2020年02月28日

『初恋』PG12 きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜始まりは余命宣告


初恋4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91189/gallery/28/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
負けるはずのない相手に負けたプロボクサーの主人公が過ごす、アンダーグラウンドの世界での強烈な一夜を描く。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「オススメ映画」
「ラブストーリー」    

物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督   三池崇史  『十三人の刺客』『無限の住人』


キャスト

葛城レオ   (窪田正孝)
少女のモニカ (小西桜子)

初恋5.jpg

大伴 (大森南朋)『ゴールデンスランバー』『BORDERボーダー』『ポテチ』『利休にたずねよ』『寄生獣』

初恋1.jpg

加瀬 (染谷将太)『寄生獣』『海賊と呼ばれた男』
初恋2.jpg

ジュリ (ベッキー)
初恋3.jpg

あらすじ

新宿の歌舞伎町。身寄りのない葛城レオ(窪田正孝)は才能あるプロボクサーだったが、格下の相手に負け、試合後の診察で自身の余命がわずかだと知る。希望を失い街をうろついていたレオは、ヤクザと関わりのある少女のモニカ(小西桜子)を追っていた悪徳刑事の大伴(大森南朋)を殴り倒し、ヤクザと大伴から追われることになる。
シネマトゥデイより

感想

最高にテンション上がりました^^
バリバリのヤクザ映画ですと女の私は引いてしまったでしょうが…題名からして何か惹かれるものを感じ、予告を見て鑑賞決定!(^^)!
結果大満足!!
『十三人の刺客』
十三人の刺客.jpg
引用元:http://movie.prerevi.com/jusanninno-shikaku/

『無限の住人』
無限の住人.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83223/

私の中では高評価の作品でして今回もその評価は同等レベルであったかとおもいます。

今回は無名のボクサー葛城レオ(窪田正孝)が主人公という設定でしたが、ボクサーでしたら上半身を見せられる状態まで鍛え上げるのだろうな〜と筋肉美を期待する気持ちは少なからずありまして(@^^)/~~~

ボクサーがどういう筋肉の付き方をするのか素人の私は知る由もなく(笑)一か月でここまで絞ったのね^^上出来〜なんて浮かれながら鑑賞してまいりました。
そして同時にボクサーとはいえ、ヤクザ相手には苦戦してしまうものなのかしらね〜なんて話の盛り上げ方に疑問を持ちながらも楽しく鑑賞するわけです

ですがありふれた流れは急展開を見せることに、あの状況でスマホを見る?不思議に思いながらも所々に仕組まれている笑いトラップ、にこれはコメディか〜??なんて(笑) 

笑いトラップにまんまとハマり体をゆすりながら爆笑してしまう事数回、早い時間の鑑賞で観客が少なく助かりました(^_^;)


スマホは便利だな〜
占いは当たっていた?
人生そんなに捨てたもんじゃないよな
殴ったことは素直に謝ろう
ヤクザの女は半端なく強い?



怖いものなんてない、どうにでもなれ!!全ての人間がなりふり構わず理性を失い半狂乱する姿は、痛快、爽快、愉快、それ以外何物でもないのです。

大森南朋の期待通りの刑事役 
染谷将太のチャラい軽い話し方のヤクザは意外にもいい感じ(*^^)v
初恋6.jpg

ベッキーの「狂ってる!!」
そんな演技もこの題名のごとく「初恋」であるからなのかもしれません
ベッキー.jpg


主人公の二人を囲む脇役の色濃いキャスティングが、見事に無名の少女のモニカ(小西桜子)の存在を浮き立たせ、ただの「か弱い怯えた少女」という存在に見事にフィットさせたのかもしれませんね


余談ですがボクサー繋がりで私のオススメ映画『ビニー信じる男』
ビニー信じる男.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86034/
も、ぜひ見てもらいたい^^


最後

窪田正孝が撮影についてこんな事を言っている

「彼女(小西)を見ていると十年前の自分に戻れる感じがあった」
何度もテイクを繰り返している小西の姿を見ながら
「俺も昔、全く同じことを言われたから、それを思い出して笑いが止まらなかったよ」

初恋7.jpg


そして以前見たテレビ番組の中でこんな事を言っていたのを彼の姿をスクリーンで目にするたびに思い出すのです

「僕、人見知りで話すのが苦手なんですよね」そう言いながらコミュニケーション能力の低さを見せつけ(笑)俳優としてやっていけるのか否か悩んていたようにも見え、大丈夫かな〜?なんて心配してしまう程だったのです。
ですが結婚までして、先輩として活躍している彼の成長ぶりをみれば心配無用ですね。又、裏側の姿を含め今後の成長を楽しみに期待出来そうです^^


ヤクザ映画が最後こんな安堵感を感じるなんて想像出来ませんでしたが、題名通り心地よい響きと心地よい余韻がのこります^^


かたぎボクサー『葛城レオ』
間違いなく『かっこよすぎ』(@^^)/~~~

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします









【関連する記事】
posted by ゆらり at 23:42| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: