2020年08月03日

『消された女 』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜国民の意識を変えた・大きな影響力



消された.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88116/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
親族を合法的に拉致した後、精神科病院に強制的に入院させた韓国で実際に起こった、複数の事件をモチーフにしたクライムサスペンス。突如として監禁された女性の衝撃的な体験を描く。

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「サスペンス」
「ミステリー」
「クライムエンタテインメント」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    イ・チョルハ


キャスト

カン・スア            (カン・イェウォン)
消された4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88116/gallery/

テレビプロデューサーのナ・ナムス (イ・サンユン)
消された3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88116/gallery/


あらすじ


カン・スア(カン・イェウォン)は、通りを歩いていると突然何者かにさらわれ、精神科病院に監禁されてしまう。そこでは強制的な薬物投与やむごたらしい暴力が横行しており、彼女は病院で起きたことを手帳に書くことにする。1年後、その手帳はテレビプロデューサーのナ・ナムス(イ・サンユン)に届けられ、手帳に記された内容に興味を持った彼が、カン・スアに会いに行くと……。
シネマトゥデイより

消された2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88116/gallery/


感想

始まって1分もしない序盤、いきなり拉致監禁からのスタートにはビックリしましたね〜それも白昼堂々の、誰が見ても『事件です、事件です』ぐらいの勢いなのがショッキングでした。

消された1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88116/gallery/


人通り少ない裏通りならまだしも、大通りで人の目が多くある状況で。そんな時に起こる事件を通りすがりの他人はなすすべもなく「え?何だったの?今の?」ぐらいの感じの反応しかできないんだ…

人間ってとっさに起こった非日常的な事には瞬時に判断できないんだろうって
『ありえない』現実を受け入れ脳が情報処理するまで少々お待ちください(; ・`д・´)
みたいな(≧▽≦)

監督はインタビューでこう答えています
低予算映画としてスタートしたので、宣伝も大変な点が多くありました。
大量のエキストラも必要でしたし、カン・ イェウォンさんが街中で拉致されるシーンの隠し撮りでは、通行人がとても驚いていました(笑)。


韓国内では 2017 年 4 月に公開され、9 月裁判所から精神保健法第 24 条に関して「精神疾患患者の強制入院は、本人の同意なければ憲法違反である」との判決が下されました。 この法律を変える為には、多くの人の働きかけがありました。
僕は映画監督であってそんなに力のある人間ではありません。でも本作を通して、こういった事に携わる事ができて誇らしい気持ちになりました。
引用元:cinefil

結果的にこんなおまけが付いてくるなんて思ってもみなかったことでしょう。
ですが、映画人としてこんな影響力を持った作品を世の中に送り出せたのなら最高に嬉しい出来事に違いなかったでしょうね(^ω^)


こんな事も言っています
元々の脚本は会話劇としての要素が強く、説明的な部分はかなりあったのですが、それはかなり削りました。

はじめの脚本とは、人権に対する問題を追わせる人物の設定をかえました。もしかすると、見方によっては全てが「嘘」 「狂言」とも思えるわけです。そこに観客はある種の裏切りを感じもするでしょう。だからクライマックスのシーンはスピーディーな編集を心掛けました。
引用元:cinefil

こんな意図があったのですね〜

会話での説明よりも、役者の感情を身体、表情で表現を期待しての制作、それに応えるようにカン・イェウォンは見事に演じきった感じなのです。

ただのノンフィクション的な内容にとどまらず、エンタテインメントとしての面白さがラスト5分に凝縮された作りに…
『え?え?え?〜〜』そして巻き戻して見る事 数回^^
時系列の確認、名前の確認、脳内で情報処理作業がフル回転するわけです。


最後


『ボールペンは持たせない』既に回答が出されていたことに最後になって気づくことに。そして『ノックする人』は誰だったのか?
謎を含むラストシーンに面白さが倍増する事必至でしょう(≧▽≦)


同じ様なクライムエンタテインメント作品⇊⇊も楽しめました^^

ミッドナイト1.jpg
引用元:https://www.amazon.co.jp/

仮面病棟.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91841/photo/

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


【関連する記事】
posted by ゆらり at 21:32| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: