2016年11月17日

映画紹介ゆらり「マネーモンスター」ジョージ、ジュリア、ジョディ大物俳優がタッグを組んだ


マネーモンスター.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/84481/photo/



「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた 「映画という素晴らしいものに」感謝します


遠足でのお弁当確認のごとく、映画館では必ずハンカチを用意してからの鑑賞が当たり前。忘れたときの落ち着きのなさは半端ない!!まるでお弁当に箸を忘れた時のようだね^^


そんな私が「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでブログを綴っています
私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)


映画を観る時の参考にしてもらえたら とっても 嬉しい


それでは
作品紹介
いってみよ〜う



「サスペンス」



 ハラハラドキドキ   ★★★★★
 お金の真実      ★★★★☆彡
 物語         ★★★★★
 キャスト       ★★★★★



監督  ジョディ・フォスター



キャスト



リー・ゲイツ       (ジョージ・クルーニー)
番組ディレクターのパティ (ジュリア・ロバーツ)
拳銃を手にした男カイル  (ジャック・オコンネル)




あらすじ




リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)が司会を務め、その巧みな話術で株価予想や視聴者への助言を行う高視聴率財テク番組「マネーモンスター」。番組ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)の指示を聞かず、アドリブ全開でリーが生放送に臨む中、拳銃を手にした男カイル(ジャック・オコンネル)がスタジオに乱入してくる。彼は番組の株式情報によって財産を全て失くしたと憤慨し、リーを人質に番組をジャック。さらに放送中に自分を陥れた株取引のからくりを白日のもとにさらすようパティに迫るが……。
シネマトゥデイ より



感想



女優ジョディ・フォスターの監督としての新たな顔が確立したといっても過言ではないでしょう。今が旬の題材をもとに、今までにない切り口がおもしろい。ジョージ・クルーニージュリア・ロバーツの共演がこの作品を更に魅力的に仕上げているのは明らかかと・・・

マネーモンスター5.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/84481/gallery/5/



人気財テク番組のMCリー(ジョージクルーニー)彼の言葉を信じ大損した投資家カイル怒りのあまり生放送中の番組に株価暴落の理由を明らかにしろとリーを盾に脅迫してくる。株価暴落の裏に隠された真実がありえないことではないだろうと思われる話を更にに「あり得るかもしれない」と観客との距離を縮めリアリティーを感じさせるのである。

マネーモンスター4.jpg
引用元:http://eiga.comい/movie/84481/gallery/2/



途中までは予測できる展開だが、ある情報をキッカケに、リーの話術を含め犯人と人質の関係性が微妙に変わってくる。このあたりからが面白味を増してくるのだが、『サスペンス映画という作り話』でありながら"それ"を問題提起しているのかもしれない…そうおもわずにはいられないのです。^^



最後


今の時代を象徴する『お金の裏事情』を取り上げ本当の真実を知る。観客は考えざるを得ない状況になるでしょう、「人の命の重み お金の重み 果して? 何が真実か?」テンポよく進む流れが実にいい^^一瞬たりとも目を離せないところが例えようのがないスリルを味わえるでしょう。

マネーモンスター3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/84481/gallery/5/



人々(世論)が何を信じるかで「真実」が変わってくる。大勢が支持することが真実にすり替わり、少数派が切り捨てられていく。そしてそれはお金の価値をも変えてしまうことに…情報が氾濫しているこの時代に、どの情報が正確で正しいかなんて正直分からない。



だからこそ自分に必要な情報だけを受け取る技術がスキルが必要になってくるのでしょう。言い換えれば自分に不要な情報をスルー出来る状態の自分が必要不可欠になってくるとおもうのです。それには『自分が本当に必要なものは?』と考える必要が大いにある!と・・・



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


【関連する記事】
posted by ゆらり at 21:59| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: