2019年09月19日

『きみが心に棲みついた』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜完璧すぎる最低男「星名漣」



君が.png
引用元:http://www.tbs.co.jp/kimisumi/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
原作はマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」  
「ラブストーリー」


物語    ★★☆☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆
 


キャスト

小川今日子 (吉岡理帆)
星名 漣  (向井理)  『怪物』
吉崎幸次郎 (桐谷健太)

君が2.jpg
引用元:https://thetv.jp/

あらすじ

同じ大学の先輩と後輩の間柄だった小川今日子 キョド子(吉岡里帆)と星名漣(向井理)。心の居場所がどこにもない今日子を受け入れてくれるただ一人存在だった星名漣。大学を卒業して星名との関係を断っていた今日子の前に突然仕事の上司として姿を現した星名だが・・・


感想

向井理続きで思わず見続けてしまいました(^.^)/~~~
序盤『すっごくすっごく気持ち悪い展開』で本気で「吐きそう」『も〜〜やめよう‼』と思いながら・・・ズルズルと最後まで見てしまいました(*´▽`*)


最近アップした記事にもあるように、向井理の演技にそそられるのです。
4.jpg
引用元:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1941

『怪物』でもかなり魅力的でしたが、今回もそれと同じぐらい冷淡な星名漣を演じていることに「大満足」なんです^^

「反社会性パーソナリティ障害」(サイコパス)にも似ている彼の思考は視聴者をイラつかせ怒らせる「なんてやつ!」そんな言葉を発したくなるぐらいに…落ち着いて見ていられない、そんな心理状況になってくるから困りました(*´Д`)

君が3.png
引用元:http://www.tbs.co.jp

それと同時に小川今日子(吉岡里帆)の挙動不審の女の子の異常なまでの病的『依存症』本気で吐きそうになるぐらい気持ち悪くなったことに、自分でも驚くほど
私には考えられないキョド子(小川今日子)の思考回路にかなりイライラさせられる〜これも困ったものです。


ラブストーリーと言ってもいいのですが、それだけではしっくりこないのですよね心の闇がバックグラウンドに大きく存在していて…


以前、人間の脳の誤作動とも言える話を聞いた事を思い出した。心理カウンセラーにクライアントが「恋をしている」と錯覚を起こすことはよくあること、精神的に追い詰められた人間によくある状態だ。

そんな究極の依存状態がキョド子なのでしょうかね。思い込みは恐ろしい、周りからすればなんで?と思うことがが、自分では見えない世界に、違う世界があることすら気づかない。


ですから吉崎幸次郎(桐谷健太)が、と〜ても「いい人」に見えてくる(@^^)/~~~
君が4.png
引用元:http://www.tbs.co.jp

ただ恋には壁が付き物でして、障害を乗り越えて成就する展開が作品を面白くする要因ですから。今後更なる視点を変えて面白い作品が出てくる事をきたいします


最後

最近、俳優さんのどれがホントの顔?みたいな演技を見ると、なんだか嬉しくなってしまいます。
見る側がこんなに興奮するのだから、演じる本人は本当に楽しいんだろうな〜なんて想像してしまうのです。
どんな俳優さんでも予想外の顔を見せてくれることを楽しみにしています^^

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 23:04| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

『VOICE ボイス』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜等身大の父親チャン・ヒョク好演



voic7.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    キム・ホンソン


キャスト

妻を事件で失った刑事  ジニョク(チャン・ヒョク)『ビューティフルマインド』
voic2.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

センター長      グォンジュ(イ・ハナ)
voic6.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

あらすじ

妻を事件で失った、刑事ジニョク(チャン・ヒョク)。彼がいるソンウン地方警察庁「112通報センター」センター長に新しく就任したのは、妻の事件の容疑者が釈放される証言をしたグォンジュ(イ・ハナ)だった。彼女を恨むジニョクだったが、ある事件をきっかけに彼女の力(絶対聴覚)を信じるようになるジニョク。そして二人は愛する家族を奪った真犯人を突き止めるために動き出す・・・

感想

今チャン・ヒョクにハマっています^^
韓国ドラマから離れられなくなり、ズルズルと芋づる式に色々な俳優さんが魅力的に見えて、只今マイブームはチャン・ヒョクなのであります。

グォンジュ(イ・ハナ)の絶対聴覚なんてあるのかな?と思いつつ、彼女が目が不自由な時期を経て聴覚が敏感になったという設定が妙に説得力あるからドラマの描写もすんなりと受け入れられるわけでして。

絶対聴覚を武器に事件を解決していく展開は目を離せません。それはリアルタイムで1分1秒を争うスピーディーなもので殺人事件を間一髪で防ぐその攻防がハラハラの連続なのです。

電話越しの声を頼りに推測する…結局のところ、聴覚はきっかけであり、ありとあらゆる『知識と情報』を瞬時に解析する彼女はプロフェッショナルの極みで最高に魅力的に見えてしまうのです。

魅力的と言えば「真犯人」が更に魅力的。それは悪魔のようであり、究極の二面性を持つ人間像モ・テグ(キム・ジェウク)がドラマにおいて作品の出来をグレードアップさせていると言っても過言ではないでしょうね^^
voic5.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

彼の雰囲気は『怪物』での 真崎亮(向井理)の危ない人間に魅力を感じた時と同じものでした。
4.jpg
引用元:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1941

そんな『悪魔』の背景も見えてしまうと、少なからず『同情』と悪魔に染まる人間の弱さに『安堵』して、どこか自分と繋がる何かを感じられ、『悪魔も怪物も、私の一部だ』そうおもうのです。

最後


悪魔を受け入れることはできる。私は被害者ではないので。
当事者でない私は偉そうなことは言えない、だから・・・こういうドラマを見せられると、必ずと言っていいほどジレンマに悩むわけで…
『罪を憎んで人を憎まず』
被害者の二人は絶対に許すことは出来ないのだろう・・・
そんな思いにかられ少ししんどくなったりもするのです(*´Д`)

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします








posted by ゆらり at 22:57| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

『フルーツ宅配便』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜文句なし!咲田店長〜〜



フルーツ1.jpg
引用元:TSUTAYA


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

小学館の『ビッグコミックオリジナル』 原作 鈴木良雄『フルーツ宅配便』

主人公、咲田が店長見習いで働く日常を毎回それぞれのデリヘル譲にスポットを当てて放送したテレビ東京のドラマ24である。

フルーツ.jpg
引用元:https://www.cinra.net/

源氏名がフルーツ

みかん     いちご   レモン  ゆず
もも      スイカ   スダチ  サクランボ
ブルーベリー  カボス   グァバ  スモモ


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    白石和彌


キャスト


咲田真一(濱田岳「フィッシュストーリー」「ポテチ」「偉大なるしゅららぼん」
本橋えみ(仲里依紗)
小田哲郎(前野朋哉)
ミスジ (松尾スズキ)
マサカネ(荒川良々)


あらすじ

主人公の咲田真一(濱田岳)は東京でサラリーマンをしていたが、勤務先が倒産したことで失業し故郷へ帰って来た。故郷のラーメン店で食事をしていたところにかつての知人・ミスジと再会し、ミスジから「デリバリーヘルスで働かないか?」と誘われる。店の名前は『フルーツ宅配便』デリヘル譲の源氏名がみんなフルーツの名前。店長見習いとして働くうち咲田に徐々に心の変化が表れる…


感想

濱田岳のはまり役でしょうねぇ〜私は彼のこんな役が大好きなんです。
金太郎もいいけれど、煮え切らない、ハッキリきっぱりと言えない、優柔不断な、そんな感じの演技が大好きです。
そして彼がやらなければ誰がやる?みたいな役どころです(笑)
脇役も適役ですしね〜マサカネもよしよし(@^^)/~~~ってな感じで『おにぎり』がこれまたいいのです、この撮影のために彼は何個おにぎりを頬張ったのか?^^


韓国ドラマを見るとラーメンが食べたくなり…
フルーツ宅配便を見るとおにぎりが食べたくなる(;^ω^)

デリヘル譲がなぜこの業界で働くのか?それぞれの事情にスポットをあててドラマが展開していく中、店長見習いから店長らしくなっていく咲田の心の変化が見どころで、自分は無力…何も力になれない、自分を嘆く咲田の弱さとも思え、強さとも思える、濱田岳の魅力120%の役どころが見どころのドラマでした。
彼が主人公でしたから、速攻視聴した次第です。私にとって外れは無いですね^^

こういうたぐいのお話って重くなりがちだと思いますが、そこはやはり役者次第なのでしょうか、一瞬で作品のカラーが変わってしまう。そんな雰囲気を持っているそんな役者さんなのだろうな〜濱田岳は。と勝手に思い満足度120%でした。

そして、絶対外せないのは超特急のエンディングテーマ『ソレイユ』 も〜とってもマッチしていていいのね^^
マサカネが躍るとこなんて最高だし、流れるタイミングといい、ポップな感じがこれまたいいのですよ〜 


最後

大事な人を忘れていました 幻のデリヘル譲
ドラゴンフルーツさんで〜す(^.^)/~~~
一瞬 え??って思いました?思いますよね〜
大丈夫です。私も えっ??ってなりましたから(;^ω^)
フルーツ2.jpg
引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2128622/photo/8/

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 00:00| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

『娼年』R18 きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜≪あまりにも綺麗な娼夫たち 一皮むけた(笑)松坂桃李≫


娼年.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88008/gallery/


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
予備知識の一つも無くただフッとDVDレンタルした訳ですが、いきなりステーキとは言いませんが(笑) いきなり面喰ってしまって始まって5分程進んでから〜何か見落とした?と思い始めから鑑賞した始末(;^ω^)
結果何も問題ありませんでしたけどね^^


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督   三浦大輔 


キャスト

森中領  (松坂桃李) 『新聞記者』
御堂静香 (真飛聖)
咲良   (冨手麻妙)


あらすじ

大学生のリョウこと森中領(松坂桃李)は、バーのアルバイトに精を出していた。ある晩、ホストクラブで働いている中学時代のクラスメートの田島進也が、客の御堂静香を連れてリョウがいるバーを訪れる。シネマトゥデイより
     
御堂静香.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88008/gallery/11/


感想

娼年5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88008/gallery/8/

序盤からの〜濡れ場シーンの連続に正直驚きを隠せませんでしたね〜
8割が濡れ場で裸体の連続(*'▽')
舞台があったことすら知りませんでしたから(知っていたら見たかった(笑)って思いましたけど)鑑賞中、どこまでが”ガチ”なのか??なんて愚問が脳裏をグルグル駆け巡るわけです^^

だって一つ間違えたら〜ただのポルノになりかねない…どこで線引き?と言われても難しいのですが…
一言でいうなれば『美しい』仕上がりに感動すること間違いないでしょう。

「娼婦」と対比する『娼夫』の存在なわけですが、ホステス と ホスト というイメージと似通う感じとでもいいますか、ランクが違う?いや、そういう表現とも違う…心が通い合うラブストーリーとは違う何かに焦点を当てて作品が作られていくのかとおもっていたわけなのです。

ですが全く別の「リョウの成長の記録」とも感じる、大げさに言えば人生の生き方みたいな最後の着地点に『美しすぎる娼夫』としか言いようのない最後、監督の言うポップな仕上がりに120%達成したのではないかと思います。

娼年7.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88008/interview/

あくまでもお金を頂いて性的サービスをする行為なので、人間の裏の顔や隠された心のようなダークサイドの部分を浮き彫りにする?
なんて想像して鑑賞していましたが、お金から始まる躰の関係を超えそれ以上の愛を感じるシチュエーションに胸のあたりが温かくなるのです。

娼年6.jpg

⇈⇈⇈⇈リョウの顔がとても良かった〜〜

この作品を鑑賞してから松阪桃李を見る目が全く変わってしまいましたね。役者としての階段をかなりの数、駆け上ったのではないのでしょうか?

一回りも二回りも大きくなったそんな印象です。男として深みが増した。
言葉通り体当たりの演技に(笑)ブラボー!!



最後

情報を検索している間、面白いブログ記事を発見したのでぜひ見てみて下さい。
            ⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊
衝撃の舞台「娼年」が映画化‼絶対にカップルで見に行ってはいけない‼
引用元:腐ったみかんは俺かお前か?さん


ブログを始めて色々な方のブログを拝見するのですが、エロティシズム的な作品のレビューブログを男性の方が書くと必ずと言っていいほど大笑いしながら読んで必ず見たくなるから不思議です^^

レビューを読んだから鑑賞したという作品が多々ありまして、男性の視点という意味で興味深いブログでしたね〜とにかく面白い!!
出来れば作品を鑑賞後にブログを読んでいただければ2度美味しい♡(@^^)/~~~

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



ラベル:娼夫 松阪桃李
posted by ゆらり at 23:16| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

『私たちの幸せな時間』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜死刑は必要?



私達の幸せ1.jpg


こんにちは!映画大好きゆらりです


当ブログにお越しいただきありがとうございます。
ここ数か月間、韓ドラに❝どっぷり❝ハマってしまって、ブログ更新する時間も惜しんで、寝る時間も惜しんで(毎日4時間睡眠)ドラマを連続視聴(@^^)/~~~
久々のブログアップをかなり楽しくしております^^



毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとっても嬉しい!!


今回の作品はかなり重い題材のもの、このテーマは長きにわたって回答が出ない。
だけど、もうそろそろ変わってもいい時期に来ているのかもしれませんね。
『良い』『悪い』の区別ではなく、全く別の視点の何かで解決法を…


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ヒューマンドラマ」


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    ソン・ヘソン



キャスト


元歌手のユジョン  (イ・ナヨン)
死刑囚のユンス   (カン・ドンウォン)『MASTER マスター』
                    『華麗なるリベンジ』

あらすじ


韓国の人気作家による同名のベストセラー小説を映画化した感涙のラブストーリー。人生に絶望した死刑囚と、屍(しかばね)のように生きる女性が出会うことによって起きる小さな奇跡を温かく見つめる。『デュエリスト』のカン・ドンウォンが頭を刈って囚人役に挑み、相手役の『小さな恋のステップ』のイ・ナヨンとともに最高の演技を披露。限られた時間を精いっぱい生きようとする男と、彼の魂と共鳴する女性の清らかな愛の形が新鮮だ。
シネマトゥデイより


感想



ドラマの展開は序盤からベタなもので、特に突飛な発想のものでも刺激を誘うそれとも違うのであります。
ただ主人公の2人が若い男女なだけに、ラブストーリ的な展開を予想できるわけですから、叶わぬ想いの切ない結末が想像できるシチュエーションに結末うんぬんよりも2人がどんな感じで心を通わせていくかが興味をそそられる〜^^
そんな気持ちになっていくのでありますね〜^^
私たちの幸せ.jpg



死刑囚のユンスが元歌手のユジョンに対して、お前に俺の人生の何が『分かる??』そんな言葉に私も同様に『そうだ、そうだ』うなずくわけでして
ここで、映画の制作側の意図にハマっている私がいるわけですね〜(^▽^;)
私たちの幸せ4.jpg


次の展開で『ごめんなさ〜い(-_-;)』反省をする始末…
これも製作者の意図にまんまとハマってます^^
私たちの幸せ3.jpg



最後


人間はそれぞれに大小さまざまな悩み「見えない何か」を背負って生きている。
そう思うと、私も自殺を考えた時期もありまして…その時はかなり真剣に考える状況であったわけですが、こんな作品を見てしまいますと…
なんか『小っちゃ〜私』( ̄▽ ̄)って、思うわけです。
一時「悲劇のヒロインを演じてみたくなってしまった??」みたいな^^

そして『令和』になった今『罪を憎んで人を憎まず』個人的にこの言葉が具現化できる世界を切に望みます。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 13:56| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする