2019年09月13日

『怪物』読売テレビ開局55周年記念ドラマ きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜人間やめますか?

 


 怪物.jpg 
引用元:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1941


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「サスペンス」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆


監督  落合 正幸


キャスト
 

香西  武雄 (佐藤 浩市) 『ロクヨン』『壬生義士伝』
真崎  亮  (向井 理)
藤井寺 里紗 (多部 未華子)

あらすじ

左遷を間近に控えている刑事・香西武雄(佐藤浩市)
香西には忘れられない事件がある。15年前、8歳の少女が誘拐・殺害された事件。
そんな時、香西の前に「15年前の事件の犯人を知っている」という女性・藤井寺里紗(多部未華子)が現れる
と同時に押し付けられた失踪事件を捜査することをきっかけに殺人を匂わせる男 亜臨界水の研究者・真崎亮(向井理)に出会う…

感想

だいぶ昔に見たドラマをフッと思い出しブログをアップしてみたくなりました^^
佐藤浩市の刑事役は、違和感を感じることなくみられるわけです。そして正義感がみなぎる刑事が似合うだけに堕落していく姿が妙にゾクゾクするわけなのです。

題名にもあるように果たして『怪物は』誰なのか・・・?

真崎亮(向井理)は心を失くした、機械のような、愛を持たない、僕は人間をやめました・・・そんな彼の不気味さに吸い込まれていく感覚がなんとも言えない心地よさを感じるのは何故か?怖いもの見たさなのか?闇を見たいのか?

怪物1.jpg
引用元:https://www.ytv.co.jp/kaibutsu/

人間の隠したい光に当たらない部分にスポットライトを当てたこの作品の内容が魅力なのか?その内容と並行して真崎亮(向井理)のイメージと演技のギャップがとても良かったですね〜こんなギャップが役者の幅を広げるのですよね〜(^.^)/~~~

ベテランの佐藤浩市と対等に渡り合っている向井理の演技にとても満足のいく出来でした。
怪物2.jpg
引用元:https://www.ytv.co.jp/kaibutsu/

この作品はフィクションなんだよね(笑)
そんなことわかっているのですが、一瞬でも真崎亮のあの不気味な笑いが寒気を感じさせる演技に錯覚を覚えてしまいました。


最後



『怪物として生きるか、人間として死ぬか』

私の気に入っている作品をもう一つ思い出しました。
生ける屍

『シャッターアイランド』
ディカプリオ.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/53192/

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします










【関連する記事】
posted by ゆらり at 22:11| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

『マダム・イン・ニューヨーク』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜インド女性の魅力満載『シュリーデヴィ』


マダム.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/80110/gallery/

こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品

英語ができず苦悩する主婦が一念発起して英会話学校に通い、コンプレックスを克服し生きがいを見いだしていく女性賛歌。
若くしてこの世を去った、インドを代表する女優シュリーデヴィが主演。

シュリーデヴィ.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/80110/gallery/2/


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「サクセスストーリー」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆


監督    ガウリ・シンデー


キャスト

専業主婦シャシ  (シュリーデヴィ)
夫 サティシュ  (アディル・フセイン)

あらすじ

ビジネスマンの夫、2人の子供のために日々家事をこなす専業主婦シャシ(シュリーデヴィ)は、家族の中で唯一英語ができないことが悩みだった。ある日親戚の結婚式の手伝いを頼まれ単身渡米するも、英語が話せないためつらい思いをする。そんな時「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告を見つけた彼女は、身内に黙って学校に通い始めるが……。
シネマトゥデイより


感想

まず初めにシュリーデヴィがとても美しい女優だと言うことを声に出して言いたい!!映画を観ていると、色々な美しい女優を目にするのですが、インドの女優の魅力は『目』なのではないかしら?と…とても奥深い美しさを感じます。

瞳の色なのか、肌の色なのか、独特なもので…白人の女性の美しさとは全く違う惹きつけられる眼差しです。あんな瞳で見られたら男性でなくても釘付けになりそうです^^

また別の魅力は、衣装にもありますね。ただ女性の自立をうたったストーリーだけではインド色が半減してしまいそうですからね。毎回違うサリーを身にまとい登場するシュリーデヴィは更に美しさを際立たせて、みる観客を魅了することでしょう。

多種多様な人種がいるアメリカでもあのサリーを普段に着る人は、そうそういないと思いますし。とても目立ち存在感は抜群です^^

マクダ4.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/80110/


ただ今回は舞台がアメリカということなのか、得意のダンスシーンが思ったほどなくちょっと残念です。


そして男女差別が大きいインドならではの話なのでしょう監督は女性でありますから、表現したい趣旨が上手く描かれています。こんな立場の女性には共感と共に応援歌のような存在の映画になることでしょうね〜^^ですから私も何かを成し遂げたとかいう大げさな話でないからこそ共感しながらウルウルとしてしまいました。

家族に内緒で習った英会話の成果を披露するパーティー会場での新郎新婦に対するお祝いのスピーチでシャシは見事にそれも重みのある内容で
「家族を作る素晴らしさ」を伝える場面・・・

マダム2.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/80110/
私は終始涙腺破壊でした〜(*´▽`*)

最後

「4週間で英会話を」という「うたい文句」に惹かれ、アメリカという異国で暮らす外国人がそれぞれの事情で少しでも暮らしやすくする手段として英会話を習うわけです。英語で辛い思いをする彼らが、最後、英語を通じて最高の友人を得るのです。人種も、国も、文化も、性別も、年齢も、越えて・・・羨ましい限りです^^

マダム1.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/80110/


マダム3.jpg
引用元:https://eiga.com/movie/80110/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします








posted by ゆらり at 21:07| Comment(0) | サクセスストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

『マクダラのマリア』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜《なんだか嬉しい二人の関係》



マリア.jpg
引用元:https://www.amazon.co.jp



こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
新約聖書の福音書に登場するマグダラのマリアの伝記。
新約聖書中の福音書に登場する、イエスに従った女性である。
マグダラのマリアは、イエス・キリストが十字架につけられるのを見守り、イエスが埋葬されるのを見つめ、そして墓の方を向いて座っていた婦人たちの中で一番重要な人物とされる、マグダラのマリアが長編映画の主人公として描かれる初の映画。
引用元:ウェキペディア


それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「伝記」


物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★


監督   ガース・デイビス


キャスト

マクダラのマリア  (ルーニー・マーラ) 『her』『ドラゴンタトゥーの女』『キャロル』
イエスキリスト   (ホアキン・フェニックス)『her』

あらすじ

街に伝道師としてやってきたキリストと巡り合った彼女は、彼の教えの中に僅かな希望を感じ、使徒になる事を決意する。
キリストとの出会いから始まり、七つの悪霊をイエスに追い出していただき、磔にされたイエスを遠くから見守り、その埋葬を見届けたこと。そして、復活したイエスを最初に目にする。

感想

見終わって率直な感想は
ルーニー・マーラがあまりにも透き通った存在だったことが
強烈に脳裏に浮かび上がる
ルーニー・マーラ.jpg
引用元:https://www.cinemacafe.net/article/img/2016/02/04/37619/200508.html


映画『キャロル』でファンになって
キャロル.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/81816/


『ドラゴンタトゥーの女』で虜になってしまい
ドラゴン.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/56065/


ドラゴン続編がダニエルクレイグとルーニー・マーラの続投でないことにかなり落胆したほどです。^^

彼女の演技の幅は驚くほどで、人間の謎を、闇を、醸し出すそんな印象の女優さんですね〜^^

この作品の内容は世界的に知られているイエスキリストに関わる重要な女性なのですが、キリスト教信者でない私の見方からすれば非常にシンプルで人間味を感じる描写が良かったですね〜

色々と意見はあると思いますが、空想の人物的なキリストをマリアを普通に実在する人間として描いていることで現実味にあふれ、普通に恋をする女性の様にマリアを感じられることが、とても近い存在におもえるのです。

全てにおいて「そんなこと言ったら身も蓋もないじゃないか!」とお叱りを受けてしまいそうですが、見る側の受け方次第という感想ではお粗末なのだろうなと思いつつ・・・
ルーニー・マーラのファンとしては
作品の仕上がりよりもあのマリアの存在感と同時に透明感が際立つ作品であったという以外感想という感想が出てきませ〜ん(*´▽`*)


最後

そして嬉しいニュース
ホアキン・フェニックスとルーニー・マーラが婚約
2019年7月22日 15:30
ルーニー・マーラ2.jpg

引用元:https://eiga.com/news/20190722/11/


映画『her』から始まりおめでとうございます ですね(*^_^*)
her.jpg
引用元:http://eiga.com/movie/79523/photo/


映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします
posted by ゆらり at 21:22| Comment(0) | 時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

『TAG』きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜《子供顔負け 鬼ごっこで骨折??ジェレミー・レナー》


TAG.jpg
引用元:https://www.amazon.co.jp

こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
フィクションと思いながら鑑賞。終わってビックリ実話だったという事実を知り最高にハッピーな気分に浸れる作品でした。

それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^


「コメディ」
「アクション」


物語    ★★★★☆
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★☆

  
監督 ジェフ・トムシック


キャスト

ホーギー     (エド・ヘルムズ)
チリ       (ジェイク・ジョンソン)
ボブ       (ジョン・ハム)
ケビン      (ハンニバル・バレス) 
ジェリー     (ジェレミー・レナー) 『メッセージ』
アンナ(ボブの妻)(アイラ・フィッシャー) 

あらすじ

毎年1カ月かけて繰り広げられるルール無用の鬼ごっこの行方を、実話をもとに描いたコメディドラマ。ホーギー、ジェリー、ボブ、チリ、ケビンの5人の仲間たちは、子どもの頃から毎年1カ月かけて鬼ごっこに興じており、大人になった現在も続けていた。中でもジェリーは1度も鬼に捕まったことがなく、他の仲間たちはどうにか彼を負かしてやろうと狙っていた。ある年、ジェリーの結婚式が鬼ごっこの時期と重なることに。仲間たちはこのチャンスを生かして彼を鬼にするべく、張り切って鬼ごっこに挑むが……。
引用元:映画com

TAG2.jpg
引用元:https://variety.com

感想

コメディという情報を見た時から笑いのランクはどのくらい??って想像してしまう癖があるのです^^

何故か?コメディ作品はどのくらい笑えるのか、私の中で評価が厳しくそれは期待の表れでして…思いっきり笑わせてもらいたいわけで〜^^
だから鑑賞前から構える感じになります『そうそう簡単には笑わないぞ〜』って…
しかし、あ〜れ〜鑑賞開始3分で白旗を揚げる始末で(*´▽`*)

『その笑い』は面白いというものと表現するには的確なものではなく、「ありえないでしょ?」的な「こんな発想あり?」みたいな「信じられない!」そして最後に「羨ましい〜〜」嫉妬する気持ちにかられるのです^^

大人買いという言葉がありますが、これは大人遊び 
それも『ガチすぎる』 (ー_ー)!!




多少盛っている感じの演出だからでしょうか、こんなアクシデントがありました。
ジェレミー・レナー、最新作『TAG』で両腕がCGに ― 撮影3日目に骨折、合成用ギブスを装着↓↓↓
ジェレミー・レナー2.jpg
引用元:https://theriver.jp/jeremy-renner-injured/

ジョン・ハムが米国のテレビ番組「The Ellen Show」に出演。そこでジェレミーが骨折した際のエピソードを明かしている。
「その日、僕は現場にいなかったんですが…ジェレミー・レナーが両腕を同時に折ってしまったんです。撮影3日目で、まだ40日以上残っていたんですよ。みなさんに覚えておいてほしいのは、あれだけアベンジャーズ・ムービーに出演してなんともなかった男が、鬼ごっこで両腕を折ったということです(笑)。まるで薪みたいに、マッチ棒みたいに…。」
引用元:https://theriver.jp/tag-jeremy-arms/


確かに鬼ごっこで骨折?(笑)みたいな反応になります。
それにしても CGって凄くないですか?別の意味(笑)
裏側の事情もコメディ感満載です。



わが子の出産時でも
2019-08-31 (3).png

お葬式でも
2019-08-31 (11).png

そして結婚式でも…容赦なく
2019-08-30 (3).png

エイプリルフールのごとく毎年の5月
2019-08-30 (8).png

恒例行事
2019-08-31 (1).png

それでもジェリーは
2019-08-31 (7).png
引用元:TAG タグ(字幕版)(予告編)


最後


鬼ごっこがしたいわけではなく、こんな仲間がいることが羨ましい・・・
いや、だけど、やっぱり、こんなの見たら
私もシンプルに鬼ごっこしたいんだな^^


最後、胸のあたりが温かくなる・・・
本来の『鬼ごっこ』を楽しむ5月最後5分間
それはまさに開始当時の少年達の様に・・・

2019-08-30 (10).png


2019-08-31 (13).png
引用元:TAG タグ(字幕版)(予告編)

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 02:00| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

『ビューティフルマインド』愛が起こした奇跡 きっと映画が見たくなる〜ゆらり〜《非情なまでの外科医 チャン・ヒョク》


ビューティフルマインド.jpg
引用元:https://kandera.jp/sp/beautifulmind/


こんにちは!映画大好きゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
毎日の栄養補給を映画から(笑)
そんな私のオススメ映画を紹介しているブログです
氣になる作品を観て元氣になってもらえたらとても嬉しい!!


今回の作品
共感能力がない反社会パーソナリティ(サイコパス)の天才医師イ・ヨンオが
愛を感じることができる喜びを手に入れるまでの軌跡のラブロマンスドラマ
(全17話)



それでは

作品紹介
いってみよ〜う^^

「ヒューマンドラマ」
「サスペンス」    
「ラブロマンス」

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★☆☆
 
キャスト


イ・ヨンオ  (息子)脳神経外科医  (チャン・ヒョク)
イ・ゴンミョン(父) センター長   (ホ・ジュノ)
ケ・ジンソン     交通課巡査   (パク・ソダム)
ヒョン・ソクジュ   胸部外科医 (ユン・ヒョンミン)
 
ビューティフルマインド1.png
引用元:https://kandera.jp/sp/beautifulmind/img/cast/chart_lg.png

あらすじ

ビューティフルマインド2.png

天才神経外科医イ・ヨンオ(チャン・ヒョク)は留学を終え父がいるヒョンソン病院の神経外科助教授に就任する。ある日ひき逃げ事故で搬送された患者を何らかのミスでテーブルデス(術中死)にさせてしまう。だが、その死は不可解な点が多く、その謎を解く為に患者の付き添いで来ていた交通課巡査ケ・ジンソンと嫌々ながら犯人捜しをすることになっていく。そして彼は反社会性パーソナリティ(サイコパス)という秘密があった。

感想

できる男はスーツが似合う…と(笑) 
今話題のロケットマンのタロン・エガートン「キングスマン」
コリンファース「キングスマン」
キングスマン.jpg
引用元:http://kingsman-movie.jp/


ダニエル・クレイグ「OO7」
ダニエルクレイグ.jpg


あのスーツ姿にくらくらしてしまうことと同様に今回のこの作品の主人公 神経外科医イ・ヨンオもまた然りスーツ姿がとても素敵なんですね〜^^常に黒のワイシャツに黒のネクタイで…ですが喪服に見えないオシャレなスーツ姿なのですよ
チャン・ヒョク.png


そして外科医ということもあり手術をする場面が多々ありまして、作業服は一般的な手術着なのですが何故か?かっこよく見えてしまう私はおかしいのでしょうか(笑)制服フェチとまではいかなくても、ちょっといい感じしますよね〜(自分は着られませんからね(笑))

衣装の話はこの辺で・・・
医療現場での不正などの内容のドラマはありますが、主人公自体が問題のある人間像の作品なので、本当なら医者になってはダメなのでは???と問われそうなレベルの人間性なのです。

ですがそこは面白く、感情を持たない彼だからこそこの医療技術が備わったのではないのかと言えるぐらいのスキルがあるのです。
『仕事はできるけど…人間性はどうなの?』みたいな人そこら辺にいますよね〜^^まさにそれですから


感情のない人間像をチャン・ヒョクは冷酷なまでのあの『目力』で表現していて凄みを感じるのです。なんとも言えない目の魅力ですね^^ドキッとします。
ビューティフルマインド3.png

そんな外科医イ・ヨンオがケ・ジンソンと関わりを持つようになり少しずつ変化が表れ始めるのです。とても優しい笑顔で笑うからギャップがあって胸キュンすることになるでしょう^^
チャン・ヒョク4.png

世の中変わらないものは何もないと言いますが、人の心はその象徴であるようにサイコパスと言われ『変わることのないはずの心』が変化するわけで、何故か?それは本人すら知ることのない秘密だったのです。

中盤腑に落ちない??と思う事が多々ありドラマの内容を牛の消化の様に反芻すること数回(;^ω^)終盤になって解き明かされる秘密・・・
今頃???なんて思うのは野暮でしょう^^ドラマになりませんから^^アハハ!



人に愛されることを知らなかったイ・ヨンオが愛情表現でされたキス、そしてそのリアクションが実に可愛く新鮮でした。

2019-08-29 (6).png

チャン・ヒョク3.png

そしてこのキスシーンが今まで見たドラマの中でも最高に素敵なものでした。
それはドラマを見て彼の生き方を見たうえで鑑賞されることをお勧めします^^
ビューティフルマインド4.png


最後

そしてボタンの掛け違いはどこまでさかのぼれは解決されたのか?
過ちはどの段階だったのか?
そんな後悔をする人間像が強烈に描かれている作品でもあり、人はどんな状況でも変われるのだろう・・・
笑顔になれる最後にご満悦です(#^.^#)

チャン・ヒョク2.png

2019-08-29.png

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画ドラマって本当にいいですね〜


最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします

posted by ゆらり at 14:19| Comment(0) | 映画 超オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする