2020年07月30日

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜本当の「敵」はどこにいる?


工作9.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/90883/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
核開発をめぐって緊迫する朝鮮半島を舞台に、北朝鮮への潜入捜査を命じられた実在のスパイの工作活動を描いたサスペンス。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「サスペンス」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    ユン・ジョンビン


キャスト

主人公   パク・ソギョン  (ファン・ジョンミン) 
              『華麗なるリベンジ』『アシュラ』
工作5.jpg
https://eiga.com/movie/90883/

北朝鮮  リ・ミョンウン  (イ・ソンミン)
工作6.jpg
https://eiga.com/movie/90883/

パクの上司 チェ・ハクソン (チョ・ジヌン)『完璧な他人』
工作7.jpg
https://eiga.com/movie/90883/

北朝鮮  チョン・ムテク  (チュ・ジフン)『アシュラ』
購入7.jpg
https://eiga.com/movie/90883/


あらすじ

1992年、軍人のパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北朝鮮の核開発の実態を把握するため、コードネーム「黒金星」という工作員として北に潜入する。3年にわたる慎重な工作活動の末、彼は北朝鮮高官や上層部と確固たる信頼関係を築く。しかし1997年、大統領選挙をめぐる祖国と北側の裏取引によって、命懸けで行ってきた工作活動の意味がなくなってしまう。
シネマトゥデイより

感想

スパイものはハラハラさせられるのが、たまらく楽しいですねぇ〜
呑気に構えていられない緊張感がたまりませんわ^^

コロナの影響があってから、わが日本の政治にも無関心でいられなくなってきたからでしょうか?最近身近に感じる北と南問題、政治的にどんな絡み合いがあるのかとても興味深いものであります。

この作品、全く華やかさは感じられるものではないわけなのですが、その代わりと言ってはなんですが、男達のロマンが十二分に感じられる満足感でうっとりしてしまいました。

私の中では、「工作員=とかげのしっぽ切り」のイメージが定着している中で、やはりこれに関しても例外ではなく、ですが命をかけて国の為に!と活動を続ける工作員と北朝鮮上層部の2人の男の想いが相通じる最後に胸が熱く高鳴り、まるでラブロマンスを観ているかのような錯覚すら覚えたのです。
工作3.jpg
https://eiga.com/movie/90883/


工作員は潜入する目的があり活動をしていくわけなのですが、祖国の政治情勢が刻々と移り変わり、会社で言えば、他社に買収される、社長辞任、の様な事で潜入している間にも上司がいなくなり活動の意味すらなくなってしまう状況がある。


まさにそんな危機的状況の中で パク・ソギョン『ブラック・ヴィーナス』 (ファン・ジョンミン) は 上司を見張り盗聴までしても自分の想いを貫く姿が感動を誘うのです。
工作2.jpg


また、主人公同様に、緊張感を、恐怖を感じることになるあの場面
工作8.jpg

『将軍様とは目を合わせないように』
『第二ボタンの辺りに視線を』
工作1.jpg
https://eiga.com/movie/90883/

逃げ場のない、牢獄の様な空間に呼吸する事すら忘れてしまいそう…

まさに 自分に 『味方はいない』

あの威圧感、重圧感、は見るものに十分すぎる臨場感を与える 
徹底した描写ではなかったかと思えましたね〜
徐々に徐々に、一つ一つ、逃げ場をふさいでいき
後戻りはできないぞ〜〜って(;^ω^)

最後


工作4.jpg
https://eiga.com/movie/90883/

違う時代にやってきたかのような町の風景、死体が横たわる道端。
しわ寄せは北朝鮮国民の底辺ヘ…


国家権力を保持する為に国民の敵を作り上げる韓国政府
核開発を阻止する為のスパイ活動が、政府の裏切り行為によって万事休す。
最後 命がけの作戦に…


ラストシーン『時計』『ネクタイピン』を見ればきっと目頭が熱くなるでしょう


政府は何を見ているのか?

昨今の日本政府を見ているかのようで、うなってしまいましたね〜
世論を誘導する考え方、悪者を仕立て上げる手法。
自分たちに矛先が向かないように…新たな的を作り上げる…
この作品を観て、北朝鮮のイメージがなんだか今までと違った見方をするようになった気がします。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


【関連する記事】
posted by ゆらり at 17:49| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

『グッドライアー 偽りのゲーム』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜大物俳優『白』と『黒』終始目が離せない・果たしていつから騙された?



偽り.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
「クィーン」でアカデミー主演女優賞を受賞したヘレン・ミレンと、2度のオスカーノミネートを誇る「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイアン・マッケランという、ともにイギリスを代表する2人の名優が共演したクライムミステリー。


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「クライムエンタテインメント」
「ミステリー」
「サスペンス」
「スリラー」



物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    ビル・コンドン


キャスト


資産家のベティ  (ヘレン・ミレン)  『ANNA/アナ』
                   『マダム・マロリーと魔法のスパイス 』
                   『黄金のアデーレ 名画の帰還』
                   『すばらしきかな、人生』

詐欺師のロイ   (イアン・マッケラン) 『ホビット 思いがけない冒険』
                   『Mrホームズ名探偵最後の事件』


偽り5.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/

あらすじ

ベテラン詐欺師のロイ(イアン・マッケラン)は、出会い系サイトで夫が他界して間もない資産家のベティ(ヘレン・ミレン)をターゲットに定める。ロイが全ての財産をだまし取ろうとひそかに準備を進める一方で、世間知らずのベティは彼に心を許していく。
シネマトゥデイより


感想


いやいや面白かったですねぇ〜
キャッチコピーに誘われてついつい見てしまいました。
毎日、今日は何を観ようかな〜と悩むのですよね。貴重な2時間を費やすので充実した時間にしたいのです^^

だからちょっとテンションが上がらない作品だと残念感が・・・
鑑賞は寝る前なので潜在意識に影響するのではないか?
なんて心配したりして(;^ω^

心地よく眠りにつくのは作品の出来が重要なわけなのですね〜(*´▽`*)
ブログ記事にアップするぐらいに、いや、アップしたくなるぐらいの作品を観た夜は調子がイイ⁈そんな感じでしょうかね。

さてさて感想ですが、詐欺師の話だという事はキャッチコピーを見れば容易に理解できると思います。それと同時に既に貴方は製作者の意図にハマっていると思っていいかと思います。脳の判断力を鈍らせる巧妙な作戦は既に始まっているからです

偽り3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/

この作品は余計な予備知識を入れ過ぎないで鑑賞する事をオススメしますので、感想を述べるのも躊躇してしまいます(;^ω^)

なので、作品の内容を深く掘らず、役者の感想をしたいと思いますね。
資産家のベティ(ヘレン・ミレン)は期待通りの魅力的な女性像でした。

強くキリリとした一筋縄ではいかないそんなベディを演じているわけなのですが、こんな女性像はヘレン・ミレンなのでしょうかね、違和感を感じることなくしっくりくるわけなのですね〜

偽り6.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/


一方、詐欺師のロイ(イアン・マッケラン)の冷酷ぶりには
ちょっとビックリして( ゚д゚)ハッ!とするのでした。

偽り2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/92188/

イアン・マッケランだからでしょうか?当初、私は詐欺師の男が意外なえ方向に落ちていく『恋の予感』を想像していたのですね〜

そして、そんな予想をことごとく裏切られる展開に、えっ?ええっ?じゃないの?じゃ〜どうなの?心の声が連呼するわけで・・・(≧▽≦)


最後

なんとも苦い最後なのですが、落ち着くところに落ち着いたそんな安堵感がありました。
ベディは過去を悔やみ、ロイもまた偽りの人生を送ってきた、それぞれの60年間の終止符を打つことができたからです。
それにしても、ベテラン俳優の凄みとでも言いましょうか、アクション映画でもないのですが、本当に目が離せない仕上がりに大満足でした。

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします










posted by ゆらり at 22:15| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

『THE GUILTY/ギルティ』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜罪を犯したのはいったい誰?

 

ギルティ5.jpg
ギルティ56.jpg

引用元:https://eiga.com/movie/89275/


こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
主人公が電話の声と音を通して誘拐事件の解決を図ろうとする異色サスペンス。
引用元:シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「サスペンス」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督   グスタフ・モーラー


キャスト

警察官のアスガー・ホルム    (ヤコブ・セーダーグレン)
ギルティ1.jpg

あらすじ

警察官のアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)はある事件を機に現場を離れ、緊急通報司令室のオペレーターとして勤務していた。交通事故の緊急搬送手配などをこなす毎日を送っていたある日、誘拐されている最中の女性から通報を受ける。
引用元:シネマトゥデイより


感想

舞台はデンマーク。私には、ほぼほぼ無縁と言っていいぐらい遠い異国の世界^^ですが映画の世界ではこんなに身近で面白い。
『事件は現場でおきてるんだ!!』有名なセリフを思い出すわけですが・・
案外そうでもないのかも?なんて思ってしまうこの作品

始まりは緊急通報指令室に入った不可解な電話。
いたずら電話と思い、適当に処理してしまいそうになるアスガー。
通報者との嚙み合わない会話に疑問を感じ始め、誘拐されている女性からの電話と理解するまで、ものの1分。救出するためにオペレーターとして動き出す。


ギルティ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/89275/special/

作品中の映像は指令室のみのもの、出演者はデスクに座る同僚オペレーターが数人、アスガーとの絡みはほぼ皆無。ただ、1分足らずの会話の中でアスガーの日頃の同僚に対する態度がうかがい知れる。更にオペレーター以前の現場での相棒、上司との電話での会話で、アスガーの今置かれている立場も容易に想像できる。

2.jpg


そして退屈なオペレーターの仕事も今日が最後という『今日』入った電話1本が彼の人生を大きく変えることになるなんてアスガー自身思いもしなかったはず。
そして私も思いもしなかった〜〜^^

鑑賞中、お耳がダンボになること必至でしょう(≧▽≦)
そして、多分『早く、車を見つけて!!』そんな悲痛な心の叫びを感じる事になるでしょう。誰もが『子供の所に帰りたい!』そう願う母親に同情するはずだった。

事件は思う通りのシナリオで進んでいくはず・・・
結末は、母親が目に涙をため、子供と再会する映像が脳裏に映し出される・・・
アスガーはオペレーター最後に有終の美を飾るはずだった・・・


最後

誘拐事件は意外な方法で解決される。と同時にもう一つの問題も終わる。
偽りを背負い生きていくのは辛いものだ。『これで良かった』そう思える日が必ずくると思えるのは私だけではないと思う。


以前アップした似たような作品『VOICE』
voic7.jpg
引用元:http://www.cinemart.co.jp

こちらの作品も耳をダンボにしてお楽しみいただけると思います(≧▽≦)


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 20:51| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

『10人の泥棒たち』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜心を盗む大泥棒 笑うのは・・・最後・・・誰か?


10人.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78529/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
それぞれ野望を胸に秘める男女10人の窃盗団チームが、世界に一つしかない幻のダイヤモンド奪取に挑む犯罪アクション。

10人1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78529/
シネマトゥデイより

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「アクション」
「クライムエンタテインメント」
「ラブストーリー」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督   チェ・ドンフン


キャスト


ポパイ     (イ・ジョンジェ)
10人7.jpg

ペプシ     (キム・ヘス)
10人5.jpg

イェニコール  (チェン・ジヒョン)
10人6.jpg

マカオ・パク  (キム・ユンソク)『タチャ〜神の手〜』
10人2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78529/

あらすじ

韓国を中心に暗躍する窃盗団メンバーは、リーダー、ポパイ(イ・ジョンジェ)の元相方マカオ・パク(キム・ユンソク)から唯一無二のダイヤモンド「太陽の涙」を、巨大カジノから盗み出すという計画を聞かされる。香港へ向かったメンバー6人を、中国人窃盗団の4人が出迎える。太陽の涙争奪のため、計10人のメンバーが挑むが……
シネマトゥデイ

感想

アジア版オーシャンズみたいな^^非常に面白かったです。オーシャンズとは違ってアクションに見応えあり‼鑑賞後の1ッ発目の感想です。
のっけからのコメディ感が掴みはオッケーそんな感じからの序盤スタートです^^

宝石泥棒物語のありがちなスタートにまずは標的の宝石がどんなものなのか?興味がわくわけでして...ですが普段目にすることがないレベルのものを見てもおもちゃ屋で陳列していそうなジャラジャラの幼稚園児が欲しがりそうな『太陽の涙』(笑)

大昔に見たジュエルリングを思い出し笑ってしまいました。
このキャンディー不思議と大人の私でも何故か魅力的に見えてしまう・・・
ジュエルリング.jpg
引用元:https://news.livedoor.com/article/image_detail/17558752/?img_id=23553964

話の内容はアクションにとどまらず、ラブストーリー、ヒューマンドラマ、復讐劇、コメディ 切り取るところで楽しみが変わる。
ラブストーリー一つででも大人の恋愛が見どころ…
『責任を取って』
『何に』
『心を奪われた』
『心を奪われる方が悪い』
なんて返す言葉ありません^^
日常生活でお目にかかることのない言葉に『撃沈』してしまいそう(*´▽`*)



コメディ?
『ジュウネンブリよ』たどたどしい日本語が日本人だから魅力的⁉
10人3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78529/

純愛か?(笑)
『愛してる〜〜』
10人8.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/78529/

作品全体を通してアクショはやはり見どころといえる出来栄えに十分満足できるものかと思います。
泥棒マカオ・パク(キム・ユンソク)のワイヤー専門だからといえるビルの側面での敵との攻防が『渋くてカッコイイ』ハードアクション。
ハリウッド映画とは違う見せ方が実にイイ感じ。『若くてイケメン』ってものじゃないところも更に魅力的なわけです。

何が面白い?何に惹きつけられる?謎はどこ?と自問自答すること終盤まで...
結局これは『ラブストーリー』だった⁈(≧▽≦)って。
そう!最初から気になっていたのよ、その部分が^^

最後

愛の問題はそれぞれ綺麗に着地点を迎えるわけで、めでたしめでたし〜となるのです。
ですが、泥棒だから『愛』も『宝石』も…
それなりにちゃんとしないとダメですよね(笑)

最後『1つ盗んでくる』え?何を?一瞬???ですが、な〜るほど〜^^
泥棒だからちゃんと落ちをつける…
コメディから始まってコメディで終わるアクション・ラブストーリーでした。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


posted by ゆらり at 23:49| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー 』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜欲のない男と欲にまみれた男「自分の物は自分で守れ」


人9.jpg

引用元:https://eiga.com/movie/91028/gallery/

こんにちは!映画大好きゆらりです

夢の国 映画の世界へようこそ〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

映画化もされた世界的ベストセラー「インフェルノ」の出版秘話から生まれたミステリー。情報漏えいを防ぐため各国の翻訳家たちを完全に隔離した実話を題材に、発売前の小説の流出危機が描かれる。
シネマトゥデイより


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「クライムエンタテインメント」
「ミステリー」
「サスペンス」


物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    レジス・ロワンサル


キャスト


出版社の社長エリック・アングストローム  (ランベール・ウィルソン)
9人・2.jpg

アレックス・グッドマン        (アレックス・ロウザー)
9人・3.jpg

カテリーナ・アニシノバ     (オルガ・キュレリンコ)
           『オブリビオン』『007慰めの報酬』
9人4.jpg


あらすじ

9人・1.jpg

ミステリー小説「デダリュス」完結編を世界で同時に発売するため、洋館の地下室に9か国の翻訳家が集められる。彼らは外部との接触を禁止され、毎日20ページだけ渡される原稿の翻訳作業に没頭していた。ある夜、出版社の社長(ランベール・ウィルソン)のもとに、「デダリュス」の冒頭をインターネットに公開したというメールが届く。そこには、指定時間内に金を支払わなければ次の100ページ、要求を拒めば全てのページを流出させると書かれていた。
シネマトゥデイより

9人.jpg


感想

一癖二癖ある私好みの作品でしたね^^
ラストの結末が「これでもか〜」と畳み掛けてくる感じ。終わりなき結末なわけです。後から考えると何回?ひっくり返す?みたいな^^

それは想定内の展開から犯人像を絞り込ませ『思っていたよりも意外性はない展開だな』と思わせ、伏線を匂わせる描写というよりも『全て見せます嘘偽りなく』手品で言えば種明かしを分かやすく見せます。みたいな^^

そして何度となく騙されてしまう展開にどれが本当?

ですが結果、それすらもマジック〜なわけです。

妥当な犯人像は徐々に意外な犯人像になり、脅迫犯人が殺人事件を解決する展開に発展していく…

ここで伏線とも言える『オスカル・ブラックに会わせてほしい』はほんの一瞬脳裏をかすめただけで強く印象に残らない。この『薄っすらかすった感』が絶妙だったな!と鑑賞後に思い出すことになるのです。
まっ!伏線だからそんなものなのでしょうけれどもね!

最後

『私は文学を愛してます』『ページを開けば世界があふれ出す』『風が吹いた 生きようと試みるべきだ』真犯人の目的は果たして何なのか?
『才能があると証明したかった』たったそれだけだったのに・・・
これは、文学を軽視する者への『文学を愛する者たちの復讐劇』といえるのではないでしょうかね。


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:13| Comment(0) | クライムエンタテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする