2019年09月19日

『きみが心に棲みついた』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜完璧すぎる最低男「星名漣」



君が.png
引用元:http://www.tbs.co.jp/kimisumi/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
原作はマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」  
「ラブストーリー」


物語    ★★☆☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆
 


キャスト

小川今日子 (吉岡理帆)
星名 漣  (向井理)  『怪物』
吉崎幸次郎 (桐谷健太)

君が2.jpg
引用元:https://thetv.jp/

あらすじ

同じ大学の先輩と後輩の間柄だった小川今日子 キョド子(吉岡里帆)と星名漣(向井理)。心の居場所がどこにもない今日子を受け入れてくれるただ一人存在だった星名漣。大学を卒業して星名との関係を断っていた今日子の前に突然仕事の上司として姿を現した星名だが・・・


感想

向井理続きで思わず見続けてしまいました(^.^)/~~~
序盤『すっごくすっごく気持ち悪い展開』で本気で「吐きそう」『も〜〜やめよう‼』と思いながら・・・ズルズルと最後まで見てしまいました(*´▽`*)


最近アップした記事にもあるように、向井理の演技にそそられるのです。
4.jpg
引用元:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1941

『怪物』でもかなり魅力的でしたが、今回もそれと同じぐらい冷淡な星名漣を演じていることに「大満足」なんです^^

「反社会性パーソナリティ障害」(サイコパス)にも似ている彼の思考は視聴者をイラつかせ怒らせる「なんてやつ!」そんな言葉を発したくなるぐらいに…落ち着いて見ていられない、そんな心理状況になってくるから困りました(*´Д`)

君が3.png
引用元:http://www.tbs.co.jp

それと同時に小川今日子(吉岡里帆)の挙動不審の女の子の異常なまでの病的『依存症』本気で吐きそうになるぐらい気持ち悪くなったことに、自分でも驚くほど
私には考えられないキョド子(小川今日子)の思考回路にかなりイライラさせられる〜これも困ったものです。


ラブストーリーと言ってもいいのですが、それだけではしっくりこないのですよね心の闇がバックグラウンドに大きく存在していて…


以前、人間の脳の誤作動とも言える話を聞いた事を思い出した。心理カウンセラーにクライアントが「恋をしている」と錯覚を起こすことはよくあること、精神的に追い詰められた人間によくある状態だ。

そんな究極の依存状態がキョド子なのでしょうかね。思い込みは恐ろしい、周りからすればなんで?と思うことがが、自分では見えない世界に、違う世界があることすら気づかない。


ですから吉崎幸次郎(桐谷健太)が、と〜ても「いい人」に見えてくる(@^^)/~~~
君が4.png
引用元:http://www.tbs.co.jp

ただ恋には壁が付き物でして、障害を乗り越えて成就する展開が作品を面白くする要因ですから。今後更なる視点を変えて面白い作品が出てくる事をきたいします


最後

最近、俳優さんのどれがホントの顔?みたいな演技を見ると、なんだか嬉しくなってしまいます。
見る側がこんなに興奮するのだから、演じる本人は本当に楽しいんだろうな〜なんて想像してしまうのです。
どんな俳優さんでも予想外の顔を見せてくれることを楽しみにしています^^

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


【関連する記事】
posted by ゆらり at 23:04| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: