2017年03月22日

魔が差した?「ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠」守るものは愛それとも??


ジッパー.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/83980/photo/


こんにちは〜映画大好きのゆらりです当ブログにお越しいただきありがとうございます


初めてお越しいただいた方も以前からごひいきにしていただいている方も^^
貴方との繋がりを持てた「映画という素晴らしいもの」に感謝します


私の栄養補給は映画と言っても過言ではありません(笑)
「感動した作品を沢山の人に共感してもらえたい!!」

そんな想いでブログを綴っています


氣になった作品をみて元氣になってもらえたらそれだけでHappy〜


それでは
作品紹介いってみよう^^


将来を嘱望されるエリート検事が娼婦との快楽に溺れるさまを描く官能サスペンス


 「サスペンス」



物語     ★★☆☆☆
キャスト   ★★★★★



監督   モーラ・スティーヴンズ



キャスト



 パトリック・ウィルソン(サム・エリス)
 レナ・ヘディ     (ジェニー・エリス)



あらすじ



政界進出もささやかれる敏腕連邦検事サム・エリス(パトリック・ウィルソン)は、きれいな妻ジェニー(レナ・ヘディ)と幼い息子と誰もがうらやむ理想的な人生を歩んでいた。あるときサムは仕事でさまざまな業界の大物の顧客を抱える高級娼婦の仲介組織の存在を知る

ジッパー2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/83980/gallery/4/


始まりはただの好奇心誰でも1度や2度くらい いやもっとかな?スマホやパソコンをクリックするでしょう(笑)


サムもただの男
なのです 否定はしません。ですが法律をよく知る立場の彼にとって一線を越えてはいけない領域なのです。1回のつもりが抑えきれない欲望と共にセックス依存症にのめり込んでいく様が酒を飲んでストレス発散するがごとく淡々と描かれています・・・

ジッパー3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/83980/gallery/2/



ここまでくると人間 面白いように開き直り善悪の判断 云々よりも惰性で生きているといった表現がピッタリ^^怒涛のごとく快楽の世界にのめりこんでいく (ToT)/~~~



感想



物語の内容はごくシンプルでしたが、ちょっと同じ女性としてそんな選択もあるのね〜?的な私の中には存在しない選択でちょっと驚き〜〜^^でした。


そして ふとヒラリークリントン海老名香葉子を思い出した
なにが自分にとって優先することなのかそれとも 『愛』(笑)なのか?いや 違うだろう〜と私の中で誰かが言った・・・


作品の中でサムは「世間はどうして公務員に厳しいんだ!!」と
私も同感で〜す^^同じ人間 同等に扱ってもらいたいですよねー
お堅い職業は、ニュースでもとりわけ大きく問題視される。そんな枠の中で生きることを承知せざるを得ない世界なのですね。ストレス溜まりますわな〜


最後


ジェニーが言った「たった一人の浮気相手だったら良かったのに恋愛だったらまだ人間味があったのに女を道具みたいに扱って何人の女を相手にしたのよ!!」
この言葉が大きなポイントでしたね〜恋愛なら「離婚」に発展したのかもしれない・・・


恋愛なら良かったとは裏腹にジェーンはサムの『愛を勝ち取った』そんな氣がしてなりません。同じ女性としての立場でモノのように女性を扱うサムに対し『怒り』も本心でしょう。ですが根底にはサムが自分を必要としていることへの安堵感が少なからずあると・・そして自分もサムを必要としているのだと。


人間は自分の価値を時に人に託すもので必要とされ、役にたつことで存在価値を見出せると勝手に解釈しております。これを「愛」と呼ぶにはエーリッヒ・フロムの信者の私には(笑)どうかとおもいますが〜


私の知らない世界では夫の犯罪を妻が承知で、仮面夫婦を装っている。 仮にそう思えば、政治家の中にはお金以外の何かに突き動かされているそんな人もいるのかも(^▽^)と、ちょっとポジティブに考えてみようと(^▽^;)思う作品でした。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



【関連する記事】
posted by ゆらり at 09:52| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: