2020年12月07日

在りし日の歌 (2019) 地久天長/SO LONG, MY SON きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜予想を反する・静かなる幸福 これは反則だ〜


在りし日5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90723/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
1980年代から2000年代にかけて中国激動の時代を駆け抜けた1組の夫婦を映し出す。夫婦を『見えない目撃者』などのワン・ジンチュン、『黒衣の刺客』などのヨン・メイが演じ、第69回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で最優秀男優賞と最優秀女優賞を獲得した。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」
「時代」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆

監督  
 
ワン・シャオシュアイ

キャスト

ヤオジュン(ワン・ジンチュン)
妻リーユン(ヨン・メイ)
在りし日6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90723/


あらすじ

中国の地方都市で幸せな生活を送っていたヤオジュン(ワン・ジンチュン)、妻リーユン(ヨン・メイ)、息子のシンシンだったが、ある日シンシンが川で溺れて亡くなってしまう。二人は慣れ親しんだこの地を離れ、親しかった友人たちとも距離を置き、自分たちのことを知っている人がいない遠くの町に引っ越す。
シネマトゥデイより
在りし日.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90723/

感想

先日、この映画を観たことを職場の中国出身の人に話したら、私の妹もちょうど一人っ子政策が始まるときにお腹にいて1年間国籍がなかったとよ〜笑いながら明るく話してくれた。

他人事のように話す様子がちょっと意外でした。
ま〜自分の子供ではないし、彼女も子供だったからそんな事を気にする年齢ではなかったのでしょうね。

この作品は中国ではタブーとされる『一人っ子政策』の題材ですから、本土で上映出来たことに製作者たちの間では喜びの声が大きかったと想像します。

作品は一人っ子政策を中心に話が出来上がっているのですが、ただそれだけに話を作り上げているわけではなくそれに付随する中国の一般的庶民の生き方を綺麗にまとめ上げているのです。

在りし日1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90723/

国の政策に翻弄され、自分の人生すら思うようにならない時代の中で
特別というわけではなくごくごく普通の夫婦が、苦難を受け入れ、苦難と寄り添い、真面目に淡々と生きていく…

夫婦を演じる2人の役者に感動します。
「静かに」そして「淡々」と「平」に過剰すぎるわけでなく、だからといって無感情ではなく愛情を表現することが下手というものでもなくそこにいるのが普通であたりまえ空気のような存在。

在りし日3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90723/

演じるにあたって、二人は完璧すぎるぐらいの夫婦でした。
似たもの夫婦というのはこんな二人なんだろうな
なんて、ぼんやり考えてしまいました^^

最後

自分の息子を失った時の事実を知った時「話してくれてありがとう」そういった。
そんな矢先に友人の孫が生まれる、本来ならば自分たちにも孫の存在はあったかもしれない。
誰を責めるわけでなく、事実を受け入れ、戻らない時間を懐かしむ。
在りし日4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90723/

その自分たちが味わう事の出来ない出来事の中で
一本の電話にほほがゆるむ
 その瞬間
『あ〜〜こんな展開が待っているなんて〜〜』
そう思うと同時に涙腺崩壊です。

『生きていれば何が起こるかわからない
人生捨てたものではないよね』



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 19:32| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

『ミッドナイトスワン』 (2020)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜女性を切望する凪沙・異空間の美しさ


ミッドナイト6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
養育費を当てにして育児放棄された少女を預かるトランスジェンダーの主人公凪沙が、次第に少女と心を通わせていく。

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」
「時代」    


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★



監督  
 
内田英治

キャスト

トランスジェンダーの凪沙 (草なぎ剛)
ミッドナイトスワン5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/

桜田一果         (服部樹咲)
ミッドナイト8.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/

桜田早織        (水川あさみ)
ミッドナイト5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/

片平美花        (真飛聖)
ミッドナイトスワン1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/    

あらすじ

新宿のニューハーフショークラブのステージに立っては金を稼ぐトランスジェンダーの凪沙(草なぎ剛)は、
ミッドナイトスワン4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/ 

養育費を当て込んで育児放棄された少女・一果を預かる。
ミッドナイト4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/ 

セクシャルマイノリティーとして生きてきた凪沙は、社会の片隅に追いやられる毎日を送ってきた一果と接するうちに、今まで抱いたことのない感情が生まれていることに気付く。
ミッドナイトスワン.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/ 
シネマトゥデイより


感想

表現する事が難しいと思う事は多々あり、今回の作品も、まさにそれであり自分の語彙力の低さを嘆くと同時に申し訳ない気持ちになるのであります。

感動という部類のものではなく
凪沙が女性にしか見えない凄さを感じるのであります。
ミッドナイト7.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/ 

インタビューに答える草なぎ君は男なのですが、
ミッドナイトスワン2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/ 

凪沙は間違いなく女なのです。
ミッドナイトスワン3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92113/ 

健二である凪沙も女なのでありました。演技といっていいのか?憑依という感じでもなく極自然体の凪沙がそこに存在するのであります。
草なぎ剛恐るべし!全くの別の人格、別人がいるとしか言い表せな〜〜い^^

また今回初めての作品になる一果(服部樹咲)がぎこちない演技でかえって良かったと思えましたね。
所々「もっと感情を出していいんだよ」そんな思いが私の中に湧き出てくるほど…
でも育児放棄された子供は反対に「どうせ何を言っても!」そんな感情があるのかもしれないなんて深読みしてしまうのですね〜^^

無理に感情を押し殺しているわけでなく
不器用な感情表現が一果を表現しているかのようにみてとれました。

時に暴れ、涙を流すことも求められた服部は、演技経験が一切なかっただけに当初は難儀したそうで、「撮影が始まる前に、監督とそのシーンをたくさん練習しました。最初は泣きわめいたり出来なかったんですが、恥ずかしさを捨てれば難しくはなかったです」とはにかむ。


徐々に距離を縮めていく凪沙と一果の姿に、胸の辺りに温かいものが広がり笑みがこぼれるのです
ミッドナイト3.jpg

そして綺麗すぎるラストシーンに撃沈です。
今まさにキーボード入力しながら思い出し泣きしてしまいました💦
ミッドナイト2.jpg

最後

こんな作品を観ると、自分の中に自分がいる事の安心、自分が自分を否定する事すら必要のない概念、違和感を感じない生活。
自分でいる事に不安を感じない毎日。当たり前に幸せなんだな…って


関連オススメ作品↓↓↓↓ぜひどうぞ

『 Girl/ガール』PG12
ガール.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89979/

『最初で最後のキス』PG12
最初で.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/87792/

「チョコレートドーナツ」
チョコレートドーナツ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/79764/

「リリーのすべて」(R15)
リリーのすべて.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82988/



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 21:34| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

『存在のない子供たち』(PG12)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜こんな世の中狂ってる


存在.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89043/gallery/10/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
『キャラメル』などのナディーン・ラバキー監督が、中東の社会問題に切り込んだドラマ。主人公の少年が、さまざまな困難に向き合う姿を描く。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ヒューマンドラマ」
「ドキュメンタリーのような」
「時代」
「社会問題」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督    ナディーン・ラバキー


キャスト

少年     ゼイン  (ゼイン・アル・ラフィーア)
少年の妹   サハル  (シドラ・イザーム)
存在3.jpg

赤ん坊    ヨナス  (ボルワティフ・トレジャー・バンコレ)
存在2.jpg

赤ん坊の母親 ラヒル  (ヨルダノス・シフェラウ)
存在6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89043/gallery/10/

あらすじ

12歳のゼインは、中東のスラムで両親とたくさんの兄弟姉妹と住んでいるが、親が彼の出生届を出さなかったため身分証明書を持っていなかった。彼は11歳の妹と仲が良かったが、知人の年上の男性と無理やり結婚させられてしまう。怒ったゼインは、家を飛び出して職を探そうとするが、身分証明書がないため仕事ができなかった。
シネマトゥデイより

感想

鑑賞しながら、ず〜〜と考えていたんですよ。
ゼインの演技が演技に見えない理由を。
そしてこのブログ記事を書くにあたり色々調べるとその理由が分かりました・・・


映画では本物のシリア難民であった子役のゼイン・アル・ラフィーアがベイルートのスラム街に住む12歳少年を演じている
ウェキペディアより

ゼインはゼインその者だったのです。
この作品はゼイン・アル・ラフィーアを代弁している作品なんだと
代弁というと小さくまとまってしまいそうなので、言い換えますと、舞台はベイルート(レバノンの首都)スラム街に住む少年ゼインを取り囲む社会問題をクローズアップしているのです。
存在4.jpg


シリア難民であるゼイン・アル・ラフィーアは演技する必要がない存在であり彼の目は現状そのものを物語っていたわけです。


存在5.jpg

笑わない、いや、笑えない少年の目は強烈な現実をリアルに表現していたし、発する言葉もそれを感じられるものがありました。そして出演者のほとんどが新人だったのです。だからでしょうか、ドキュメンタリー映画を観ているかのような感覚がするのでした。

ゼイン.jpg



以前見たこの作品『クンドゥン』も同じ感覚の作品でした。
なぜなら、ほとんどが素人のチベット民族だったからです。
やはり素の姿を見ている感覚になるのです。
クンドゥン.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/44187/gallery/

又、それとは別にこんな作品を観る度に思い出す。
『誰も知らない』
誰も知らない.jpg
日本でこんな事があるんだ!と、ショックが大き過ぎて忘れられない作品です。


こんな作品を観る度に、何故こんな世の中になるんだろうと考えるわけです。
宗教、紛争、貧困、人と人の間に上下関係が生れ、まるで大昔の日本「穢多(えた)非人(ひにん)」それですね。インドのカースト制度も連想させます。生まれながら自由がない、自分は無力だと…

今、日本でもコロナの影響で多くの人が政治に興味を抱き始めていますよね。以前は自分1人が騒いでも何も変わらない、そう思っていた人も多くいたでしょう。しかし徐々に変わり始めている、みんなが変わろうとしているように感じるのです。
変われる事に気づき始めているように・・・

この作品で言うならば、力のない子供が声を挙げたところで何も変わらないだろう…と思える事が、大きな反響を呼んだように。

ですが、最近気づいたのですよ。『無力』『努力が足らない』それは思い込みに過ぎなかったと…いやいや思い込まされていたというべきでしょうか。
長い長い歴史のなかで刷り込まれてきた感覚。上級層に搾取される、システム。

自分には未来を変える力がある‼
この作品、それを分かりやすく表現しているのだと思います。

最後

ゼインの笑顔に涙する

『笑って』

『身分証だぞ』
『死亡証明書じゃない』


ゼイン2.jpg
引用元:http://sonzai-movie.jp/

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



posted by ゆらり at 23:18| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

『 Girl/ガール』PG12きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜 時代はやっとここまで来た


ガール.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89979/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

第71回カンヌ国際映画祭でカメラドールなどを受賞した人間ドラマ。トランスジェンダーの主人公が葛藤しながら、バレリーナを目指して奮闘する。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ヒューマンドラマ」

物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督   ルーカス・ドン


キャスト

トランスジェンダー、ララ    (ヴィクトール・ポルスター)
父         マティアス (アリエ・ワルトアルテ)
弟         ミロ    (オリバー・ボダル)

ガール1.jpg


あらすじ

男性の体にうまれた15歳のトランスジェンダー、ララ(ヴィクトール・ポルスター)は娘の夢を応援する父(アリエ・ワルトアルテ)に支えられ、バレリーナを目指して難関のバレエ学校への編入を果たす。それと同時にララが待ち望んでいたホルモン療法も始まるが、効果はなかなか現れなかった。それでも夢のためにバレエに没頭し、そのかいもあって先生の目も少しずつララに向けられるようになる。
しかし、成長とともに変わっていく体によってうまく踊れなくなることへの焦りや、ララに対するクラスメイトの嫉妬や嫌がらせにより、次第に心身ともに追い込まれていく。

感想

2018年・第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品され、これが長編デビュー作のルーカス・ドン監督がカメラドール(新人監督賞)、主演のビクトール・ポルスターが最優秀俳優賞を受賞した。

シスジェンダーのビクトール・ポルスターがここまで完璧にトランスジェンダーを演じきれたことに驚きました。ましてや映画初主演
ガール4.jpg

とても綺麗ですよね〜少女というよりしとやかな女性として見えるわけです。
こういう作品を見ると、特殊技術を要する役柄は撮影を前にどのような練習をするものか?と常々疑問に思うのです。

ナタリー・ポートマンも『ブラックスワン』で、1年前からバレエを始めたとありまして…プロ根性はたいしたものだ〜なんて感心したのをおもいだすわけです^^
ブラックスワン.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/55751/photo/

ですが今回は納得、主演のビクトール・ポルスターはバレエダンサー、上手いも下手も踊り分けできるわけなのです。そうですよね素人の私が見ても、あの躰を作り上げるのは至難の業ですから(;^ω^)
2ガール.jpg

内容としては明るいものではなく、思春期、性障害、恋に悩む1人の少女が悩む先に選択した未来は…
彼女を見ていると徐々に目指す方向性がぶれてきて、「いったいどうしたいの?」そんな想いになるかもしれません。ですがララが言うように本人も「わからない」のだと…
そりぁ〜そうでしょうね。16歳の少女が明確な未来を見ることが出来るなら何も問題なんてないのだから

ひと昔前でしたら、映画になる内容ではなかったかもしれないもので、一般の理解は難しいと思うわけです。彼女が選択した結末を非難する声すら聞こえてきそう…

ですが父マティアスは常に彼女を想い、一番近いところで寄り添い理解を示す。
入院中のベット脇で、父マティアスの笑顔は予想外のもので「感動」以外の何物でもありませんでしたね〜^^
こんなパーフェクトの家庭環境って最高じゃない?みたいな^^
5ガール.jpg

最後

時代は大きく変わりつつあるようです、男女差別が問題になり始めた頃が遠い昔のことのよう。自己主張は様々な形で表現され始め、受け入れ始められているようです。人が人を想う気持ちは、性別に限らず皆分かり合えるものだと思います。

私は女性であり、小さい頃は男性に憧れました。それは男性優位的な世間の考え方がそうさせていた感があります。ですが、ここ数年自分が女性であることにとても満足出来る生活をおくっているのですが、結局それって、全て自分次第なんだと分かったわけなのです^^

ですが、思春期のララにそんな事通じるわけもなく。
父親のマティアスが言っていたように『思春期を楽しめ』その一言に集約されるだろうとなるわけなんですね〜(@^^)/~~~
歳をとるとこの言葉がよくわかる(;^ω^)

異色の家族愛 私の大好きな「オススメ映画」
『チョコレートドーナツ』もどうぞ
チョコレートドーナツ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/79764/

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:28| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

『パリに見出されたピアニスト』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜 音楽って最高なんだわ〜^^


パリ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91193/photo/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
恵まれない境遇の青年がピアニストとしての才能を開花させるヒューマンドラマ。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ヒューマンドラマ」
「サクセスストーリー」

物語    ★★☆☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆
音楽    ★★★★★


監督    ルドヴィク・バーナード


キャスト

マチュー     (ジュール・ベンシェトリ)
パリ4.jpg
パリ国立高等音楽院のディレクター
ピエール     (ランベール・ウィルソン)

ピアニスト教師エリザベス    (クリスティン・スコット・トーマス)
1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91193/

あらすじ

パリ郊外で家族と裕福ではない暮らしをしているマチュー(ジュール・ベンシェトリ)はピアノが大好きな青年で、表向きはクラシックを否定しながら、ひそかに練習し続けていた。ある日、パリの北駅に置かれたピアノを弾いていると、偶然通りかかったパリ国立高等音楽院のディレクター、ピエール(ランベール・ウィルソン)から声を掛けられる。その後警察に捕まったマチューは実刑を免れるため、公益奉仕を命じられた音楽院でピアノのレッスンを受けることになる。


シネマトゥデイより

感想

最近役者さんのプロ根性を目の当たりにすることが多々あり、本業ではないにしろある程度は〜なんて無意識に期待しながら見てしまう自分がいるのですね〜^^
今回の作品もそれでして、ピアニストですから、臨場感をどこまで表現できるか?期待しながらの鑑賞でした。


内容はそれほど新しい感覚のものではなくある程度想像できる展開の話です。

音楽を学ぶ事は「時間」と『お金」がかかるのは世間一般に知られているわけで、平たく言えば貧乏人には無縁の世界…となるわけです。
今回の主人公も、そのことに関しては間違いなく無縁の世界の住人。

楽譜を読めないながらも耳で曲を奏でるマチューこれも一つ大きな才能でしょう
『ご自由に演奏を!』駅に置かれた1台のピアノを弾く姿がある人物の目に留まる。
パリ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91193/

事はとんとん拍子に進む中、ピアノを弾く夢のような環境に身を置くことになるマチュー。が、それは彼が想像した世界のものとは別世界、他者に認められるピアノを弾く難しさを痛感する毎日。
パリ3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/91193/

序盤はいい展開なのですが、思った以上にピアノに対する情熱が伝わってこないのですね〜
異性に興味を抱くのは当たり前の年齢なのですが、羽目を外しすぎかな(笑)
とか弾けなくなるアクシデントもありましたが、ショックがそれほど感じられない…など、ちと残念な点でしたね(*´Д`)

そうは言いましても最後のステージパーカー姿はかなりインパクトありました。
クラッシックなのに、パーカー⁇が強烈にかっこよすぎでしたね^^
見た目にとらわれない、まさしく『表現の自由』ってやつでしょう


【本編を彩るクラッシックの名曲】
J・S・バッハ    平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第2番 ハ短調 BWV847
ショパン       3つのワルツ   第3番 イ短調  Op.34−2
ショスタコーヴィチ  ピアノ協奏曲   第2番 ヘ長調  Op.102
リスト        ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調 
ラフマニノフ     ピアノ協奏曲   第2番 ハ短調  Op.18

ピアノ演奏を聴いているだけで、自然と涙がこぼれるのは名曲の為か?
はたまた歳のせいでしょうか(;^ω^) 耳に栄養が染み渡る時間でした^^
残念ながら⇈なんのことやら私にはさっぱりわかりませんがね(@^^)/~~~


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 15:04| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする