2018年03月01日

『スリー・ビルボード』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜 重〜い内容けれど後味爽やか


スリービルボード.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87781/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
前評判が気になり、内容が重いのを承知で鑑賞^^
予想外の音楽と共にスタートする展開に少し驚き、最後爽やかな締めくくりにも意外な後味が残る作品でした。



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「ヒューマンドラマ」




監督   マーティン・マクドナー 


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


キャスト


ミルドレッド (フランシス・マクドーマンド)
警察署長   (ウディ・ハレルソン)
ディクソン  (サム・ロックウェル)

あらすじ


ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。
シネマトゥデイより


感想


色々な要素が絡み合う、深く重く濃厚な内容に帰りの車は気分がどんより かな〜なんて予想していたのですが、そんな心配は無用でしたね。


まだまだ人種差別が当たり前の南部なのですね、日本人の私にはなんとも露骨なまでの差別的な言葉に耐え難い想いが多々あり、やるせない気分になる作品でもありました。ミルドレッド (フランシス・マクドーマンド)がとった行動は結局のところ自分の過ちを修正するべく、他人に責任を負ってもらうことでしか解決策を見いだせなかった…ですが、それも現実は何も変わらないのを承知で。


人は何か失敗をした時に、『次はこうしよう』そう思える事なら前進できるのでしょう。ですが、取返しのつかない『命との引き換えの失敗』においては否応なしに‟その時”から抜け出すのは容易ではない。


ミルドレッドも同様で憎むべきは犯人なのに、やり場のない怒りをぶつける場所を間違えてしまったのかもしれない。自分を責めつつ、持て余した感情を広告を出す行為にすり替えて。

スリービルボード2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87781/


ミルドレッドがとった行動は良かったのか?そんな疑問が湧いてくる場面が多々あるのです。子供を失った母親の感情はある程度理解できるものですが、許容範囲を超えた彼女の行動に全て賛成できるものではなかったからです。人種差別をしている警官ディクソン(サム・ロックウェル)を非難しながら、傍から見れば彼女も同じような事をしているのです…


スリービルボード3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/87781/



作品の中において正解は見当たらず、結末も見えないままフェードアウトしていくのですが、最後ミルドレッドとディクソンの会話の内容に「道々考えよう」あの言葉の意味がこのドラマの全てを物語っているように感じ、修正可能な現時点で2人がこれからの新たなスタートを前向きに始めようと考えている…そんな気がしてなりませんでした。


最後


自己中心的な行動に気分も落ち込み疲れて帰るようだな〜なんて考えていました。ですが、同じ穴のムジナであるミルドレッドにディクソンが終盤、微妙な変化を魅せるのです『人間としてどうなのか?』怒りと共に生きてきた2人がふと違和感に気づく、少ない会話の中に彼らの変化が見て取れる『和解』そして『受容』…それと同時に私の心配が安堵に変わり、心も軽く、そして爽やかな後味が残るラストシーンでした^^




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 18:04| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

『ウルトラミラクルラブストーリー』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜異色のラブストーリー



ウルトラミラクルラブストーリー.jpg

引用元:http://eiga.com/movie/54070/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年もスタートしました^^
映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「ラブストーリー」

恋を知らない変わり者の青年が初めて恋をして
奇跡のような出来事を次々に呼び起こす様を描いたラブストーリー。



監督    横浜聡子


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★☆
映像    ★★★☆☆


キャスト


水木陽人   (松山ケンイチ)
神泉町子   (麻生久美子)


あらすじ


青森で農業を営みながら一人で暮らす水木陽人(松山ケンイチ)は、やることなすことすべてが常識外れな町の変わり者。ある日陽人は、訳あって東京からやって来た神泉町子(麻生久美子)に一目ぼれする。恋を知らない陽人にとっての生まれて初めての恋は、常識を超えた奇跡のような出来事を次々に呼び起こす。
シネマトゥデイより


感想


まずは題名に引かれて鑑賞したわけですが、序盤からの何とも言えない雰囲気に???ありゃ失敗したかな?なんておもうわけですね( ^ω^)・・・
ですがこの作品、題名にもありますが、ただの「ラブストーリー」という括りの(くくり)ものではないのでして・・・私の中では思った以上に高い評価につながる作品でした。


水木陽人(松山ケンイチ)の発達障害のようなキャラクターの青年が町の中で『普通』に暮らしながら生活していることも異色であり、そこに東京から来た神泉町子(麻生久美子)も異色であり何か違和感を感じずにはいられない。何より変わり者、水木陽人(松山ケンイチ)が町の人たちの色眼鏡で見られる事もなく当たり前に周りの人たちと生活している事がとても魅力的に思える作品なのです^^
これって意外に出来そうで出来ないのではないかと思えることなんですよね〜


そして水木陽人(松山ケンイチ)の神泉町子(麻生久美子)への想いは一途という範囲を超えて、純愛というものでもなく『不純物を含まない純愛』とでも言いますか〜損得抜きの彼の想いがすこぶる伝わってくるわけです。
歳をとって智慧のついてきてずる賢くなってくる自分にとって、対等な立ち位置ではいられない。そんな思いすらしてくる始末ですね^^


農薬を浴びることで町子先生が好きでいてくれる(変わり者でない自分の状態)になれる。「落ち着きのある自分なら町子先生は自分を好きになってくれる」こんな思いから農薬を浴びる水木陽人の行動は異常なものなのだが、それも純愛なのだろうと・・・その一途な心に切なさがこみ上げてくるのですが、思うほど重くならない不思議な作りになっている作品です。それは水木陽人の彼の見る(考える)奇妙な世界観が上手く描かれているからなのだろうと思えるのです。


最後


鑑賞後、お世辞でもハッピーエンドとは言えない結末に、序盤の重苦しい空気感とは全く違う最後になぜか涙があふれてくるのです。最初から最後まで彼を取り巻く周囲の人たちの彼に対する普通の接し方が何とも言えない安堵感に浸れるのでありまして^^変わり者ではあるけれど特別ではないそんな表現で水木陽人の人物像が説明できるかと( ^ω^)・・・
青森という土地柄もかなりいい味が出ていたのではないでしょうか^^



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします





posted by ゆらり at 21:31| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

「三度目の殺人」きっと映画が見たくなる!ゆらり〜真実はいったい?三隅の最後・謎深まる・・



三度目の殺人.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86261/

こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


秋ですね〜
読書もいいけど、映画みましょ!!^^


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


遠足でのお弁当確認のごとく、映画館では必ずハンカチを用意してからの鑑賞が当たり前。忘れたときの落ち着きのなさは半端ない!!まるでお弁当に箸を忘れた時のようだね^^
そんな私が「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでブログを綴っています


私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!


「ヒューマンドラマ」


監督   是枝裕和


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★☆☆☆


キャスト 


重盛  (福山雅治)『マチネの終わりに』
三隅  (役所広司)『十三人の刺客』『蜩ノ記』『関ヶ原』
咲江  (広瀬すず)


あらすじ




勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。
シネマトゥデイより


感想


ある程度作品の内容は、予告の段階で想像がついていたのだが
面白かったですね〜


『重森』のちょっとインテリっぽく、頭でっかち、譲らない性格、自分が正しい。のような役柄が、福山君は似合うのですね〜
歳を重ねていく内に自信と経験がそうさせるのか?自分のルールがあるのか?『自分はこうなのだ』のような福山君本来の性格のようなものがにじみ出ているような感じすらします。


それはなぜかといいますと。
第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督の時も感じたのですが、『普通の父親の良多』を熱演したのですが、意外な反面、役にはまっていたことで、福山君の『素の部分』が垣間見れた感覚をおぼえたのです。


先日Facebookグループの方の投稿で綺麗すぎる?福山君!みたいなコメントがあり、うんうん分かる何となく伝わるよっ!って思ったぐらい。
彼も年を重ねて成長しているな〜なんてしみじみとかんじましたね^^
ちなみに彼とは同い年( ^ω^)・・・だから何?と自分にツッコミを入れておきます( ̄▽ ̄)


そして『役所広司はさすが!!』と言わせてしまうぐらいにいい演技をしていましたね。だから『役者広司』に改名してほしい〜って前回同様に何度もいってしまいますよ^^あの微妙な表情が絶品シャン!!です。

こんな感じのシチュエーションでこの作品同様に面白いと思った『二流小説家』もオススメです↓↓↓↓
二流小説家.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/78135/



どちらの作品も被告人との面会を重ねていくうちに、面会者の心理状況が刻々と変わっていく様が見どころです。その変わらざるを得ない要因としての、会話の魔力とでも言いますか、観客の自分が引き込まれ、いつの間にか自分も『重森』になってしまうのです。

そんな演技バトルを、役所広司と福山雅治が真剣に組み合っている感がありありと受け取れ、ゾクゾクしましたね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


最後



『真実』を必要としないビジネスの裁判をモットーに生きてきた重森(福山雅治)。結果、現実は何も変わらない。だが、三隅(役所広司)とのやり取りの中で、裁判に対する見方が重森の中で何か変わったはず。そう思えるラストシーン。『桜がきれいだ・・・』最後の最後の展開に、真実は・・・貴方はどちらを選ぶ??



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜

最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!おねがいします

posted by ゆらり at 20:47| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

「92歳のパリジェンヌ」きっと映画が見たくなる!ゆらり〜尊厳死 貴方はどう思う?

92歳のパリジェンヌ.jpeg



こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。

観たい映画が見つかるかも?しれない( ^ω^)・・・映画紹介ブログです
特に同世代の(40代〜50代)の方に参考にしてもらえたらとても嬉しい。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します

なんだか夏らしからぬ天気で、もうすぐ秋がすぐそこまで来ている感じ。
皆さんどうお過ごしですか?秋の夜長に読書もいいけど、
じっくりと映画を観るのもいいものですよね。アイスでもたべながら。
いやいやワインにチーズ でしょうかね〜^^

私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでオススメ作品のブログを綴っています
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!


それではイマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!



作品紹介
いってみよ〜う!!


「ヒューマンドラマ」
「コメディ」


監督     パスカル・プザドゥー



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



キャスト


マドレーヌ  (マルト・ヴィラロンガ)
ディアーヌ  (サンドリーヌ・ボネール)


あらすじ

助産師として働き、子供や孫にも恵まれたマドレーヌ(マルト・ヴィラロンガ)。まだ元気だが、最近は一人でできないことも増えてきた。ある日、92歳の誕生日を祝うために集まった娘たち家族を前に、2か月後にこの世を去ることを宣言する。最初は反対していた家族も心を動かされていき……。
シネマトゥデイより

フランスの元首相リオネル・ジョスパンの母の実話を基に、自ら死を選ぶことを決意する92歳の母親と家族との最期の日々を描いたヒューマンドラマ


感想


またまた重いテーマの作品の紹介です。
なんだか気になってしまうものなのですよね〜^^
実際に考えてみましたよ、私の両親(82歳)は元気で健在です。まだ車の運転もしていますし、趣味の畑仕事を楽しんでいる父と、趣味のない母は長い一日をどうにか過ごしている。身体の衰えを無視できない歳になって、私にとっても関係のない話ではない作品だな〜なんて考えながら( ^ω^)・・・


正直難しい!!生死にかかわる問題は白黒つけるわけにはいかないのですよね〜
だからといって『はいそうですか、貴方がいいならいいんではないでしょうか』なんて軽々しく言いたくもないしですしね〜^^あくまでもここでは、本人の主張を優先で考えてみたいとおもいます。家族の意向は一切無視してね(^▽^;)


この作品は『自分らしく』が最大のテーマなのかと思うのです。尊厳死を主張するマドレーヌ(マルト・ヴィラロンガ)は死に方で自分を表現することを選択したのではないのでしょうか…『生き様』で自己表現することもありならば、『死に方』でも自分を表現することも『あり』なのではないかと思うのです。


自分が自分であると認識出来るうちに最後を迎える・・・そんな考え方もあるわけなのですが、この作品の場合、尊厳死という「尊重する死」という枠組みのものではなく、本人の自殺を家族が手助けする形の最後ですから、家族へのダメージは相当大きなものかと容易に想像することが出来てしまうのです。



家族である娘や息子は、母の死を手助けしたという事実を後々自分の中でどう処理していけばいいのか、悩むところではないでしょうか。罪悪感とどう向き合うかみたいな…と。


ただ、家族の立場で見ていた私は「ハッとして」92歳の自分だったら…と改めて視点を変えて考えてみました。自分が崩れ始め再生の見込みがどんどん目減りしていくことをジーと見ながら現実を受け入れていけるのだろうか…と。なんか、わかりませんね〜^^なってみないと〜^^。でも何となく私は生に執着しそうですが、それ以前にお迎えがきてしまう可能性も大なので。考えてもしょうがないのかもしれません。



自問自答しながら何も答えらしい答えを見つけられない感想文になってしまいましたが、ここまで書いて作品の紹介を、ほとんどしていないことに気がついたわけですが、言いたい事のほとんどを書いてしまったかんじなのでこの辺で・・・そんな〜適当ね〜といわれそうですが、ダラダラと書いても全く面白くないので(≧▽≦)アハッ


最後



結局のところ私は自分の死に方を考える暇などなく毎日を充実させながら、私の母がよく言うように『ピンピンコロリ』を合言葉に人生を楽しんで生きたいと願うばかりです。



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!おねがいします。

ラベル:92歳 尊厳死
posted by ゆらり at 22:16| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」きっと映画が見たくなる!ゆらり〜ディカプリオ、トムハンクス共演



キャッチミーイフユーキャン.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/1031/



こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します

なんだか夏らしからぬ天気で、もうすぐ秋がすぐそこまで来ている感じ。皆さんどうお過ごしですか?秋の夜長に読書もいいけど、じっくりと映画を観るのもいいものですよね、アイスでもたべながら^^


「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでオススメ作品のブログを綴っています


私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
それではイマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!



作品紹介
いってみよ〜う!!


「ミステリー」
「サスペンス」
「ヒューマンドラマ」


監督      スティーヴン・スピルバーグ


キャスト


フランク・W・アバグネイル  (レオナルドディカプリオ)『シャッターアイランド』『インセプション』『華麗なるギャツビー』

カール・ハンラティ      (トムハンクス)『ペンタゴンペーパー』『クラウドアトラス』ものすごくうるさくて ありえないほど近い』

フランク・アバグネイルの父  (クリストファー・ウォーケン)


あらすじ

高校生のフランク・W・アバグネイル(レオナルドディカプリオ)は尊敬する父(クリストファー・ウォーケン)が母と離婚すると聞き、ショックで衝動的に家を飛び出してしまう。そして、生活のため偽造小切手の詐欺を始めるようになる。最初はなかなかうまくいかなかったが、大手航空会社のパイロットに成りすますと誰もがもののみごとに騙された。これに味をしめたフランクは小切手の偽造を繰り返し巨額の資金を手に入れるのだった。一方、巨額小切手偽造詐欺事件を捜査していたFBI捜査官カール・ハンラティ(トムハンクス)は、徐々に犯人に迫っていくのだったが…。

allcinema ONLINE より


感想


2002年のかなり昔のものですが、妙に気に入っている作品の一つです。
天才詐欺師といわれた人物フランク・W・アバグネイルの事件を基に創られたこの作品。実際にこんな人がいたのだと知った時には驚きましたね〜。今の時代にはちょっと考えられないセキュリティ対策でしょうが、当時はこんな発想(?)をすることが尋常じゃない域かと( ^ω^)・・・


傍から見れば親の離婚で??と思ってしまうのですが、当人にしてみれば大変!!なショックだったのでしょうね。よくありがちなものですが、そのエネルギーをもっと「まっとう」な方向で最初から使えばいいのにね〜って。周りの人間はおもうわけですよ〜^^。父親にしても「え?」そう考えるの??・・・って 方向がちがうよね!!普通〜 (;^_^A アセアセ・・・
ですがこの奇妙な親子関係が物語を面白くしてくれていることは確か・・・


ディカプリオとトムハンクスの共演がとても魅力的に感じるのは私だけでしょうかね?なんだか本当の親子の関係のように見えるこの2人が上手く描かれているのが、とても嬉しくなってしまうのです^^あくまでも役柄上のことなのですが、主役級の2人のバランスがいい感じで、心地良さを感じるのです。
誠実な感じのカール(トムハンクス)に口の上手いフランク(レオナルドディカプリオ)が役者本来の醸し出す雰囲気にとてもマッチしている、ベストなキャスティングと思うのです。


最後



終盤、フランクが更生してカールと共に仕事をすることになるのですが、途中フランクは逃げ出してしまうシーンがあるのです。その時にカールがフランクに言った言葉がとてもいいのです^^。あんな事言われたら必ず戻って来てしまいますよね^^こんな役柄が似合うトムハンクスってやはり私生活でもいい人なんだろう!!と推測出来てしまう。いい役者ですよね〜^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 23:06| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする