2017年06月22日

映画紹介ゆらり「トラッシュ!この街が輝く日まで」少年達が世界をも変える


トラッシュ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81186/


「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた 「映画という素晴らしいものに」感謝します


遠足でのお弁当確認のごとく、映画館では必ずハンカチを用意してからの鑑賞が当たり前。忘れたときの落ち着きのなさは半端ない!!まるでお弁当に箸を忘れた時のようだね^^そんな私が「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」そんな思いでブログを綴っています
私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)


氣になった作品をみて元氣になってもらえたらそれだけでHappy〜



それでは

作品紹介
いってみよ〜う

「ヒューマンドラマ」


 物語     ★★★★★
 生きる強さ  ★★★★★☆彡
 キャスト   ★★★★★
 正義感    ★★★★☆彡
 身体能力   ★★★★★


スティーブン・ダルドリー 監督
リチャード・カーティス  脚本


キャスト


オリヴィア    (ルーニー・マーラ)
ジュリアード神父 (マーティン・シーン)



あらすじ


舞台はブラジル リオデジャネイロ。ごみ拾いをして暮らす3人の少年が主人公。ある日少年ラファエロがゴミの中から財布を拾う、その財布には重要なヒミツが隠されているのである。その財布を懸命に探す警察の捜査をくぐり抜けて真実を突き止めようとする、3人の少年達。


感想



ラファエロが震える手に銃を「殺せ!」という声、インパクトがある始まりに目が離せません。また彼らの身体能力の凄さは半端なく、警察官からの逃亡?シーンは凄まじいものがあり、しなやかな身体に目が釘付けになること必至でしょう。更に柔軟な生きる知恵、強靭な精神力 分かりやすく言うとタフなのです。




めげずに生き抜く精神力が半端ないのです。これは実際スラムで育った彼らの凄さ、と言えるのでしょう。そして根っからの明るさを兼ね備えている・・・その日その日を精一杯生きているかれらは、明日の不安など関係ないというように、微塵も感じられません。

リオデジャネイロスラム街.jpg





少年でありながら彼らの行動がブラジルの腐った政治 さらには世界を変えていく・・・『少年は"無力"』と考えがちだが『決してそんなことはない』と思わせてしまうあたり流石と言わざるを得ない。子供の視点で問題を解決する様は弱者ではなく、私達大人が見習うべきところであり作品からのメッセージと受け取れる『自分の行動が何かを変える!』と生きる為の『たくましさ』を強烈に見せつけられ、そして損得勘定で行動をしない彼らの『正しいことだから』この言葉が胸につきささるのです。自分の信じる道を信じ切れる少年達は私達大人よりも大人なのでした。



最後

トラッシュ2.jpg


どこからこのエネルギーが湧いてくるのか少年達に圧倒される。
守るものが出来た時、私達大人は自分を偽らなけれはならなくなることも多々増えてくる。そして大人の弱さが浮彫になってくるのでしょう。ですから、こんな子供の純粋さをただ羨ましくなります。そして頭が下がる思いで勇気ある少年達に敬意を払いたい。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね

最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!おねがいします
【関連する記事】
posted by ゆらり at 07:00| Comment(0) | 映画 超オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: