2020年05月31日

『YESTERDAY/イエスタデイ』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜メインは⁇ビートルズじゃない⁈


イエスタデイ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90371/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
自分以外はバンド「ザ・ビートルズ」を知らない世界になった青年の姿を描くコメディー。

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ラブストーリー」
「ファンタジー」
「オススメ映画」
「サクセスストーリー?」
「コメディ」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    ダニー・ボイル


キャスト

ジャック     (ヒメーシュ・パテル)
親友のエリー   (リリー・ジェームズ)
イエスタデイ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90371/


エド・シーラン  (エド・シーラン)
イエスタデイ1.jpg 
引用元:https://eiga.com/movie/90371/

あらすじ

イギリスの海辺の町に暮らすシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)に支えられてきたが全く売れず、夢を諦めようとしていた。ある日ジャックは、停電が原因で交通事故に遭遇。昏睡(こんすい)状態から目覚めると、この世には「ザ・ビートルズ」がいないことになっていた。
シネマトゥデイより

感想

ビートルズがメインじゃない物語、こんなパラレルワールドを想定するなんて『なんて大胆な‼』^^
鑑賞前は主人公ジャックのビートルズの回想的な何かの物語なんだろうな〜なんて思っていたので予想外の展開に横っ腹にボディって感じで、最後じんわりと温かいものが胸元に拡がっていく感じがするのです(*´▽`*)

クイーンの映画『ボヘミアンラプソディー』
ボヘミアンラプソディー.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89230/gallery/30/

こちらの作品一発ノックアウト的な作品でドストライクでしたが、今回の作品は気づかれないように『そっと』ビートルズにラブコールを送っている感じがなんとも憎いね〜と笑みがこぼれるボディ系です(≧▽≦)

数あるパラレルワールドの中から選択できる状況で、ビートルズが存在しない世界に飛び移ってきたことは、彼の人生において『ありえないだろ〜』(; ・`д・´)的な表現が出来るかと思われるわけです^^シンガーソングライターである主人公ジャックにとってはビートルズは神と呼べる、崇拝する存在と思われるからです(≧▽≦)

最初はビートルズの楽曲で自分がここまでビックになるなんて想像しなかったジャックなわけで、人気者になれるなら…なんて、ちょっとの欲がでて盗作する、そんな序盤です。

大好きなビートルズの歌を、悩み、苦しみ、途中泣き崩れそうになりながら歌う姿がとても印象的で正直な彼の姿に好感を持てるでしょう。

イエスタデイ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90371/


イエスタデイ6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90371/


鑑賞している側から見ればビートルズの歌がヒットしないなんてことは想像できない、いや、創られたものであってもそれは想定外ですからね^^ヒットするはずなのですね。

そして、しまいにはエドシーランから『いつか 追い抜かれるとおもっていた、ジャック、君はモーツァルトだ‼』なんて言わせてしまう、ちょっとしたコメディ感を所々に散りばめた作品なんです。

ビートルズを脇役にしながら(笑) エドシーランを脇役にしながら(笑) ジャックを中心に作り上げる作品のレベルは高評価に値するものだと思います。そして何よりビートルズの曲が流れる度に鳥肌が立つ快感を同時に感じられる事に感動するでしょう(@^^)/~~~

最後

鑑賞後きっとあなたは『ビートルズ』を聴くことに…
(#^.^#)

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



posted by ゆらり at 00:31| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

『第3の愛』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜不器用な愛・悲しみの涙真珠のよう


第3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86208/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
『私の頭の中の消しゴム』などのイ・ジェハン監督が作り上げた中国映画。大財閥の御曹司と彼の会社で起きたトラブルの担当弁護士という、反目し合う仲の男女が惹(ひ)かれ合うさまを映す。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ラブストーリー」

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督   イ・ジェハン


キャスト

弁護士ゾウ・ユー        (リウ・イーフェイ)
第3・1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86208/

大財閥の御曹司リン・チージョン (ソン・スンホン)
第3・2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86208/

あらすじ

飛行機の中で泣き崩れている女性ゾウ・ユー(リウ・イーフェイ)と出くわした、大財閥の御曹司リン・チージョン(ソン・スンホン)。それから数日後に彼女と再会を果たし、別の日にも建設作業員の労災金をめぐる騒動の担当弁護士としてユーが会社を訪ねてくる。そうした偶然を重ねながら、二人は心を寄せ合うように。チージョンは彼女を運命の相手だと強く感じていたが、ユーはその思いを受け止めながらもどこかためらいがちで……。
シネマトゥデイより

感想

今日も楽しくほろ酔い気分でアップしています。誤字脱字がありましたら、ご容赦ください^^最近、『愛に飢えている』私は、鑑賞後幸せ〜(*´▽`*)と感じることに焦点を当てて映画鑑賞をしています。
共感できないぞ〜なんて思われる方もいると思いますが、今日は当たりじゃなかったな〜と軽くスルーしていただけたら幸いです^^

では早速、感想を・・・
『私の頭の中の消しゴム』を見ていただけたなら分かるかとおもいますが、監督色がよく出ていますよね〜
女性視点で、物腰が柔らか、憎しみを感じさせない描写が苦痛を感じさせません。

平たく言えば内容はありがちなモノで、王道的…ですが、いいかえればいつの時代も求められている物はあまり変わらないのかもしれないということですね〜^^
時代は移り変わるですが、共感する、憧れる対象はそう変わらないのかもしれませんね〜ハートを射抜くのはいつの時代も変わらない、そう言えるでしょう。

主人公は美男美女、お決まりですが美しい2人はお似合いなのです。不器用で一途な男の愛は、面白いように女性のハートを刺激するわけです^^憧れの対象はクールで美しくスマート。

作品の仕上がりはラブロマンス。バックミュージック、交わす言葉、身のこなし。仕上げの為の前置き全てが高揚感を感じさせる描写。
美しさが際立つためか、女性であれば悲観する以前に夢の中に迷い込んだように陶酔してしまう事、まちがいないでしょうね〜

だから、結末がどんな状況でも美しい。
いや、夢の中から醒めた現実はあまりにも悲しく、そして、だからこそ美しい。
辛い現実よりも、美しい思い出で終わる恋の想い…


最後

第3・3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86208/

君のために…と作った歩道橋で泣き崩れるゾウ・ユー 
『歩道橋プロジェクト ゾウ・ユー橋』
 
飛行機の中、安物のスカーフを握りしめて男泣きするリン・チージョン
『あなたが巻くと、高級品になるわね』

2人の涙がどうしようもなく美しい。
初恋の失恋で流す涙のような、まるで真珠を思わせるかのように…


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:05| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

『マチネの終わりに』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜大人のためのラブロマンス


マチネ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ラブストーリー」    


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督    西谷弘


キャスト

ギタリスト蒔野聡史           (福山雅治)  『三度目の殺人』
マチネ7.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

小峰洋子           (石田ゆり子)
リチャード新藤 洋子の婚約者 (伊勢谷友介)『十三人の刺客』『利休にたずねよ』
マチネ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

三谷早苗  蒔野のマネージャー(桜井ユキ)
マチネ6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

あらすじ

パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は洋子へ愛を告げる
映画comより


感想

久しぶりです、大人のラブロマンス・・・

時間の長さが切なく感じ、自分はどこへ行くのか?
そんな疑問をだれに問うのか?行き場のない怒りを抱え込んだまま送る日常…
非情にも穏やかな日々は淡々と過ぎていく…自分の意志とは裏腹に…
何に対して後悔すればいいのか正解はどこか?
何が原因でこうなってしまったのだろう?

こんな表現で伝わるか?疑問ですが^^ざっくりと言えばこんな感じ??(@^^)/~~~

福山君の作品を見る度に若かりし頃の彼の演技を思い出しほくそ笑んでしまいますだいぶ落ち着いた「大人の」男性になったものだな〜
なんて思うわけでして(*´▽`*)

今回の役どころはギタリストなわけですが、自分が自分を演じるかの如く、興味のそそられる役柄なのです

アーティストであるならば、多かれ少なかれ通る過程であることは推測されるスランプという通過点を、思いもよらない女性との出会いを交え、まるで青年が経験する様な恋愛に直球勝負で挑む様には少々驚きと斬新さ、そして少なからず嬉しさをかんじるのでした

マチネ3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

会ったその日に惹かれあう二人は多くない会話を交わしながら、相手を好意的に見ている…そんな視線の絡み合いが微笑ましく見え、小峰洋子に婚約者が居ることさえも余計な事実と錯覚をしてしまいそうに思えてしまうのでした。

それはギタリスト蒔野がギター意外の何物にも興味を示さないかの様なそんな背景をかんじるからこそ、彼の恋心を応援したくなる、そんな想いにかられるからなのかもしれません。本気になれる女性に会うことがなかったかのように…

小峰洋子もしかり、リチャード新藤は大学の友人からの恋人、からの〜婚約者、結婚相手には申し分ない相手だが、ただ何となく私達結婚するのね…みたいな、そんな時に出会った蒔野は洋子にとって刺激的な存在だったのでしょう。

男の友達にこの映画の話をしたところ、非現実的な話だな〜なんて
冷めたコメントを頂きまして^^やはり女の私は夢見る夢子ちゃん?
なんて思うわけです。

福山雅治も50歳、石田ゆり子も50歳、そして私も同い年だからでしょうか?
ありもしない映画の中の様な恋愛に憧れてしまうのかもしれませんね(*´▽`*)
映画館でも9割が女性でしたよ^^

マチネ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/


こちらもオススメ↓↓↓↓大人のラブロマンス
『ビフォア・ミットナイト』シリーズ
ビフォアミッドナイト.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78158/photo/

最後

この恋の行方が意外なところから動き出す事にちょっとビックリ
そして予想外に感動してしまうとは、私自身驚きました
『もう あなたは自由よ』そんな言葉すら聞こえてきそうなぐらい・・・
ギタリストとしての成功と恋の行方がもたらす二人の笑顔はとても素敵なものでした(*´▽`*)

マチネ1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

マチネ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします






posted by ゆらり at 21:08| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

『月と雷』R15きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜湧き出る監督色

    


月と雷1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86681/




こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品 
私の好きな「花芯」の監督が撮った作品だけに
後味も何とも言えない〜〜イイ感じ〜〜
『ノルウェイの森』などの初音映莉子と『横道世之介』などの高良健吾が主演を務め、角田光代の小説を映画化した人間ドラマ。一か所に定住できない母親とその息子、そして彼らと一時的に同居した男の娘である主人公を取り巻く人間模様を映す。メガホンを取るのは、『花芯』の安藤尋監督。脚本を、『人のセックスを笑うな』などの本調有香が担当する。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ラブストーリ」
「ヒューマンドラマ」



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督    安藤尋『花芯』



キャスト


泰子           (初音映莉子)
直子の息子    智   (高良健吾)『罪と罰』「フィッシュストーリー」               「南極料理人」「まほろ駅前多田便利軒」
東原直子  泰子の父の愛人(草刈民代)

    
あらすじ

幼いころに母親が家を出て行って以来、一般的な家庭を知らずに育った泰子(初音映莉子)は、スーパーのレジ係として働いている。彼女は亡き父がのこした家と職場の往復する毎日を送っていたが、婚約者もいてそれなりに充実していた。だがある日、突然父の愛人の息子である智(高良健吾)が姿を見せたことにより、彼女の生活は一変する。
シネマトゥデイ


感想


草刈民代のはまり役にはビックリです。全く違和感ないのですから嬉しくなってしまいましたね^^
月と雷2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86681/



そしてあの妙な智という素っ頓狂な人間を演じた高良健吾にも大満足です。
あの悪びれる感が全くない智の『声』ありのままの智なのには最初からスッーと抵抗なく受け入れられる雰囲気に”上手いなー”とうなってしまう自分がいました
月と雷5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86681/



作品全体に監督の色を感じるものがあり、掴み切れない人間がこれでもか〜とばかりに容赦なく登場してくるのには、構える術もなく見入ってしまいましたよ^^
月と雷6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86681/


最後


監督色が色濃くでるラストシーン、泰子がほほ笑むあの瞬間 泰子の人生、智の人生、直子の生き方が全てリンクして、怒りすら忘れて笑みをこぼす…私の人生って『しょせんこんなもの…』なんて、諦めではなく「その想い」を越えたまた違う世界を泰子は見ているかの様で、私もほほ笑むわけではなく思わず『ニヤリと笑み』を浮かべてしまいました。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

『寝ても覚めても』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜批判的で正直すぎる愛の形



寝ても覚めても1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87413/gallery/15/




こんにちは!映画大好きゆらりです


当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品 鑑賞後 変わりゆく自分の心の想いは正直でありたいという思いと
また同時に人を傷つける凶器にすらなり得る恐怖が共存する感覚が『天使と悪魔』の様に…

第32回野間文芸新人賞に輝いた柴崎友香の小説を映画化したラブストーリー。突然行方をくらました恋人を忘れられずにいる女性が、彼とうり二つの男性と出会って揺れ動くさまを追う。メガホンを取るのは『ハッピーアワー』などの濱口竜介。主演を『聖の青春』などの東出昌大、ヒロインをテレビドラマ「ブランケット・キャッツ」などの唐田えりかが務める。ヒロインが惹(ひ)かれる二人の男性を東出が一人二役で演じる。
シネマトゥデイより



それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ラブストーリ」
「ヒューマンドラマ」



物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督   濱口竜介



キャスト


麦  亮平 (東出昌大)
朝子    (唐田えりか)


あらすじ



麦(東出昌大)と朝子(唐田えりか)は恋に落ちるが、麦は彼女の前から突然居なくなってしまう。それから2年がたち、彼女は麦との思い出が残る大阪を離れて東京で暮らし始める。ある日、麦と外見はそっくりだが性格の違う亮平(東出昌大)と出会う。麦のことを忘れられないがゆえに彼を避けていたが、一方の亮平はそんな彼女に強く惹(ひ)かれる。亮平と接するうちに彼に惹(ひ)かれていく朝子だったが......。
シネマトゥデイより
寝ても覚めても4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87413/gallery/15/


感想


鑑賞後、一番に浮き上がってきた感情が「常識的でありたい自分」世間体を考える自分(私)のあり方なのであります^^
やはり批判する私もいるし〜、同感する私もいるわけで〜朝子の立場で言えば、忘れられない麦への想いを胸の奥にしまいつつ、亮平と出会うこのシチュエーションに朝子の気持ちは痛いほど分かるわけですよね
だからって、いいのか⁈ってなるわけですが( ̄▽ ̄)
寝ても覚めても3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87413/gallery/15/


実際こんな状況で、普通はよりを戻そうなんてならない流れで、あえて〜〜戻そうとする朝子。自分に正直に生きる彼女を羨ましく思えてなりませんでしたね。
未来に明るい兆しを期待できない現状で朝子の選択する道は一体何??
それは「今」を生きている意外何も望まない、ちょーシンプル
凄まじく自分の想いを明確にした朝子の行動に感激してしまいましたよ〜



又 麦の存在はとても興味深いものですね。
人は自分と違う世界を生きている人に興味を抱くのでしょう。
そして興味をそそられるその時その世界を自分のものと錯覚するわけで
夢の世界にいる感覚でありとても甘美な世界なのかもしれません。
寝ても覚めても2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87413/gallery/15/


浦島太郎の様にしばらくすると『あれ?何か忘れてる?』
だから私は映画を観ながらその夢の世界を行き来しているようにすら感じます^^


最後


最後決してハッピーエンドとは言えない結末に胸の辺りがモヤモヤすることになるでしょう、ですが、このラストシーンが作品に濃厚な深みを増す事間違いないのではないでしょうか^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする