2018年12月09日

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜意外な2人がベストマッチ


幸せの絵の具.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86164/


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^



「伝記」
「ラブストーリー」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


    
監督アシュリング・ウォルシュ



キャスト


モード   (サリー・ホーキンス)
エベレット (イーサン・ホーク) ビフォアサンセット
                 ビフォアミッドナイト
                 6才のボクが大人になるまで

あらすじ


カナダ東部の田舎町で叔母と暮らし、絵を描くことが生きがいのモード(サリー・ホーキンス)は、魚の行商をしているエベレット(イーサン・ホーク)の家で住み込みの家政婦として働き始める。幼少期にリウマチを患い身内に冷たくされてきたモードと、養護施設で育ったエベレットは互いを認め合い、やがて夫婦になる。ある日、モードの絵の才能を見いだす女性が現われ……。
シネマトゥデイより


感想



意外な2人のキャストに俄然興味が湧いてきてしまって、DVD鑑賞に至りました
予想のつかないキャスティングは作品の内容もありますが、役者の未知の魅力を見ること出来るようでとてもワクワクしてしまうのですよね〜どんな演技を見せてくれるのか想像するだけで楽しくなってしまうわけで、作品を手に取るときは8割は役者で選んでしまうような気がしますね。

幸せの絵の具4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86164/special/


見終わった感想はとても穏やかな満足感に満たされた感じがする作品で、質素な生活の中にある、安らぎの空間とでもいいますか夫婦2人の安心できる居場所のような…そんな不思議な雰囲気を漂わせるの2人の生活なのです。
始めにも書きましたが夫婦2人のキャストがとても素敵な演技をしているので、実在の2人をリアルに想像するのに容易であったという表現で伝わるでしょうかね〜けれど想像することに並行しながら、本当の夫婦なのだと疑うことなく見入ってしまう自分もいるわけなんですね^^


やっぱり見どころはサリー・ホーキンスとイーサン・ホークの演技につきますね・・


シェイプ・オブ・ウォーターでのサリー・ホーキンスはある程度演技の想像がつくのですが、イーサン・ホークがどのような夫役を見せるのか?興味深々でしたが、今までのイーサンとは一味も二味も違った魅力をかもし出して、今まで以上に役者の深みが増したようにおもえました。そしてかなりの満足感を覚えたのです^^
不器用で武骨な夫エベレット(予想外の役柄)を期待以上に見事演じ切ったそんな感想です。


幸せの絵の具5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86164/special/

幸せの絵の具6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86164/special/



そして作品は裕福でない生活の中にも、お互いがなくてはならない存在としてして『溢れ出る愛』という類のものではなく、淡々と感じられる静かで穏やかな夫婦愛を絶妙に描いたものでしたね。


幸せの絵の具3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/86164/special/


最後



何はともあれ見終わって『あ〜〜〜』とボ〜としてしまうことでしょう。
作品内容、更には、キャスティングのベストマッチ作品と…!(^^)!
一度鑑賞して頂きたい作品の一つですね〜^^


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 23:51| Comment(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜まるで本人??



チャーチル.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/88218/photo/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!
今回はアカデミー賞受賞作品のご紹介
メイクアップで別人になったゲイリー・オールドマンの活躍を
観てまいりましたよ〜^^



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「伝記」
「時代」
「実話」


監督    ジョー・ライト


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


キャスト


ウィンストン・チャーチル  (ゲイリー・オールドマン)
チャーチルの妻       (クリスティン・スコット・トーマス)



あらすじ



第2次世界大戦勃発後、ナチスドイツの勢いはとどまることを知らず、フランスの陥落も近いとうわさされる中、英国にもドイツ軍侵攻の危機が迫っていた。ダンケルクで連合軍が苦戦を強いられている最中に、英国首相に着任したばかりのウィンストン・チャーチル(ゲイリー・オールドマン)がヨーロッパの命運を握ることになる。彼はヒトラーとの和平か徹底抗戦かという難問を突き付けられ……。
シネマトゥデイより



感想


鑑賞前はアカデミー賞受賞作品ということで、ゲイリー・オールドマンの演技うんぬんよりもメイクアップの技術を期待してしまう自分がいるのですね〜^^
そして『つぎはぎ』のない高度なメイクアップ技術の素晴らしさに驚き、それに違和感を感じさせることないゲイリー・オールドマンの演技に関心させられる事、間違いなしですね〜^^
鑑賞しながら彼の素顔を脳裏で思い出す作業をする自分がいるのです(≧▽≦)
「あれ?オールドマンってこんな顔だったよね?」って、確認作業を( ^ω^)


歴史上に名前を残した人物はやはりなにかしら芯なる強さを持っている人が多いわけでして、チャーチルも例外なくそうであったのでしょう。運が良かったといわれる事もしばしばありますが、それはその人が引き寄せる強運なのだろうと感じてしまう自分もいるのです。


歴史上の偉人を演じたゲイリー・オールドマンですが、メイクの凄さもさることながら「メイクをしている」事すら観客に忘れさせてしまうほどの演技は流石としか言いようがないのですね〜^^年老いたチャーチルの話し方、太ったチャーチルの歩き方、上目遣いの表情。すべてが演技なのだという感覚で鑑賞をしていない私がいるのです。


チャーチル2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/88218/gallery/6/



そして今までにそんな俳優を沢山見てきたな〜なんて思うわけでして…
リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)や、サッチャー(メリルストリープ)
もやはり、リンカーンでしたしサッチャーでした(^▽^;)
ですから、ある意味そんな役をこなせる彼らは偉人なのかもしれません。



この作品の主人公のはチャーチルであり、英雄と称される人物像にしあがっていますが、私個人的な感想としては『戦争』とは愚かな行為なのに何故人は学ばないのか…痛感する思いです。ヒトラーから救った・・・確かにそんな見方をすることもあるでしょう、ですが犠牲となった当事者からすれば、はたして・・・?


最後



チャーチル3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/88218/gallery/

なんとも切なさがこみ上げてくる作品でしたが、いやまてよ??
チャーチルは『言葉を武器』に人々を一つにまとめ上げ見事成果を出すわけです。
そうなんです、ミサイルや拳銃を武器にせずとも『平和を願う想い』を言葉に変え『世界を変えていく』手段をチャーチルは見事見せてくれた、そう思えるだけで未来を明るく照らせるのではないかと心なしか気分が軽くなる思いで微笑ましくなるのでした。ポジティブシンキングですね(≧▽≦)




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 22:54| Comment(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

『ショコラ 君がいて、僕がいる』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜ジェームズ・ティエレ本物の道化師?!



ショコラ君がいて僕がいる.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/84870/

こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


秋ですね〜
読書もいいけど、映画みましょ!!^^


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


一瞬本物の道化師を見ているかのような錯覚に陥ってしまうほど、ジェームズ・ティエレには驚いてしまいました。
作品を鑑賞後、「あ〜なるほどね!」納得できる理由がわかりました^^
チャールズ・チャップリンのお孫さんなのねって( ^ω^)・・・
血は争えないと言われますが、それは血筋、血縁関係ということよりも、生まれ育つ環境が大きいのだろうとおもえるのです。ジェームズにとって祖父であるチャップリンは憧れの存在であり、尊敬に値する存在でもあると容易に想像できてしまうほどです。




私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!


「伝記」

20世紀初頭のフランスで成功を収めた芸人コンビの軌跡を描いたヒューマンドラマ。白人芸人のフティットと黒人芸人のショコラのコンビが脚光を浴びる一方で、人種差別による偏見に苦しむショコラの姿などが描かれる。



監督    ロシュディ・ゼム



物語     ★★★★☆
キャスト   ★★★★★
映像     ★★★★★



キャスト



カナンガ(芸名ショコラ) (オマール・シー)
落ち目の芸人フティット  (ジェームズ・ティエレ)



あらすじ



19世紀末のフランス。サーカス団員のカナンガ(オマール・シー)は、落ち目の芸人フティット(ジェームズ・ティエレ)に誘われてコンビを組み、ショコラという芸名で活動を開始。瞬く間に人気が出たが、ある日、不法滞在の罪で収監され、拷問を受ける。釈放後、ショコラはますます酒やギャンブルに溺れ、フティットとの溝も深まっていき……
シネマトゥデイより


感想



この作品とは全く関係ない話からの挿入です^^
テレビで宮崎あおいさんが、言っていたのをおもいだした・・・以前漫才師の役をやった時に人を笑わせるのは「難しい」とおもいました。と…私もその作品を見たので分かるのですが、あくまでも役柄なので何とも言えませんが「アホになり切れていない」部分を出しつつの役なので、今ふと、人気の漫才師役を演じる彼女もも見てみたいなぁ〜なんて思ってしまいました^^


そんな事を思うと、道化師など、笑いをとる商売は奥が深いのかもしれませんね。この作品は道化師である2人の素顔と仕事に対する考え方が、焦点になっています
人種差別の要素も含んではいるのですが、私が見るにはそれよりもフティット(ジェームズ・ティエレ)の仕事に対する想いと、ショコラ(オマール・シー)を立派な道化師にしたいという想いの方が強く感じられる仕上がりになっているように思えます。


作品の中でカナンガ(黒人)が道化師ショコラを演じる事と同様に、オマール・シーがカナンガを演じているのを見ても、違和感を感じない、抵抗を感じない・・・不思議な感覚になるのです。
オマール・シーが演じる役柄は人種差別の要素の作品が多く、そんな彼のイメージがあるせいか『人種差別だって?』『だから何なの』という一向に気にしないそんな感じすらしてしまいます。



それは道化師ショコラが人気者になっていく過程で、ショコラ自身が「黒人の自分を否定しない」「疑問を持たない」「黒人の俺がここまでの人気者になれた!!」という自信がうかがえる事で、彼の中で人種差別の概念がない状態をかもしだしていたからだろうか?と思えてなりません・・・


そんなわけで、ショコラが悩む理由は別にあって、黒人である自分に対する評価を世間一般レベルに落とさなければならない『自分自身に対する負い目』『罪悪感』をぬぐい切れなかったのではないでしょうかね
そんなショコラをフティットは彼よりも理解していたのかもしれない「なぜ自分に満足しない?」「十分評価に値するだろう?」ってね。



最後



作品の最後にショコラとフティット当時の2人のビデオがながれるのです。
2人の道化師はとても息があっていて、素敵なショーを毎晩のようにやっていたのでしょう( ^ω^)・・・
笑いは全ての人を幸せにしてくれる魔法のようで、ショコラは黒人として生まれ『魔法使いとして』十分すぎる役割を果たしたのだろうと思えるのでした。



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜(≧▽≦)


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 07:00| Comment(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

インド天才数学者その人生「奇蹟がくれた数式」1729は実に面白い数字だ


奇蹟がくれた数式.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81937/


こんにちは〜
映画大好きのゆらりです当ブログにお越しいただきありがとうございます


初めてお越しいただいた方も以前からごひいきにしていただいている方も^^
貴方との繋がりを持てた「映画という素晴らしいもの」に感謝します
私の栄養補給は映画と言っても過言ではありません(笑)
「感動した作品を沢山の人に共感してもらえたら」
そんな想いでブログを綴っています


氣になった作品をみて元氣になってもらえたらそれだけでHappy



それでは
作品紹介
いってみよう^^


インドの貧しい地方で暮らすラマヌジャンが、ケンブリッジ大学の数学者ハーディに独学で学んだ公式を書いた手紙を送る、これを見たハーディがラマヌジャンをケンブリッジに招聘し数学者として活躍する様を描く『無限の天才 夭折の数学者・ラマヌジャン』を原作として制作された伝記映画である


「伝記」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★


監督   マシュー・ブラウン


キャスト


デーヴ・パテール   (ラマヌジャン)
ジェレミー・アイアンズ(ハーディ)


あらすじ


インドに住むラマヌジャンは自分の才能をを生かしきれず貧しい暮らしをしてた彼の才能に気づいた職場の上司にこの才能を埋もれさせてはいけない、と言われケンブリッジ大学の数学者ハーディに公式を書いた手紙を送るのです。その手紙を受け取ったハーディは友人リトルウッドの勧めでラマヌジャンをケンブリッジ大学に招聘するのです。


2奇蹟がくれた数式.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81937/gallery/6/



大学では彼の招聘を快く思っていない面々が・・・どんな環境でも必ずいるのですよね〜ですがその存在こそが、天才数学者としてのラマヌジャンを作り上げたとも言えるでしょう。



ただ彼の公式は証明がなされていない。それは、彼曰く「直観」であるから、と証明することの重要性は彼にとって無意味に等しいのです。ラマヌジャンの直観に反するように数学は数字で証明して初めて認知されるとハーディは主張する。だがそんなハーディも徐々にラマヌジャンに影響を受け自身の考え方を変えていくことになるのです。

奇蹟がくれた数式3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81937/gallery/6/



そして無意味な証明を成し遂げると同時に業績が認められラマヌジャンはフェロー(特別研究員)の資格を取得する。だがその喜びもつかの間結核を患い悲しい結末に・・・


感想


こういった作品が大好きです。
世界のすべては数字で成り立つそんなことを聞いたことがあります
数学者にとって数字は美しいパターンだと・・・りトルウットが言うように「あらゆる正の整数はラマヌジャンの親しい友だ」ラマヌジャンにとって数学とは、難しく考えるものではなく私達が花を愛でるように絵画を楽しむように・・そんなことのものなのかもしれません。


作品終盤のハーディのスピーチで「公式はすでにあるもので発見し証明されることを待っている」とても共感を覚えました。先見の明をもった偉人達はゆっくりと人生を進む私達に、理解できるよう優しく語りかける案内人であり尊敬するべき存在なのでしょう^^あまりにも先を行き過ぎた彼ら達にとって、苦行ともとれる人生が偉業を成し遂げ人々の心に響くメッセージを伝えることに成功するのだと・・・


最後


奇才と言われる彼ら 過去記事も合わせてどうぞ↓↓↓↓↓
 ジョン・ナッシュ    
『ビューティフルマインド』
 スティーブン・ホーキング
『博士と彼女のセオリー』
 アラン・チューリング  
『イミテーション・ゲーム』


みんな別な世界が見えているのだろと推測するのです


それはとても美しく甘美な世界アインシュタインが言うように「宗教なき科学は不完全であり科学なき宗教は盲目である」ラマヌジャンも同じようなことを言っています「神の御心でなかったら方程式などなんの意味もない」


これは私の勝手な解釈ですが一様に‟ヒラメキ”を意味するのだと作品の中で直観と言っていますがラマヌジャンにとって勝手に降りてくるヒラメキこそが神の仕業とも思えてくると解釈するのです。自分の中から絞り出す事でもなく、いとも簡単に閃くのです・・神のみぞ知ると思えてくるのは厳格なヒンドゥー教徒である彼であれば当然のことなのかもしれませんね


この独特なワクワクする世界観素敵ですね
方程式を証明し終えたのちに残るもの それは間違いなく『愛』の方程式なのではないかと思えてくるのです


最後、私の大好きなラマヌジャン役のデーヴ・パテール今回も大満足次回作がとても楽しみです



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜

最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

自分を取り戻した女性「リリーのすべて」(R15)エディ・レットメインの評価は?



リリーのすべて.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82988/



こんにちは〜映画大好きのゆらりです当ブログにお越しいただきありがとうございます


初めてお越しいただいた方も以前からごひいきにしていただいている方も^^
貴方との繋がりを持てた「映画という素晴らしいもの」に感謝します
私の栄養補給は映画と言っても過言ではありません(笑)
「感動した作品を沢山の人に共感してもらえたら」
そんな想いでブログを綴っています


氣になった作品をみて元氣になってもらえたらそれだけでHappy〜


それでは
作品紹介いってみよう^^


世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベとその妻による究極の愛の物語。『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』を基に映画化された作品です
エディ・レッドメイン貴方は何者でしょうか?そう思わせる最近の彼の活躍に驚くばかりの連続です!!


 「伝記」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆
音楽    ★★★★☆



監督  トム・フーパー



キャスト



リリー・エルベ/アイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)
   
              ファンタスティックビーストと魔法使いの旅
               ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生
              博士と彼女のセオリー


ゲルダ・ヴェイナー          (アリシア・ヴィキャンデル)
へリンク               (ヴェン・ウィショー)


あらすじ



1926年デンマーク風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)と画家として結婚生活を送っていた


  
アイナーは、ゲルダに女性モデルの代役を頼まれてドレスを身にまとい戸惑いながらモデルを務める。そのことをきっかけに内なる目覚めの異変が生じ目を背けていた本来の自分を徐々に感じるようになっていく。

リリーのすべて3.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82988/


自身の内面にある女性の存在「リリー」という女性としての部分が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩んでいくのです。当初はそんな夫の様子に困惑するゲルダだったが、少しずつそんな夫を理解していきそしてアイナーのよき理解者になっていくのです。


感想

かなり時代はさかのぼっていきますがこの時代に性同一性障害を理解してくれる医者がいたことに大きな驚きがありました。


今の時代ですから私の身の回りにも普通にあるこの「事実」 普通に受け止めることができますが、その時代に果たして自分は同じ様な考え、行動に移せるか?疑問に思うところです。そう思うとリリーの想い以上にゲルダの夫を愛おしく思う妻としての想いを考えるとても切なくなってしまうのです。


単に「失恋」や「夫婦にある離婚問題」とは全く別の次元であるこの関係。理解は出来ても それを受け入れ消化することは容易ではないと想像できるのです。この事実に限らずゲルダを感じながら自分を顧みてしまいます、刻々と変わりゆく現実をどう受け止める?


ゲルダも変わりゆく夫リリーとして自分を見つけ開花していく彼女に置き去りにされていく感覚になっていき、戸惑いを隠せない微妙な描写が私の心にぐっときました

リリーのすべて2.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/82988/

精神科医のようにパーフェクトに理解をすることの方がおかしい、数か月前までは普通の夫婦関係を築いてきたのですから無理もありません。聖人君子である方が違和感を感じますからね^^


最後

『男である前に女』『女である前に男』異性に限らず、女性が女性に好意をよせる男が惚れる男、など誰にでも日常的にあることかとおもいます。このことをリリーと対比するにあたりなんの不思議を感じる必要があるのか?


「セックス」という行為はそもそも動物としての子孫繁栄の為の行為である、子供を作る方法は「セックス」に限らず「精子バンク」でも出来る時代に・・女性同士の夫婦でも男性同士の夫婦でも子供を持て、育てることができる。


「セックス」とは快楽以前、に自分が女であるか男であるかを確立する為の材料、にすぎないのでは?そう思うと、身体の問題は大きなものではなく人間と生きていくのは多様な生き方が出来るのではないかしら?「性に快楽を求めない!」・・・と突拍子もない考えに至ってしまう・・・


映画「チョコレートドーナツ」(過去記事)でもあるように新たな『家族の形』でもある。あ゛〜〜ここまで書いて自分が何が言いたいのかよくわかりませ〜ん^^゛まとまらない文章ですが3時間もかかったのでアップさせていただきます^^



〜ありのままの自分をそのままに〜


全てのあり方が多種多様に選択できるこれから移りゆく世界のビジョンに少しだけ触れられた自分を嬉しく思います



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜



最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
あわせて、まとまらない考えをまとめて下さるコメントも
お待ちしております





posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする