2018年04月27日

『ドニーダーコ』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜難解作品 回答求めて2度鑑賞〜^^



ドニーダーコ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/1365/photo/


こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します


2018年も映画好きの皆さまと繋がっていけることを楽しみに
大好きな映画の感想をボチボチとアップしていきたいとおもいます!!



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「ダークファンタジー」



監督  リチャード・ケリー




物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★☆
映像    ★★★☆☆




キャスト


ドニー・ダーコ   (ジェイク・ギレンホール)
グレッチェン・ロス (ジェナ・マローン)
ローズ・ダーコ   (メアリー・マクドネル)


あらすじ


 1988年、アメリカ・マサチューセッツ州ミドルセックス。ある晩、高校生ドニー・ダーコの前に銀色のウサギが現われる。ドニーはウサギに導かれるようにフラフラと家を出ていく。そして、ウサギから世界の終わりを告げられた。あと28日6時間42分12秒。翌朝、ドニーはゴルフ場で目を覚ます。腕には「28.06.42.12」の文字。帰宅してみるとそこには、ジェット機のエンジンが落下していてドニーの部屋を直撃していた。何がなんだか分からないながら九死に一生を得たドニー。その日から彼の周囲では、不可解な出来事が次々と起こり始めた。
allcinema ONLINE (外部リンク)




感想



またまた遭遇してしまいました、難解作品に〜^^
これは非常に難しい作品でして、何度か巻き戻して字幕を確認すること数回(;^ω^)。昔から面倒なことが嫌いな私はテスト勉強をしていてもすぐ回答を見てしまう性格なので…今回も何かいい回答はないものか?検索をかけてみた結果、ありましたよ分かりやすい回答が(≧▽≦)


なるほど〜そういう解釈もあるのね〜と感動してしまうほど。今の時代はとてもスピーディーで便利ですね^^頭を使わずして欲しいものが直ぐ分かる。脳みそ退化してしまうのが心配ですね〜^^ですが参考のブログはホントに分かりやすい構成に尊敬すらしてしまうのでして、ブログを書く私にとっても勉強になるものでした。


作品の感想でしたね^^ドニーダーコの見る世界は妄想なのか、幻覚なのか、はたまた現実なのか?あのウサギを見ると妙な重しで胸のあたりを押しつぶされる感覚を覚えるのです。まるで自分の頭がどこかおかしいのか?疑惑すら感じる感覚です。

2.jpg


ドニーダーコは本当は正常なのではないか?と、この類のミステリーともサスペンスとも取れる作品の重苦しい感じはいつも決まって自分の頭が正常なのか否か疑問を感じてしまうものなのでして・・見終わってからもしばらくは取りつかれたように脳みそジャックされている気分になります^^

ドニーダーコ3.jpg
引用元:ヤフー映画



そんな中、バックトゥザフューチャーの引用でデロリアンが出てきた時には、あの映画の影響力は思った以上にスゴイものなのではなか、と今更ながら感心してしまう始末(≧▽≦)
もうすぐでそんな乗り物が出てきてもおかしくない時代になってきた昨今ですが、この作品の時代にタイムスリップをキーワードにここまで作品の幅を広げて作られたことにかなり感動をすることになるでしょう。



最後



見終わって、え〜わからないよ〜というのが自分だけでないことに少しばかり安心するのです。
なぜならば回答のブログを読んだから〜^^↓↓↓
とても分かりやすいので是非ご覧くださいhttps://www.mylifeismovie.com/
『ドニー・ダーコ』は周回映画だ!繰り返し見るたびに新しい発見が…



自分より完成度の高いものを見てしまったらちょっとやる気が出ないので^^今回はかなり手抜きのブログでごめんなさいって感じですが
面白さは伝わると思いますのでご勘弁を(@^^)/~~~


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします



posted by ゆらり at 23:02| Comment(0) | ダークファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

『五日物語 3つの王国と3人の女』きっと映画が見たくなる!〜ゆらり〜不気味な人間の闇が浮かび上がる



5日物語.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/85389/

こんにちは〜
「あ〜よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋^^
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。


秋ですね〜
読書もいいけど、映画みましょ!!^^



今回の作品は題して『怖いもの見たさ!!』
おとぎ話と言われるものは一般的に「夢を見るような〜ハッピーエンド〜」(ディズニーの世界観のような)と思われるものが多い中、この作品は大人向けの「おとぎ話」なのである。それは人間の素を表面化する形でチョット不気味な『深い闇』を思わせる・・・そう、だから『怖いもの見たさで目が離せない』独特な世界観が漂う作品なのである。
鑑賞後は消化しきれない黒い塊が貴方のなかに見つかるかもしれません( ̄▽ ̄)



初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します



私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を 楽しんで もらえたら とってもウレシイ!!
イマジネーションを膨らませてくださいね〜^^では、いきますよ!!


それでは
作品紹介
いってみよ〜う!!



「ダークファンタジー」



監督    マッテオ・ガローネ



物語     ★★★★★
キャスト   ★★★★☆
映像     ★★★★☆



キャスト



ロングトレリス国女王   (サルマ・ハエック)
ストロングクリフ国国王  (ヴァンサン・カッセル)



あらすじ



子を熱望するロングトレリス国女王(サルマ・ハエック)は魔法使いの言葉に従い、国王の命と引き換えに海獣の心臓を手に入れて食し男児を出産する。人里離れた場所で暮らす年老いた姉妹の姉は、色好みのストロングクリフ国国王に美声を気に入られ、ある方法で若さと美貌を取り戻す。一方、城で暮らすハイヒルズ国王女は未知の世界を夢見ていたが……。
シネマトゥデイより



感想



鑑賞後『ん〜〜〜なんだか ん〜〜面白い!!』
感動のハッピーエンドとは程遠い締めくくりのこの作品はダークファンタジーの内容で、私の好きな「ティムバートン」の〜奇妙な作品〜とはまた違った グリム童話の原型とでも言えるような『残酷でもあり』『人間のそのままの姿』とも言える。

”素敵なおとぎ話”とは程遠く、現代に通用する、いやいや現代そのものではないかと思えてしまうぐらいの感覚を呼び起こす何かが潜んでいる感じの作品でした。




ロングトレリス国女王(サルマ・ハエック)の常識では考えられない『冷酷な人間像』
五日物語.jpg


王女ヴァイオレット(ベベ・ケイブ)の『世間知らずのお嬢様』
五日物語2.jpg


ドーラとインマ『欲に駆られた姉妹』
五日物語3.jpg


そしてストロングクリフ国国王(ヴァンサン・カッセル)の『女好き』な はまり役も嬉しいぐらい^^ 
五日物語4.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/85389/


現代でも探せばいくらでも「あるある事例」なのではないかと思え、昔話のなかに見る それは『人間の原型』とも呼べる要素を描いた作品なのではないでしょうか。



それは私個人の感想として、もうそろそろ『正直に生きようではないですか?』と言われている感覚です。



誰に?って 誰でもない 自分にでしょうね〜〜^^
どういうことかといわれますと、ちょっと伝わるか分かりませんが〜 人は誰でも少なからず自分がいい人間と思われたいと心の中でおもっている…それは裏返してみると「思われないと考えられる一面が必ず自分にもある」と認識している自分もいると心のどこかで思っていると考えられるわけです。

ですからそんな『自分のダークな一面も自分なのだと受け入れてみたらどうでしょうか?』そんな提案をされている感じの作品です^^



なんだか回りくどい言い方ですかね^^
要は人間って思った以上に綺麗なだけではないのが完璧なのかと( ^ω^)
そんなんで〜鑑賞後はチョットした拒否反応的な消化できない、違いますね、受け入れたくない自分の姿が見え隠れすることで胸のあたりにモヤモヤした黒い塊が重くのしかかる感じがあるかもしれません( ̄▽ ̄)


最後


『美しい心』を象徴されるくくりで『おとぎ話』を子供時代に刷り込まれてきたわけですが、今更この歳になっておとぎ話に夢中になるものでもないかと思っていました。
が、ある意味、昔聞いた『夢のような物語』があったからこそこの裏側の『本当のグリム童話』的な物語の面白さに魅了されてしまうのかもしれませんね。深読みすることで新たな展開や解釈が更に面白い!!
それは人間のエゴイズムを別視点で見れる面白さとも言えるのではないでしょうかね〜^^


五日物語5.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/85389/gallery/17/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね〜(≧▽≦)


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
ラベル:グリム童話
posted by ゆらり at 21:28| Comment(0) | ダークファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする