2021年02月17日

『すばらしき世界』 (2020)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜最高のキャスティングにまるで川が流れるような描写『哀しくも美しい世界観』際だつ脇役魅力全開


すばらしき.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92069/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
『ゆれる』『永い言い訳』などの西川美和が脚本と監督を手掛け、佐木隆三の小説「身分帳」を原案に描く人間ドラマ。原案の舞台を約35年後の現代に設定し、13年の刑期を終えた元殺人犯の出所後の日々を描く。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「実話」    

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆
音楽    ★★★★★


監督  
 
西川美和
西川監督.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92069/interview/

キャスト

三上 (役所広司)『蜩ノ記』『三度目の殺人』『関ヶ原』『十三人の刺客』
すばらしき1.jpg


テレビディレクターの津乃田  (仲野太賀)
プロデューサーの吉澤     (長澤まさみ)
すばらしき2.jpg

スーパーの店長 松本 (六角精児)『銀魂』『銀魂2』
すばらしき3.jpg

市役所役員 井口   (北村有起哉)『本気のしるし』『ヤクザと家族』
弁護士夫婦      (橋爪功、梶芽衣子)『破門ふたりのヤクビョーガミ』
やくざ組長の姐さん  (キムラ緑子)

あらすじ

下町で暮らす短気な性格の三上(役所広司)は、強面の外見とは裏腹に、困っている人を放っておけない優しい一面も持っていた。過去に殺人を犯し、人生のほとんどを刑務所の中で過ごしてきた彼は、何とかまっとうに生きようともがき苦しむ。そんな三上に目をつけた、テレビマンの津乃田(仲野太賀)とプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、彼に取り入って彼をネタにしようと考えていた
シネマトゥデイより

感想

私の大好きな役所広司(別名 役者広司^^)が主役ですから見ないわけにはいかないわけで、速攻劇場Gotoです(自粛制限中ですが…)
最初に言っておきますが、監督色がこれでもか〜〜と出ておりまして、一癖も二癖もあり好みはわかれるのかな?なんて思う訳なのです。

ですが、もう何年も前に観た『ゆれる』(2006)なんて今でもラストシーンのあの一瞬を忘れることが出来ないぐらい、監督は個性的な役者の魅力を最大限まで引き出すことに長けた人なのだろうと、今回の作品を観ながらほくそ笑むのでした。
ゆれる.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/1759/photo/

実話を元に作られた作品を多々観てきましたが、やはり感動域まで達する作品はみな一様に役者が当事者にどれだけ近づけるかが勝負(笑)だとおもっています。
そしてこの作品その点においては文句なしのパーフェクトと言っていいのではないかとおもうのです


受刑者三上(役所広司)を見た瞬間に『うわ〜〜本物だ〜〜』(笑)ってね^^

三上(役所広司)の圧倒的な存在感はさることながら、個性的な脇役の魅力を余すことなく表現していることに深いため息とともに満足感を得られることとおもいます。

普段、脇役の名前は(印象に残らない方、出番が少ないなど)はブログ記事には省略するのですね、ですが今回は三上同様にインパクトが強すぎて、みな取りこぼすわけにはいかないそんな思いで名前だけでも、とアップしました^^

昨日観た作品を思い出しながらブログ記事を書いているのですが、しばし鳥肌がたちます(; ・`д・´)

特に印象に残ったことは『音楽』バックに流れる音楽が最高に良かったです。
大きな動きをするわけでもないこの作品、短調になりがちな内容だけにこれといった「見せ場」などなさそうなのですね。

ですが、音楽が作品全体をまるで川の流れのようにとどまること、よどむことなくストーリー展開する潤滑油のように…最後には、まるで美しいラブストーリーを観ているかのごとく錯覚してしまいそうになります。

西川監督がこんなことを言っています
津乃田が大浴場で三上の背中を流しながら語りかけるシーンや、キムラ緑子が扮した暴力団組長の妻・マス子が三上に「やけど空が広い。不意にしたらあかんよ」と伝えるくだりからは、そこはかとない“愛情”を感じる。決して数は多くないにせよ気遣い、思ってくれる存在がこの世の中にいるということを、三上は徐々に噛み締めていく。このことこそが、三上にとっての幸福といえるのではないだろうか。
引用元:https://eiga.com/movie/92069/interview/

そう、男女におけるラブストーリーだけではなく、人間の奥底から湧き出る『愛』そのもののラブストーリーなんです。
『背中を流す』ただそれだけで涙が止まりません(*´Д`)

また、仲野も
「日本映画界の大黒柱である役所さんが目の前にいて、僕が憧れてきた日本映画を支えてきた超一流のスタッフさんがいて、西川組という場所自体が中学生の頃から憧れてきた聖域そのもの。色々な現場で経験を積んで、ようやく辿り着けた場所。これまでに自分自身が積み上げてきたものが試される瞬間というのがいっぱいあったし、それ以上に僕という人間そのものが試されている瞬間もあった気がします。
引用元:https://eiga.com/movie/92069/interview/

序盤から終盤にかけ津乃田の変わりゆく様に目を見張るようでした。内面の心の動きが手に取るようにわかることに驚かされてしまいました。
最初は「仲野太賀」???と違和感を隠せなかったのですが、最終的にとてもいい演技と評価したくなることに『申し訳ございませんでした』と謝っておきます(≧▽≦)

津乃田も三上も自分を偽ることなく「純粋なまでの優しさ」を表面化していく様にハートを撃ち抜かれる気分になることでしょう。

最後

こんな映画を見るたびに「犯罪者」を許していいのだろうか?みたいな疑問と否定の自問自答と葛藤を繰り返すのです。
解決できない問題を常に提示され困惑する始末です。
あなたならどう思う・・・

関連作品もぜひどうぞ
『悪との距離』
悪5.png
引用元:https://f4.tv/aku/index.html

『私たちの幸せな時間』
私達の幸せ1.jpg


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 20:03| Comment(0) | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

『ビリーブ 未来への大逆転』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜言葉の魔力ふたたび



ビリーブ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89008/

こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


この作品、女性である私にとっては気になるものですから、速攻鑑賞してまいりました^^
女性であるが故に〜的な作品は多々ありまして、そんな中で少なからず今の私にはかなり響く作品でありましたね

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「実話」
「ヒューマンドラマ」
「サクセスストーリー」



物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督    ミミ・レダー  


キャスト


ルース・ギンズバーグ   (フェリシティ・ジョーンズ)『博士と彼女のセオリー』
マーティン・ギンズバーグ (アーミー・ハマー)
ドロシー・ケニオン   (キャシー・ベイツ)


あらすじ


貧しいユダヤ人家庭出身のルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)は、必死に努力して名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時在学していた女性は500人中たったの9人で、女子トイレすら設置されていなかった。家事と育児に理解のある夫マーティン(アーミー・ハマー)の助けもあり、ルースは首席で卒業する。しかし女性というだけで法律事務所に就職することができず、大学の教授になる。
シネマトゥデイより


感想


同じ様な作品で私の好きな
『ドリーム』
ドリーム.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/86262/photo/

『グレース・オブ・モナコ』
グレース・オブ・モナコ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78313/photo/

があります。
女性であるが故にはだかる大きな壁を柔軟に乗り越えた彼女達は私の大きな希望と憧れの存在になりました。

Rbg85.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89193/photo/

彼女達は、多くの男性に囲まれ性差別的、人種差別的な環境の中それに屈することなく本来の魅力を能力を発揮した人物です。そんな逆境の環境でありながら彼女達を支えていた男性の存在もあったことも忘れる事が出来ません。
今回の作品の中のマーティン・ギンズバーグの様に^^とても素敵なご夫婦なのです。

ビリーブ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89008/

ルースが「これ以上は無理」そう思う時ですら夫マーティンは 『君の夢はこんなことだったのか⁈』そんな問いかけを彼女にぶつける様は、お互いの信頼関係がなせることなのだろう…そんな夫婦関係に羨ましく、憧れを抱いてしまうのでした。

ビリーブ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89008/

映画枠2時間というのは無理があるな〜と思うことが多々ありまして、この作品も例外ではないのですが細かい描写がもう少し欲しいと…
ボヘミアンラプソディーを見て思ったのですが、ラジオで流せる一曲の時間枠、それと同じく人間が集中できる時間があるのもわかるのです、でも作品の展開がアバウト過ぎて背景が掴み切れず状況を微妙に把握できない為に描写が雑に感じてしまうのですよね〜(/ω\)


最後


作品の全体的な流れはありがちな展開なのですが、終盤のルースのスピーチにどんな立場の人間であれ心を動かされない人はいないのではないでしょうか。この『言葉の魔力』に私は憑りつかれておりまして『英国王のスピーチ』『ウインストン・チャーチル』『グレース・オブ・モナコ』にみるように彼らたちの発する『言葉の魅力』に人々は心を鷲掴みされてしまうことになるのではないでしょうか^^

ビリーブ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89008/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします







posted by ゆらり at 09:15| Comment(0) | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

『ハクソー・リッジ』(PG12)きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜信念の強さ・生き方そのもの



ハクソーリッジ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/85972/gallery/



こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。

初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今年は雪の被害が多く報道されていますが、私の住むところは普段通りの生活を出来ることに本当にありがたいな〜と実感してしまうほどです。
映画館にも足を運べて楽しい時間を満喫出来るのですからね^^
ですが、今回は外出しなくても気になったらネット配信で見られるものをアップしてみたいと思います。



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「実話」



監督    メル・ギブソン


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★☆
映像    ★★★☆☆


キャスト



デズモンド (アンドリュー・ガーフィールド)
妻     (テリーサ・パーマー)
父     (ヒューゴ・ウィーヴィング)



あらすじ

第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、人を殺してはいけないという信念を持ち、軍隊に入ってもその意思を変えようとしなかった。彼は、人の命を奪うことを禁ずる宗教の教えを守ろうとするが、最終的に軍法会議にかけられる。その後、妻(テリーサ・パーマー)と父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の尽力により、デズモンドは武器の携行なしに戦場に向かうことを許可され……。

シネマトゥデイより

感想


戦争モノの映画は正直好きではないのでチョット躊躇してしまいましたが、当時こんな人物がいたことに驚き、それ以上に感動する実話でもありました。中盤まではかなり強烈な映像に顔をしかめ、身をよじりながら見ていました。それはデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)の父の「戦争体験者としての話」の中でもあったように心に傷を負って帰ってくるのが当たり前の事と捉えられるほどの実体験を目の当たりにする衝撃的なものなのです。


この作品は容赦なく戦争の醜い部分を描いていて、いとも簡単に死んでしまう『人間の死』を淡々と無表情に事務的に描写されていることに戦うことの無意味さを痛烈に批判しているかのようにすら感じるものがありました。


沖縄を舞台としている作品なのですが、沖縄をクローズアップすることなく軽視し過ぎているかのような作り方に批判もあるようですが、私個人の感想ではそんな想いは全くなく、作品の中心はでデズモンドの生き方そのものであると思っているわけで、彼の信念の強さ、さらには信念に基ずく彼の生き方にかなり感銘をうけるほどでした。


『沈黙』(過去記事)でもそうでしたが、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)の容姿は‟もやし”のようにひょろひょろとしているわけで、一見頼りない青年に感じられ、軍隊でもいじめにあうことすら容認してしまいたくなるオーラをまとっているのです。が、そんな見かけとは相反する彼の信念の強さが周りの者たちをも徐々に巻き込みながら、同時に戦争の有無を観客の私に訴えかけてくるほど強烈なメッセージをはなってくるのです。

ハクソーリッジ2.jpg

引用元:http://eiga.com/movie/85972/gallery/5/


デズモンドが軍隊に志願した目的を見失いそうになった時、自分の無力さに打ちひしがれて、彼は『神との対話』を初めて試みるのです。それは俗に言う「溺れる者は藁をもつかむ」に似た感覚だったのではないでしょうか。そして奇蹟が起こるのです。デズモンドは自分の使命の為に「死」を恐れる事なく行動を起こす様は人種の垣根を超え彼を応援する私(自分)がいることに気づくのです。

ハクソーリッジ3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/85972/gallery/2/

沖縄だから、アメリカ軍なのに、などの偏見はなくただひたすら戦争の無意味さを痛感する彼の行いのみに感動するだけでした。


最後


彼が信念の基とった行動は彼が彼である為にとても重要なことであり、自分に嘘偽りなく生きる術だったのではないでしょうかね^^彼のように強い信念を持てるならば人生はシンプルで楽なのではないかと、とても羨ましく感じるのでした。



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:39| Comment(0) | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

『黄金のアデーレ 名画の帰還』きっと映画が見たくなる!ゆらり〜ヘレン・ミレン・エネルギッシュで魅力的


黄金のアデーレ.jpg
引用元:http://eiga.com/news/20150830/3/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


秋ですね〜
読書もいいけど、映画みましょ!!^^


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します



この名画『黄金のアデーレ』に起こった知られざる『不幸ともいえる出来事』ですが、この事をきっかけに世に知れ渡ることになったのも事実であることをふまえると、『不幸』とは名画に対するものではなく、もともとの持ち主に対するものですね^^

戦争という時代の流れを受け、限られた空間から飛び出した名画『黄金のアデーレ』はより多くの人を喜ばせる結果につながったわけですから。沢山の人と喜びを分かち合えたことは画家であるクリムトには大きな喜びになったのではないのでしょうか。




私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!


「実話」
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。


監督      サイモン・カーティス


物語     ★★★☆☆
映像     ★★★★★
キャスト   ★★★★★


キャスト


マリア・アルトマン (ヘレン・ミレン)『グッドライアー 偽りのゲーム』
                   『マダム・マロリーと魔法のスパイス 』
                   『すばらしきかな、人生』
                   『ANNA/アナ』

新米弁護士ランディ   (ライアン・レイノルズ)
    
黄金のアデーレ.jpg

あらすじ


アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、グスタフ・クリムトが描いた伯母の肖像画で第2次世界大戦中ナチスに奪われた名画が、オーストリアにあることを知る。彼女は新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オーストリア政府に絵画の返還を求めて訴訟を起こす。法廷闘争の一方、マリアは自身の半生を振り返り……。
シネマトゥデイより

黄金のアデーレ2.jpg


感想


この名画にまつわる過去には、ちょっとビックリです^^
芸術は生まれた時代によってあまりにも違いがあることに、時代の流れを痛感しますね〜現代であれば『SNS』で発信すると同時に評価される時代ですから、名画と言われることはなくても『素人の趣味の絵画』であってもお金を払ってもいいと評価される、『仕事として成り立つ』世の中になっているのですからね。

『絵なんかでくっていけるのか!?』なんて昔のセリフはもう死語のものになりそうですね^^


世界的に評価の高い『黄金のアデーレ』ですが、本来は個人の為の絵画であったわけですから、個人の思い出と共に生涯における『大切な宝物』なのですね。
ナチスに奪われてしまった事はしょうがないとしても、オーストリア政府の対応には怒りを通り越して、不信感しか感じません。


持ち主が分かっているのに返さない! 『え?なぜ??』
鑑賞中、感じていた『この感覚』よくあるものだな〜と思い出しました。
決められたマニュアルにしか従わない。

個人レベルで普通に考えたら、こんな考え方しませんよね?
「戦争中に奪われた貴方の叔母さんの絵だったんですね?」
「ごめんなさい、知りませんでした」「では返します」
ってなりそうなものかと( ^ω^)・・・


人間は『大きな存在』の中にいると、全ての個々レベルの『小さな存在』が対等であるということを忘れてしまうのでしょうね(この作品で言えば、オーストリア政府)他者よりも、自分が上にいる者のように『偉い人』のような錯覚をおこしてしまうのかもしれません。ですがこれって、世の中どこにでも普通にありそうな事例ですね、しかも日常的に^^自分も例外なくです^^


黄金のアデーレ3.jpg

そんな『非常識な考え方と法律』を相手に、長い月日を費やして結果を出すまで、マリアと弁護士ランディが政府相手に戦うわけですが。その間、2人の微妙な心の動きや想いが見事に描き出されています。

黄金のアデーレ4.jpg

当初2人は同じレベルでの想いはなく、『弁護士としての仕事』であったランディですが時間の経過と共に彼の中にある思いが触発されて熱い思いに変わっていく様がとてもステキなのです。

まるでオリンピックでメダルをとる、そんな道のりを描いているような感動がありましたね
( ^ω^)・・・
そして判決が下された瞬間の痛快さは、水戸黄門で言えば『印籠タイム』のよう(≧▽≦)

黄金のアデーレ1.jpg

最後


法律というものに疑惑を感じる為か、政府を含め『敵対心』を感じずにはいられないのですが、作品の中での最終裁判において、ランディに対する裁判長の言葉が最高にステキだったのです^^こんな解釈を瞬時に出来るこの方はレベルが違いすぎる〜(≧▽≦)と、法の下の平等を少しみなおしてしまうほどでした。


そしてマリア・アルトマンを演じるヘレン・ミレンが気品をまといながら、とても美しくそしてカッコイイ!ステキな女性を演じていました^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜(≧▽≦)


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 07:00| Comment(0) | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

『聖の青春』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜松山ケンイチかなりいいね!


聖の青春.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/84239/

こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


秋ですね〜
読書もいいけど、映画みましょ!!^^


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します



体重を増やし役作りに挑んだ主人公(天才棋士・村山聖)役、松山ケンイチもしかり、共演の羽生善治を演じる東出昌大もかなりの高評価であったこの作品、なにか未来に宿るロマンのようなものを感じる仕上がりになっていましたね。


以前テレビで撮影前の松山ケンイチが出演していたのですが、太りすぎであまりの変わりように奥様の料理がおいしすぎるのかな〜?? なんて思っていましたが
「あ〜なるほど」と、この作品に対する意気込みを今更ながらに実感する次第です。ですから期待してもらってもいい作品だと思います^^




私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!


「実話」
29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯をつづる大崎善生のノンフィクションを、松山ケンイチ主演で映画化。


監督     森義隆


物語    ★★★★☆
映像    ★★☆☆☆
キャスト  ★★★★★


キャスト


村山聖      松山ケンイチ
羽生善治     東出昌大
江川貢      染谷将太
森信雄      リリーフランキー


あらすじ


幼少期から難病を患う村山聖は、入退院を繰り返す中で将棋と出会い、15歳で森信雄に師事する。10年後、名人になる夢をかなえるべく上京した聖(松山ケンイチ)は周囲に支えられながら将棋に全力を注ぎ、七段に昇段したころ、同世代で名人のタイトルを獲得した羽生善治に激しいライバル心を抱く。さらに将棋に没頭する聖だったが、がんが彼の体をむしばんでおり……。
シネマトゥデイより



感想



これは『聖の人生だけ』ではなかったと言い切れるほどの「彼に関わる将棋関係者」にとって聖の存在は、自分の人生を左右するものなのではないのでしょうかね〜実際に存在した彼の生き方に強烈な刺激を受け、今後の人生に常に彼の存在がつきまとう将棋人生になるような氣がするのです^^



松山ケンイチが体重増加してこの役に挑んだわけですが、違和感を感じることがなかったことに改めて驚くと共に、東出昌大の羽生善治にもかなり驚きましたね^^それはそうでしょうね〜作品を見ればわかると思いますが、聖と対等いや、それ以上に世間から騒がれていた羽生善治ですから、それなりのオーラをださないわけにはいきませんからね。役者としては本気で挑むのは必至ですよね。にしても「そっくりそのまま??」と一瞬でも思いますからスゴイわけです。


羽生善治.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/84239/



『3月のライオン』(過去記事も合わせてどうぞ)でも感じましたが、
やはり同じ仲間としての共感できるものがあると思うのです。
この作品の中で、村山聖が『羽生さんの見ている海はみんなと違う』それに対して、羽生善治が『いつか一緒に見に行きましょう」と言うシーンがあるのですが、これがとてもとても、いいワンシーンなのです。2人に通じる何か合言葉のようでいて、しかも村山にとって希望にもとれる羽生善治の応援メッセージのようで、未来を感じさせる『ロマン』があるのです^^




また村山が師と仰ぐ存在の森信雄(リリーフランキー)がまたいい味をだしていました。短き命の村山に対する接し方が何とも柔らかく魅力的なものでした。村山が他界することを周りの皆知っているが、どうすることも出来ない現実、だから淡々と生きるしかないわけで・・・村山同様、彼に関わって生きてきた人も村山と同じくらいの『生き方』を考えながら、今後の人生、生きていくように思えるのです。

リリーフランキー.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/84239/


最後


村山聖はある意味幸せだったのではないかと??
不謹慎と感じる方もいるかもしれませんが『将棋の為に生きること』それは『人生を迷うことなく生き抜いた』と羨ましく思うからです。一途過ぎるほどの人生、そこまでに思い込める『何か』が見つかると
人生はとても豊に感じるのでは?と思うのは、私だけでしょうかね〜^^



『大丈夫ですよ、人は誰でも最後は死にますから」
この言葉が妙に耳に残る・・・村山聖が言ったからでしょうか・・・



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜(≧▽≦)


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 07:00| Comment(0) | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする