね。変に恋愛感情が絡まなくて、さっぱりスッキリ楽しめる。いくつになっても子供じみている〜感じがまたいい感じで( ^ω^)・・・どんでん返しの連続だが ハラハラせず(ハラハラする裏側には絶対大丈夫が存在するのですがね)に余裕の笑いで観られるとても楽しい映画です。そして最後までちゃんとおちをつけてね




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 07:00| Comment(0) | ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: