2020年11月16日

『罪の声』 (2020)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜そして・日本は変わりましたか?それは化石と化した想い・・・


罪3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91122/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

日本を震撼(しんかん)させた事件をモチーフにした塩田武士の小説を映画化。昭和の未解決事件をめぐる二人の男の運命を映し出す。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ミステリー」
「サスペンス」    
「時代」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆

監督  
 
土井裕泰

キャスト

新聞記者の阿久津英士   (小栗旬)
『銀魂』『銀魂2』「君の膵臓をたべたい」『BORDER ボーダー』

罪2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91122/

テーラーを営む曽根俊也  (星野源)
罪1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91122/

俊也の叔父 曽根達雄  (宇崎竜童)
罪4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91122/


あらすじ

新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、昭和最大の未解決事件の真相を追う中で、犯行グループがなぜ脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか気になっていた。一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)が父の遺品の中から見つけたカセットテープには、小さいころの自分の声が録音されていた。その声は、かつて人々を恐怖のどん底に陥れた未解決事件で使用された脅迫テープと同じものだった。
シネマトゥデイより
罪5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91122/

感想

あ、あの事件ね〜 と一瞬昔を懐かしむ自分がいました。
当時、世の中を狐目の男一色に染めた事件。
衝撃的で不可解な後味の悪いものだったのを思い出しました。
そして、その当時の状況にタイムスリップしたかの様な妙な感覚にも・・・

昔を懐かしむのですが、それはとても重苦しい波動のもの
気分がいいものではなく、過去の思い出さなくてもいい部類の想い。
特別に被害にあったわけでもないのに・・何故?と考えると当時の幼い自分には少なからず恐怖を感じる内容だったのかもしれません。

あの当時は情報はテレビのみ、今考えるととても恐ろしい(笑)
情報操作は軽々となせるわけで^^世論の洗脳なんて朝飯前〜なんてね

作品の内容は個人的に高評価に値するものでした。
久々に満足する邦画でしたね^^
内容が一辺倒でなくいろんな方向からの問題提起的な

犯罪者の共犯という状況にされてしまった子供3人のそれぞれの想い、どんな人生を送ったのか?こんな状況から逃げなくなる想いとどう向き合うのか?隠し通すのか?どれが正解なのか?ネガティブ思考のスパイラルループから抜け出すには?

凄く精密な創りの作品でした、細部までこだわりを感じられるように、事細かに分かりやすい。曽根、阿久津の取材内容に、事件の概要がどんどんあぶり出しの様に表面化していく。そして当時の雰囲気、古臭い空気すら感じられるようなリアル感を実感できるものでした。

事件を知らない若者がどう感じるのかは疑問でありますが(笑)
それは昔の家の作りからして漂うのであります。
ひっそりと沈黙の天袋、かび臭い開けてはいけない禁断の扉

マスコミのあり方が非常にありありと問題提起されているのですが、現代においてやはりマスコミだけの問題ではなく、役者からも何かしら言い分はあるのだろうな〜と思わせる辺りとても良かったです。

今までの映画でしたら、編集ね〜みたいな感じだったであろう描写が、『一言物申す』そして両者の意見を聞きながら、そんな考え方もありなんだな。と観客に考えさせる描写が非常に魅力的なモノでした。
罪6.jpg

小栗旬と星野源のインタビューにもありますが

小栗旬
自分は映像作品に出演するとき、少し分かりやすいリアクションを取ってしまうことが芝居のうえで多少ある。源ちゃんと仕事をしてみて、実際の心の中は動いているんだろうけれど、あまり表情で伝える作業をしないというのを目の当たりにして……。自分からすると、とても不安な芝居のはずなんですよ。要は、この人がいま一体何を思っているのか、見ている人にもしかしたら伝わらないかもしれない
見ている方に、想像させる時間を作れるお芝居をされるんですよね」
引用元:https://eiga.com/movie/91122/interview/
インタビュー.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91122/

最後

鑑賞中に何度もこの作品を思い出し、同じ様な空気感を感じるのでありました。

『ロクヨン』

ロクヨン1.jpg


ロクヨン2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/81855/

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 22:30| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: