2017年07月11日

きっと映画が見たくなる!ゆらり「あと1センチの恋」トキメキたいそんな貴方が見る映画


あと1cmの恋.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81054/photo/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。

初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します

遠足でのお弁当確認のごとく、映画館では必ずハンカチを用意してからの鑑賞が当たり前。
忘れたときの落ち着きのなさは半端ない!!まるでお弁当に箸を忘れた時のようだね^^

そんな私が「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」そんな思いでブログを綴っています
私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!

イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う



「ラブストーリー」



物語   ★★★★★
キャスト ★★★★★



監督   クリスティアン・ディッター



キャスト



ロージー (リリー・コリンズ)白雪姫と鏡の女王 (2012)しあわせの隠れ場所 (2009)
アレックス(サム・クラフリン)世界一キライなあなたに (2016)スノーホワイト/氷の王国



あらすじ


ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳のころからの友達同士。自分たちの住むイギリスの田舎町を出て、アメリカのボストンの大学へ進学しようと約束し、二人とも合格するのだが、ロージーは、クラスの人気者クレッグと軽い気持ちで関係を持ち、身ごもってしまう。アレックスはボストンへ移り、ロージーは一人で子育てに奮闘することになるのだ・・・


感想



『ん〜もどかしい!!じれったい恋の行方〜!!』なんだか≪はるか昔≫にもどったみたいにハラハラドキドキしながら見てしまいました〜^^女ってこういうのはいくつになってもいいですね〜トキメキは大事ですからね。
面倒くさいなんて言っている貴方!今からでも遅くないですからね、トキメキましょ!!
って誰に言ってんの?と言われるかもしれませんが、大丈夫です心配ご無用!自分に言い聞かせているのです^^

あと1cm」.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81054/photo/


途中何度も「なんでうまくいかないの?」という場面があり、これは悲しい結末ですか??と脳裏をよぎること数回( ^ω^)・・・
あっ!ここで半分はネタバレしてしまいましたね〜( ̄▽ ̄)
みなかったことで鑑賞してもらえると、たのしさドキドキが味わえますので、記憶から抹消してもらいたい。



だから、こんな展開はちょっとあり得ないかな?なんて想いいながら。
内心は『期待大』だったりするわけです。

ですが、最初のスピーチの場面が理解できずにモヤモヤしながら
終盤までひっぱるのは勘弁してもらいたい(^▽^;)も〜意地悪〜ってな感じです。



チョット意外だったのは、ハグやキッス が日常化している国であっても ”お口にチュー” はやはり特別な関係でないとしないものなのですね〜 ちょっとホッとしてしまいましたね。



映画の中ではやたらと会ったその日にベットインする展開が多すぎて、
「こんなのが当たり前なのね」って思っていたので 
プラトニックまではいかなくても彼氏と彼女の関係は線引きがあるのだな〜
なんて妙に納得してしまうのでした。



そしてシングルマザーのイメージって、日本ですとあまりよくない?
というか明るいものではないのですが、そこがとても前向きな感じの描写で描かれていてとても好感度UPでしたね。幼馴染の代理パパなんて普通あり得ない設定でしょ?って感じですから。
出来ちゃった出産も、昔の後ろ指さされる暗〜いものではなくなってきているのが
とっても微笑ましく見えてしまうのです^^



最後


12年間もすれ違い恋をしてきてしまうと、最後は明確な恋の方向が分かるでしょうね〜心の声がうるさいぐらいに聞こえてくるのでしょうから。もう自分を偽れない状況がよくわかる^^遠回りしたようにみえて、そうでもかかったと思える時があるはず( ^ω^)・・・


最後は何ともニクイ感じの終わり方で「トキメキ」は完璧なものに^^



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜



最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったっら
ポチっといいね!お願いします

【関連する記事】
posted by ゆらり at 22:32| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: