2018年04月08日

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜まるで本人??



チャーチル.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/88218/photo/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回はアカデミー賞受賞作品のご紹介
メイクアップで別人になったゲイリー・オールドマンの活躍を
観てまいりましたよ〜^^



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「伝記」
「時代」
「実話」


監督    ジョー・ライト


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


キャスト


ウィンストン・チャーチル  (ゲイリー・オールドマン)
チャーチルの妻       (クリスティン・スコット・トーマス)



あらすじ



第2次世界大戦勃発後、ナチスドイツの勢いはとどまることを知らず、フランスの陥落も近いとうわさされる中、英国にもドイツ軍侵攻の危機が迫っていた。ダンケルクで連合軍が苦戦を強いられている最中に、英国首相に着任したばかりのウィンストン・チャーチル(ゲイリー・オールドマン)がヨーロッパの命運を握ることになる。彼はヒトラーとの和平か徹底抗戦かという難問を突き付けられ……。
シネマトゥデイより



感想


鑑賞前はアカデミー賞受賞作品ということで、ゲイリー・オールドマンの演技うんぬんよりもメイクアップの技術を期待してしまう自分がいるのですね〜^^
そして『つぎはぎ』のない高度なメイクアップ技術の素晴らしさに驚き、それに違和感を感じさせることないゲイリー・オールドマンの演技に関心させられる事、間違いなしですね〜^^
鑑賞しながら彼の素顔を脳裏で思い出す作業をする自分がいるのです(≧▽≦)
「あれ?オールドマンってこんな顔だったよね?」って、確認作業を( ^ω^)


歴史上に名前を残した人物はやはりなにかしら芯なる強さを持っている人が多いわけでして、チャーチルも例外なくそうであったのでしょう。運が良かったといわれる事もしばしばありますが、それはその人が引き寄せる強運なのだろうと感じてしまう自分もいるのです。


歴史上の偉人を演じたゲイリー・オールドマンですが、メイクの凄さもさることながら「メイクをしている」事すら観客に忘れさせてしまうほどの演技は流石としか言いようがないのですね〜^^年老いたチャーチルの話し方、太ったチャーチルの歩き方、上目遣いの表情。すべてが演技なのだという感覚で鑑賞をしていない私がいるのです。


チャーチル2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/88218/gallery/6/



そして今までにそんな俳優を沢山見てきたな〜なんて思うわけでして…
リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)や、サッチャー(メリルストリープ)
もやはり、リンカーンでしたしサッチャーでした(^▽^;)
ですから、ある意味そんな役をこなせる彼らは偉人なのかもしれません。



この作品の主人公のはチャーチルであり、英雄と称される人物像にしあがっていますが、私個人的な感想としては『戦争』とは愚かな行為なのに何故人は学ばないのか…痛感する思いです。ヒトラーから救った・・・確かにそんな見方をすることもあるでしょう、ですが犠牲となった当事者からすれば、はたして・・・?


最後



チャーチル3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/88218/gallery/

なんとも切なさがこみ上げてくる作品でしたが、いやまてよ??
チャーチルは『言葉を武器』に人々を一つにまとめ上げ見事成果を出すわけです。
そうなんです、ミサイルや拳銃を武器にせずとも『平和を願う想い』を言葉に変え『世界を変えていく』手段をチャーチルは見事見せてくれた、そう思えるだけで未来を明るく照らせるのではないかと心なしか気分が軽くなる思いで微笑ましくなるのでした。ポジティブシンキングですね(≧▽≦)




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 22:54| Comment(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: