2020年08月12日

R15『インサイダーズ/内部者たち』(2015)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜正義のタッグ!裏切り者は誰なのか?圧倒される面白さ‼



インサイダーズ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83733/photo/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「オススメ」
「クライムエンタテインメント」
「サスペンス」   


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督  
 
ウ・ミンホ

キャスト

チンピラ アン・サング (イ・ビョンホン)
『それだけが、僕の世界』『エターナル 』『MASTER マスター 』
インサイダーズ7.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83733/gallery/4/

検事 ウ・ジャンフン  (チョ・スンウ)
インサイダーズ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83733/gallery/4/

祖国日報主幹のイ・ガンヒ(ペク・ユンシク
インサイダーズ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83733/gallery/4/

ミレ自動車のオ会長   (キム・ホンパ)

与党新正党のチャン・ピル(イ・ギョンヨン


あらすじ

大統領選を控え、ミレ自動車のオ会長(キム・ホンパ)は与党新正党のチャン・ピル(イ・ギョンヨン)に大金を投じて政治をも牛耳ろうと画策していた。裏でその糸を引いていたのは祖国日報主幹のイ・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。ある日、彼の裏の仕事を請け負っていたアン・サング(イ・ビョンホン)に、極秘の裏金ファイルを回収するよう指示が下る。
シネマトゥデイより


感想

大満足‼面白い‼
序盤つらつらと続く名前の羅列に、「あ〜〜』苦手なパターンだ〜
名前が覚えれれないのですよね〜特にカタカナって意外と読みずらい(≧▽≦)
一瞬やめようか?悩んで…結果最後まで観られて良かったわ!ってなりました。
私が好きな『○○はきっと勝つ〜〜』そんな結末が観られて最高でした。

まず、俳優陣が素晴らしい。違和感がなく、型にハマる面々が流れをスムーズに運んでいく。こんな政治家絶対いるわ〜、こんなやり取りをしながら国民を虫けらのごとく扱うわけね〜みたいな…

特に、祖国日報主幹のイ・ガンヒ。笑みの裏には?何がある?不気味さを感じずにはいられないキャラクターでしたね。
検事との事情聴取のやり取りの中、さすがペンで飯を食っているだけのことはありますね。言葉を操るプロはそうそう簡単に負けを認めない。

そしてみんな、笑いながら『目は笑わない』のです(笑)

インサイダーズ8.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83733/gallery/4/

極めつけは、女性の裸以上に、あんたたちも裸になるのね〜
そして、ゴルフクラブにしては短いでしょ〜(ー_ー)!! 
ですが、リアルに想像できそうなシチュエーションに苦笑いするわけです。
『ありそうだわ〜〜』ってね^^

緊張感のある展開の中にも、ちょっとした笑いがあるのです、そんな描写に少なからず人間味が感じられホッとするわけなんですね^^

あれは多分ガチだった と、思うのは私だけではないはず、ラーメンを吐き出し『火傷するとこだ』(≧▽≦)
子分の女房の誕生日に持って帰らせるケーキを渡す チンピラ アン・サング 

インサイダーズ9.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83733/gallery/4/

見どころはチンピラ アン・サング と検事 ウ・ジャンフン の胸の内
言葉少なで終わる会話、あの言葉をどう受けとるか?(≧▽≦)

インサイダーズ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83733/gallery/4/

地獄まで落とされたアン・サング 反撃はあるのか?
地獄へ蜘蛛の糸は下ろされているのか?
最後の最後まで種明かしをされないままの〜終盤10分間のラストスパート
瞬きすると何かを見逃しそうで…目をそらせない。


男同志の友情、いや、そんな軽いものではなく「ロマン」を感じるのでした

先日みた「工作」も男のロマンが感じられ良かったですよ〜〜

工作9.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90883/

最後

イ・ビョンホンを知ったのは、ターミネーターが最初でしたが、ハリウッド映画で大物俳優の中でアジアの役者が対等に張り合っている姿が衝撃的でした。あれから何年経ったのでしょうか?最近、韓国映画にハマってしまい、彼の魅力に今更ながら気づき始めました。今かいっ!てね(遅すぎますかね〜(笑))



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



posted by ゆらり at 22:19| Comment(0) | 映画 オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

『初恋』PG12 きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜始まりは余命宣告


初恋4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91189/gallery/28/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
負けるはずのない相手に負けたプロボクサーの主人公が過ごす、アンダーグラウンドの世界での強烈な一夜を描く。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「オススメ映画」
「ラブストーリー」    

物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督   三池崇史  『十三人の刺客』『無限の住人』


キャスト

葛城レオ   (窪田正孝)
少女のモニカ (小西桜子)

初恋5.jpg

大伴 (大森南朋)『ゴールデンスランバー』『BORDERボーダー』『ポテチ』『利休にたずねよ』『寄生獣』

初恋1.jpg

加瀬 (染谷将太)『寄生獣』『海賊と呼ばれた男』
初恋2.jpg

ジュリ (ベッキー)
初恋3.jpg

あらすじ

新宿の歌舞伎町。身寄りのない葛城レオ(窪田正孝)は才能あるプロボクサーだったが、格下の相手に負け、試合後の診察で自身の余命がわずかだと知る。希望を失い街をうろついていたレオは、ヤクザと関わりのある少女のモニカ(小西桜子)を追っていた悪徳刑事の大伴(大森南朋)を殴り倒し、ヤクザと大伴から追われることになる。
シネマトゥデイより

感想

最高にテンション上がりました^^
バリバリのヤクザ映画ですと女の私は引いてしまったでしょうが…題名からして何か惹かれるものを感じ、予告を見て鑑賞決定!(^^)!
結果大満足!!
『十三人の刺客』
十三人の刺客.jpg
引用元:http://movie.prerevi.com/jusanninno-shikaku/

『無限の住人』
無限の住人.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/83223/

私の中では高評価の作品でして今回もその評価は同等レベルであったかとおもいます。

今回は無名のボクサー葛城レオ(窪田正孝)が主人公という設定でしたが、ボクサーでしたら上半身を見せられる状態まで鍛え上げるのだろうな〜と筋肉美を期待する気持ちは少なからずありまして(@^^)/~~~

ボクサーがどういう筋肉の付き方をするのか素人の私は知る由もなく(笑)一か月でここまで絞ったのね^^上出来〜なんて浮かれながら鑑賞してまいりました。
そして同時にボクサーとはいえ、ヤクザ相手には苦戦してしまうものなのかしらね〜なんて話の盛り上げ方に疑問を持ちながらも楽しく鑑賞するわけです

ですがありふれた流れは急展開を見せることに、あの状況でスマホを見る?不思議に思いながらも所々に仕組まれている笑いトラップ、にこれはコメディか〜??なんて(笑) 

笑いトラップにまんまとハマり体をゆすりながら爆笑してしまう事数回、早い時間の鑑賞で観客が少なく助かりました(^_^;)


スマホは便利だな〜
占いは当たっていた?
人生そんなに捨てたもんじゃないよな
殴ったことは素直に謝ろう
ヤクザの女は半端なく強い?



怖いものなんてない、どうにでもなれ!!全ての人間がなりふり構わず理性を失い半狂乱する姿は、痛快、爽快、愉快、それ以外何物でもないのです。

大森南朋の期待通りの刑事役 
染谷将太のチャラい軽い話し方のヤクザは意外にもいい感じ(*^^)v
初恋6.jpg

ベッキーの「狂ってる!!」
そんな演技もこの題名のごとく「初恋」であるからなのかもしれません
ベッキー.jpg


主人公の二人を囲む脇役の色濃いキャスティングが、見事に無名の少女のモニカ(小西桜子)の存在を浮き立たせ、ただの「か弱い怯えた少女」という存在に見事にフィットさせたのかもしれませんね


余談ですがボクサー繋がりで私のオススメ映画『ビニー信じる男』
ビニー信じる男.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86034/
も、ぜひ見てもらいたい^^


最後

窪田正孝が撮影についてこんな事を言っている

「彼女(小西)を見ていると十年前の自分に戻れる感じがあった」
何度もテイクを繰り返している小西の姿を見ながら
「俺も昔、全く同じことを言われたから、それを思い出して笑いが止まらなかったよ」

初恋7.jpg


そして以前見たテレビ番組の中でこんな事を言っていたのを彼の姿をスクリーンで目にするたびに思い出すのです

「僕、人見知りで話すのが苦手なんですよね」そう言いながらコミュニケーション能力の低さを見せつけ(笑)俳優としてやっていけるのか否か悩んていたようにも見え、大丈夫かな〜?なんて心配してしまう程だったのです。
ですが結婚までして、先輩として活躍している彼の成長ぶりをみれば心配無用ですね。又、裏側の姿を含め今後の成長を楽しみに期待出来そうです^^


ヤクザ映画が最後こんな安堵感を感じるなんて想像出来ませんでしたが、題名通り心地よい響きと心地よい余韻がのこります^^


かたぎボクサー『葛城レオ』
間違いなく『かっこよすぎ』(@^^)/~~~

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします









posted by ゆらり at 23:42| Comment(0) | 映画 オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

『1917 命をかけた伝令』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜戦争映画…だけど…美しい!



1917.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92086/gallery/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
第1次世界大戦を舞台にした戦争ドラマ。戦地に赴いたイギリス兵士二人が重要な任務を命じられ、たった二人で最前線に赴く物語を全編を通してワンカットに見える映像で映し出す
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「オススメ」
「実話」

物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★☆彡


監督   サム・メンデス 
1917サムメンデス.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92086/gallery/

キャスト


スコフィールド上等兵   (ジョージ・マッケイ)
ブレイク上等兵      (ディーン=チャールズ・チャップマン)
1917-4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92086/gallery/

マッケンジー大佐     (ベネディクト・カンバーバッチ)


あらすじ

第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙(たいじ)する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊が待ち構えていた。
シネマトゥデイより


感想

まず初めに「美しい」と言いましたのは「戦争」が美しいというわけではありません^^

映像は「川が流れるような」「障害物がないと言うか」『スルスル〜』みたいな。ストレスを全く感じる事のない映像美とでも言いますか…
そう全てが主人公の『目線』・・・だから場面はすべて一人の人間が見る映像
彼が見る全てが映る、だからまるで自分が体験しているがごとく臨場感が半端ないわけです。

『それはまるで舞台を見ているかのような錯覚を覚える』

以前見た映画の中にこんな感じの映画がありましたが、思い出せな〜い、あ〜気持ち悪い💦やはりその時も映画に引き込まれる感覚に興奮したのを覚えています。
継ぎ目のない映像が脳みそのスイッチを途切れる事なく入りっぱなしの状態に^^

ワンカットという宣伝文句に誤解しておりましたが、全てがワンカットではないと言う事をパンフレットで知り納得です。
劇場で鑑賞しながら…
「この映像をどうやって撮った???」「え〜どうやって???」脳みそフル回転で考えまくり回答が出ないまま劇場を後にしたわけです(笑)
鑑賞した方の中には、この感想疑問を共有出来る方が一人はいるのではないでしょうかね(笑)

それに、え〜これだけ??って思うわけです^^
何が・・??
そう思いますよね??

コリン・ファースこれだけ?
コリン・ファース.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92086/gallery/

カンバーバッチこれだけ??
カンバーバッチ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92086/gallery/


アンドリュー・スコットこれだけ???
アンドリュー・スコット.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92086/gallery/


マーク・ストロングこれだけ????(笑)彼は少し長かったね^^
マーク・ストロング.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92086/gallery/

ってな感じです^^
1分あった?ってな感じです^^分かりますか?出演時間がたったこれだけ?
みたいな脇を固める豪華俳優陣の贅沢な使い方。
これも鑑賞前に脳みそにインプットされた情報の中に 彼も出る、彼も出る
うわ〜みんな出る〜なんて知っていたから…
鑑賞終了後に『く〜贅沢〜』と嬉しくって笑ってしまいました^^

ですが監督は別の見方をしていました。意外でしたが納得です。
「観客には2人の目を通して新たな体験をしてほしいから、無名俳優を起用した。この規模の映画に無名俳優を使えるのは、逆に贅沢なキャスティングだった」
引用元:https://eiga.com/news/20200220/9/


最後


そして極めつけは、最後の安堵感と共に主人公の心の内面が浮き彫りになっていくあの映像の美しさ、スコフィールド上等兵の顔はお世辞にも美しく見えるものではないのです。疲れ果ててやつれ切っていて放心状態。ですが内面から溢れる優しさの様な、上手く言えませんが。内面の葛藤を一つ手放した 壁を乗り越えた、角が一つ取れた柔らかい顔なのです。
戦争が愚かな行為という基本的な概念云々以前に、最後のワンシーンが強く強く印象に残る『美しい映画』だったのです。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 14:18| Comment(0) | 映画 オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

『パドマーワト 女神の誕生』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜美しさは罪??


パドマーワト.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/13/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

16世紀に生み出され、500年にわたり語り継がれるインド古来の伝記
絶世の美女パドマーワティの噂を聞きつけたアラーウッディーンはメーワール王国に兵を遣わせるが、ラタン・シンの抵抗によって彼女の姿を見ることさえ許されなかった。凶暴で野心を抑えきれないアラーウッディーンはラタン・シンを拉致し、城にパドマーワティをおびき寄せる画策をするが……。
引用元:https://eiga.com/movie/88590/

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「叙事詩」
「ドラマ」


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督   サンジャイ・リーラ・バンサーリー


キャスト


シンガール王国の王女パドマーワティ   (ディーピカー・パードゥコーン)
メーワール王国の王であるラタン・シン  (シャヒド・カプール)
叔父を暗殺した武将アラーウッディーン  (ランヴィール・シン)


あらすじ

13世紀末。シンガール王国の王女パドマーワティ(ディーピカー・パードゥコーン)は、西インドの小国メーワール王国の王であるラタン・シン(シャヒド・カプール)と恋に落ち、ラタンの妃になる。時期を同じくして北インドでは、叔父を暗殺した武将アラーウッディーン(ランヴィール・シン)がイスラム教国のスルタン(王)の座に就く。
シネマトゥデイより

感想

今までに見た作品の中で『美しさ、煌びやか、豪華絢爛』と言えば
この作品『華麗なるギャッツビー』の右に出るものはなかったのです。

ギャッツビー.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/57190/

それは映像の美しさに心奪われ
1週間で3回も劇場に足を運ぶほど虜になってしまった作品なのです。

ですがそれを超えてしまいましたね^^

花が舞うような女性の群舞は美しすぎる
パドマーワト1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/

そして男性の雄々しい力強いダンスに釘付けになること必須です^^
パドマーワト2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/

また、衣装が例えようのないぐらい煌びやかで美しすぎる・・・ため息が(*´▽`*)
それは庶民にはかけ離れた現実からなのか、夢の国のおとぎ話の世界に紛れ込んでしまったかのように異次元空間を体験できるのです。

パドマーワト4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/
パドマーワト3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/

そして私の大好きな『義を見てせざるは勇無きなり』その言葉に集約されることのように、人としてどうあるべきか…そんな考え方が普通である一国主にえ〜らく感動してしまうわけです。突き詰めれば、敵は自分なのだろうな、とつくづく考えさせられる作品でもありました。
パドマーワト5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/

最後

作品は美しさとはかけ離れた昔の風習『ジョウハル』集団自殺や『サティー』寡婦殉死を勧めるかのような描写が問題になったり、わが女神と崇める人々にとってはとても崇高な存在のパドマーワトだから『デモ』が起こり上映も危ぶまれるほど、話題の作品なのです。

ですが私個人の感想としては悲しい結末に嘆く以前に物語の 国王、妃 の心の在り方が真っ直ぐすぎる美しさに感動を覚えるのでした。
そして事の始まりは『美しすぎる王妃 パドマーワト』をわがものにすべく戦いを挑んだ 武将アラーウッディーン だったことを忘れてしまいそうになると同時に、いつの時代も なんて人間は愚かなのだろう!と…嘆くわけです。

美しさは罪なのでしょうかね(@^^)/~~~


余談ですが


シンガール王国の王女パドマーワティ   (ディーピカー・パードゥコーン)
叔父を暗殺した武将アラーウッディーン  (ランヴィール・シン)
2人が画面上に一緒に映ることもなく、物語の中では憎むべき相手なわけですが
撮影終了後にご結婚されました^^おめでとうございます
結婚.jpg
引用元:https://www.india.com


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | 映画 オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

『ロクヨン』豪華すぎるキャストに…きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜



ロクヨン1.jpg


ロクヨン2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/81855/



こんにちは!映画大好きゆらりです



当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ミステリー」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督   瀬々敬久  



キャスト



広報官・三上義信 (佐藤浩市) 『怪物』『壬生義士伝』
諏訪       (綾野剛)
美雲       (榮倉奈々)
雨宮芳男     (永瀬正敏)
秋川       (瑛太)
目崎正人     (緒方直人)

あらすじ


わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような誘拐事件に直面し……。
シネマトゥデイより



感想


この顔ぶれを見れば、作品の内容うんぬんよりも鑑賞したくなる〜と思いますがいかがでしょうか?^^
内容はかなり見応えのあるミステリー作品でありましたね。


『ロクヨン』とは…作品の冒頭から「あ〜この意味ね〜」と納得する題名なのですが、この意味は思う以上に安易なネーミングでもなかったと思えるぐらいの、深い意味があるものでした。たった『七日間の出来事』なのですが。


作品を鑑賞しながら、当時の平成の年号を掲げる小渕さんの映像を自分の記憶をたどるように思い出すことで、昭和にタイムスリップしている感覚になるのです。
それはただ映画を鑑賞しているという事だけではなく、リアルに時代の変化を経験した感覚を思い出し、映画の中に見事に自分を浸透させる感覚を覚えるものなのでした。まるで自分が昭和に戻ったかの様な懐かしさと古臭い「昭和という匂い」を感じるものでもありました。


まるで昭和の大事件『三億円事件』を彷彿させるような、はるか昔の出来事のような事件なのです。携帯なんてないし、当時は仕事でもポケベルが主流な時代でしたし、テレビなんかで身代金要求の事件ものは「逆探知の捜査班」がよくでてきたわ〜なんて…懐かしくなるわけです

ロクヨン5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/81855/


作品の感想ですよね^^失礼いたしました

主役の広報官・三上義信 (佐藤浩市)の気迫を感じる演技もさることながら、雨宮芳男(永瀬正敏)の見事な変貌ぶりには驚きを隠せませんね。それもそのはず2週間で14`の減量に成功して『子供を誘拐された父親』『妻に先立たれた夫』の状況を白髪の痩せた姿を見せることで、観客には(雨宮の)今の状況を理解させるには十分なインパクトを与えられたと思うのです。人は人生のあり方でこうも変わってしまうものなのか?と思わせるぐらい『老人』と言っても過言ではないそんな感じなのです。彼の実年齢をうたがいたくなるぐらいでしたからね(; ・`д・´)


ロクヨン6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/81855/

ロクヨン7.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/81855/


痩せられないと嘆いている私には羨ましいことなのですが(^▽^;)映画の世界では
こんな(減量ぐらいの)ことで、もう驚かなくなるのですよ〜
だって役者さんって当たり前のように二桁の減量なんて朝飯前と言わんばかり実践してしまうのですからね〜あっ!これ普通のことなのね〜的な(笑)


最後


作品は父親に焦点を置かれていて、被害者も、加害者も、そして担当刑事も同じ立場の父親なわけです。ですから置かれた状況を共感できる立場であり更に自分に重ね合わせて相手を見てしまう・・・三上は終盤、追跡車両の中で、子供を誘拐された父親、目崎直人(緒方直人)の心情を代弁するかの様に仲間に言い放つ場面に

ロクヨン4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/81855/


それは「代弁」ではなく三上本人の行き場のない感情を吐露する、まさに迫真の演技。圧巻でしたね^^

ロクヨン8.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/81855/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



posted by ゆらり at 22:06| Comment(0) | 映画 オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする