2018年12月10日

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜まだまだ続くよ・どこまでも〜(笑)


ファンタスティックビースト2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88154/gallery/16/



こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ファンタジー」
「ミステリー」



物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


    
監督    デヴィッド・イェーツ


キャスト


ニュート・スキャマンダー      (エディ・レッドメイン)
                 ファンタスティックビーストと魔法使いの旅
                 博士と彼女のセオリー
                 リリーのすべて
黒い魔法使い グリンデルバルド   (ジョニー・デップ)
ダンブルドア           (ジュード・ロウ)
                 ベストセラー編集者パーキンズに捧ぐ
クリーデンス・エアボーン     (エズラ・ミラー)


あらすじ


ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、学者として魔法動物を守るため、不思議な空間が広がるトランクを手に世界中を旅している。ある日、捕まっていた“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃亡する。ニュートは、人間界を転覆させようと画策するグリンデルバルドを追い、魔法動物たちと一緒にパリの魔法界へ向かう。
シネマトゥデイより


感想



最初にいっておきますが
続編がある作品なのだという事を忘れず鑑賞してください(笑)
そのことをすっかり忘れて、見終わって思わず映画館で『え〜〜〜』と、まるで我が家で鑑賞しているかの様に、大きな声をだしてしまい少し恥ずかしい思いをしてしまいました。なぜか?結末を観るつもり満々で鑑賞に行っていた自分に要注意ですね(;^ω^)


今回は、前作のラストシーンに登場した『驚きの人物』を中心に作品が展開していくことになるわけですが、前作の主要人物は引き続投、その他に新たなキャストも登場することで更にワクワクがパワーアップすることになるわけです。。


特にダンブルドアが若かりし頃は超イケメンだった(笑)という設定なのですがギャップがありすぎ==って感じですからね〜^^
これはワクワクではありませんね(^▽^;)
イケメンは目の保養だから細かい事はあまりうるさく言わない方がいいですね^^

ファンタスティックビースト2・1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88154/gallery/14/


ただ黒い魔法使いのジョニー・デップは不気味なインパクトがありすぎ==で
浮いてしまわないか?と思いましたが冷淡な表情がとてもマッチしていて良かったですね〜そうダンブルドアと対比することで『黒』の魔法使いが更に漆黒をも感じさせる雰囲気なのですよ。

ファンタスティックビースト2・3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88154/gallery/14/


そして前回同様にCGの映像に息を呑む事は必至です。しょっぱなから休む間も与えないリアルな映像とスピード感に圧倒させられるわけで、しばし忘れていた前作のジェットコースター並の展開を思い出すことになるわけです。
序盤の展開はハリーポッターでも感じられた『闇の世界』を彷彿させる描写がハリポタファンにはたまらないのではないかと、ふっと思うのでありまして、魔法という不思議な未知の世界感を感じさせる…そんなところでしょうかね〜^^


不思議と言えば、新たな魔法動物も登場してくることでトランクの中はファンタジーで一杯。そしてその動物たちも、活躍する場面が多々ある展開に微笑ましくなってしまうこと必至です。


最後


最後忘れてはいけないキーマンがもう一人、このシリーズ全てに通して『彼の存在が大きな鍵』になるのでしょう。

ファンタスティックビースト2・2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88154/gallery/3/


そしてクリーデンス貴方は一体だれなの???
ラストシーンの「グリンデルバルド」の言葉に
驚きの声『え〜〜〜』となるわけです( ゚Д゚)
1度ならずも2度までも、ラストシーンに観客のどよめきを期待しての作品作りと想像します。ですから次回作も多分、きっと、そうでしょう。
だから、あえて、ラストシーンに大きな期待を込めて鑑賞したいと思います^^



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 19:45| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

『ビッグフィッシュ』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜空想と現実のブレンドの素晴らしさ!



ビッグフィッシュ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/1290/photo/



こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「ファンタジー」
「ヒューマンドラマ」



物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督   ティム・バートン  



キャスト



ウィル        (ビリー・クラダップ)
ジョセフィーン    (マリオン・コティヤール)
ウィルの父親エドワード(アルバート・フィニー)  (ユアン・マクレガー)


あらすじ



ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤール)の結婚式で、ウィルの父親エドワード(アルバート・フィニー)がウィルの生まれた日に釣った巨大魚の話を始めるのだが……。
シネマトゥデイより


感想


う〜〜ん ティムバートン!!ってな感じですね〜^^
この空想と現実の曖昧なグラデーションの・・・境目のない境界線・・・
親子の確執を『曖昧でしかも明確に・・・』矛盾しているように感じるでしょうが、分かりやすく表現するとこんな風に^^



少なからずどの家庭にでもありそうな親子の関係でしょう。この自己主張の譲らない親子の言い分をファンタジーを交えてあたかも幻想の世界なのか?と感じさせる描写は、さすがティムバートンならでは( ^ω^)そう思える作品でしたね。
そしてユアン・マクレガーが何とも似合う役柄でして、いい味をだしておりましたね^^

ビッグフィッシュ4.jpg
引用元:ヤフー映画

エドワードの過去をファンタジー色豊かに織り交ぜて描いているわけですが、どこまでが現実の物語なのか?夢の世界に連れて行かれてしまったのか?不思議な感覚を覚える描写に何と掴み切れない心地良さを感じる事でしょう。


ビッグフィッシュ2.jpg


ビッグフィッシュ3.jpg
引用元:ヤフー映画


明確な『これだ!!』という回答はないものの、子供の頃の想いを大人になった自分がいつの間にか妥協できる年齢になってしまった・・・ウィル。納得できないにしろ、妥協はできる、そんな年齢に。それはまるで監督ティムバートンその者なのかもしれません。



最後


映画を見ながらよく思うのですが、作品の中に監督を感じるのですね。「当たり前だろ〜」と言われるかもしれませんが、それは監督色というよりも監督その者の人生なのかもしれないと思えるものだったりするわけです。好みうんぬんというよりも自分の人生を描いているのではなかろうか?そう思える作品によく会います。監督自身のエッセンスをふんだんに織り交ぜて作品を仕上げる。何とも贅沢な感じがしますね^^


そして『ビッグフィッシュ』何の象徴だったのか?あまりにもグレーゾーンの多いこの作品に白黒付けたがる私には、ちと複雑な想いと消化しきれない人間の想いが後味として残るのであります。




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 21:10| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

映画紹介ゆらり「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」ハリポタよりもいいんじゃな〜い♪〜(´ε` )



ファンタスティック・ビースト.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82276/



こんにちは〜映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します
私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでブログを綴っています


氣になった作品をみて元氣になってもらえたらそれだけでHappy〜



それでは

作品紹介
いってみよ〜う

  
  「ファンタジー」



   物語    ★★★★★
   キャスト  ★★★★★
   ワクワク  ★★★★☆
   映像美   ★★★★☆


 
監督      デヴィッド・イェーツ  



キャスト 




魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)
                  『博士と彼女のセオリー』
                  『リリーのすべて』
ティナ・ゴールドスタイン      (キャサリン・ウォーターストン)
クイニー・ゴールドスタイン     (アリソン・スドル)
ジェイコブ             (ダン・フォグラー)



あらすじ



魔法動物学者ニュート(主人公)はトランク片手にニューヨークにやって来た。 
彼の目的は魔法動物の調査と保護。トランクの中身は想像を超えた不思議な世界。その彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。そして街中がパニックに・・・

ファンタスティック・ビースト2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82276/


感想


最近活躍中のエディ・レッドメインが主役どんな作品になるのか?ワクワク、ドキドキしながら劇場へ(≧▽≦)


ハリーポッターとは全く違う世界観で、更に壮大なスケールで今までにないものを体験できる。脳みそのタガが外れてしまい、新たな可能性を発見できる感動を味わえた〜ワクワクはうらぎられない(笑)


休む間もなく早いテンポの展開に魔法の世界へどんどん引きずり込まれていき瞬きすることも忘れてしまう自分を発見。主役のエディもさることながらクリーデンス役のエズラ・ミラーに異様な存在感を感じずにはいられない、役作りの過程を知れば、なるほど納得してしまう。そして たぶん きっと・・・彼の演技には誰もが騙されてしまうでしょう^^


そして魔法という固定観念が変わるかもしれない、まるでジェットコースターにでも乗っているかのように
映画を観る感覚に陥ってしまうはず「スピード感が凄まじい展開」にボ〜としている暇を与えてくれないのだそんな展開も徐々にスローペースになる終盤、事態は収束に向かう中・・・最後まで観客を飽きさせない、このワンシーンにオドロキとそしてかなりの興奮を・・



最後



次回に繋ぐ伏線を頭に刻みこませ、誰もが気になるであろう「その後を」胸が温まる想像を掻き立てラストシーンで締めくくるのである・・・最後はほっこり笑顔になれる。
そして たぶん きっと トランクが欲しいと思うのは私だけではないでしょう^^

ファンタスティック・ビースト3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82276/


映画の為に生きている(笑)
映画というビタミン剤
映画って本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
”ポチッ”といいね!お願いします






posted by ゆらり at 23:02| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

映画紹介ゆらり「ヒューゴの不思議な発明」スコセッシの映像は美しい



ヒューゴ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/56064/photo/



「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた 「映画という素晴らしいものに」感謝します


遠足でのお弁当確認のごとく、映画館では必ずハンカチを用意してからの鑑賞が当たり前。忘れたときの落ち着きのなさは半端ない!!まるでお弁当に箸を忘れた時のようだね^^


そんな私が「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでブログを綴っています
私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)


紹介映画を楽しんでもらえたら とっても ウレシイ!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う



「SF ファンタジー」

 
 希望   ★★★★★
 愛    ★★★★★
 映像美  ★★★★★☆彡
 物語   ★★★★★



監督 マーティン・スコセッシ 
    『シャッターアイランド』
    『沈黙〜サイレンス〜』


キャスト



孤児の少年ヒューゴ  (エイサ・バターフィールド)
           『ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち』
           『僕と世界の方程式』

少女イザベル     (クロエ・グレース・モレッツ)
ジョルジュ      (ベン・キングズレー)


あらすじ



1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、亡き父が残した機械人形。壊れたままの人形の秘密を探るうちに、イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。そしてヒューゴは、機械人形には驚くことにジョルジュの人生に関わる大きな秘密が隠されていることに気づくのである。


感想



監督の名前に釣られて劇場へ(笑)本当に良かったですね〜。舞台は1930年パリ駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴが主人公、彼の心のよりどころは亡き父親が残した謎の機械人形だけ…スコセッシはどんな作品に?興味津々で観賞しました^^

機械人形.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/56064/gallery/2/

冒頭から、年代を感じさせないほどのリアリティーな3D映像に、あっという間に引き込まれていってしまうこと間違いなしです^^間髪入れずに場面が変わっていく展開に『映像が美しい』の一言。まるで自分が駅舎の中で優雅にお茶でも飲んで、行きかう人々を眺めている気分になるほどです。


そして、ヒューゴの視点での映像に『ブルーアイ』がアップで強調されているのがとても印象にのこります。『淋しげで繊細でもの悲しい彼の瞳』これだけの事なのですが、ヒューゴの背景が多くを語らずとも想像出来てしまうのです。スゴイ映像技術とで?もいいますか、演出?とでも言いますか、ま〜とにかく素晴らしいのです^^これじゃあ〜まるで、小学生以下の感想文ですね^^テヘッ


余談ですが、私はこの作品からエイサ・バターフィールドのファンになってしまいました。俗に言う「瞳のとりこ」です^^魅力的な瞳は、目力という感じではなく、う〜ん、いつまでも見ていたい?と思わせる瞳でした。
(意味不明?かしら^^)


エイサーバターフィールド.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/56064/gallery/



ヒューゴが生きる『現在』とジョルジュの『過去』が「機械人形の鍵」がカギで(洒落じゃあありませんからね、本当に鍵がカギなのです)繋がるのです。過去と未來がリンクする事で謎が深まり、更に謎が観客を引き付ける。ここまでくると目が離せない状況です(≧▽≦)



希望を失ったクリエイター『ジョルジュ』に再び命を吹き込んだのは、若きクリエイター『ヒューゴ』機械人形は未来と過去を新たな方法で繋いでいく役目をはたしたのです。『世界が一つの大きな機械ならぼくは必要な人間なんだ』ヒューゴの言葉ですが、『人はそれぞれの役目を担っている』と、これはスコセッシの強烈なメッセージなのでしょうね( ^ω^)・・・

機械人形.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/56064/gallery/


最後


なによりあふれんばかりの『ファンタジー作品』でしたので、ビックリしたことと同時に予想を遥かに越えた満足感を得られました。スコセッシのもう一つの一面に いいね



私のお気に入りの一つです。映画を観たあともビデオで3回観ましたよ〜
ぜひ見ていただきたい作品の一つです^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね

最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 23:44| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

映画紹介ゆらり「トゥモローランド」不思議な少女アテナは一体何者?



トゥモローランド.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/79351/photo/



「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋 
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた 「映画という素晴らしいものに」感謝します

遠足でのお弁当確認のごとく、映画館では必ずハンカチを用意してからの鑑賞が当たり前。忘れたときの落ち着きのなさは半端ない!!まるでお弁当に箸を忘れた時のようだね^^そんな私が「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでブログを綴っています


私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)

氣になった作品をみて元氣になってもらえたらそれだけでHappy〜



それでは

作品紹介
いってみよ〜う



「アクション ドラマ」
「SF ファンタジー」


物語    ★★★★☆
 ドキドキ  ★★★★☆
 謎???  ★★★★☆
 希望    ★★★★☆彡
 ワクワク  ★★★★☆彡


監督   ブラッド・バード


キャスト


不思議な少女アテナ(ラフィー・キャシディ)
17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)
フランク(ジョージ・クルーニー)


あらすじ


17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)が見覚えのないピンバッジに触ると、自分が思い描いた別世界へと入り込んだ。バッテリー切れで現実の世界に戻ってきた彼女の前に、不思議な少女アテナ(ラフィー・キャシディ)が現れる。そしてケイシーにトゥモローランドに戻りたいのなら、フランク(ジョージ・クルーニー)という男性を訪ねるよう助言する。

シネマトゥデイより


感想


正直驚きでしたディズニーがこんな手法で訴えてくる展開に・・・

地球の未来を破滅させるのは人間である。何度も警告を発信していたのになぜ変えようとしない?

『悪いのはモニターじゃない君らだ』このセリフが全てをかたっている。見方をかえれば"地球からの強烈なメッセージ"である、受けとる側の問題が全てというわけだ。いまが動き出すその時なのかもしれない。



序盤 夢のような近未来を想像させる。

トゥモローランド2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/79351/gallery/4/


訳の分からないバッジのおかげで見たこともない不思議でワクワクする世界へトリップしてしまうケイシー。どんなストーリー展開なのだろう?と興味そそられるのです、謎の少女アテナは?・・・そして題名「トゥモローランド」などから明るい未来を想像してしまうのです(ピーターパ ネバーランドを想像し過ぎかしら〜笑)

トゥモローランド3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/79351/gallery/4/


ですが、楽しくワクワクする内容から一転して終盤に向けて「あれっ?こんな方向にいってしまうの〜〜」ってなんだか怪しい雰囲気に進んでいってしまうのです。大人になるにつれて見たくない現実と向き合い、絶望と葛藤が入り交じった氣持ちを抱え解決の糸口が見つからないフランク、そんな彼に共感出来る人は多いはず。未来が希望の持てないものであるなら、生きることさえも無意味に感じる・・・どうにでもなれ!!そんな気持ちになってしまうのもうなずけてしまうわけです。


最後は子供の頃の想いに、悲しみと共に別れを告げ、未来に向けて動き出す中年のフランク。心は希望を持っていた昔のままに・・・ラストシーン〜未来を楽しいものに〜やはりディズニーならではですね。

トゥモローランド4.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/79351/gallery/4/



最後


子供達に『未来を造り上げていくことの素晴らしさ』を託し、そんな表向きのメッセージを送りつつ、大人になった私達に今からでも遅くない『夢は叶う』とエールを贈る映画なのかもしれません。

私にもバッジは届けられた。



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 08:10| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする