2020年03月29日

『火口のふたり』(R18)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜健全なる欲望『期間限定の愛?』

 
火口.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90452/gallery/

こんにちは!映画大好きゆらりです


夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
直木賞作家の白石一文の小説を原作にした衝撃作。再会した男女が、次第に愛の嵐にのみ込まれていく。『大鹿村騒動記』などの脚本家で、『この国の空』では監督を務めた荒井晴彦がメガホンを取る。『素敵なダイナマイトスキャンダル』などの柄本佑と『彼女の人生は間違いじゃない』などの瀧内公美が主人公の男女を演じる。
シネマトゥデイより

それでは
作品紹介
いってみよ〜う^^

「ヒューマンドラマ」
「ラブストーリー」

物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督     荒井晴彦  


キャスト

永原賢治 (柄本佑)
佐藤直子 (瀧内公美)


あらすじ

東日本大震災から7年目の夏、離婚し、再就職先も倒産してしまった永原賢治(柄本佑)は、かつて恋人だった佐藤直子(瀧内公美)の結婚式に出るため郷里の秋田に帰省する。久々に再会した賢治と直子は、ふとしたきっかけでかつてのようにお互いを求め合う。
シネマトゥデイより


感想

私は原作を知りませんでした、キャチコピーも重要ですが、この作品を鑑賞するきっかけは、ポスターを見て…世間一般の常識から逸脱した『背徳行為』による地獄へ落ちていきそうな雰囲気をまとう二人、そんな二人が今にも身を投げそうな題名『火口のふたり』そそられます^^

火口4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90452/gallery/

登場人物はこの二人だけなんですが、違和感なく鑑賞できたこと、鑑賞後に気がつきました^^

そしてのっけから強烈なエロティシズム全開な映像をバンバン出してくるので一瞬身構えている自分に笑ってしまうのです^^

火口1.jpg


火口2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90452/gallery/

ですが、プロがとるだけあって綺麗すぎるのですよ^^
「記念に自撮り」というものでないのは見れば分かりますから、一つの芸術作品と見ると”ホ〜”としてしまうわけです。
そしてモノクロ写真と共に流れる音楽がまたいいわけで^^
回想を懐かしむ『若気の至り』的な思いを彷彿とさせる気分にさせられます。
モノクロ写真の魅力を再確認 味があるのですよね〜(@^^)/~~~

一般的には「あってはならない事」なのですが、悪魔のささやきと共に吸い込まれていく二人の姿が何故か?そわそわすることもなくハラハラするわけでもなく、ごくごく普通過ぎる恋人の様に私の目には映るのでした。
だからといって純愛⁇そんな部類の括りでもなく

鑑賞後、予想とは全く違う気持ちに終わる「着地点」に拍子抜けしてしまうのですが、思いを吐き出すのも時にはありなのだろうな〜と
人は時に、人を傷つけると思い、可能性を自ら制限し、勝手な思い込みで未来を曇らせる…

「お袋がそんな事言ってたのかよ〜」(なんだよ、今頃そんな〜‼)永原賢治(柄本佑) の心の声が手に取るように分かるこの言葉(≧▽≦)笑ってしまうのです。

普通過ぎる、恋人同然のふたりは、なぜなんだろう⁇
ず〜とそんな気持ちを感じながら鑑賞していましたが、結局のところ最後まで分かりませんでした(;^ω^)

そんなわけで、想像していたドロドロの結末とは全く違う結末に、恋人達が一つ壁を乗り越えた新たな出発地点に立ったかのような清々しさすら感じられる作品なのです。意外にも^^
火口5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90452/gallery/

最後


『体の言い分』を言い訳にして心を代弁していた二人に少なからず『可愛らしさ』すら感じてしまう  

今回の作品は「ラブストーリー」ともいえる、心温まるそんな想いで終わるわけですが、終始濡れ場の作品などを見ると、劇場を後にする際、何故か気恥ずかしさを感じてしまう自分がいるのですが、それって自分の捉え方次第で自分の反応が変わるという事がわかりました^^

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 16:52| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

『エリカ38』(PG12)きっと映画が見たくなる〜ゆらり 浅田美代子の《別の顔》


えりか3.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/367515/photo/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
『あん』『万引き家族』などの樹木希林が企画した人間ドラマ。実際の事件をモチーフに、色香と話術で他人を惑わし金を不当に得てきた女の姿を描く。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ヒューマンドラマ」    

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆

監督   日比遊一

キャスト

渡部聡子こと自称エリカ(浅田美代子)
平澤育男       (平岳大)
エリカの母      (樹木希林)


あらすじ

渡部聡子こと自称エリカ(浅田美代子)は、愛人・平澤育男(平岳大)の指示を受けて、支援事業説明会という名目で人を集め、架空の投資話で金をだまし取っていた。しかし、平澤の裏切りを知るや彼との連絡を絶ち、裕福な老人を丸め込んで豪邸を手に入れる。エリカは老人ホームにいる母(樹木希林)を呼び寄せると、自分で架空の支援事業説明会を開催して金をせしめる。
シネマトゥデイより

エリカ2.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/367515/photo/

エリカ1.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/367515/photo/


感想

このモチーフになった事件を知っているでしょうか?
当時結構話題になったかと思うのですが・・・私は何故かよく覚えていまして
その時の印象が非常に気持ちの悪い(適切な表現の言葉が見つかりません)もので、よく覚えているのです。

気持ちが悪いと言うだけでは理解しづらいと思うでしょう。例えて言うなら理解できない身なり、行動、考え方、こんな比喩でも理解は難しい(笑)

エリカ.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/367515/photo/

よく年の差婚なんて世間一般話題になりますよね、それともちょっと違う、60歳を過ぎた女性が若い男に貢いで満足する様が異様な姿なのです。
『肥大化する自己承認要求の行き着く先は』
映画ライターよしひろまさみちさんが言っているようにどんな心理状況が彼女をここまで追い詰めるのだろう・・・心理分析してみたくなるのです^^

ですが、ここは作品の内容よりも、樹木希林さんが浅田美代子のために企画した作品としてかなり興味をそそられたもので速攻で鑑賞に至ったわけですね。

私個人としてはアニメーションなどよりも、人間が演じることに興味がありまして、役者さんの意外な一面、それは想定外の役柄であったりすると役者としての幅が広がってその役者の未知の部分をもっと見たくなり興奮してしまうのです。

ですから今回の作品もそんな『浅田美代子の未知の部分』を希林さんが見せたかったのだろう・・・なんて想像してしまいました。
だってテレビで見る浅田美代子は屈託なくケラケラ笑い、エリカなんて程遠い存在に感じられるからです。

ですが『やだ〜みんな。なにそんな顔して見てんの?私何も悪いことしてないじゃん』『私だって被害者の一人ですから』
あの時の浅田美代子の顔はエリカ以外何者でもなかったのですよ〜^^


エリカ3.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/367515/photo/

最後

結果、大満足です!!浅田美代子の一回り大きくなった存在に興奮出来ました。
可愛い美代ちゃんだけではないんだ。
人間なんて『悪人』も『善人』もいないと思っている私は、いい人も、悪い人も、その時のその人の一面なんだと思うわけでして、うわ〜こんな一面も見られたよ〜
と得した気分にさせられました(@^^)/~~~

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



続きを読む
posted by ゆらり at 22:48| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

『きみが心に棲みついた』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜完璧すぎる最低男「星名漣」



君が.png
引用元:http://www.tbs.co.jp/kimisumi/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
原作はマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」  
「ラブストーリー」


物語    ★★☆☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆
 


キャスト

小川今日子 (吉岡理帆)
星名 漣  (向井理)  『怪物』
吉崎幸次郎 (桐谷健太)

君が2.jpg
引用元:https://thetv.jp/

あらすじ

同じ大学の先輩と後輩の間柄だった小川今日子 キョド子(吉岡里帆)と星名漣(向井理)。心の居場所がどこにもない今日子を受け入れてくれるただ一人存在だった星名漣。大学を卒業して星名との関係を断っていた今日子の前に突然仕事の上司として姿を現した星名だが・・・


感想

向井理続きで思わず見続けてしまいました(^.^)/~~~
序盤『すっごくすっごく気持ち悪い展開』で本気で「吐きそう」『も〜〜やめよう‼』と思いながら・・・ズルズルと最後まで見てしまいました(*´▽`*)


最近アップした記事にもあるように、向井理の演技にそそられるのです。
4.jpg
引用元:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1941

『怪物』でもかなり魅力的でしたが、今回もそれと同じぐらい冷淡な星名漣を演じていることに「大満足」なんです^^

「反社会性パーソナリティ障害」(サイコパス)にも似ている彼の思考は視聴者をイラつかせ怒らせる「なんてやつ!」そんな言葉を発したくなるぐらいに…落ち着いて見ていられない、そんな心理状況になってくるから困りました(*´Д`)

君が3.png
引用元:http://www.tbs.co.jp

それと同時に小川今日子(吉岡里帆)の挙動不審の女の子の異常なまでの病的『依存症』本気で吐きそうになるぐらい気持ち悪くなったことに、自分でも驚くほど
私には考えられないキョド子(小川今日子)の思考回路にかなりイライラさせられる〜これも困ったものです。


ラブストーリーと言ってもいいのですが、それだけではしっくりこないのですよね心の闇がバックグラウンドに大きく存在していて…


以前、人間の脳の誤作動とも言える話を聞いた事を思い出した。心理カウンセラーにクライアントが「恋をしている」と錯覚を起こすことはよくあること、精神的に追い詰められた人間によくある状態だ。

そんな究極の依存状態がキョド子なのでしょうかね。思い込みは恐ろしい、周りからすればなんで?と思うことがが、自分では見えない世界に、違う世界があることすら気づかない。


ですから吉崎幸次郎(桐谷健太)が、と〜ても「いい人」に見えてくる(@^^)/~~~
君が4.png
引用元:http://www.tbs.co.jp

ただ恋には壁が付き物でして、障害を乗り越えて成就する展開が作品を面白くする要因ですから。今後更なる視点を変えて面白い作品が出てくる事をきたいします


最後

最近、俳優さんのどれがホントの顔?みたいな演技を見ると、なんだか嬉しくなってしまいます。
見る側がこんなに興奮するのだから、演じる本人は本当に楽しいんだろうな〜なんて想像してしまうのです。
どんな俳優さんでも予想外の顔を見せてくれることを楽しみにしています^^

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 23:04| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

『VOICE ボイス』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜等身大の父親チャン・ヒョク好演



voic7.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    キム・ホンソン


キャスト

妻を事件で失った刑事  ジニョク(チャン・ヒョク)『ビューティフルマインド』
voic2.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

センター長      グォンジュ(イ・ハナ)
voic6.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

あらすじ

妻を事件で失った、刑事ジニョク(チャン・ヒョク)。彼がいるソンウン地方警察庁「112通報センター」センター長に新しく就任したのは、妻の事件の容疑者が釈放される証言をしたグォンジュ(イ・ハナ)だった。彼女を恨むジニョクだったが、ある事件をきっかけに彼女の力(絶対聴覚)を信じるようになるジニョク。そして二人は愛する家族を奪った真犯人を突き止めるために動き出す・・・

感想

今チャン・ヒョクにハマっています^^
韓国ドラマから離れられなくなり、ズルズルと芋づる式に色々な俳優さんが魅力的に見えて、只今マイブームはチャン・ヒョクなのであります。

グォンジュ(イ・ハナ)の絶対聴覚なんてあるのかな?と思いつつ、彼女が目が不自由な時期を経て聴覚が敏感になったという設定が妙に説得力あるからドラマの描写もすんなりと受け入れられるわけでして。

絶対聴覚を武器に事件を解決していく展開は目を離せません。それはリアルタイムで1分1秒を争うスピーディーなもので殺人事件を間一髪で防ぐその攻防がハラハラの連続なのです。

電話越しの声を頼りに推測する…結局のところ、聴覚はきっかけであり、ありとあらゆる『知識と情報』を瞬時に解析する彼女はプロフェッショナルの極みで最高に魅力的に見えてしまうのです。

魅力的と言えば「真犯人」が更に魅力的。それは悪魔のようであり、究極の二面性を持つ人間像モ・テグ(キム・ジェウク)がドラマにおいて作品の出来をグレードアップさせていると言っても過言ではないでしょうね^^
voic5.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

彼の雰囲気は『怪物』での 真崎亮(向井理)の危ない人間に魅力を感じた時と同じものでした。
4.jpg
引用元:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1941

そんな『悪魔』の背景も見えてしまうと、少なからず『同情』と悪魔に染まる人間の弱さに『安堵』して、どこか自分と繋がる何かを感じられ、『悪魔も怪物も、私の一部だ』そうおもうのです。

最後


悪魔を受け入れることはできる。私は被害者ではないので。
当事者でない私は偉そうなことは言えない、だから・・・こういうドラマを見せられると、必ずと言っていいほどジレンマに悩むわけで…
『罪を憎んで人を憎まず』
被害者の二人は絶対に許すことは出来ないのだろう・・・
そんな思いにかられ少ししんどくなったりもするのです(*´Д`)

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします








posted by ゆらり at 22:57| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

『フルーツ宅配便』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜文句なし!咲田店長〜〜



フルーツ1.jpg
引用元:TSUTAYA


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

小学館の『ビッグコミックオリジナル』 原作 鈴木良雄『フルーツ宅配便』

主人公、咲田が店長見習いで働く日常を毎回それぞれのデリヘル譲にスポットを当てて放送したテレビ東京のドラマ24である。

フルーツ.jpg
引用元:https://www.cinra.net/

源氏名がフルーツ

みかん     いちご   レモン  ゆず
もも      スイカ   スダチ  サクランボ
ブルーベリー  カボス   グァバ  スモモ


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    白石和彌


キャスト


咲田真一(濱田岳「フィッシュストーリー」「ポテチ」「偉大なるしゅららぼん」
本橋えみ(仲里依紗)
小田哲郎(前野朋哉)
ミスジ (松尾スズキ)
マサカネ(荒川良々)


あらすじ

主人公の咲田真一(濱田岳)は東京でサラリーマンをしていたが、勤務先が倒産したことで失業し故郷へ帰って来た。故郷のラーメン店で食事をしていたところにかつての知人・ミスジと再会し、ミスジから「デリバリーヘルスで働かないか?」と誘われる。店の名前は『フルーツ宅配便』デリヘル譲の源氏名がみんなフルーツの名前。店長見習いとして働くうち咲田に徐々に心の変化が表れる…


感想

濱田岳のはまり役でしょうねぇ〜私は彼のこんな役が大好きなんです。
金太郎もいいけれど、煮え切らない、ハッキリきっぱりと言えない、優柔不断な、そんな感じの演技が大好きです。
そして彼がやらなければ誰がやる?みたいな役どころです(笑)
脇役も適役ですしね〜マサカネもよしよし(@^^)/~~~ってな感じで『おにぎり』がこれまたいいのです、この撮影のために彼は何個おにぎりを頬張ったのか?^^


韓国ドラマを見るとラーメンが食べたくなり…
フルーツ宅配便を見るとおにぎりが食べたくなる(;^ω^)

デリヘル譲がなぜこの業界で働くのか?それぞれの事情にスポットをあててドラマが展開していく中、店長見習いから店長らしくなっていく咲田の心の変化が見どころで、自分は無力…何も力になれない、自分を嘆く咲田の弱さとも思え、強さとも思える、濱田岳の魅力120%の役どころが見どころのドラマでした。
彼が主人公でしたから、速攻視聴した次第です。私にとって外れは無いですね^^

こういうたぐいのお話って重くなりがちだと思いますが、そこはやはり役者次第なのでしょうか、一瞬で作品のカラーが変わってしまう。そんな雰囲気を持っているそんな役者さんなのだろうな〜濱田岳は。と勝手に思い満足度120%でした。

そして、絶対外せないのは超特急のエンディングテーマ『ソレイユ』 も〜とってもマッチしていていいのね^^
マサカネが躍るとこなんて最高だし、流れるタイミングといい、ポップな感じがこれまたいいのですよ〜 


最後

大事な人を忘れていました 幻のデリヘル譲
ドラゴンフルーツさんで〜す(^.^)/~~~
一瞬 え??って思いました?思いますよね〜
大丈夫です。私も えっ??ってなりましたから(;^ω^)
フルーツ2.jpg
引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2128622/photo/8/

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 00:00| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする