2019年10月06日

『新聞記者』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜今この時代・信憑性はどこに?真実は必要か?


新聞記者.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90346/gallery/11/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
東京新聞記者・望月衣塑子の著書を原案にしたサスペンスドラマ。国家の闇を追う記者と若手エリート官僚が、それぞれの正義を貫こうとする。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「サスペンス」

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督   藤井道人

キャスト

東都新聞の記者   吉岡エリカ  (シム・ウンギョン)
内閣情報調査室官僚 杉原拓海   (松坂桃李)   『娼年』
内閣参事官(杉原の上司)多田智也 (田中哲司)

あらすじ

東都新聞の記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、大学新設計画にまつわる極秘情報の匿名FAXを受け取り、調査を始める。日本人の父と韓国人の母を持ち、アメリカで育った吉岡はある思いから日本の新聞社に在職していた。かたや内閣情報調査室官僚の杉原(松坂桃李)は、国民に尽くすという信念と、現実の任務の間で葛藤する。
シネマトゥデイより

感想

やっと見ることが出来ました〜
こういった作品は何故か気になるもので、近くの劇場で上映されておらず半分諦め状態でしたが、幸運なことに近所の小劇場で上映することを知りやっとのことで鑑賞にこぎつけました^^

いや、わたしが努力したわけではないので、上映情報をを入手することができたことに感謝ですね〜^^

以前見た
『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
ペンタゴンペーパーズ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/88119/photo/

『スポットライト 世紀のスクープ』
スポットライト.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83636/photo/


『スノーデン』
スノーデン.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81862/

を思い出し、こんな危ない内容の作品(笑)を見ると以前経験したような自分の無力感的な気分に苛まれる感覚が思い出される。
休日の朝から酷く重い作品をみてしまったな〜と(笑)わけです。

しかし、これはフィクションであるという自分の中では前提(言い訳)があるためか、少しばかり軽く感じたのか帰りの足取りは思うほど重くなかったことが幸いでした・・・^^

この作品の斬新な感じ…それは映像の切り替え方と音楽の効果は大きく、モノクロ的な映像への切り替えはその場の雰囲気を一瞬にして変え、観客を重く閉鎖的な空間に引きずり込み、男性でしたら、ネクタイを緩め気道の確保をしたくなる…そんな心理状況に追い込まれるかのようでした。

まさに『今』この日本で『あの建物の中で』こんな事が行われている事実があってもおかしくない。リアルタイムで実況中継されていることなのかもしれない。私自身は思い込んでいて、否定できない現状があるからこそ真に迫る面白さがありました^^

東都新聞の記者 吉岡エリカ(シム・ウンギョン)の起用は当たりですね。切込みを入れられるのは日本人としての習慣を刷り込まれたことのない、しかし日本に馴染み深い存在…微妙な立ち位置の持ち主…とてもいい人物設定だと感じるのです。

新聞記者2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90346/gallery/

色々な作品を見てきて言葉の魅力を多々感じることがある。言霊とは別のネイティブでない微妙なイントネーションの違いが同じ言葉でも絶妙なスパイスになって作品を魅了させてしまう。

スパイスと言えば今回の作品の 杉原の上司(内閣参事官)多田智也 (田中哲司)が存在感が半端なく良かった〜あの下からの上目遣いが最高でした^^
新聞記者3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90346/gallery/

一つ注文を付けるとするならば、多田が杉原を目の前にして『これ、お前じゃないよな?』と言う場面……覚悟の在り方がリアリティにかけてるな〜と感じるわけです。記事をリークした時点での、あの軽さがも少しどうにかなっていたらな〜なんて私個人として悔やまれるわけなのです^^

本当に不気味な死の恐怖はこれ以上のものはまだ見ていません↓↓↓↓↓↓
『シチズンフォースノーデンの暴露』
シチズンフォースノーデン.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81884/

最後、吉岡と杉原が横断歩道を挟み、声にならない声で会話をする場面。
あんなのを見せられてしまうと『参りました』そんな気分になるのです。



最後

こんな作品を沢山見てきて思う事 この作品の中でも言っているのですが、真実は結局のところ作り上げられるわけなのです。この言葉をうのみにするわけではなく、現実的に実感します。新聞を読まなくなって久しくなり、新聞の必要性を感じなくなった今こんな作品が出て、SNSでの信憑性は薄く戸惑いを感じてしまいました。

真実を知らなくていい人間が多く、人は他人の事に興味を抱かないのではないか?そう思わざる得ない…気にしている間に次の情報が発信されてしまう今の世の中、一つの事に気を気に止めていられない、そんな風に情報操作されているのかも…

そうだとしたら結局は自分の責任になるわけで、誰でもないリーダーを決めたのは私自身だから・・・なんてタイムリーな問題提起なのでしょうね(笑)

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
【関連する記事】
posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: