2020年04月18日

『あの頃、君を追いかけた』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜 久々満点★5つ『ザ・青春ストーリー』ラストが秀逸

  

あの頃4.jpg 
引用元:https://eiga.com/movie/78728/   


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
台湾の人気作家ギデンズ・コーが初めて長編映画のメガホンを取り、自身の自伝的小説を映画化した青春作。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「超オススメ映画」
「ラブストーリー」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督   ギデンズ・コー


キャスト


コートン    (クー・チェンドン)
ボーチ     (イエン・ションユー)
アハ      (スティーブン・ハオ)
グオション   (ジュアン・ハオチュエン)
マタカキ    (ツァイ・チャンシエン)

あの頃.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78728/gallery/4/


クラスのマドンナ・チアイー (ミシェル・チェン)
フー・チアウェイ      (フー・チアウェイ) 
あの頃2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78728/gallery/4/


あらすじ

1994年、コートン(クー・チェンドン)は、台湾の地方都市の彰化で中高一貫の高校に通っていた。彼は同じクラスの親友ボーチ(イエン・ションユー)、アハ(スティーブン・ハオ)、グオション(ジュアン・ハオチュエン)、マタカキ(ツァイ・チャンシエン)らとつるんでふざけてばかり。五人は、クラスのマドンナ・チアイー(ミシェル・チェン)に夢中で……。
シネマトゥデイより

感想

始まりはありがちなテクニックから(;^ω^)
あの頃7.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78728/gallery/4/


携帯もない、ひと昔前の日本を彷彿とさせる映像 昔を美しく感じる不思議な感覚…
どこにでもある青春の一コマ、高校生のいたずら、悪あがき、夢もなくただ何となくの日常…何故か微笑ましく美化されて見えてくる^^
現在の若者がどう受け止めるのかは分からないが恋をするものであれば何かしら共感をするのではないでしょうか(*´▽`*)
『恋してくれてありがとう』
あの頃5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78728/gallery/4/


パラレルワールドで仲直りした二人は付き合い始めるわけなのだろう、が、多分きっと障害はやってくる…どんな道を選んだにしろ…
悲観的〜〜みたいなことを言って、って非難されそうですが^^
この作品は若かりしこの2人がたどる道を最終的に美しく終わりに出来るシチュエーションはそこにあると思うわけです。

痛みを伴わないとはもうしませんが、ほろ苦い思い出がちょうどいい…
きっと、お互いがお互いを美しい思い出と共に封印出来る、青春の一コマをモノクロ写真のように『色あせることなく』
あの頃6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78728/gallery/4/

最後


意外にも笑いどころが満載のこの作品
裸体(笑)が多々出てくる割にいやらしさが”0”%裸体で笑えます(@^^)/~~~
風邪ひくよ〜って大阪のお母んかい⁈

ですが、きれいにまとまって見えるのは何故か?
考えてみると映像のトーンが全体的に明るくダークな描写がなかったかな?
そんな気がします。
ネガティブなものの見方がほとんどなく、うじうじ考えないしサラッとしてる^^
とても綺麗な仕上がりの作品でした

そして極めつけはラスト5分の話の流れ

もしあの時、パラレルワールドを選択していたら…
コートンは「後悔」を胸にチアイーとの過去をやり直している自分を回想しながら
彼女と唇を重ねる想いを新郎にぶつける…
一瞬何が起こったのか理解できない状況に頭が真っ白になってしまうでしょう^^

「いいわ」チアイーのあの一言がこの話の結末をとんでもなくキュートにさせてしまうのです。
みんながこぞって新郎に詰め寄るあの状況は既にコメディーの領域
そして最初で最後のほろ苦い思い出になるであろう『その場面』は想像の世界へと

成就しないからこそ『初恋』は いついつまでも美しい…


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
【関連する記事】
posted by ゆらり at 18:00| Comment(0) | 映画 超オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: