2020年11月18日

『少女は悪魔を待ちわびて 』(2016)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜壮絶な復讐劇・その対価は究極の・・・


少女.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/358323/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
幼いころに父親を殺害され、犯人へのリベンジの機会を15年間待ち続けた少女の執念を描くクライムサスペンス。愛する父を殺された娘の復讐(ふくしゅう)劇の行方を、息詰まるタッチで活写。
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「クライムサスペンス」    


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆



監督  
 
モ・ホンジン

キャスト

連続殺人犯ギボム(キム・ソンオ)
少女5.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/358323/

少女ヒジュ(シム・ウンギョン)『新聞記者』
少女2.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/358323/

班長   (ユン・ジェムン)
少女3.jpg
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/358323/

あらすじ

連続殺人犯ギボム(キム・ソンオ)は証拠不十分のため、1人だけの殺人容疑で15年間服役する。幼いころ、警察官だった父親を彼に殺された少女ヒジュ(シム・ウンギョン)は、父の同僚たちに支えられながらギボムに復讐(ふくしゅう)する機会を狙っていた。ついに待望の出所日を迎えヒジュが計画を実行しようとした矢先、15年前の事件を思わせる連続殺人事件が起こり……。
シネマトゥデイより


感想

鑑賞開始一分
殺人犯ギボム(キム・ソンオ)のひょうひょうたる表情に一瞬ゾッとする。
無機質な、無感情な、心がない、人間味のない・・・
ですが、肉体改造の姿を見ると納得できることでしょう。
この役の為にしぼったのね〜異様な表情の理由が明らかになるわけです。
子役出身のウンギョンは、本作でスリラー映画に初挑戦。純粋でか弱い少女の一面と、犯人への復しゅうに燃えるダークな面を合わせ持つ複雑なキャラクターを演じ切り、韓国のアカデミー賞と言われる第53回大鐘賞映画祭で主演女優にノミネートされた。

また犯人と対峙するシーンの撮影では、熱演のあまり、相手役の俳優を失神させてしまうハプニングもあったという。

少女8.jpg

一方、ヒジュに追われる殺人鬼・ギボムに扮したのは、「アジョシ」で悪役として存在感を放ったキム・ソンオ。
「アジョシ」
アジョシ1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/55984/

本作では、ミステリアスな男を体現するため、16キロの減量を実行した。

少女1.jpg

予告編は、そんなウンギョンとソンオの鬼気迫る演技をとらえており、ウンギョンは「悪魔が必要なの」と言って不気味な笑みを浮かべ、ソンオは刃物を手に鋭い眼光を放つ。2人の常軌を逸した佇まいが見る者を圧倒する。
引用元:https://eiga.com/news/20170116/16/

観れば観るほど理解できない、尋常でない2人の行動にゾッとするのであります。

序盤、冒頭の裁判判決の言い渡し、判決が下された被告人ギボムが傍聴席を振り返るその行動そのものが「異様な光景」

一方のヒジュも例外ではない、幼い感じのベビーフェイスがそう感じさせているのかもしれませんが、裏と表の顔がないからなのか、淡々とこなす行動に異常な怖さを感じるのです。

よく笑いながら人を殺す殺人犯の作品なんてありますが、表情に伴わない真逆の行動にギャップがありすぎて怖い、まさにそれでした。

最後

さらに、ラストシーン
追い打ちをかけてくる内容に「え〜〜〜〜そうくるの〜〜〜〜??」
想定外の結末が究極の復讐劇に・・・
最後の最後まで気が抜けない・・・
ガツンときて「うわ〜〜〜やってくれるわ〜〜〜」と(笑)
重い内容の作品ですが、映画として秀作であったと思います(*´▽`*)




映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 19:58| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

『暗数殺人 』(2019)きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜狂っているのか?戦略なのか?狂気の表情に圧倒!!


暗数.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92428/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
韓国で実際に起きた殺人事件を基にしたクライムサスペンス。連続殺人の容疑者と刑事が心理戦を繰り広げる。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「クライムエンタテインメント」
「サスペンス」    


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆



監督  
 
キム・テギュン

キャスト

カン・テオ     (チュ・ジフン)『工作』『アシュラ』『背徳の王宮』
暗数3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92428/


刑事キム・ヒョンミン(キム・ユンソク)『タチャ〜神の手〜』『10人の泥棒たち』
暗数2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92428/


チョ刑事      (チン・ソンギュ)『エクストリームジョブ』
暗数1.jpg

あらすじ

恋人を殺したカン・テオ(チュ・ジフン)から計7人を殺したと告白された刑事のキム・ヒョンミン(キム・ユンソク)は、証言以外に証拠はなく警察内部で信じる者は誰もいなかったが、自白の内容は本当だと感じ、上層部の反対を尻目に捜査に乗り出す。やがて証言通りに白骨化した死体が見つかるが、テオは「死体を運んだだけ」と証言を覆す。
シネマトゥデイよりーー

感想

カン・テオ (チュ・ジフン)が想像通りのはまり役に大興奮です。こういった役で非情なまでの表情はピカ一なんだよな〜と大満足なのです。 『工作』『アシュラ』でもそうでしたが、人間としてどうなの?的な役柄が最高なわけでして、あの視線にゾクゾクして魅力的と感じるのは私だけでしょうかねーー^^
あんすう.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92428/

また、異常とも言える表情の中に、意図して「狂っているかのように見せる」心理作戦、裁判をよく知り尽くしている。刑を軽くする為の計画的言動。刑事を翻弄させ激怒させ、冷静な判断を鈍らせる知能犯。
暗数5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92428/

一方
刑事キム・ヒョンミン(キム・ユンソク)は自ら進んでカン・テオの誘いに乗り、刑事としての自分の役割を果たす為に資産すら渡す有様の刑事役。激怒してもおかしくないほどのテオの犯行内容を冷静さながら聞く辺り、自分の人生、しょせん刑事しかない…そんな背景すら見え隠れする辺りがイイ感じの演技でした。
暗数4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92428/

実話を基に作られているので作品の内容はさておき。ただ殺人犯をかばうわけでありませんが、カン・テオがこうなってしまった原因は彼にあるわけではなく、いや、全くという事でもないのですが、まだ若かった彼の限界を超える現状に怒りがマックスになってしまった事。耐える術すら見つからない毎日。同情しかないわけです。

もしなんて、考えたらきりがない。ですが、自分だったらどうしたろうか?そんな思いが湧き出てくるのです。それは、劇中で裁判後無期懲役を言い渡されたカン・テオ (チュ・ジフン)が車の窓から見せる、落胆ともとれる表情。まさにそれは正常と思える普通の顔だったからです。今までの彼は全て刑務所から出る為の作られた顔だったと断言できるほどの寂し気な精気を失ったそれその者でした。


最後

同じような心理戦の「二流小説家」も面白かったです
二流小説家.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/78135/

私は感情的になりやすい人間なので
この作品もそんな意味でまんまと意図にハマってしまった作品の一つです(@^^)/~~~



映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします










posted by ゆらり at 17:39| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

『アシュラ』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜悪の極み・究極の悪党・それは今の日本・・・?



アシュラ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/85651/gallery/3/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
架空の都市を舞台にした韓国発のノワールムービー。悪の限りを尽くす市長、彼に翻弄(ほんろう)される刑事、市長の犯罪を白日の下にさらそうとする検事たちが激しくぶつかり合うさまを追う
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「クライムエンタテインメント」
「サスペンス」
「ノワール」

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    キム・ソンス


キャスト

アンナム市長パク・ソ   (ファン・ジョンミン)
             『工作』『華麗なるリベンジ』『ベテラン』
アシュラ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/85651/gallery/3/

刑事    ハン・ドギョン(チョン・ウソン) 『私の頭の中の消しゴム』
刑事    ムン・ソンモ (チュ・ジフン)   
             『工作』『暗数殺人』『背徳の王宮』
アシュラ1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/85651/gallery/3/

検事    キム・チャイン(クァク・ドウォン) 『タチャ〜神の手〜』
検察捜査官 ド・チャンハク(チョン・マンシク)

あらすじ

アンナム市の市長という立場を利用し、利権をむさぼろうと犯罪を繰り返すパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)。刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、末期ガンに侵された妻の治療費稼ぎを理由にその処理を請け負っていた。市長検挙に燃える検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)は、彼を脅迫して捜査への協力を迫る。市長と検事たちの間に立たされたドギョンだが……。
シネマトゥデイより


感想


「凄い映画だったなあ〜」というのが第一声です。常に余裕のない展開でした。それは主人公ドギョンの視点で描写されていく展開に彼の心と同様に自分も感情移入してしまうからでしょう。

極道や、男くさい、こういった作品は今までさほど興味がなく観ようとすら思ったことがなかったのですが、今日本の政治に違和感を抱いている為でしょうか?何故か惹きつけられてしまいます。

ぼんやりと輪郭を感じられる現実の日本政界ですが、それは遠い世界の出来事であり、映画の一コマ、他人事・・・そんな感覚であったのです。
ですが、もう見て見ぬふりは出来ない現実を突きつけられて、映画の中の出来事は今の日本・・・多分、大差ないだろう・・・そんな気になってきます。


半端じゃない悪の極みパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)は今まで見たことのない人物像でした。

今まで見た映画の中では、指示を出すにしても、自ら手を汚さない政治家を大勢見てきたからなのか、ただ単に映像化しなかっただけなのか?
非道なことによくもまあ〜クルクルと頭の回転が速いこと、と別な意味で、感心させれてしまうのです。
アシュラ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/85651/gallery/3/


なんとも表現する事が難しい『凄さ』を感じられたのは終盤 検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)アンナム市長パク・ソ(ファン・ジョンミン)の1対1の『話し合い』・・・

アシュラ3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/85651/gallery/3/

ハン・ドギョン(チョン・ウソン)の苦肉の策とも言える、いや、これは心の叫び。もう俺を解放してくれ‼そんな想いであったことが容易に想像できるワンシーン。

話し合いとは聞こえはいいが『今?ここで?それを言う?』
この場面を見たら『あ〜〜○○さんはこうやって下級議員を骨抜きにしていくのだろうな〜〜』圧力と言う生易しい言葉で表現するには、限界がある・・・

マスゴミと評される新聞記者、マスメディア。腕を掴まれ、言論の自由を規制される日本の現状が面白いようにリンクしてくるわけです。


最後

アンナム市長パク・ソ   (ファン・ジョンミン)
刑事    ムン・ソンモ (チュ・ジフン) 
は先日みた『工作』でも共演していましたが、とても良かったのですよ〜
工作9.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90883/

ファン・ジョンミンの役柄が真逆の立場であったにもかかわらず、怖いぐらいにハマるって〜(≧▽≦)。
またチュ・ジフンもこういった役柄がドストライクなのですね〜
あのキリリとした表情が非情なまでの冷血さを感じられ痺れてしまいます^^


政界の闇を表現した作品
『新聞記者』
新聞記者.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90346/gallery/11/
もぜひどうぞ

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 22:07| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

『グッドライアー 偽りのゲーム』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜大物俳優『白』と『黒』終始目が離せない・果たしていつから騙された?



偽り.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
「クィーン」でアカデミー主演女優賞を受賞したヘレン・ミレンと、2度のオスカーノミネートを誇る「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイアン・マッケランという、ともにイギリスを代表する2人の名優が共演したクライムミステリー。


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「クライムエンタテインメント」
「ミステリー」
「サスペンス」
「スリラー」



物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    ビル・コンドン


キャスト


資産家のベティ  (ヘレン・ミレン)  『ANNA/アナ』
                   『マダム・マロリーと魔法のスパイス 』
                   『黄金のアデーレ 名画の帰還』
                   『すばらしきかな、人生』

詐欺師のロイ   (イアン・マッケラン) 『ホビット 思いがけない冒険』
                   『Mrホームズ名探偵最後の事件』


偽り5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/

あらすじ

ベテラン詐欺師のロイ(イアン・マッケラン)は、出会い系サイトで夫が他界して間もない資産家のベティ(ヘレン・ミレン)をターゲットに定める。ロイが全ての財産をだまし取ろうとひそかに準備を進める一方で、世間知らずのベティは彼に心を許していく。
シネマトゥデイより


感想


いやいや面白かったですねぇ〜
キャッチコピーに誘われてついつい見てしまいました。
毎日、今日は何を観ようかな〜と悩むのですよね。貴重な2時間を費やすので充実した時間にしたいのです^^

だからちょっとテンションが上がらない作品だと残念感が・・・
鑑賞は寝る前なので潜在意識に影響するのではないか?
なんて心配したりして(;^ω^

心地よく眠りにつくのは作品の出来が重要なわけなのですね〜(*´▽`*)
ブログ記事にアップするぐらいに、いや、アップしたくなるぐらいの作品を観た夜は調子がイイ⁈そんな感じでしょうかね。

さてさて感想ですが、詐欺師の話だという事はキャッチコピーを見れば容易に理解できると思います。それと同時に既に貴方は製作者の意図にハマっていると思っていいかと思います。脳の判断力を鈍らせる巧妙な作戦は既に始まっているからです

偽り3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/

この作品は余計な予備知識を入れ過ぎないで鑑賞する事をオススメしますので、感想を述べるのも躊躇してしまいます(;^ω^)

なので、作品の内容を深く掘らず、役者の感想をしたいと思いますね。
資産家のベティ(ヘレン・ミレン)は期待通りの魅力的な女性像でした。

強くキリリとした一筋縄ではいかないそんなベディを演じているわけなのですが、こんな女性像はヘレン・ミレンなのでしょうかね、違和感を感じることなくしっくりくるわけなのですね〜

偽り6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/


一方、詐欺師のロイ(イアン・マッケラン)の冷酷ぶりには
ちょっとビックリして( ゚д゚)ハッ!とするのでした。

偽り2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/

イアン・マッケランだからでしょうか?当初、私は詐欺師の男が意外なえ方向に落ちていく『恋の予感』を想像していたのですね〜

そして、そんな予想をことごとく裏切られる展開に、えっ?ええっ?じゃないの?じゃ〜どうなの?心の声が連呼するわけで・・・(≧▽≦)


最後

なんとも苦い最後なのですが、落ち着くところに落ち着いたそんな安堵感がありました。
ベディは過去を悔やみ、ロイもまた偽りの人生を送ってきた、それぞれの60年間の終止符を打つことができたからです。
それにしても、ベテラン俳優の凄みとでも言いましょうか、アクション映画でもないのですが、本当に目が離せない仕上がりに大満足でした。

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします










posted by ゆらり at 22:15| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー 』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜欲のない男と欲にまみれた男「自分の物は自分で守れ」


人9.jpg

引用元:https://eiga.com/movie/91028/gallery/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

映画化もされた世界的ベストセラー「インフェルノ」の出版秘話から生まれたミステリー。情報漏えいを防ぐため各国の翻訳家たちを完全に隔離した実話を題材に、発売前の小説の流出危機が描かれる。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「クライムエンタテインメント」
「ミステリー」
「サスペンス」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    レジス・ロワンサル


キャスト


出版社の社長エリック・アングストローム  (ランベール・ウィルソン)
9人・2.jpg

アレックス・グッドマン        (アレックス・ロウザー)
9人・3.jpg

カテリーナ・アニシノバ     (オルガ・キュレリンコ)
           『オブリビオン』『007慰めの報酬』
9人4.jpg


あらすじ

9人・1.jpg

ミステリー小説「デダリュス」完結編を世界で同時に発売するため、洋館の地下室に9か国の翻訳家が集められる。彼らは外部との接触を禁止され、毎日20ページだけ渡される原稿の翻訳作業に没頭していた。ある夜、出版社の社長(ランベール・ウィルソン)のもとに、「デダリュス」の冒頭をインターネットに公開したというメールが届く。そこには、指定時間内に金を支払わなければ次の100ページ、要求を拒めば全てのページを流出させると書かれていた。
シネマトゥデイより

9人.jpg


感想

一癖二癖ある私好みの作品でしたね^^
ラストの結末が「これでもか〜」と畳み掛けてくる感じ。終わりなき結末なわけです。後から考えると何回?ひっくり返す?みたいな^^

それは想定内の展開から犯人像を絞り込ませ『思っていたよりも意外性はない展開だな』と思わせ、伏線を匂わせる描写というよりも『全て見せます嘘偽りなく』手品で言えば種明かしを分かやすく見せます。みたいな^^

そして何度となく騙されてしまう展開にどれが本当?

ですが結果、それすらもマジック〜なわけです。

妥当な犯人像は徐々に意外な犯人像になり、脅迫犯人が殺人事件を解決する展開に発展していく…

ここで伏線とも言える『オスカル・ブラックに会わせてほしい』はほんの一瞬脳裏をかすめただけで強く印象に残らない。この『薄っすらかすった感』が絶妙だったな!と鑑賞後に思い出すことになるのです。
まっ!伏線だからそんなものなのでしょうけれどもね!

最後

『私は文学を愛してます』『ページを開けば世界があふれ出す』『風が吹いた 生きようと試みるべきだ』真犯人の目的は果たして何なのか?
『才能があると証明したかった』たったそれだけだったのに・・・
これは、文学を軽視する者への『文学を愛する者たちの復讐劇』といえるのではないでしょうかね。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:13| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする