2020年07月06日

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー 』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜欲のない男と欲にまみれた男「自分の物は自分で守れ」


人9.jpg

引用元:https://eiga.com/movie/91028/gallery/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

映画化もされた世界的ベストセラー「インフェルノ」の出版秘話から生まれたミステリー。情報漏えいを防ぐため各国の翻訳家たちを完全に隔離した実話を題材に、発売前の小説の流出危機が描かれる。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「クライムエンタテインメント」
「ミステリー」
「サスペンス」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    レジス・ロワンサル


キャスト


出版社の社長エリック・アングストローム  (ランベール・ウィルソン)
9人・2.jpg

アレックス・グッドマン        (アレックス・ロウザー)
9人・3.jpg

カテリーナ・アニシノバ     (オルガ・キュレリンコ)
           『オブリビオン』『007慰めの報酬』
9人4.jpg


あらすじ

9人・1.jpg

ミステリー小説「デダリュス」完結編を世界で同時に発売するため、洋館の地下室に9か国の翻訳家が集められる。彼らは外部との接触を禁止され、毎日20ページだけ渡される原稿の翻訳作業に没頭していた。ある夜、出版社の社長(ランベール・ウィルソン)のもとに、「デダリュス」の冒頭をインターネットに公開したというメールが届く。そこには、指定時間内に金を支払わなければ次の100ページ、要求を拒めば全てのページを流出させると書かれていた。
シネマトゥデイより

9人.jpg


感想

一癖二癖ある私好みの作品でしたね^^
ラストの結末が「これでもか〜」と畳み掛けてくる感じ。終わりなき結末なわけです。後から考えると何回?ひっくり返す?みたいな^^

それは想定内の展開から犯人像を絞り込ませ『思っていたよりも意外性はない展開だな』と思わせ、伏線を匂わせる描写というよりも『全て見せます嘘偽りなく』手品で言えば種明かしを分かやすく見せます。みたいな^^

そして何度となく騙されてしまう展開にどれが本当?

ですが結果、それすらもマジック〜なわけです。

妥当な犯人像は徐々に意外な犯人像になり、脅迫犯人が殺人事件を解決する展開に発展していく…

ここで伏線とも言える『オスカル・ブラックに会わせてほしい』はほんの一瞬脳裏をかすめただけで強く印象に残らない。この『薄っすらかすった感』が絶妙だったな!と鑑賞後に思い出すことになるのです。
まっ!伏線だからそんなものなのでしょうけれどもね!

最後

『私は文学を愛してます』『ページを開けば世界があふれ出す』『風が吹いた 生きようと試みるべきだ』真犯人の目的は果たして何なのか?
『才能があると証明したかった』たったそれだけだったのに・・・
これは、文学を軽視する者への『文学を愛する者たちの復讐劇』といえるのではないでしょうかね。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:13| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: