2019年09月28日

『BORDER ボーダー』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜黒に染まる刑事石川、限りなく白のような『A』




ボーダー3.jpg


ボーダー7.jpg

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/border_2014/index2.html


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
直木賞作家・金城一紀氏の原案&脚本でおくる新機軸の刑事ドラマ。生死の境をさまよったことをきっかけに「死者と対話することができる」という特殊能力を発現させた主人公の刑事が事件に立ち向かっていく姿をスリリングに描き出していく


ボーダー4.jpg
引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンサスペンス」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


原案・脚本  金子 一紀


キャスト

石川安吾(小栗旬)『銀魂』『銀魂2』
立花(青木崇高)
市倉(遠藤憲一)
比嘉(波瑠)

ボーダー.jpg
引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/border_2014/cast/


あらすじ

物語は、様々な事情で予期せぬ最期を迎えた死者たちが、石川にメッセージを託すことで、思いも寄らない方向へと突き進んでいく。死者が荼毘に付されるまでのタイムリミット、石川を苦悩させる正義と法の境界、そして一筋縄ではいかない人間心理の交錯しながら、事件を解決していく。超自然的な要素を取り入れた一話完結型の刑事ドラマという側面を持ちながら、作品は観る者の心を揺さぶるヒューマンサスペンスとして展開していく。


感想

さえない刑事石川を演じていた小栗旬「能ある鷹は爪を隠す」のようなシチュエーションの刑事役なのですが、そこがまたいいのですね〜
仕事をすること以外趣味もなく、そんな自分を卑下する石川に何故か共感をかんじてしまいます^^

現実離れしている主人公が死者との交信する能力をもっている…そんなドラマはよくあるもので、珍しくない内容かとおもっていました。

ですが、犯人がすでに分かっている状況からの事件解決ストーリーで事件解決内容が重要なものではなく、刑事石川が徐々に本人の自覚することなく、闇に染まっていくその過程がとてもスリリングでハラハラさせられ、意外な展開に興味をそそられます。

ドラマは9話+αでしたが、その中で印象的な話がありまして…
(金城)最初から“バディ・コメディ”のようなものをやりたいと思ってましたから…
とあるように、これって、コメディ?なんて思う程(笑)
また、ちょっとしたアクションもあり重い殺人事件だけのドラマには疲れてきますので、息抜きに違うドラマを見ている感がとても良かった(笑)


『失礼ですが コメディ映画のような展開ですね』作品内で石川刑事が言う言葉を私も心のどこかで復唱してしまいました。『ずる休み』はいい例えでした(#^.^#)
ボーダー5.jpg
引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/


そして脇役の役者がすこぶるいい感じ〜大森南朋、便利屋スズキ、ハッカー2人 かなりの癖があるメンバーに大満足ですね^^

ボーダー8.jpg

ボーダー6.jpg

ボーダー2.jpg
引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

最後

テレビを見ることがほとんどない生活になってからドラマなんて何年も遠のいていたが、最近ネット配信でのドラマを見るようになって障害が起こり始めています。

時間の許す限り、いや、許さなくても、無理してドラマを見てしまい、身体的に不調になってしまうわけです(笑)そして、こんな殺人事件のドラマは精神的にしんどくなってくるのですよね〜

なのでコメディが盛り込まれたこの作品、連続で視聴する状況ではとってもありがたい^^

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


【関連する記事】
posted by ゆらり at 00:08| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

『きみが心に棲みついた』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜完璧すぎる最低男「星名漣」



君が.png
引用元:http://www.tbs.co.jp/kimisumi/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
原作はマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」  
「ラブストーリー」


物語    ★★☆☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆
 


キャスト

小川今日子 (吉岡理帆)
星名 漣  (向井理)  『怪物』
吉崎幸次郎 (桐谷健太)

君が2.jpg
引用元:https://thetv.jp/

あらすじ

同じ大学の先輩と後輩の間柄だった小川今日子 キョド子(吉岡里帆)と星名漣(向井理)。心の居場所がどこにもない今日子を受け入れてくれるただ一人存在だった星名漣。大学を卒業して星名との関係を断っていた今日子の前に突然仕事の上司として姿を現した星名だが・・・


感想

向井理続きで思わず見続けてしまいました(^.^)/~~~
序盤『すっごくすっごく気持ち悪い展開』で本気で「吐きそう」『も〜〜やめよう‼』と思いながら・・・ズルズルと最後まで見てしまいました(*´▽`*)


最近アップした記事にもあるように、向井理の演技にそそられるのです。
4.jpg
引用元:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1941

『怪物』でもかなり魅力的でしたが、今回もそれと同じぐらい冷淡な星名漣を演じていることに「大満足」なんです^^

「反社会性パーソナリティ障害」(サイコパス)にも似ている彼の思考は視聴者をイラつかせ怒らせる「なんてやつ!」そんな言葉を発したくなるぐらいに…落ち着いて見ていられない、そんな心理状況になってくるから困りました(*´Д`)

君が3.png
引用元:http://www.tbs.co.jp

それと同時に小川今日子(吉岡里帆)の挙動不審の女の子の異常なまでの病的『依存症』本気で吐きそうになるぐらい気持ち悪くなったことに、自分でも驚くほど
私には考えられないキョド子(小川今日子)の思考回路にかなりイライラさせられる〜これも困ったものです。


ラブストーリーと言ってもいいのですが、それだけではしっくりこないのですよね心の闇がバックグラウンドに大きく存在していて…


以前、人間の脳の誤作動とも言える話を聞いた事を思い出した。心理カウンセラーにクライアントが「恋をしている」と錯覚を起こすことはよくあること、精神的に追い詰められた人間によくある状態だ。

そんな究極の依存状態がキョド子なのでしょうかね。思い込みは恐ろしい、周りからすればなんで?と思うことがが、自分では見えない世界に、違う世界があることすら気づかない。


ですから吉崎幸次郎(桐谷健太)が、と〜ても「いい人」に見えてくる(@^^)/~~~
君が4.png
引用元:http://www.tbs.co.jp

ただ恋には壁が付き物でして、障害を乗り越えて成就する展開が作品を面白くする要因ですから。今後更なる視点を変えて面白い作品が出てくる事をきたいします


最後

最近、俳優さんのどれがホントの顔?みたいな演技を見ると、なんだか嬉しくなってしまいます。
見る側がこんなに興奮するのだから、演じる本人は本当に楽しいんだろうな〜なんて想像してしまうのです。
どんな俳優さんでも予想外の顔を見せてくれることを楽しみにしています^^

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 23:04| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

『VOICE ボイス』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜等身大の父親チャン・ヒョク好演



voic7.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「ヒューマンドラマ」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    キム・ホンソン


キャスト

妻を事件で失った刑事  ジニョク(チャン・ヒョク)『ビューティフルマインド』
voic2.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

センター長      グォンジュ(イ・ハナ)
voic6.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

あらすじ

妻を事件で失った、刑事ジニョク(チャン・ヒョク)。彼がいるソンウン地方警察庁「112通報センター」センター長に新しく就任したのは、妻の事件の容疑者が釈放される証言をしたグォンジュ(イ・ハナ)だった。彼女を恨むジニョクだったが、ある事件をきっかけに彼女の力(絶対聴覚)を信じるようになるジニョク。そして二人は愛する家族を奪った真犯人を突き止めるために動き出す・・・

感想

今チャン・ヒョクにハマっています^^
韓国ドラマから離れられなくなり、ズルズルと芋づる式に色々な俳優さんが魅力的に見えて、只今マイブームはチャン・ヒョクなのであります。

グォンジュ(イ・ハナ)の絶対聴覚なんてあるのかな?と思いつつ、彼女が目が不自由な時期を経て聴覚が敏感になったという設定が妙に説得力あるからドラマの描写もすんなりと受け入れられるわけでして。

絶対聴覚を武器に事件を解決していく展開は目を離せません。それはリアルタイムで1分1秒を争うスピーディーなもので殺人事件を間一髪で防ぐその攻防がハラハラの連続なのです。

電話越しの声を頼りに推測する…結局のところ、聴覚はきっかけであり、ありとあらゆる『知識と情報』を瞬時に解析する彼女はプロフェッショナルの極みで最高に魅力的に見えてしまうのです。

魅力的と言えば「真犯人」が更に魅力的。それは悪魔のようであり、究極の二面性を持つ人間像モ・テグ(キム・ジェウク)がドラマにおいて作品の出来をグレードアップさせていると言っても過言ではないでしょうね^^
voic5.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

彼の雰囲気は『怪物』での 真崎亮(向井理)の危ない人間に魅力を感じた時と同じものでした。
4.jpg
引用元:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1941

そんな『悪魔』の背景も見えてしまうと、少なからず『同情』と悪魔に染まる人間の弱さに『安堵』して、どこか自分と繋がる何かを感じられ、『悪魔も怪物も、私の一部だ』そうおもうのです。

最後


悪魔を受け入れることはできる。私は被害者ではないので。
当事者でない私は偉そうなことは言えない、だから・・・こういうドラマを見せられると、必ずと言っていいほどジレンマに悩むわけで…
『罪を憎んで人を憎まず』
被害者の二人は絶対に許すことは出来ないのだろう・・・
そんな思いにかられ少ししんどくなったりもするのです(*´Д`)

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします








posted by ゆらり at 22:57| Comment(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

『パドマーワト 女神の誕生』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜美しさは罪??


パドマーワト.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/13/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

16世紀に生み出され、500年にわたり語り継がれるインド古来の伝記
絶世の美女パドマーワティの噂を聞きつけたアラーウッディーンはメーワール王国に兵を遣わせるが、ラタン・シンの抵抗によって彼女の姿を見ることさえ許されなかった。凶暴で野心を抑えきれないアラーウッディーンはラタン・シンを拉致し、城にパドマーワティをおびき寄せる画策をするが……。
引用元:https://eiga.com/movie/88590/

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「叙事詩」
「ドラマ」


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督   サンジャイ・リーラ・バンサーリー


キャスト


シンガール王国の王女パドマーワティ   (ディーピカー・パードゥコーン)
メーワール王国の王であるラタン・シン  (シャヒド・カプール)
叔父を暗殺した武将アラーウッディーン  (ランヴィール・シン)


あらすじ

13世紀末。シンガール王国の王女パドマーワティ(ディーピカー・パードゥコーン)は、西インドの小国メーワール王国の王であるラタン・シン(シャヒド・カプール)と恋に落ち、ラタンの妃になる。時期を同じくして北インドでは、叔父を暗殺した武将アラーウッディーン(ランヴィール・シン)がイスラム教国のスルタン(王)の座に就く。
シネマトゥデイより

感想

今までに見た作品の中で『美しさ、煌びやか、豪華絢爛』と言えば
この作品『華麗なるギャッツビー』の右に出るものはなかったのです。

ギャッツビー.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/57190/

それは映像の美しさに心奪われ
1週間で3回も劇場に足を運ぶほど虜になってしまった作品なのです。

ですがそれを超えてしまいましたね^^

花が舞うような女性の群舞は美しすぎる
パドマーワト1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/

そして男性の雄々しい力強いダンスに釘付けになること必須です^^
パドマーワト2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/

また、衣装が例えようのないぐらい煌びやかで美しすぎる・・・ため息が(*´▽`*)
それは庶民にはかけ離れた現実からなのか、夢の国のおとぎ話の世界に紛れ込んでしまったかのように異次元空間を体験できるのです。

パドマーワト4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/
パドマーワト3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/

そして私の大好きな『義を見てせざるは勇無きなり』その言葉に集約されることのように、人としてどうあるべきか…そんな考え方が普通である一国主にえ〜らく感動してしまうわけです。突き詰めれば、敵は自分なのだろうな、とつくづく考えさせられる作品でもありました。
パドマーワト5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/88590/gallery/

最後

作品は美しさとはかけ離れた昔の風習『ジョウハル』集団自殺や『サティー』寡婦殉死を勧めるかのような描写が問題になったり、わが女神と崇める人々にとってはとても崇高な存在のパドマーワトだから『デモ』が起こり上映も危ぶまれるほど、話題の作品なのです。

ですが私個人の感想としては悲しい結末に嘆く以前に物語の 国王、妃 の心の在り方が真っ直ぐすぎる美しさに感動を覚えるのでした。
そして事の始まりは『美しすぎる王妃 パドマーワト』をわがものにすべく戦いを挑んだ 武将アラーウッディーン だったことを忘れてしまいそうになると同時に、いつの時代も なんて人間は愚かなのだろう!と…嘆くわけです。

美しさは罪なのでしょうかね(@^^)/~~~


余談ですが


シンガール王国の王女パドマーワティ   (ディーピカー・パードゥコーン)
叔父を暗殺した武将アラーウッディーン  (ランヴィール・シン)
2人が画面上に一緒に映ることもなく、物語の中では憎むべき相手なわけですが
撮影終了後にご結婚されました^^おめでとうございます
結婚.jpg
引用元:https://www.india.com


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | 映画 オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』 夢の中で旅をしよう 〜ゆらり〜すべてが愛・すべては愛



バジュランギ1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/82542/gallery/22/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
インド人の青年が、迷子のパキスタン人の少女を親元に送り届けるため旅に出る姿を描いた人間ドラマ。
シネマトゥデイより
バジュランギ5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/82542/gallery/

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「超オススメ」
「ヒューマンドラマ」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督    カビール・カーン


キャスト

パキスタンの少女シャヒーダー (ハルシャーリー・マルホートラ)
ヒンドゥー教徒のパワン    (サルマーン・カーン)
ラスィーカ          (カリーナ・カプール )

あらすじ

声が出ないパキスタンの少女シャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)は、母親とインドのイスラム寺院に願掛けに行った帰り道ではぐれてしまう。ヒンドゥー教徒のパワン(サルマーン・カーン)は迷子の彼女を預かるが、後に少女がイスラム教徒だと知る。対立する両国の現実を背負いつつも、パワンは国境を越え少女を親元に送り届けようとする。
シネマトゥデイより

感想

やっぱりインド映画ですね〜^^嬉しくなっちゃいますよ〜
今の時代に、どストライクです。今でしょ!って感じです 
『世界中に響けこの思い』すべてが愛、愛しかない!
そんな作品なんですよね〜^^

こんな感動する作品だなんて思ってもみなかった!!
私の中ではトップ10に入る作品でした。
インド映画を見始めてからというもの、見る作品、見る作品、グイグイ上位進出してくるのですよね〜

子役のパキスタンの少女シャヒーダー (ハルシャーリー・マルホートラ)
彼女の微笑みは天性のものでしょうね、どう見ても演技には思えない。
違和感を全く感じさせることのない彼女の演技^^色々な子役を見てきていつもビックリさせられるのですよね〜でも彼女の笑顔は演技じゃないのですよ(*´▽`*)

バジュランギ6.jpg
引用元:https://eiga.com/news/20181218/19/

サルマーン・カーンも彼女に夢中(^.^)/~~~
サルマーンは、撮影を通じマルホートラのキュートさにすっかりメロメロになってしまっただけに、「彼女と一緒に演技ができて、素晴らしい時間になった。6歳にして俳優が必要な全てのものを持っている」と絶賛。

天使のマルホートラは、
サルマーンおじさんが大好きです。一緒に映画に出られると決まった時は2日間嬉しくて踊り続けました」
とお茶目なコメントを寄せている。

バジュランギ3.jpg

バジュランギ7.jpg

引用元:https://eiga.com/movie/82542/gallery/

出演者も最高に素敵なのですが
作品内容は『宗教を、国境を超える信者達』そんな感じなのですよ〜
インドという国の背景がすべてわかっているわけではないのですが、この作品を見るだけでもある程度の両国の関係が分かるだけに、対立状況や問題が浮上してきてパワンの置かれている立場に危機感を覚える状況の中、解決策があるわけでなく打つ手なし。


そんな状況の中パワンは全て偽りのない真っ直ぐな人間の心で対応していく。そんな姿が美しすぎるのです^^何にも言えません・・・人間としてこれ以上の人がいるのか?という原点からしてもう太刀打ち出来ないそんな表現でしか言葉にならない(@^^)/~~~
バジュランギ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/82542/

最後

ヒンドゥー教徒のパワン(サルマーン・カーン)彼の行動が対立国の人間をも変えていく、まさに宗教も国境も越えていく、そんなものすらないかの様に・・・遠回りのようで、いやそんな事をパワンは期待しているわけではなく、彼は純粋に迷子のシャヒーダーを家に送り届けるだけ…それだけなのに究極の結末に(*´▽`*)

お約束通りの群舞も期待を裏切ることなく最高でして!!
も〜〜ため息しか出てきません。
バジュランギ2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/82542/gallery/5/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします





posted by ゆらり at 06:00| Comment(0) | 映画 超オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする