2020年06月03日

『カツベン! 』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜出るわ出るわ贅沢過ぎる旬の俳優・お得感満載見れば納得(*´▽`*)


カツベン.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88605/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
「活動写真」と呼ばれていた時代に独自のしゃべりで観客を沸かせた「活動弁士」を主人公に据えた青春活劇。約100年前を舞台に、活動弁士を目指す青年と彼を取り巻く人々を描く。
シネマトゥデイより
鑑賞後、きっと得した気分になることとお思います。ぜひどうぞ^^

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「コメディ」
「時代」
「時代劇」
「ラブストーリー」
「伝記」
「オススメ映画」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    周防正行


キャスト
 
染谷俊太郎  (成田凌)
栗原梅子   (黒島結菜)
カツベン2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88605/

館主夫妻  (竹中直人、渡辺えり)
茂木貴之  (高良健吾)
山岡秋聲  (永瀬正敏)

あらすじ

偽の活動弁士として泥棒一味の片棒を担ぐ生活にウンザリしていた染谷俊太郎(成田凌)は一味から逃亡し、とある町の映画館にたどり着く。そこで働くことになった染谷は、今度こそ本当の活動弁士になることができるとワクワクするが、そこは館主夫妻(竹中直人、渡辺えり)をはじめ、スターを気取る弁士の茂木貴之(高良健吾)や酒好き弁士の山岡秋聲(永瀬正敏)などくせ者ばかりだった。
シネマトゥデイより

カツベン4.jpg

カツベン5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88605/

感想

時代は明治、大正時代、世界ではチャップリンが人気を博していた時期。サイレント映画を日本独自の手法で楽しませてくれた『活動弁士』子供の頃にテレビでチラッと見た記憶はあるが、特別気になるほどの存在ではなく、映像技術が乏しい昔だからね〜なんて軽い感覚でとらえていたものでした。

今回改めて見てみて「フイルムを手でまわすのね‼」(いや、足かもしれない(笑))「弁士によって作品の内容がかわっちゃうのね〜⁉」「映画より、俳優よりも弁士の方が人気者」なんて驚く事実ばかり。

私が物心ついた頃は既にカラーテレビの時代、白黒ですら記憶に乏しい…ですがこの作品映画好きなら少なからず魅力的な何かをかんじるのではないでしょうかね^^

子供時分にその時代のスターをまねて遊び、将来は自分もあんな風になるんだ‼とそんな少年少女は沢山いたでしょう。そんな少年少女の一人『俊太郎、梅子』

子供ながらにも、熱を帯びて山岡秋聲(永瀬正敏)を真似る、幼き俊太郎には好感が持てるのです。あんな風に目をキラキラさせて夢を語る少年を見たならば、「君ならなれるよ絶対に‼」と応援したくなるのが人情でしょう(≧▽≦)

がしかし夢を見る俊太郎少年は間違って純粋な想いとは別世界に足を突っ込んでしまう事で、夢の職業だった活動弁士を汚してしまう結果になるのですね〜あ〜なんて未来なの〜と思う序盤・

ここまではそれなりに『小さなクスッ』を所々に取り入れながら展開していく流れに、とりわけ新しい驚きなども感じられるものはなく…ウ〜〜ンと鑑賞中^^

見どころはこれからでしょう、俊太郎が尊敬する山岡(永瀬)の代役で弁士として舞台に立ったその時から、周りの目がみるみる変わっていく様子を見ると、ドヤ顔になりそうな自分がいる事に気づき笑ってしまいそうになるのですね〜
そうよ、彼は才能ある弁士なのだからね‼と(笑)


そして弁士の声の張り、色つや、何人の声を持つのか?今なら声優というのでしょうが、ある意味即興ともとれる芸当、舞台俳優とも言えるぐらいな存在…黄色い声が飛び交うのも納得です(@^^)/~~~

見どころは弁士の存在に限らず、これでもか〜と贅沢な俳優の起用に嬉し悲鳴です。今が旬の『いい男』の共演。夢見る少年と少女の再会からのラブストーリーの行方。そこに終盤の終わりなきコントの様なコメディ感。相乗効果爆裂です。

床板が腐ってる 足を突っ込むこと2回

「ダメです、ペダルが〜」
*壊れた自転車を漕ぐ         俊太郎
カツベン1.jpg

*それをリヤカーで追いかけるヤクザ  安田
*それを人力車で追いかける警官    木村(竹之内豊) 
カツベン3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88605/
3人とも走った方が早いって〜〜 ってな感じ(≧▽≦)

*鉄砲の球は絶対に人に当たらない絶対法則。

最高に笑えたのは
*『タンス野郎』って、いったいなに??? 箪笥は生きている???
 声出すほど笑えます(^ω^)


最後

鑑賞中、俊太郎の弁士としての将来も気になるところですが、平行して梅子との恋の行方も最後の最後まで引っ張る展開にハラハラさせられるのです。大体こんな流れでしたら同じ夢を語り合える2人は結ばれる結末が用意されているだろうなんて、王道的な展開を希望を少し含ませながら、推測するからで・・・


そして 幸せは『キャラメルの味』と例え 
『人生には次回作がある』としめくくります^^


同じようにちょっとしたお得感を感じた作品
「破門ふたりのヤクビョーガミ」もぜひどうぞ

破門.jpg
引用元:http://hamon-movie.jp/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 22:32| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

『TAG』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜《子供顔負け 鬼ごっこで骨折??ジェレミー・レナー》


TAG.jpg
引用元:https://www.amazon.co.jp

こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
フィクションと思いながら鑑賞。終わってビックリ実話だったという事実を知り最高にハッピーな気分に浸れる作品でした。

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「コメディ」
「アクション」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆

  
監督 ジェフ・トムシック


キャスト

ホーギー     (エド・ヘルムズ)
チリ       (ジェイク・ジョンソン)
ボブ       (ジョン・ハム)
ケビン      (ハンニバル・バレス) 
ジェリー     (ジェレミー・レナー) 『メッセージ』
アンナ(ボブの妻)(アイラ・フィッシャー) 

あらすじ

毎年1カ月かけて繰り広げられるルール無用の鬼ごっこの行方を、実話をもとに描いたコメディドラマ。ホーギー、ジェリー、ボブ、チリ、ケビンの5人の仲間たちは、子どもの頃から毎年1カ月かけて鬼ごっこに興じており、大人になった現在も続けていた。中でもジェリーは1度も鬼に捕まったことがなく、他の仲間たちはどうにか彼を負かしてやろうと狙っていた。ある年、ジェリーの結婚式が鬼ごっこの時期と重なることに。仲間たちはこのチャンスを生かして彼を鬼にするべく、張り切って鬼ごっこに挑むが……。
引用元:映画com

TAG2.jpg
引用元:https://variety.com

感想

コメディという情報を見た時から笑いのランクはどのくらい??って想像してしまう癖があるのです^^

何故か?コメディ作品はどのくらい笑えるのか、私の中で評価が厳しくそれは期待の表れでして…思いっきり笑わせてもらいたいわけで〜^^
だから鑑賞前から構える感じになります『そうそう簡単には笑わないぞ〜』って…
しかし、あ〜れ〜鑑賞開始3分で白旗を揚げる始末で(*´▽`*)

『その笑い』は面白いというものと表現するには的確なものではなく、「ありえないでしょ?」的な「こんな発想あり?」みたいな「信じられない!」そして最後に「羨ましい〜〜」嫉妬する気持ちにかられるのです^^

大人買いという言葉がありますが、これは大人遊び 
それも『ガチすぎる』 (ー_ー)!!




多少盛っている感じの演出だからでしょうか、こんなアクシデントがありました。
ジェレミー・レナー、最新作『TAG』で両腕がCGに ― 撮影3日目に骨折、合成用ギブスを装着↓↓↓
ジェレミー・レナー2.jpg
引用元:https://theriver.jp/jeremy-renner-injured/

ジョン・ハムが米国のテレビ番組「The Ellen Show」に出演。そこでジェレミーが骨折した際のエピソードを明かしている。
「その日、僕は現場にいなかったんですが…ジェレミー・レナーが両腕を同時に折ってしまったんです。撮影3日目で、まだ40日以上残っていたんですよ。みなさんに覚えておいてほしいのは、あれだけアベンジャーズ・ムービーに出演してなんともなかった男が、鬼ごっこで両腕を折ったということです(笑)。まるで薪みたいに、マッチ棒みたいに…。」
引用元:https://theriver.jp/tag-jeremy-arms/


確かに鬼ごっこで骨折?(笑)みたいな反応になります。
それにしても CGって凄くないですか?別の意味(笑)
裏側の事情もコメディ感満載です。



わが子の出産時でも
2019-08-31 (3).png

お葬式でも
2019-08-31 (11).png

そして結婚式でも…容赦なく
2019-08-30 (3).png

エイプリルフールのごとく毎年の5月
2019-08-30 (8).png

恒例行事
2019-08-31 (1).png

それでもジェリーは
2019-08-31 (7).png
引用元:TAG タグ(字幕版)(予告編)


最後


鬼ごっこがしたいわけではなく、こんな仲間がいることが羨ましい・・・
いや、だけど、やっぱり、こんなの見たら
私もシンプルに鬼ごっこしたいんだな^^


最後、胸のあたりが温かくなる・・・
本来の『鬼ごっこ』を楽しむ5月最後5分間
それはまさに開始当時の少年達の様に・・・

2019-08-30 (10).png


2019-08-31 (13).png
引用元:TAG タグ(字幕版)(予告編)

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 02:00| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

『華麗なるリベンジ』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜構えず見られる痛快コメディ

 
華麗なるリベンジ1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/85168/


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品 今マイブームの真っ最中ですから、韓国俳優のカンドンウォンを鑑賞すべくこの作品です^^
身に覚えのない殺人容疑で服役することになった熱血検事と、前科9犯の詐欺師がタッグを組み、刑務所内から巨大な権力に立ち向かっていく痛快バディムービー。検事に『ベテラン』などのファン・ジョンミン、相棒に『群盗』などのカン・ドンウォンがふんする。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「コメディ」
「サスペンス」



物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督   イ・イルヒョン




キャスト


検事のピョン・ジェウク (ファン・ジョンミン)
詐欺師ハン・チウォン  (カン・ドンウォン) 
            『MASTER マスター』私たちの幸せな時間』

あらすじ


ある乱闘事件で逮捕された男が尋問中に死亡し、担当検事のピョン・ジェウク(ファン・ジョンミン)は、身に覚えのない殺人容疑で逮捕される。懲役15年の刑が確定し服役することになった彼は、新たに入所してきた前科9犯の詐欺師ハン・チウォン(カン・ドンウォン)と出会う。チウォンが事件の鍵を握っていることに気付いたジェウクは、出所の約束と引き換えに協力を持ち掛ける。
シネマトゥデイより
華麗なるリベンジ.jpg



感想


政治的絡みがある作品なのですが、コメディというだけあって重くならない。
だからといって軽すぎる感じがするわけでもなく…笑いがあっても「クスッ」とする笑いがとてもイイ感じなのです。

詐欺師って、さすがにそれはバレバレでしょうが〜
なんて感じなのですが、そこでそうなるわけね〜^^

華麗なるリベンジ5.jpg

社会的に大事件なのに一回の裁判でいとも簡単に解決されてしまうのですね〜???

つつけば、色々出てくるのですが、あえてツッコミません( ̄▽ ̄)
何故なら、コメディでありますから( ^ω^)無理矢理感も多々ある中それすらも笑いに変えるわけです。ですが気になりませんコメディだから(@^^)/~~~

とにかくテンポよく進む展開は痛快で飽きません、詐欺師の言っている事だから信じられないわけなのですが、ある意味、的を得ていて妙に説得力をかんじてしまい一瞬でも彼を疑う心を忘れてしまう自分に笑いがこみ上げてきてしまう始末…


最後


クールな感じのカンドンウォンが、チャラい感じで間が抜けている三流詐欺師がよく似合っていました。構えず見られて終始ニコニコしながら鑑賞できる事と思います^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

『男子高校生の日常』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜なさそうで…あり?かも(笑)



男子高校生.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78605


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回はちょっと息抜き感覚で見た映画を紹介します。
毎日のように映画を観ていると、何かしら残るものがないと30分も過ぎた後に「何みたんだっけ?」てなること多々ある中でこの作品思いっきり刺さるものがないわけなのですが〜結構記憶に残る何かがありました^^
笑いのツボが分からない???というレビューもありまして評価がいまいちなのですが・・・私的には「いいね!」なわけです


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「コメディ?」




物語    ★★☆☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★☆☆☆



監督    松居大悟  



キャスト




真田北高校に通う
タダクニ  (菅田将暉) 『セトウツミ』『銀魂』『銀魂2』
ヒデノリ  (吉沢亮)  『銀魂』『銀魂2』『斉木楠雄のΨ難』
ヨシタケ  (野村周平)


あらすじ


真田北高校に通うタダクニ(菅田将暉)、ヒデノリ(吉沢亮)、ヨシタケ(野村周平)の仲良し3人組は勉強や部活にも打ち込むことなく、いつもタダクニの部屋に集まっては他愛もないバカ話に興じながら、ダラダラとした生活を送っていた。女の子にモテたくも彼女のいない3人だったが、ある日隣接する女子校と文化祭を共同で開催するという話が持ち上がり……。
シネマトゥデイより



感想


私の経験上男子校の現場を見たことがないので、何と言っていいのかわかりませんが、今どきこんな男子高校生がいるのかしら?一発目の感想です^^


女子に「すみませ〜ん」と声をかけられて
男子高校生2.jpg


フリーズする男子たち
男子高校生4.jpg


絶対『ないない』と思うあの対応に シュールな笑い と 何とも言えない間の取り方で、もしかしたらあり得る???なんて考えがふっとよぎるわけです。そしてこれはあってもおかしくないという妹のスカート事件(そこなの???)というぐらいスカートに執着する展開に理解しがたい笑いが〜〜(≧▽≦)

男子高校生1.jpg



え?ここで白鳥さん?文学少女?高校生なのですね〜(^▽^;)
よくわからないシチュエーションに・・・
なぜ広い砂浜でそこまで接近する???
そして意味不明の会話の内容に アッハッハッ(;^ω^)

男子高校生3.jpg


最後


要はどうしようもない内容の作品なのです。ですが、いいのです。息抜きに見た作品ですから、余計に頭を使わずに気楽に見てください( ^ω^)・・・
似たような「どうしようもない作品」に『セトウツミ』という大好きな作品があります。興味のある方はぜひ見てみて下さい。

セトウツミ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82707/

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 01:12| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

『ルームロンダリング』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜コメディって奥が深い⁉



ルームロンダリング5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88288/photo/

こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「コメディ」



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督    片桐健滋    



キャスト


八雲御子        (池田エライザ)
御子の叔父 雷土悟郎  (オダギリジョー)『ゆれる』『湯を沸かすほどの熱い愛』
春日公比古       (渋川清彦)


あらすじ


幼いころに父が亡くなり母は行方をくらまし、さらに祖母がこの世を去ってふさぎ込んでいた八雲御子(池田エライザ)。そんな御子に叔父の雷土悟郎(オダギリジョー)は、住むところとアルバイトを紹介してくれた。アルバイトは、いわく付き物件に入居する“ルームロンダリング”の仕事だった。自殺して幽霊になった春日公比古(渋川清彦)と生活するようになった御子は、彼のデモテープをレコード会社へ送るよう頼まれ……。
シネマトゥデイより


感想



DVDのパッケージの軽さからそれほど期待せずに、いやいやほとんど期待せずにレンタルしました。
だからでしょうか?思った以上に高評価でしたよ^^


まず初めにルームロンダリングの意味を解説する前置きからの挿入で
「な〜〜るほど」と妙ちくりんな始まりからして噴いてしまいそうになり
軽〜いコメディ感が…掴みはオッケーといった具合です。


そしてオダギリジョーの雰囲気がこういった役柄にドっハマりなのにはいつも感心させられるわけで・・・そんなもので彼を見る度に「有頂天ホテル」での役とのギャップが面白くどっちがいい?みたいな感覚になるのです^^


序盤、八雲御子(池田エライザ)と雷土悟郎(オダギリジョー)の関係性がわからない状態でのストーリー展開なので何となくミステリー要素も加わって『???』更に興味が湧いてくる展開です。
ルームロンダリング2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88288/


そして池田エライザの、つかみどころのない八雲御子を上手く演じていたのがイイ感じで、コメディだからなのか心に傷を負った少女を無理矢理軽く見せるわけでもなく、かといってシリアスすぎるものでもなく、人生あまり期待しない方がいいかもね〜ぐらいの軽さで、見る側に負担を感じさせない…そんな演技に好感が持てるのです^^


ですが今の世の中『どうにでもなれ〜』なんて思って生きている人はいくらでもいるでしょう、その気だるさの様な、無力感的な空気感が不可解な2人の関係でより強烈に感じる上、オダギリジョーの軽い演技が更に拍車をかける事言うことなしでしたね〜



そして何より準主役の幽霊達の存在がとってもイイ感じなのですよ。呪縛霊ってこんな見方をすると面白い〜なんて思ってみたりして…そんな存在が見える人にはとんでもないことなのでしょうがね^^

ルームロンダリング1.jpg


ルームロンダリング3.jpg


ルームロンダリング4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88288/


最後

終盤に謎が次々と明かされる展開に、これってシックスセンス??と思わせる事に少なからずガックリするのですが、次の瞬間、頭の中が『???』で一杯になり『え?違った?』なぜか・・・これ以上はネタバレになってしまうので内緒にします^^ですので興味がありましたら鑑賞してくださいね。

不思議と
あるわけないだろう〜が、いや、あってもおかしくないかもね〜と思うわけです。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします




posted by ゆらり at 22:53| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする