2020年11月18日

『少女は悪魔を待ちわびて 』(2016)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜壮絶な復讐劇・その対価は究極の・・・


少女.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/358323/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
幼いころに父親を殺害され、犯人へのリベンジの機会を15年間待ち続けた少女の執念を描くクライムサスペンス。愛する父を殺された娘の復讐(ふくしゅう)劇の行方を、息詰まるタッチで活写。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「クライムサスペンス」    


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督  
 
モ・ホンジン

キャスト

連続殺人犯ギボム(キム・ソンオ)
少女5.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/358323/

少女ヒジュ(シム・ウンギョン)『新聞記者』
少女2.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/358323/

班長   (ユン・ジェムン)
少女3.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/358323/

あらすじ

連続殺人犯ギボム(キム・ソンオ)は証拠不十分のため、1人だけの殺人容疑で15年間服役する。幼いころ、警察官だった父親を彼に殺された少女ヒジュ(シム・ウンギョン)は、父の同僚たちに支えられながらギボムに復讐(ふくしゅう)する機会を狙っていた。ついに待望の出所日を迎えヒジュが計画を実行しようとした矢先、15年前の事件を思わせる連続殺人事件が起こり……。
シネマトゥデイより


感想

鑑賞開始一分
殺人犯ギボム(キム・ソンオ)のひょうひょうたる表情に一瞬ゾッとする。
無機質な、無感情な、心がない、人間味のない・・・
ですが、肉体改造の姿を見ると納得できることでしょう。
この役の為にしぼったのね〜異様な表情の理由が明らかになるわけです。
子役出身のウンギョンは、本作でスリラー映画に初挑戦。純粋でか弱い少女の一面と、犯人への復しゅうに燃えるダークな面を合わせ持つ複雑なキャラクターを演じ切り、韓国のアカデミー賞と言われる第53回大鐘賞映画祭で主演女優にノミネートされた。

また犯人と対峙するシーンの撮影では、熱演のあまり、相手役の俳優を失神させてしまうハプニングもあったという。

少女8.jpg

一方、ヒジュに追われる殺人鬼・ギボムに扮したのは、「アジョシ」で悪役として存在感を放ったキム・ソンオ。
「アジョシ」
アジョシ1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/55984/

本作では、ミステリアスな男を体現するため、16キロの減量を実行した。

少女1.jpg

予告編は、そんなウンギョンとソンオの鬼気迫る演技をとらえており、ウンギョンは「悪魔が必要なの」と言って不気味な笑みを浮かべ、ソンオは刃物を手に鋭い眼光を放つ。2人の常軌を逸した佇まいが見る者を圧倒する。
引用元:https://eiga.com/news/20170116/16/

観れば観るほど理解できない、尋常でない2人の行動にゾッとするのであります。

序盤、冒頭の裁判判決の言い渡し、判決が下された被告人ギボムが傍聴席を振り返るその行動そのものが「異様な光景」

一方のヒジュも例外ではない、幼い感じのベビーフェイスがそう感じさせているのかもしれませんが、裏と表の顔がないからなのか、淡々とこなす行動に異常な怖さを感じるのです。

よく笑いながら人を殺す殺人犯の作品なんてありますが、表情に伴わない真逆の行動にギャップがありすぎて怖い、まさにそれでした。

最後

さらに、ラストシーン
追い打ちをかけてくる内容に「え〜〜〜〜そうくるの〜〜〜〜??」
想定外の結末が究極の復讐劇に・・・
最後の最後まで気が抜けない・・・
ガツンときて「うわ〜〜〜やってくれるわ〜〜〜」と(笑)
重い内容の作品ですが、映画として秀作であったと思います(*´▽`*)




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 19:58| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: