2019年11月15日

『マチネの終わりに』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜大人のためのラブロマンス


マチネ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ラブストーリー」    


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督    西谷弘


キャスト

ギタリスト蒔野聡史           (福山雅治)  『三度目の殺人』
マチネ7.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

小峰洋子           (石田ゆり子)
リチャード新藤 洋子の婚約者 (伊勢谷友介)『十三人の刺客』
マチネ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

三谷早苗  蒔野のマネージャー(桜井ユキ)
マチネ6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

あらすじ

パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は洋子へ愛を告げる
映画comより


感想

久しぶりです、大人のラブロマンス・・・

時間の長さが切なく感じ、自分はどこへ行くのか?
そんな疑問をだれに問うのか?行き場のない怒りを抱え込んだまま送る日常…
非情にも穏やかな日々は淡々と過ぎていく…自分の意志とは裏腹に…
何に対して後悔すればいいのか正解はどこか?
何が原因でこうなってしまったのだろう?

こんな表現で伝わるか?疑問ですが^^ざっくりと言えばこんな感じ??(@^^)/~~~

福山君の作品を見る度に若かりし頃の彼の演技を思い出しほくそ笑んでしまいますだいぶ落ち着いた「大人の」男性になったものだな〜
なんて思うわけでして(*´▽`*)

今回の役どころはギタリストなわけですが、自分が自分を演じるかの如く、興味のそそられる役柄なのです

アーティストであるならば、多かれ少なかれ通る過程であることは推測されるスランプという通過点を、思いもよらない女性との出会いを交え、まるで青年が経験する様な恋愛に直球勝負で挑む様には少々驚きと斬新さ、そして少なからず嬉しさをかんじるのでした

マチネ3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

会ったその日に惹かれあう二人は多くない会話を交わしながら、相手を好意的に見ている…そんな視線の絡み合いが微笑ましく見え、小峰洋子に婚約者が居ることさえも余計な事実と錯覚をしてしまいそうに思えてしまうのでした。

それはギタリスト蒔野がギター意外の何物にも興味を示さないかの様なそんな背景をかんじるからこそ、彼の恋心を応援したくなる、そんな想いにかられるからなのかもしれません。本気になれる女性に会うことがなかったかのように…

小峰洋子もしかり、リチャード新藤は大学の友人からの恋人、からの〜婚約者、結婚相手には申し分ない相手だが、ただ何となく私達結婚するのね…みたいな、そんな時に出会った蒔野は洋子にとって刺激的な存在だったのでしょう。

男の友達にこの映画の話をしたところ、非現実的な話だな〜なんて
冷めたコメントを頂きまして^^やはり女の私は夢見る夢子ちゃん?
なんて思うわけです。

福山雅治も50歳、石田ゆり子も50歳、そして私も同い年だからでしょうか?
ありもしない映画の中の様な恋愛に憧れてしまうのかもしれませんね(*´▽`*)
映画館でも9割が女性でしたよ^^

マチネ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/


こちらもオススメ↓↓↓↓大人のラブロマンス
『ビフォア・ミットナイト』シリーズ
ビフォアミッドナイト.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78158/photo/

最後

この恋の行方が意外なところから動き出す事にちょっとビックリ
そして予想外に感動してしまうとは、私自身驚きました
『もう あなたは自由よ』そんな言葉すら聞こえてきそうなぐらい・・・
ギタリストとしての成功と恋の行方がもたらす二人の笑顔はとても素敵なものでした(*´▽`*)

マチネ1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/

マチネ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89506/gallery/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします






posted by ゆらり at 21:08| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

『月と雷』R15きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜湧き出る監督色

    


月と雷1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86681/




こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品 
私の好きな「花芯」の監督が撮った作品だけに
後味も何とも言えない〜〜イイ感じ〜〜
『ノルウェイの森』などの初音映莉子と『横道世之介』などの高良健吾が主演を務め、角田光代の小説を映画化した人間ドラマ。一か所に定住できない母親とその息子、そして彼らと一時的に同居した男の娘である主人公を取り巻く人間模様を映す。メガホンを取るのは、『花芯』の安藤尋監督。脚本を、『人のセックスを笑うな』などの本調有香が担当する。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ラブストーリ」
「ヒューマンドラマ」



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督    安藤尋『花芯』



キャスト


泰子           (初音映莉子)
直子の息子    智   (高良健吾)『罪と罰』「フィッシュストーリー」               「南極料理人」「まほろ駅前多田便利軒」
東原直子  泰子の父の愛人(草刈民代)

    
あらすじ

幼いころに母親が家を出て行って以来、一般的な家庭を知らずに育った泰子(初音映莉子)は、スーパーのレジ係として働いている。彼女は亡き父がのこした家と職場の往復する毎日を送っていたが、婚約者もいてそれなりに充実していた。だがある日、突然父の愛人の息子である智(高良健吾)が姿を見せたことにより、彼女の生活は一変する。
シネマトゥデイ


感想


草刈民代のはまり役にはビックリです。全く違和感ないのですから嬉しくなってしまいましたね^^
月と雷2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86681/



そしてあの妙な智という素っ頓狂な人間を演じた高良健吾にも大満足です。
あの悪びれる感が全くない智の『声』ありのままの智なのには最初からスッーと抵抗なく受け入れられる雰囲気に”上手いなー”とうなってしまう自分がいました
月と雷5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86681/



作品全体に監督の色を感じるものがあり、掴み切れない人間がこれでもか〜とばかりに容赦なく登場してくるのには、構える術もなく見入ってしまいましたよ^^
月と雷6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86681/


最後


監督色が色濃くでるラストシーン、泰子がほほ笑むあの瞬間 泰子の人生、智の人生、直子の生き方が全てリンクして、怒りすら忘れて笑みをこぼす…私の人生って『しょせんこんなもの…』なんて、諦めではなく「その想い」を越えたまた違う世界を泰子は見ているかの様で、私もほほ笑むわけではなく思わず『ニヤリと笑み』を浮かべてしまいました。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

『寝ても覚めても』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜批判的でそして正直すぎる愛の形



寝ても覚めても1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87413/gallery/15/




こんにちは!映画大好きゆらりです


当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品 鑑賞後 変わりゆく自分の心の想いは正直でありたいという思いと
また同時に人を傷つける凶器にすらなり得る恐怖が共存する感覚が『天使と悪魔』の様に…

第32回野間文芸新人賞に輝いた柴崎友香の小説を映画化したラブストーリー。突然行方をくらました恋人を忘れられずにいる女性が、彼とうり二つの男性と出会って揺れ動くさまを追う。メガホンを取るのは『ハッピーアワー』などの濱口竜介。主演を『聖の青春』などの東出昌大、ヒロインをテレビドラマ「ブランケット・キャッツ」などの唐田えりかが務める。ヒロインが惹(ひ)かれる二人の男性を東出が一人二役で演じる。
シネマトゥデイより



それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ラブストーリ」
「ヒューマンドラマ」



物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督   濱口竜介



キャスト


麦  亮平 (東出昌大)
朝子    (唐田えりか)


あらすじ



麦(東出昌大)と朝子(唐田えりか)は恋に落ちるが、麦は彼女の前から突然居なくなってしまう。それから2年がたち、彼女は麦との思い出が残る大阪を離れて東京で暮らし始める。ある日、麦と外見はそっくりだが性格の違う亮平(東出昌大)と出会う。麦のことを忘れられないがゆえに彼を避けていたが、一方の亮平はそんな彼女に強く惹(ひ)かれる。亮平と接するうちに彼に惹(ひ)かれていく朝子だったが......。
シネマトゥデイより
寝ても覚めても4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87413/gallery/15/


感想


鑑賞後、一番に浮き上がってきた感情が「常識的でありたい自分」世間体を考える自分(私)のあり方なのであります^^
やはり批判する私もいるし〜、同感する私もいるわけで〜朝子の立場で言えば、忘れられない麦への想いを胸の奥にしまいつつ、亮平と出会うこのシチュエーションに朝子の気持ちは痛いほど分かるわけですよね
だからって、いいのか⁈ってなるわけですが( ̄▽ ̄)
寝ても覚めても3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87413/gallery/15/


実際こんな状況で、普通はよりを戻そうなんてならない流れで、あえて〜〜戻そうとする朝子。自分に正直に生きる彼女を羨ましく思えてなりませんでしたね。
未来に明るい兆しを期待できない現状で朝子の選択する道は一体何??
それは「今」を生きている意外何も望まない、ちょーシンプル
凄まじく自分の想いを明確にした朝子の行動に感激してしまいましたよ〜



又 麦の存在はとても興味深いものですね。
人は自分と違う世界を生きている人に興味を抱くのでしょう。
そして興味をそそられるその時その世界を自分のものと錯覚するわけで
夢の世界にいる感覚でありとても甘美な世界なのかもしれません。
寝ても覚めても2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87413/gallery/15/


浦島太郎の様にしばらくすると『あれ?何か忘れてる?』
だから私は映画を観ながらその夢の世界を行き来しているようにすら感じます^^


最後


最後決してハッピーエンドとは言えない結末に胸の辺りがモヤモヤすることになるでしょう、ですが、このラストシーンが作品に濃厚な深みを増す事間違いないのではないでしょうか^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

『ステキな片想い』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜笑がふんだんラブコメディ



ステキな片想い1.jpg
引用元:http://sutekina.brokore.com/#top


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ラブコメディ」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


   

キャスト

      
敏腕プロデューサーのセフン       チョン・イル
ステキな片想い6.png 

少女イリョン       チン・セヨン
ステキな片想い4.jpg

ホ室長                  イ・シオン
ステキな片想い5.png   


あらすじ


大手エンタメ会社のCEOであり、敏腕プロデューサーのセフンは、ひょんなことから撮影の代役を務めることになった少女イリョンをひと目見て気に入り、彼女をどうにかスカウトしようとする。イリョンは芸能界に興味がないと断るが、セフンは諦めきれない。イリョンへの執着がやがて恋心なのだと気づくが、片想いの経験がないセフンはどうやって彼女を振り向かせればいいかわからず、空回りばかりしてしまうが……。
引用元:GYAO!より


感想


韓国ドラマははじめです^^基本ドラマは見ないようにしているのですね〜
なぜって?続きが気になってしょうがなくなってしまうので極力避けるようにしているわけなのです。
だから今回もアマゾンプライムでシーズン1無料の文字に惹かれて(^▽^;)

でも勘違いしてしまったのですよ‼シーズン1って1話分だと思っていてシーズン2は多分有料だからお金払ってまで見たくなるわけないだろう〜なんてね(^▽^;)
シーズン1の中にエピソード10あって全て無料で〜
結果、あらよあらよと全て見る羽目に( ^ω^)・・・
そうコタツに入りっぱなし、スマホを見る事5時間ぶっ続け( ^ω^)・・・


ラブストーリだけど、だけどコメディ要素がこれでもか〜と盛り込まれているこの作品。5分に1回は手をたたき大笑いする面白さ、想像以上に笑ってしまうこと必至でしょうねぇ^^


韓国映画もドラマもほとんど見ない私にとって誰が有名な俳優さんなのか???分かりません、その分先入観的なものがなく十分に楽しめたかと思うわけです。主役のプロデューサー セフン のツンデレも見どころなのですが、何と言っても ホ室長なくては、この作品の魅力は半減してしまうこと間違いなしと言いきれてしまうぐらいの重要な脇役であるわけです。

ステキな片想い8.png

ステキな片想い9.jpg


ストーリー展開はラブドラマの王道「なぜ?そこで言わな〜〜〜い!!」と思うこと数十回(笑)もどかしく、イライラしながら、ドキドキして、胸キュンする女子の💛を鷲掴み〜〜ってな感じとでも言いましょうか?ま〜そんな感じです。
久々に若かりし頃を思い出しながらドラマの時間を楽しんだ次第です。

ステキな片想い7.png


最後


十分にエネルギーチャージ出来ました。だって何もしないでただ座って笑いっぱなしでしたから^^
それにハッピーエンドのラブストーリは予定通りに気分よくほっこりして終わるわけで、良かった良かったって幸せのおすそ分けをいただけますからね〜いいね!に決まってます。



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:18| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

『ビフォア・ミッドナイト』(PG12)きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜飾らない愛がそこにある・・・



ビフォアミッドナイト.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78158/photo/



こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回は前回の続きのサンセットシリーズの感想です。3作目のこの作品の上映段階ではこれが完結とされていたものですが、今現在、次回作があるのではないか?と噂されている事で次の作品を期待してしまう自分がいるので感想もそれなりに書いてしまうかもしれません(ご了承ください^^)



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!
      


『ラブストーリー」



監督    リチャード・リンクレイター



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



キャスト



小説家ジェシー   (イーサン・ホーク)
環境運動家のセリーヌ(ジュリー・デルピー)



あらすじ


パリ在住の小説家ジェシー(イーサン・ホーク)と環境運動家のセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、双子の娘を伴いギリシャでバカンスを過ごすことにする。同時にシカゴでジェシーの前妻と暮らす息子ハンク(シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック)も呼び寄せる。彼らは共に海辺の町で夏休みを過ごした後、ジェシーはハンクを空港まで見送るが……。
シネマトゥデイより



感想




今回もやはり会話の魅力を思う存分感じさせる展開です、登場人物は非常に限られたもので、その中で交わされる内容は人間(男と女)を中心とした哲学的なものであまり興味がない方には退屈と感じてしまうものかもしれませんね^^


人間としては同じ種のものですが、私個人としましては『男』と『女』は別の生き物という認識をしていますので、理解することの方が難しいのでは??なんて苦笑いすらしてしまいそうな会話に「あるある〜〜」とうなずきながら鑑賞していました。


ジェシーとセリーヌどちらの言い分も 正しく正解 なのでしょうし、立場が変われば自分もそう思うのかもしれないと完全に否定しきれないことを想像しうる会話に、笑いすら出てしまうのです。


ですから「な〜んだ、パリだフランスだロスだニューヨークだなんて言っても、お国が違えどみんな考えている事(悩んでいる事)なんて大差ないのね〜」と親近感が湧いてくるのです。


そしてその悩みをどう解決していくかが、その人それぞれの持ち味で人生をどう充実させることが出来るのか、腕の見せ所なのかも・・・と、ですからジェシーの会話術に、ある意味微笑ましく魅力を感じずにはいられないラストシーンでした。

ビフォアミッドナイト2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78158/gallery/3/


最後


愛の金字塔的な表現が多いこの作品ですが、結局のところ現実は若き日の熱く燃え上がる愛だけでは語れない。
『どんな君も丸ごと受け止める』そんな時と共に移ろいゆく『愛の形』を真っ正面から描き、更に一回り大きな『愛の形』を描き切った。そんな作品なのではないかと思います。
2人の愛成長の記録・・・そんな副題が付けられそうな感じです^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:44| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする